« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月23日 (木)

僕、こんなに青くなったんだよ~とうれしそうなルリビタキ(♪-3)

♪2の場所を翌日、ふたたび訪ねてみました。

同じ場所にジョビくんがいました。
前日と同じ個体でしょう。(以下画像はクリックで拡大します)
20170219jobi1short

黒い顔にシルバーグレーの頭がナイスミドルのようでリリシイです。
20170219jobi2short
紋付きの黒い羽織をまとっているみたい。

降りていくと、すぐに青いルリがお出迎え。
20170219ruri01short
あれ、背中が黄緑色っぽい。

朝日を浴びているからではなくて。
あきらかにモスグリーンの羽と青い羽が混ざって見えます。

おそらく、成長しかけているオスのルリちゃんということなのでしょう。

オスのルリビタキは若の時は頭から背中はモスグリーン。
それが1年目2年目と成長するにつれ鮮やかな青になっていくのだとか。

つまり。「青い鳥」は無事成長できたという幸せの証。

モスグリーンの若にとって、青いルリはきっと憧れでしょう。
そして自分の体がどんどん青くなっていくのは、
大人になる喜び。
20170219ruri02short
↑どことなく、「僕、こんなに青くなったよ~!」とうれしそう。

この日は、このサンクチュアリのような場所をを支える活動をされている方に
お目にかかれました。(うれしかったです)。

ほどなくすぐそばの木に別のルリビタキが留まりました。

ピンボケなんですが
20170219ruri04

メスなのか、オスの若なのかは不明。
こんな風に同じなわばりに2羽が同時に現れることはあまりないそうです。

けんかになるかもと、サポート活動をされている方はおっしゃいましたが
幸い何も起きず、この1羽の方が木々の奥へ飛んでいきました。

青いルリちゃんは残って、近くの枝に留まってくれました。
20170219ruri06short

あきらかに、モスグリーンの毛と青い毛が混ざっていますね。
額のあたりに筋のようなものが見えます。

遠くにシロハラがいました。
20170219shirohara

ガビもいました。前日のガビでしょうか。
小さかったです。きょろきょろしながらもあまり警戒心がないのか、
私の眼の前までやってきちゃいました。

目が水色ではありません。
20170219gabi1short

お腹のあたりが緑がかっているのがお洒落。
20170219gabi2short

しばらくして茂みの奥で別の個体が何か呼びかけました。

するとこのガビが茂みの中に飛んでいきました。
「おい、目の前に人間がいるぞ」とでも語りかけたのかな。

またルリちゃんが現れました。
20170219ruri07

入口あたりでまた別のルリちゃんが現れました。
朝いちで会った青ルリちゃんからしら。

左脚の矢印のところの指が少しぽこっとしている特徴があります。
20170219ruri08short

風で毛が逆立つルリちゃん。
20170219ruri09

このルリちゃんが開けたところに留まりました。
20170219ruri10short

でもすぐに飛び立ったのでどうしたのだろうと思うと、
エナガちゃん集団がやってきたので、逃げたようです。

エナガは撮りづらく、かろうじて撮れたのがこちら。
20170219enaga

チームエナガには必ずセットのコゲラとシジュウカラもいました。

エナガたちが去って、戻ってきたルリちゃん。
ここが一番のテリトリーなのでしょう。
20170219ruri11short

眉間というのか額というのか。白い部分があるのですね。
キリッとした顔つき。
20170219ruri12short

山吹色の毛がふわっふわ。
20170219ruri14short

くちばしの下に黄色いものが見えるのはなんでしょう。
20170219ruri15short

真正面から。
20170219ruri16short

何かみつけたのかな。
20170219ruri17short

最後はお尻。尾の青さが美しいです。
20170219ruri18short

まだまだ冬の間にこのルリちゃんに会いたいです。

池ではカワウ。
20170219kawau1

緑色の目がぎらり。
20170219kawau2

2017年2月22日 (水)

秘密の庭のような空間で猛禽もルリビタキも(♪-2)

先日感動した場所をまた訪ねてみました。
今後、自分自身の記録のためにもこの場所を♪と印し、何回目の訪問か記録を残そうと思います。

ある程度の場所までは普通の住宅街の一角で、
お庭いじりをしている方がいたり、外に車を停めて作業をしている方がいたりするのですが
(ジョウビタキのオスやホオジロがそばにいるのに見向きもせず)、その先を行くと。

ほんの小さな一角なのですが誰も訪ねる人がいないシークレットガーデン状態になります 。

笹ヤブでピョンと跳ねたものが。
さてなんでしょう。
第1ヒント。
かろうじて見える茶色い身体。 (以下画像はクリックで拡大します)
20170218gabi1

第2ヒント
白いオタマジャクシ。(写真はピンボケですが)
20170218gabi2

となればガビですね。
20170218gabi3

食事中なのでしょう。ガビ=鳴きっぱなし、のイメージが強いので
まったく無音でムシャムシャついばむ姿は新鮮です。

少し先に歩いていくと、イケメンモズが現れました。前回と同じモズでしょうか。

そして、ほどなく、「ヒンヒンヒン」の鳴き声が。

ルリビタキが現れました。
20170218ruri01short
↑尾にほのかにインクブルーの青みが見えます。

20170222ruri02short
↑何を眺めているのでしょう。

ほどなく、遠くでガビが鳴き始めました。
食事が終わったのでしょうか。

聴こえてくる超絶節回しの鳴き声をルリちゃんは気にも留めずに、マイペースで「ヒンヒンヒン」。

やがて、ルリが木の中に隠れてしまったので、また少し移動。
すると、前方からギエーギエーの鳴き声が。
木の中から飛び出したのはカケスでした!!!
20170218kakesu1short
顔が見えないけれど、テラコッタ色の身体とターコイズブルーのアクセント、
サンタフェカラーでカケスとわかります。

