« ガビチョウとはシリーズ(その4-5)6月下旬のガビの様子の追記です | トップページ | 『君の名は。』(その1)映画、よかった~。東京の雑踏を歩くのがうれしくなります »

2016年9月 6日 (火)

月の満ち欠け日記 2016年9月1日~9月30日

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
ご覧になられたのと同じ月があるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

最近天候不良で月が見られずサミシイという時にも
ぜひお訪ねいただけたら。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでたら新しいタブで開く、を)

※スマホではレイアウトが崩れる場合は
「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
---------------------------------------------------- 

9月4日
今クール最初の月は9月4日の4日月。
左)18時過ぎ。西南西の空に見え始めました。
 月齢3。輝面率8%。
中)18時30分過ぎ。暗くなり始めた空。
右)地球照も。
160904_1801wsw_3th_8_19a 160904_1833ws_3th_9_13a 160904_1834ws_3th_9_12a

左)19時10分頃。細い弧の左下
 先が途切れているように見えます。
右)アップで。
 クレーターのデコボコが3か所浮かび上がらせ、
 欠け際が途切れたように見せているのですね。
160904_1910ws_3th_9_5ashort 160904_1919ws_31th_9_38a

左)19時25分頃。西の空に傾いていくにつれ、
 色が赤くなっていきます。
中)地平線まではまだ距離があったのですが、
 遠くの建物か雲に隠れていきました。
右)月の入り10分前。かろうじでみえる赤い角。
 これだけご覧になった方は、月とは思わず、
 何があるんだろうとぎょっとするでしょう。
160904_1925ws_31th_9_26a 160904_1926ws_31th_9_24a 160904_1928ws_31th_9_2a

9月5日
左)11時10分頃。月齢3.7。青空の中の五日月。
 細い月でも太陽の割と近くに位置していても、
 輝面率13%ぐらいになると簡単にみつかります。
中)アップで。月齢3.7。
 青い空に透けるソーダ色の月が一番好きです。
右)13時過ぎ。南南東の空の月。
160905_1112see_37th_13_28a 160905_1113see_37th_13_29a 160905_1302sse_38th_14_43a

9月6日
左)16時前の南の空。
 葉祥明さんの絵のような青とソーダ色にうっとり。
右)アップで。月齢4.9。輝面率21%。
 明るくても危難の海がよく見えます。
160906_1554sw_49th_21_42ashort 160906_1555sw_49th_21_42a

9月7日
左)17時16分頃の南南西の空。月齢6。輝面率30%。
 七日月なのですが、私たちがイメージする
 三日月ってこのくらいの形ですよね。
右)18時44分頃。鼻が少し尖っているように見えます。
 静かの海の部分が暗く見えることが
 鼻のとがりを作り出していますね。
160907_1716ssw_6th_30_37a 160907_1844sw_6th_30_26a

9月8日
台風13号の影響で青空が見えたり、
スコールのような雨が降ったりの一日。
左)15時40分頃の南南東の空。
 速くすぎる雲の間に月が。月齢6.9。輝面率39%。
右)雲の切れ間を待ってアップで。
 草野球をする人の姿もずいぶん見えるようになりました。
160908_1540sse_69th_39_36a 160908_1541sse_69th_39_36a

9月9日
20時19分頃。南西の空の上弦の月です。
月齢8.1。輝面率50%。
160909_2019sw_81th_50_23ashort_2
同じ50%の半月でも欠け際に見えるクレーターは
毎回同じではありません。
秤動があるからです。
わかりやすい画像を探してみました。
左)2016年9月9日の半月。
 欠け際に「逆さオラフ」が見えていて、
 月面エックスは矢印のあたりに。
右)2014年11月29日の半月。輝面率50%。
 「逆さオラフ」は陰の部分に隠れています。
160909_2019sw_81th_50_23ashort_3 141129_1926sws_69th_50_41amojiji

9月10日
17時2分頃の南南東の空。
上弦の月からわずか1日で
輝面率59%まで増量していました。
月齢9。
160910_1723sse_9th_59short

