« つばめ(その5)A駅のツバメ第四弾(6月21日~) | トップページ | 広重「永代橋 佃しま」の描かれた日を推測する(その1) »

2016年6月30日 (木)

つばめ(その6)A駅のツバメ第五弾

ツバメに関する本では「ツバメの謎」キタムラ亘著が面白かったです。

ツバメの謎: ツバメの繁殖行動は進化する!?

へえ~と思ったことをいくつかご紹介すると。

・ツバメは一度に卵を1個しか生まない。
 体が小さいから1日に何個も生むのではなくて1日1個を連日繰り返して4個とか5個とか産卵するのですね。

生んだ卵をすぐにはあたためない。
 4日間かけて4個の卵を生んだ場合。最初に1個をすぐにあたため、孵化させたら、
 ヒナになった時に大きさに差がでます。
 そうなると、先に大きくなったヒナが強引に餌を横取りする懸念があります。
 そういう差が出ないように、ヒナの成長を同じくらいにするために孵化のタイミングをほぼ同時にするため
 最初の卵を温めるのをしばらくせず、最後の卵を生んだ頃に一緒にあたため開始にするのだそうです。

・ツバメが孵化から巣立つまでは21日ほど。

・ヒナに餌をあげるのはおとうさんツバメ、おかあさんツバメ両方ともおこなう。

・ヒナが巣立ったら、すぐまた産卵して次のヒナ軍を育てることもある。
 1回目の子育てが終わると、2回目の子育てをする個体も出てきます。
 繁殖期は8月の末くらいまで続くので、もう一度繁殖することができるのです。
(p81)
----------------------------------------------------------
A駅のヒナは6月21~22日に巣立ちました。となると、卵が産み落とされたのは6月1日前後になるのですね。

あらためて4月からのツバメ写真を振り返ってみます。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合はリンクで新しいタブを開くを)

最初に見たのは4月13日でした。電線に2羽、並んでいました。
20160413tsubame

胸を張って堂々とした姿です。
20160413tsubame2

4月26日。立派な燕尾服を着ています。
20160426tsubame

A駅での親ツバメの様子。

5月23日、巣の下にある銅像に姿がありました。
女性のポーズとなじんでいて、作品の一部のようになっていました。
20160523_0631tsubameshort

5月31日。
巣に顔をつっこんだツバメ。長い尾が見えます。
巣立ち(6月21日ごろ)から逆算するとちょうど産卵があった頃でしょうか。
20160531_1144tsubameshort

6月20日。
4羽のヒナがトドに育ってきた日の早朝。エサをあげたあと、すぐ取りにいかず、
看板の上で一休みしていました。子育ての合間の息抜きカナ。
20160620tsubameoya02
↑光の加減でしょうか。胸元の筋肉?が盛り上がっているように見えます。

こちらは20日のお昼ごろ。
銅像の上の親ツバメ。後頭部のとんがりがゴリラっぽいです。
20160620tsubameoya04short

尾が長いです。
20160620tsubameoya05_2

翼も長いです。
20160620tsubameoya06

キリッと決まっています。
20160620tsubameoya07

校長先生が後ろに手を組んで立っているみたい。
20160620tsubameoya08

こちらはよく見ると尾が短いんですよね。
つまり尾が長いのがお父さんツバメ。短いのがお母さんツバメ。
2羽交代で次々ヒナに餌をあげていたということでしょうか。
20160620tsubameoya09
↑明らかに尾が短いです

『ツバメの謎』によると
背中の光沢はオスの方が輝いていて、のどや額の赤さはオスの方が鮮やかとのこと。(p11)

------------------------------
あまりにヒナがかわいかったのでまた観察したいです。
『ツバメの謎』によると8月の末くらいまで繁殖期というのでまだチャンスはあるかもしれません。

そういえば、去年、別の町の商店街でヒナを撮ったのですが日付を見ると7月18日なんですよね。
20150718bird
7月1日頃に孵化したヒナたちと推測されます。

これからもツバメ観察は続けていきたいです。

« つばめ(その5)A駅のツバメ第四弾(6月21日~) | トップページ | 広重「永代橋 佃しま」の描かれた日を推測する(その1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つばめ(その5)A駅のツバメ第四弾(6月21日~) | トップページ | 広重「永代橋 佃しま」の描かれた日を推測する(その1) »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。