20170218kakesu2short
潔いほどの悪人顔に惚れ惚れします。

かなりの近距離遭遇でうれしかったです。

カケスが飛んでいった後、ガビの鳴き声を追って奥に進むと、
また近くでヒンヒンヒンが聞こえてきました。

枝に留まったのが見えました。

青い!
20170218ruri03short
ルリビタキの成鳥です。

うれしい。

ヒンヒンヒン。
20170218ruri04short
少し遠くで、許せる程度の小ささでガビの鳴き声がしますが
ルリのヒンヒンヒン。すごくきれいな声です。

静かなこの空間にかすかにこだまするんです。

ヒンヒンヒン。ひんひんひん。

ルリは仲間の返事を待っているのか、それとも自分の声のこだまが楽しいのか。

何度も鳴いてはまわりを見回して耳を澄ましている様子。
20170218ruri05short
かわいかったです。

20170218ruri06short
真正面の顔は、パンジーの花のよう。

充分にルリちゃんの姿も見られたので、そろそろ帰ろうと開けた場所に出かかったとたん、
目の前わずか10メートル先ぐらいを大きなものが横切りました。
たぶんオオタカ。大きな羽、白とブラウンの縞のようなものが見えました。
飛び立って超低空飛行。
急いでカメラを向ける間にぐんぐん上空に上がっていきましたが、
上空を行ったり来たり。8の字を描くように。

かろうじて撮れたのがこちら。
20170218moukin1shortshort

かっこよかったです。
20170218moukin2short

風の強い日は猛禽は空を飛ぶのが気持ちいいのでしょうか。
20170218moukin3short

小さな場所なのに2回訪ねて2回とも猛禽類とルリビタキに会えるなんて有り難すぎます。
ルリビタキたちにとって猛禽がそばにいるのは嬉しくないことなんでしょうが。

人通りのある場所に戻ってくるとホウジロが。
20170218hoojiro1short

着々と開花の準備をしている桜とホオジロ。モヒカンぽくてお洒落です。
20170218hoojiro2short

ジョウビタキオスも登場。
20170218jobishort
メスを見ることが多かったのでオスに会えてうれしいです。

club青いルリビタキ。
現れると視線が吸い寄せられます。
まわりのすべてが淡くぼけて、ルリビタキだけがくっきり瞳に映ります。

ドキドキしながらも、心が研ぎ澄まされて静まるような、
おごそかなひととき。

清々しく、そしてじんわりあたたかい気持ちにさせてくれる青い鳥。
青いルリビタキのようなオーラを放つ人になりたいなあと思いました。

2017年2月19日 (日)

野鳥観察会に参加しました

先日、里山での野鳥観察会に山ガールの友達と参加しました。

先生やその里山での観察歴の長い方々たちと一緒にまわります。
濃い3時間でした~。

・大勢で回る
・快晴(人間は気持ちいいけれど、遠くまでよく見える快晴の日は
     小鳥が猛禽に狙われることを警戒して隠れてしまうので鳥観察日和ではない)

のため、普段よりも鳥に遇いづらいとのことでしたが、いろんな鳥を見られました。

そして見られなかった鳥に関しても、
この場所に現れやすいというポイントを教えていただけたことも大収穫でした。

じょうびたきメス。(以下、画像はクリックで拡大します)
20170212jobishort
あちこちフォトジェニックになる場所に留まってくれました。

池には3羽。
20170212ike1

キンクロハジロ。
20170212ike2_1
目つきが怖いです~。

20170212ike2_2

背後霊のように忍び寄る~。
20170212ike2_4

ホシハジロでしたでしょうか。自信ないです。
20170212ike2_5

エナガの巣を教えていただきました。
Img_6703
エナガが苔と蜘蛛の糸で巣を作るとうかがってビックリ!

私の仕事先の敷地内で先日、エナガが木の幹の苔をついばんでいるのを見たのです。
いつも一緒にいるコゲラの真似をしているのかな~なんて思ったのですが、
巣作りだったのですね。

私たちの頭上を白いサギが飛びました。綺麗でした。

ピンボケですがカシラダカ。
20170212kashiradaka

ハクセキレイやキセキレイも尾をフリフリ現れました。

冬羽でグレーなハクちゃん。
20170212haku1

20170212haku2

ハクセキレイは黒いよだれかけをしているなあと思うのですが、

このハクセキレイはよだれかけではなくて、じゃらじゃらとしたネックレスのようで
Img_6709

ゴージャスに見えました。

シロハラ、アオジ、ルリビタキも見られました。

鳥探しのコツも教えていただけて、達人が鳥をみつける凄さを目の当たりにできたことも、
鳥好きの方たちと楽しさを分ちあいながら歩けるのもよかったです。

充実の観察会のあとは、友達と二人でそばの公園へ。

天を仰ぐコゲラ。何を考えているのでしょう。
20170212kogera

コゲラのいるところにシジュウカラとヤマガラあり。
20170212kamoshi

実を足ではさんだヤマガラちゃん。
20170212yamagara1short

一生懸命くちばしでつっつくけど、
20170212yamagara2

それを落としてしまって、下を眺めています。
20170212yamagara3


そのあと、こちらを見て「見てたの?」
20170212yamagara4

「恥ずかし~」みたいな表情に見えます。
20170212yamagara5

開けたところにはツグミもいました。

思いっきり枝かぶり。
20170212mozu1_2

くちばしでモズ子だとわかります。
20170212mozu2

別の場所へ移動。ヤドリギ。
20170212yadorigi1short

2~3月はヤドリギの実を鳥のヒレンジャクが食べにやってくるらしいのですが、
このヤドリギは実がなっている気配がありません。
20170212yadorigi3

このヤドリギにヒレンジャクが来ることはないのかしら。

メジロ、コゲラ、アトリがいました。

今年はあたり年のアトリ。
20170212atori

大満足の一日でした。

2017年2月11日 (土)

