« ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記 オオチャンシリーズ(その2)2017年夏 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その16)レオナルド・ストッケ(Leonard Stocke) »

2017年8月16日 (水)

幻の名曲の名前がわかりました。一風堂の「NEVER MIND」

たとえば、雨上がりの日曜の朝、小鳥はさえずり、空は明るくなりはじめたけれど、
木々もアスファルトも濡れていてしっとり。
静けさが支配している・・・

そんな風景のそのものだな~と思っていた曲がありました。
30年ぐらい前の曲。

当時、土屋昌巳の曲だと教えてもらった記憶があるのだけど曲名はうろおぼえ。

時を超えて、わかりました! 
「Never Mind」でした。

出だしに鳥のさえずり、エレクトリカルですが、アコギも使われているようです。
当時、「静謐」という空気感を感じたのを思い出します。

すっごくシンプルというわけではないし、ヒーリング音楽がたくさん作られている昨今、
もっと静謐、という曲も多いけれど。

色あせず、今なお、一度聴きはじめるとついリピートしたくなる不思議な魅力があります。

最後が明るくない微妙な感じの終わり方も好み。

一風堂のシングル「ドリーム・オブ・ザ・ジプシーズ」のB面だったようです。
つちやまさみ作曲編曲

♪私メモ♪


一風堂の『NIGHT MIRAGE +7』にボーナストラックとして収録。

NIGHT MIRAGE +7


上記のAmazonのアルバムページでは16曲目です。
クリックすると出だしを試聴できます。

この出だしだけで「名曲!」とピンと来る方もいらっしゃることでしょう。

« ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記 オオチャンシリーズ(その2)2017年夏 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その16)レオナルド・ストッケ(Leonard Stocke) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記 オオチャンシリーズ(その2)2017年夏 | トップページ | 雪の結晶を観察した人たち(その16)レオナルド・ストッケ(Leonard Stocke) »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。