« やった~。ヤドリギにヒレンジャク。 | トップページ | 今回の「雪の殿さま土井利位」展では雪華図譜に見入ってしまいました »

2017年4月 5日 (水)

架谷庸子さんの赤絵雪華紋平皿が我が家に。

くい(ひもを引っ張る)。 
パンパーン!(クラッカーを鳴らすイメージ)

ついに、架谷庸子さんの赤絵細描の作品を手に入れました

雪華紋輪花平皿です。
20170404hasatanisan1

桐箱の渋い紺色の紐を解く時、心はドキドキはやりながら、
居住まいを正されるような厳粛な気持ちになりました。
20170404hasatanisan2

じゃ~~~ん。
20170404hasatanisan3short

見目麗しいです

描かれている雪華紋は、ほぼ、
江戸時代の殿様、土井利位(どいとしつら)侯が顕微鏡で覗いてスケッチした雪の結晶です。

20170404hasatanisan4short_2
↑クリックで拡大します

1830年頃に描かれた雪華たち。
雪華紋として日本に根付き、約200年近く経った今でも
さまざまな作品や雪の結晶雑貨に用いられています。

それらの多くは、雪の結晶ということで、白、水色系で描かれています。

でも、赤絵細描を手がける架谷庸子さんの雪華紋は赤のグラデーションと金。

それがすごく新鮮でもあり、また華やかで可憐で
「雪華」の「花」のニュアンスを存分に引き出していると思います。

私が今、タイムスリップできる能力があれば
このお皿を持って江戸時代の天保の頃にタイプスリップして
土井利位侯や雪華観察のブレーンであったという鷹見泉石にこのお皿を見せたいです!


20170404hasatanisan10

赤絵で描かれた雪華たち。

図録「雪の華」(古河歴史博物館発行)には
土井利位筆の雪華を便宜上に分類した一覧表が掲載されています。

照らしあわせてみました。

金F9
Sdoi_f9n

A6
Sdoi_a6n

G1
Sdoi_g1n

(C5)
Sdoi_c5n

K3
Sdoi_k3n

(N7)
Sdoi_n7n

L2
Sdoi_l2n


この7つの雪華が使われていると思います。()は類似。

驚くことに、金以外は全部同じ赤絵の具が使われているんです。

3月に、青山の伝統工芸スクエアで架谷さんの作品展示と実演があった時に
撮らせていただいた画像ですが
20170404hasatanisan12

20170404hasatanisan13

3色の丸が並んでいますよね。
上から淡いピンク、朱色、濃い赤に見えますが、全部同じ赤絵の具。
水で溶く時
水が少ない→濃い赤
水が多い→淡いピンク
と調節できるのです。

赤一つでこれだけ豊かな色合いになることに感嘆します。

さて、雪華平皿、裏側はどうなっているかといいますと、
20170404hasatanisan7

雪輪が並んでいます。

土井利位侯も雪華図説のなかで雪輪を描いています。分類表ではE2です。
Sdoi_e2n

アップ。
20170404hasatanisan8

雪輪はシンプルですが私の最も好きな雪の結晶の一つ。
雪が降ってきた時、雪輪の形のものを見たこともあります。
おそらく結晶が溶けかけた状態だったのでしょう。
Snowflake1102111525

雪輪の形だあ~と感激しました。

-----------------------------------------------------------------------

◆架谷庸子さんの雪華紋のお皿を手に入れた後に訪ねた古河歴史博物館
 「雪の殿さま土井利位」展に関してはこちら

◆雪華紋皿。1枚は飾り用。1枚はおかずをのせて食べる時のお皿として愛用中。
  詳しくは食べ物ブログ「おいしくってしあわせ」にて近日ご紹介します。

◆架谷さんの雪華紋皿、タイプスリップしてお見せしたい方がもう一人います。
 こちらに。

【雪の結晶とアート】INDEXはこちら
雪の結晶全般はこちら

« やった~。ヤドリギにヒレンジャク。 | トップページ | 今回の「雪の殿さま土井利位」展では雪華図譜に見入ってしまいました »

雪の結晶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やった~。ヤドリギにヒレンジャク。 | トップページ | 今回の「雪の殿さま土井利位」展では雪華図譜に見入ってしまいました »

emi

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。   コンタクト:各記事のコメント欄をご利用くださいませ。コメントは私の承認後、ブログ内に反映される仕様にしています。公表を希望されない方はその旨をコメント内に明記くださいますようお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。