代々木公園&明治神宮。風の強い日は猛禽日和? ルリにも会えました

先日、渋谷での用事の空き時間に代々木公園のバードサンクチュアリと明治神宮に行ってみました。
晴れているとはいえ冷たい北風が強かったのですが、今や鳥のためならノープロブレム。

まず、代々木公園でアトリ。
今年はあたり年ときいていましたが、スズメのようにたくさんいてびっくりしました。

(以下、クリックで拡大します)
20170208atori1short

20170208atori2short

落ち葉に埋もれてカモフラージュ。4羽います。
20170208atori3

アカハラもいました。私は初撮り。
20170208akahara1

風の強い日は猛禽日和と聞いたことがあります。
人間が凧を揚げるのにいいように、風が強いと羽根を広げて飛ぶのに気持ちいいのかな~と
勝手に思っているのですが。

ピントを合わせられませんでしたが、猛禽がカラス2羽に追いかけられていました。
20170208nosuri01short

サンクチュアリのところでは鳥撮りのおじさんが「ノスリがいるよ」と教えてくれました。
ノスリをちゃんと見るのは初めて。

このどこかにいます。
20170208nosuri02short

右下の黄色丸をしたところです。
20170208nosuri02shortshort
自力では絶対みつけられなかったでしょう。

ズームズーム。
20170208nosuri03short
枝かぶりというか枝の中にいます。
デザートでケーキなどが糸状の飴<シュクレフィレ)にこんもり覆われている一皿ってありますよね。
あんな感じでノスリが枝の中にいます。

攻撃される心配がなくて安心なのでしょうか。

動かないノスリ。なので、私が少し場所を変えて。
20170208nosuri03_2

可愛い顔立ちをしています。

鳥撮りおじさんは去り、ノスリも去ったのですが、再びノスリが戻ってきました。
見やすい手前の枝に。

わーい!! 
誰もギャラリーはいません。
(しばらくしてからカメラマンの方がお一人いらっしゃいました)

どこにいるでしょう。クリックで拡大していただけましたら。
20170208nosuri04

写真の心霊探しではありません。
画像中央やや上部に白い塊がいます。

ちょいズーム。
20170208nosuri05short
かわいい~。

もっとズーム。
20170208nosuri06short

きりりとしたまなざしです。
20170208nosuri11short

長い間、じっとしていました。
周りの木々にコゲラ、鳩、いろいろ飛んで来ると、
そちらに目を向けるのですが、飛び立たず。

また、カラスもこのノスリを追い立てることはまったくしていませんでした。
目立つところにいて気づいているはずなのに。

くちばしのくいっとした曲がり。
20170208nosuri15short

池にいるカモを見ているのでしょうか。
ノスリって鼻の中央が黄色いんですね。
20170208nosuri10short

飛び立つところを見たかったのですが、動く気配がなく根負け。

私が移動。明治神宮に行くために青少年総合センターの外を歩きました。
車の往来はすごいし、工事もしているし、こっちを通るのは失敗したかな~と思いながら
歩いていると、ヒンヒンヒンという鳴き声が。

植え込みにジョウビタキのメスでした。
20170208jobi2short

お尻モフモフ
20170208jobi1short

明治神宮では先日ルリビタキを2回見たエリアに行ったのですが、会えず。

あきらめて原宿門の方へ歩いていると。
角から飛び出して地面に落ちた実をついばむ鳥が。

ルリビタキでした!
20170208ruri1short

ルリちゃんたちはエナガより大きいし、留まっていることも多いし、
木の高いところよりは低いところを移動するので、みつけやすいし。

このところルリ遭遇運はとても恵まれています♪♪

最後に明治神宮の鳥居越しに昇る月を撮りました。その様子はこちらに。

2017年2月 9日 (木)

猛禽や青い鳥。サンクチュアリと呼びたい静けさ

梅が咲き始め、晴れたら日差しもぽかぽか・・・
春のきざしはうれしいけれど、少しさみしいです。
それは冬の終わりを意味しているから。

野鳥に目覚めてしまったこともあり、
今年ほど冬が終わるのが惜しいと思った年はありません。

冬の森。
スズメバチもへびもいない(私のエリアでは4月にすでにスズメバチが現れてしまいます)ので
安心して歩けます。

落ち葉の上を歩くのはカサコソした音も楽しいですし、
足の裏にあたる感触もやわらかくて心地いいです。

木々が葉を落としているからこそ、野鳥もみつけやすいです。

静かで凛とした空気が包む冬の森や谷戸を歩くよろこび!!
光が射すと、キリッと空気の粒も輝くような。

あとわずかの期間の愉しみだからこそ、つい早起きして訪ねてしまいます。

先日の日曜、あらたな場所を訪ねたのですが
そこはサンクチュアリと呼びたくなるようなところでした。

遊水地の奥にひろがる小道と深い森。とはいえ片側は住宅街。
小さな小さな小川もあって。

わずかなスペースなのに濃かったです。

出会った鳥は。

カモ。シジュウカラ。ヒヨドリ。シロハラ。コゲラ。アオジ。ヤマガラ。モズ。カケス。
ルリビタキ(青い成鳥も!)。猛禽(オオタカでしょうか)。

それでいて、出会わなかった鳥が、カラス、鳩、スズメ、ハクセキレイ、ムクドリ、ガビチョウ。
(たまたまかもしれませんが、奇跡のようです。普段どこにでもいるこれらの鳥がいないだけで
ガビチョウの他の鳥の鳴き声を消してしまうような鳴き声がないだけで
非日常感がハンパナイです)