9月15日
今日は中秋の名月。
といっても満月が17日なので
まんまるには少し足りないお月さまです。
19時頃空を見た時は雲に覆われていたのですが、
その後雲が晴れて、眺めることができました。
左)22時前。南の空の月。月齢14.2。輝面率98%。
中)23時42分頃。南南西の空。
 草野球をする人が立つ角度になりました。
 こちらもまだ輝面率98%。
 この画像でもまんまるでないことがわかりますよね。
 2%の欠けに気づける人間の目って
 よくできているものです。
右)時計の針の8から12ぐらいにかけて
 クレーターが見えます。
 すなわちこのあたりが欠け部分。
160915_2155se_142th_98_44aashort 160915_2342ssw_142th_98_43ashort 160915_2343ssw_142th_98_43ashort

9月16日
左)18時25分頃。
 月の出から1時間ほど経ってもまだ低い空の月は
 見えないだろうなと思っていた路上で見えました! 
 東にのびる銀杏並木のちょうど間に!
中)薄い雲をまとった月。
 球体に見えず、幻燈機で投影された映像のような感じ。
 幻想的でした。
右)色はもったりしたオレンジ色でした。
 この写真よりももう少し淡いオレンジ色。
160916_1825es_15th_100_10a 160916_1825_2es_15th_100_10a 160916_1826es_15th_100_10a

左)19時過ぎ。
 いつのまにか雲がなくなっていて、
 澄んだ東南東の空に輝く月。
 金メダルのような輝き。ものすごく美しかったです。
中)若干、左側の際にクレーターが見えます。
 すなわちこの部分がまんまるではありません。
右)左下にもクレーターがかすかに見えます。
 でも、データ状は月齢15。輝面率100%となっています。
 満月は17日ですが、その時間が朝の4時頃のため、
 9時間前のこの時すでに100%となっているのです。
160916_1906ese_15th_100_18ashort 160916_1905_2ese_15th_100_18ashort 160916_1905ese_15th_100_18ashort

9月17日
満月の日ですが。
23時10分頃の薄い雲越しの月。
月齢16.2。輝面率99%。
1%すでに欠けています。
確かに時計の12から3の間にクレーターの影が見えています。
なぜ。
それは満月の時間が朝の4時ごろだったため。
19時間経った分、これだけ欠け始めているのですね。
160917_2310sse_162th_99_51a 

9月25日
雨続きでしたが、今日久しぶりに月を見ました。
すっかり細くなっていました。

左)11時前の西の空。白い雲にまぎれながら、
姿を現しました。肉眼でもすぐ探せるけれど
 まわりの誰も月がいるとは気づかなかったみたいです。
右)アップで。月齢23.7。輝面率33%。透け感たっぷり。
 西の空なのに月の入り3時間前。結構高いところいます。
 というのもこの月が沈む位置が西北西だからなんです。
160925_1056w237th_33_35ashort 160925_1057w237th_33_35ashort

9月26日
夜明け前。4時30分過ぎの東の空。
月齢24.4。輝面率25%の月が。
焦げ目がほどよくついた細みの餃子のよう。
160926_0435es_244th_25_44ashort_2 

9月27日
左)午前4時前の東の空。
 月齢25.4。輝面率16%。
 丸一日たって9%分、ほっそりした月です。
 チェシャ猫の笑い口のよう。
中)5時過ぎの東南東よりやや東寄りの空。
 少し明けてきた空の月。地球照も見えて、幻想的。
右)地球照の月をアップで。
160927_0354e_254th_16_25ashort_2 160927_0505es_255th_16_39a 160927_0504es_255th_16_38a

9月28日
金木犀の甘い香りが漂う中、
昼の空に細い月を探しましたが、雲に覆われてみられず。
今クールは27日が最後の月となりました。
-------------------------------------------------------------------
※随時アップします。
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

« ガビチョウとはシリーズ(その4-5)6月下旬のガビの様子の追記です | トップページ | 『君の名は。』(その1)映画、よかった~。東京の雑踏を歩くのがうれしくなります »

月見るシアワセ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガビチョウとはシリーズ(その4-5)6月下旬のガビの様子の追記です | トップページ | 『君の名は。』(その1)映画、よかった~。東京の雑踏を歩くのがうれしくなります »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。