しかも、誰もいないのです。
鳥撮りの方も、犬の散歩の方も、ランニングの方も。

一度だけ、植物を採りにきたおじいちゃまに会っただけ。

すべての鳥と1対1で出会えるのです。

それでいて、すぐそばに住宅が並んでいるのもポイント。
誰もいなくても恐くない、安心感があります。

ではこの場所での様子を詳しくご紹介します。

まず、遊水地の脇の木に何かが留まりました。

ハトかしら~。とりあえず、カメラを向けてびっくり! 猛禽です。
(以下、鮮明ではないのですが画像はクリックで拡大します)
20170205moukin1short

ズームズーム。
20170205moukin2short

オオタカでしょうか。
ブラウンのボーダーシャツにフード付きのグレーのコートを羽織っているようなお姿。

来た途端にこの大物のお出迎え。期待が高まります。

小道を歩いていくと。

ニー二―。
ヤマガラちゃんもいました。
20170205yamagara

モズオスが森の方を向いて留まっていました。
20170205mozu1short

すごくイケメンです。
20170205mozu2short

ガビよりは音量はぐっと抑え目ですが、複雑な節回しの歌声を披露していました。

モズがいるとルリビタキは出てこないかな~と
とりあえず小径の奥まで行って、戻ってくると入口でギャーギャー声が。

カケスでした!
20170205kakesushort_2

カケスは生で見るのははじめてだったのですが、
ターコイズブルーですぐカケスだってわかりますね。
かなり人相が悪いですね。

テラコッタのような明るいブラウンとターコイズという
サンタフェカラーが魅力的。

そして、ルリちゃんが現れました。
20170205ruri3short

モズが15メートルくらい先にいるのにここに居ていいの?
と私の方がハラハラしました。

アオジも警戒心なく、すぐ先をぴょんぴょん歩いています。
20170205aoji1short

むしゃむしゃ。
20170205aoji2short

目が合ってしまったかしら。
20170205aoji4

森の奥からはコゲラのコンコンも聞こえてきます。

イケメンモズは相変わらず、流麗に歌っています。

モズがいても気にしないのでしょうか。シロハラが小川の脇を歩いています。

シロハラの向こうで何かが動き、飛び立って枝に留まりました。

あれ、あの色は・・・
とりあえずカメラを向けて撮ると。
20170205ruri4
ピンボケだけど、青い! 青い!

急いで撮り直し。
ルリビタキでした。目元や肩に少し明るいターコイズブルーのようなところがあってとても綺麗です。
20170205ruri5short

青に黄色が映えます。
20170205ruri6short_3

鳥が無事に成鳥するのは難しいこと。
こんな綺麗な青になるまで育つことができてよかったね~。
とうれしくなります。

そして、相変わらずモズがそばにいるけどいいの~と思います。

目が合った?
20170205ruri8short
やさしい、そしておごそかな気持ちにさせる。
それだけで充分シアワセの鳥ですね。

この場所には名前がつけられていました。
家に帰って調べてみると。

地元の方やボランティアの方たちによって保全されていることがわかりました。
過去には開発計画が持ち上がったけれど、それを乗り切ったこともわかりました。

私が鳥や植物etc. 遠い山の中に行かずに楽しませてもらっている里山や谷戸は
多くの方たちの尽力によって支えられていることをあらためて感じました。







2017年2月 8日 (水)

ルリ谷戸の公園でアカゲラ、アオゲラにも会えました

先日、ルリビタキに会えた公園の谷戸をまた訪ねてみました。

サギちゃんがいました。(以下画像はクリックで拡大します)
20170204sagi1short

2メートルぐらしか離れていません。今までで一番近距離の出会いです。

水の中を歩きながら、小刻みに震えています。
20170204sagi2short

寒いのかな~と思ったのですが、
もしかしたら、一足一足、水の中の獲物を探るように動かしていて
それが震えているように見えたのかもしれません。

足を振わせて移動するから
こんな風に波紋が広がります。
20170204sagi3short

白い羽にも水面の光が映って綺麗でした。
20170204sagi4short

ありがたいくらいすぐそばにいるから、
お顔も、後頭部の辮髪のようなものもバッチリ。
20170204sagi5short

飛んで行きました~。
20170204sagi6short

コゲラが幹をつつくコココンという乾いた音が森に響くのが好きです。
森の静けさを一層実感できます。
20170204jigera

アオゲラに初めて会いました~。
羽の色、ニュアンスのある薄黄緑色が素敵です。

なぜ青くないのにアオゲラ?
薄黄緑色の皮のグリーンアップルを日本語では「青リンゴ」と呼ぶことや
緑色の信号を「青」と呼ぶのと同じ「アオ」の使い方なのでしょうね。

20170204aogera1

ツーンと尖ったくちばし。
20170204aogera2short

頬の下の赤がやっとはっきり見えました。
20170204aogera4

赤いベレー帽をかぶっているような、
赤りんご&青りんごカラーのアオゲラちゃん、好き。
20170204aogera5

赤ゲラも初めて見ました。
これでコゲラ・アオゲラ・アカゲラ、コンプリート♪

着物から赤い長じゅばんが見えているような小粋さ。
20170204akagera1

池のそばのモズ子ちゃん。朝の光の中でフォトジェニックにたたずんでいました。
20170204mozu1short

べっぴんさんです。
20170204mozu2short

何をみつけたのでしょう。くちばしの先がくいっと曲がっているのですね。
20170204mozu3short

おしりがモフモフ。
20170204mozu4short

野鳥に目覚めていない頃は、鳥を見る楽しさがわかりませんでした。
今は。鳥も猫などの動物と同じくらい表情があって、しぐさもあって
かわいいな~と思います。

ひなたぼっこしている猫の背中の毛が光っているように
モズ子ちゃんの背中の毛が朝日に光っています。
20170204mozu5short

頭を少しだけかしげたようなしぐさもキュート。
20170204mozu6short

本当に、猫ちゃんを眺めている時と同じような感覚が湧くモズ子ちゃんでした。
20170204mozu7short

起伏もある里山を活かした野趣あふれる公園。
20170204short

季節は夏秋冬と廻ったのに蝉の抜け殻がまだありました!
20170204semi

ルリ谷に近づくと。

いたのはジョウビタキメス。
20170204jobi6short_2

彼女もかわいい。
20170204jobi7

そして、焼きとうもろこしが歩いてきました。
20170204kojukei2short

いえ、コジュケイがやってきました。
無言でほふく前進する6羽。
20170204kojukei1

どんどん近づいてきます。

ど~んとアップ。
20170204kojukei3short
醤油が焦げたようなおいしそうな焼きとうもろこし。

20170204kojukei4short
二重パッチリおめめ。

ひいい。カモもそうでしたが、毛づくろいの目がモディリアーニの絵のよう。
20170204kojukei6

地面の上の餌をついばみながら、目の前70㎝ぐらいまでやってきて、去っていきました。

お尻。革表紙の古い辞典のような深い色合いにうっとり。
20170204kojukei7

びっくり。尾がミルフィーユ状態。
20170204kojukei9short

違う角度から。
20170204kojukei8short

コジュケイに夢中になったあと、ルリには今日は会えなそうだな~とあきらめて立ち去ろうとした時、
カメラマンの方が「ルリビタキを待っていたんですよね。現れましたよ」
と教えてくださいました。

梅の淡い花の色と羽の下の黄色がやわらかな春の色。
20170204ruri4short

ルリビタキに会えると思って何度も来ているけれど会えないの
とおっしゃっていた60~70代ぐらいのカメラマンおばあちゃまと
一緒に見ることができました。

後ろ姿。インクブルーの尾が美しいです。
20170204ruri3short

気持ちよさそうなひなたぼっこ。ジョウビタキがいなくなって現れる奥ゆかしさ。
20170204ruri2short

充実した鳥見散歩でした。






2017年2月 7日 (火)

春のきざしの新宿御苑。オシドリ、ルリビタキ、福寿草

先日、新宿に行ったついでに新宿御苑に立ち寄りました。

オシドリがいると聞いていた池では。
奥にこもったまま。
20170202gyoen_oshidori1

人間でも小さな穴倉みたいなところって落ち着きますよね。
守られているようで、居心地いいんだろうな~って
想像するとこちらまで気持ちよくなるのですが、
ギャラリーとしてはもっと手前に出てきてほしいところです。

一列に並んだ~。
20170202gyoen_oshidori2short

都会のどまんなかにオシドリがこんなにたくさん生息していることにびっくりしました。
-----------------------------------------
裏道。誰もいないところで、綺麗な鳴き声が。

暗いけれどこれはルリビタキでしょうか。
20170202gyoen2

20170202gyoenn1

ゴルゴ13なアオジもいました。
20170202aoji1short_2

えさを探して食べる姿がいちいちハードボイルドでした!
20170202aoji2short

20170202aoji3short

舌が見えます。
20170202aoji4short

2羽。不鮮明ですが、首元の模様が異なります。
頭も右側の方がグレー味が強いです。
20170202aoji5

梅の花の蜜を吸うメジロはカメラマンに囲まれたモデル撮影会状態。
Img_5954short

Img_5955short

飛び立つ瞬間ですが、羽と足がだら~ん。
Img_5956short

こちらは別の場所で。
目の前の植え込みにいたメジロ。
逃げもせず、おかげでアップで見られました。
20170202mejiro1short

葉の緑、実の白。メジロの羽の黄緑。おなかの白。
同系グリーンでコーディネートを狙ったかのようなメジロちゃん。
20170202mejiro3short

梅のメジロのようなギャラリーはまったくいなかったのですが、
私は梅ピンク×メジロよりも好きかも。
20170202mejiro4short

母と子の森では不思議な植物が。
20170202rakuusyou1short

大きな木の周辺ににょきにょき。
20170202rakuusyou2short
ガウディのサクラダファミリアのよう!

これはラクウショウ(落羽松)の気根と呼ばれるもので、根から伸びているそうです。
酸素を取り入れる働きがあるのだとか。

円空の木仏に見えるものやシュールは現代アートのようなものも。
20170202rakuusyou3short

福寿草の黄色は春のよろこび。
Img_5943short

白い水仙と並んで咲く様子も美しかったです。
Img_5961short

花も鳥も青空も楽しめる新宿御苑を満喫できました~。













2017年2月 6日 (月)

明治神宮で鳥日和&月日和。ルリポイント発見!

冬の森歩きは好きなのですが、
野鳥に興味を持ち始めてからさらに好きになりました。

元来、関東南部ぐらいの冬の寒さは平気。
森の中に2時間ぐらいいるとかへっちゃらです。

先日、明治神宮に行きました。

参宮橋駅から向かいました。

ポニー公園によりみち。

やさしい表情。
耳と髪が子供の頃に好きだったマグマ大使に似ています。
20170201pony1short

明治神宮の敷地に入ると。

◆あちこちでシロハラが落ち葉をめくりあげ、
20170201shirohara2_2

どんどん自分が穴に埋まっていきました。
20170201shirohara4

別の場所ではすらりとしてモヒカンのようなヘアスタイルでヤンチャ顔のシロハラも。
20170201shirohara6short

◆メジロが何羽も留まっている木に近づいたら、別の鳥を発見。
 ビンズイだとしたら私の初見の鳥です♪

この写真だと可愛いけど
20170201bin1short

こっちを向いた顔は思いっきり人相が悪いです。
20170201bin2short

◆以前、友人が北池でオシドリを見たのですが
 残念ながらもう来ていないようですね。

◆木々の中を歩いていると脇の杭に鳥が留まりました。
まるで私に挨拶するかのように。

ルリビタキ!!(ですよね)。

私を意識していないそぶりだけど、思いっきり意識して現れた気がします。
「ここは自分のなわばり」のアピールなのかも。
20170201ruri1short

20170201ruri2

奥の木に、手前の木に。私のまわりを飛んでいました。

16時前。カメラを持っている人はまったくいないエリアでした。
多くの方が訪れる明治神宮の中であっても
ルリビタキと1対1で向かい合えるのですね。
なんと贅沢なことでしょう。
おごそかな気持ちになったひとときでした。

このあと、私が方向を間違えて、10分後ぐらいにもう一度この場所に戻ってしまったのですが、
またルリビタキが現れました。

先ほどの枝先に同じように留まりました。
やはり「ここが私のなわばり」アピールなのでしょう。

◆このあと、明治神宮で参拝。

空には月が。その時の様子は月の備忘録の2月1日をぜひご覧いただけましたら。

2017年2月 5日 (日)

ヤマガラとルリビタキとジョウビタキと初カシラダカと初トラツグミ

このところ、晴れたら鳥日和。

先日のことですが。
青い鳥に出会った(詳細は1月22日のブログを)場所にふたたび行ってみました。

青いルリちゃんは姿を現してくれませんでした。
このあいだは「青い鳥に会える場所だよ。初回キャンペーンサービス」だったのでしょうか。

この日会えたのはモズ、ツグミ。オナガ。カラス。キジバト。
20170129onaga
右上のオナガは完全に体が真横になっていて、ケンスイをしている体操選手のよう。

姿は見えなかったけどガビがはりきって鳴いていてちょっとゲンナリ。
もう少しボリュームを下げるとか、他の鳥の声を主役にするために、
黙っている時間を増やすとかしたらいいのに。

↓顔が見えないのですが、だれでしょう。身体全体が淡いモスグリーンにみえます。
20170129
ルリ子ちゃんでしょうか。

鳥との出会いが少なかったので、別の里山に立ち寄ることにしました。

三脚を立てたおじさんカメラマンたちが和気藹々としています。
「何を撮っていらっしゃるんですか」とお尋ねすると、
おひとりがすかさず私にカメラを向けて「美人さんだよ」。
のノリの良さ。

おじさんたちのお目当てはヤマガラでした。
なついているヤマガラちゃんがすぐそばまでやってきました。

目がくりくりで、
Img_5438

額(?)が狭いことも可愛らしく感じるゆえんかしら。
Img_5444

頭頂部はこんな風になっているのですね。
Img_5439

木陰に潜む猛禽を息をひそめてみつめる。
同じ緊張感を分かち合う無言の連帯感(詳細はこちら)も心地よかったですが、
顔なじみ同士がおしゃべりしながら鳥を待つ、鳥と触れ合う。
そんな 空気もいいものですね。

おじさんたちエリアを後にして、さらに奥に進むと。

ジョウビタキオスがルリビタキを追いかけていました。
といいますか、おっぱらおうとしていました。

こちらはジョウビタキメスですよね。
Img_5448
淡いベージュ色が綺麗です。

Img_5449
羽織の紋のように白いマークがワンポイント。

ルリビタキ。出てきてくれました~。
20170129ruri1
きかんき顔に見えます。

この角度だとやさしい顔に。
20170129ruri2

この角度だと小顔に。尾の「ほんのりブルー」が美しかったです。
20170129ruri3

うまく撮れませんでしたが、カシラダカ。初見です。
モヒカン頭がお洒落ですね。
20170129kashiradaka1

このエリアでは双眼鏡で鳥見。撮影はされずという女性にお会いしました。
(ご主人はカメラで撮影)
双眼鏡だからこそ、いち早く全方向の鳥をキャッチされる奥様。
その美しさを画像に残さないからこそ心に焼き付けるように覗いて愉しんでいらっしゃいました。

遠くの湿地にトラツグミ発見。
ぼやっと。上半身。
20170129toratsugumi1

今度は下半身。
20170129toratsugumi3

初見です。全身は撮れなかったけど見事な虎模様にうれしくなりました。

このあと尾根歩き。アスファルトじゃなくて、土や枯れ葉の上を歩くのは楽しかったでした♪

普段ほとんどカメラマンに出会わないところで鳥見をしています。
カメラマンさんがいる鳥の名所に出かけると
鳥とふれあういろんなスタイルを拝見できたり、
鳥のことをいろいろ教えてもらったり。
勉強になりました。







2017年2月 2日 (木)

2017年1月28日~2月25日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

1月31日。
今クール最初に見た月です。
16時過ぎの南西の空。月齢3.3。輝面率12%。
細いけれど四日月。
170131_1604sws_33th_12_43ashort






2月1日
左)16:30頃。明治神宮での五日月。尖った先に月がいます。
 月齢4.3。輝面率20%。
中左)月をアップで。
中)1642頃。木の鳥居の菊の紋と月(左側にいます)
中右)19:30頃の西南西の空の月。
右)19:49頃。きちんと写っていないのですが、月、火星、月が並びました。
170201_1631ssw_43th_20_50a_short170201_1630ssw_43th_20_50a_short170201_1642sws_43th_20_49ashort170201_1929wsw_44th_20_23a_short170201_1949ws_44th_21_19a






2月2日
六日月ぐらいの太さになると青空の中で簡単にみつけられます。
左)11:42頃。新宿御苑の木々の奥の月。月齢5.1。輝面率28%。
中左)月をアップで。月の出から2時間ほど経っていますが東(やや南寄り)の空にいます。
中右)14:25頃の南東の空。輝面率29%。月の模様がはっきり見えます。
右)18:17頃の南西の空。鼻の尖ったお月さまにはならず。
170202_1142es_51th_28_22a_short170202_1143es_51th_28_22a170202_1425se_52th_29_50a170202_1818sw_54th_30_47a_short






2月3日
左)12時過ぎの東の空。月齢6.1。輝面率39%。
中)16時過義の南南東の空。月齢6.3。輝面率40%。2日の月と比べると満ち具合がわかりますね。
右)22:20頃の西の空。月齢6.6。輝面率42%。草野球する人が頭まで(全身)姿を現しました。
170203_1205e_61th_39_20a170203_1606sse_63th_40_60a170203_2220w_66th_42_15a






2月4日。立春。上弦の日。
左)12:47頃の東の空。月齢7.2。輝面率50%。ちょうど半月です。
中左)同じ頃。枝に留まったシジュウカラと半月。
中)13時過ぎ。ほころんでいる梅の花と。
中右)梅にヒントを合わせて。地上に春が訪れているのをお月様は空から眺めているのですね。
右)13:42頃。桜と月と。開花まではあと7週間ぐらいでしょうか。
170204_1247e_72th_50_19ashort170204_1251e_72th_50_20a170204_1305_2e_72th_51_23ashort170204_1305_1e_72th_51_23a170204_1342es_72th_51_30ashort




左)16:33頃の南東の空。半月の形がよくわかりますが厳密には輝面率52%。
中左)17:21頃。月面エックスは見えません。
中)中央部に「逆さオラフ」の顔のニンジンと胸のボタンがくっきり見えています。
中右)丸で記した位置です。
右)23:16頃の西の空。月齢7.6。輝面率はもう54%になっていました。
170204_1633se_73th_52_61ashort170204_1721sse_73th_52_65ashort170204_1721sse_73th_52_65ashortshor170204_1721sse_73th_52_65ashortsh_2170204_2316w_76th_54_16ashort






2月6日
左)15:18頃の東の空。月齢9.3。輝面率74%。青空の中でも球体感があります。
中)21:15頃の南西の空。冬の一等星がつくる「冬のダイヤモンド」の中で輝く月は
 ゴージャスでした。クレーターのコペルニクスもはっきり見えています。
右)22時過ぎ。草野球をする人が正位置に。
170206_1518e_93th_74_30ashort170206_2115sww_95th_75_63ashort170206_2203wsw_95th_76_55ashort






2月7日
左)16時過ぎ。大好きな桜の木の向こう側に昇った月。月齢10.3。輝面率83%。
  3月終わりに咲いた桜と月を眺めるのが楽しみです。
中左)月をアップで。
中右)21:15頃の南南西の空。月齢10.5。輝面率85%。
右)22時過ぎの南西の空。丸一日でぐんと月が満ちました。
170207_1604e_103th_83_29a170207_1605e_103th_83_29ashort170207_2115ssw_105th_85_72a170207_2203sw_105th_85_66a






2月8日。満月三日前。
左)強風の一日。16:23頃、明治神宮の鳥居の中央上のお月様。
中左)少し寄って。
中右)もっと寄って。輝く金色のご紋の上に白く輝く月。
右)月をアップで。月齢11.3。輝面率91%。
170208_1623en_113th_91_21ashort170208_1625_1en_113th_91_21ashort170208_1625_2en_113th_91_21ashort170208_1624en_113th_91_21a






2月11~12日。満月。
左)20時過ぎ。東の空の、月の出から2時間半ぐらい経った満月。月齢14.5。輝面率100%。
中左)日付変わって12日00:17頃の南(やや東寄り)の空の月。
  輝面率は100%ですがすでに月の右側に欠けはじめたでこぼこ具合が見えています。
中右)02:45頃の南西の月。輝面率99%。
右)04:31頃の西の空の月。月齢14.8。輝面率99%。
  一晩かけてウサギが時計周りに回転しています。
170211_2006e_145th_100_28a170212_0017s_146th_100_65a170212_0245sww_147th_99_50a170212_0431ws_148th_99_30ashort






2月12~13日。
左)21時過ぎの東の空。月齢15.5。輝面率97%。
中左)日付変わって13日朝5時前の西南西の空の月。輝面率96%。
中右)06:26頃、淡くオレンジに染まる西の空の月。
右)アップで。アップにしたので空は暗く写っています。
  満月から1日経っただけで、4%欠けただけで、月の右下が随分ほっそりと見えます。
170212_2105es_155th_97_28aimg_6769170213_0453wsw_158th_96_33ashort170213_0626w_159th_96_15a170213_0626_2w_159th_96_15ashort






2月13~14日。
左)21:14頃の東の空の月。月齢16.5。輝面率93%。
 1日前の月と比べると欠け具合がよくわかります。
 右上の欠け際にクレーターが4つ綺麗に並んでいます。
中左)日付変わって14日。朝5時前の南西の月。輝面率91%。
 2%欠けが進んで、4つのクレーターが見えなくなりました。
中)06:24頃の西の空、レモンの形の月。(空は暗く写っています)
中右)06:47頃の西の空。ヒマラヤ杉とレモンの月。
右)月をアップで。コロンと転がりそうな形が好きです。
170213_2114es_165th_93_17a170214_0457sww_168th_91_38asort170214_0624ws_169th_91_22ashort170214_0647ws_169th_91_17a170214_0647_2ws_169th_91_17a






2月14~15日。
左)21:19頃。月の出から40分ほど経ちますが、東の空低く、森の木の向こう側に月が現れました。
  非常に大きく見えました。針葉樹のすぐ後ろに月が居るのではと思うほど。
  月齢17.5。輝面率87%。
中左)22時過ぎの東(やや南寄り)の空。ウサギが窮屈そうに餅つきをしています。
中右)日付変わって15日朝4時前の南南西の空。月と木星とおとめ座のスピカが並んでいました。
  占星術のイメージか、月&木星&スピカは女性的でリリカルなイメージ。
  画像では左側の点が木星です。
右)月をアップで。輝面率85%。少しほっそりしたレモンの月です。
170214_2119e_175th_87_7a170214_2206es_175th_86_16a170215_0358ssw_178th_85_49a170215_0356ssw_178th_85_49a






2月16日
左)零時過ぎの東南東の空。月齢18.6。輝面率78%。
中左)右下に木星がいます。
中右)朝6時前の南西の空。置きあがった月と木星(右下)。
右)月をアップで。月齢18.9。輝面率77%。
  大気の状態がいいのか非常にくっきり撮れました♪
170216_0002ese_186th_78_27ashort170216_0006ese_186th_78_27amokusei170216_0557sw_189th_77_36amokuseish170216_0556sw_189th_77_37ashort






2月17日
左)朝4時前の南の空。月齢19.8。輝面率69%。
中左)06:13頃の南西(やや南寄り)の空。
  右下に木星が目視できていたのですが、画像には写せませんでした。
中)月のアップ(空が暗く写っています)。
中右)朝7時前の南西の空。ヒマラヤ杉と。
右)月のアップ。夜の月では濃い灰色に見える月の海が、
  朝~昼の月では青く見えるのが不思議です。
170217_0354se_198th_69_44a170217_0613sws_199th_68_37aimg_6936170217_0613sws_199th_68_37ashort170217_0651sw_199th_68_32ashort170217_0652sw_199th_68_32aimg_6947






2月18日
左)前日の春一番のあと、寒さが戻りましたが絶好の月日和の朝。
  7時頃の南西の空。月齢20.9。輝面率54%。
右)飛行機雲の上に浮かぶ月。
  青い空と白い月。青い海と白い雲。青い富士山&白嶺といい
  自然界の青と白の組み合わせってどうしてこんなに爽やかなのでしょう。
170218_0701_2sws_209th_59_34a170218_0701sww_209th_59_34aimg_6954






2月19日。下弦。
左)08:15頃の南西の空。月齢22。輝面率49%。下弦の月。
  淡いセルリアンブルーの月が美しいです。
右)春の息吹を感じさせるネコヤナギ越しに。(中央やや右寄りに小さく月が)
170219_0816sw_22th_49_28ashort170219_0815sw_22th_49_28a






2月20日。
左)朝5時前の南南東の空。月齢、22.8。輝面率40%。
中左)06:13頃、夜明け前のグラデーションの空に浮かぶ月。
中右)南の空の月をアップで。
右)06:46頃の南の空の月。台風並みの強風が吹き荒れた春二番の一日。
  まだ朝はそんなに風は強くなかったのですが、
  大気が安定していないのか、月の輪郭がかなり不鮮明。
170220_0455sse_228th_40_32a170220_0613s_229th_40_36a170220_0613_2s_229th_40_36a170220_0646s_229th_40_36a






2月21日。
左)朝5時前の南東の空。月齢23.8。輝面率31%。 少し焼きいろがついた細身の餃子月。
中左)斜め右下は土星でしょうか。細い月、ピカリと小さな点、雲のシルエットに情緒を感じました。
中)空が明るくなりはじめた06:12頃の南南東の空の月。 もう土星は目視できません。
中右)アップで。(空が暗く写っています)
右)06:45頃の南の空。あまりクリアではありません。
170221_0453se_s_238th_31_26aimg_736170221_0458ses_238th_31_26aimg_7377170221_0612sse_239th_31_33aimg_7378170221_0613sse_239th_31_33aimg_7380170221_0645se_239th_31_35aimg_7382






2月22日。新月の5日前の逆五日月。
左)朝5時前の南東の空。月齢24.8。輝面率22%。地球照が写っています。
  右上に土星がいたのですがうまく写らず。
右)05:39頃の南西の空。鼻の尖ったお月様にはならず。
170222_0459se_248th_22_20a170222_0539se_249th_22_25ashort

この月が今クール最後に見られた月となりました。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。