« 絢爛な色宇宙にうっとり。関井一夫さんの万華鏡展(その1) | トップページ | 月の備忘録 2017年11月18日~12月17日 »

2017年11月23日 (木)

絢爛な色宇宙にうっとり。関井一夫さんの万華鏡展(その2)

その1の続きです。
※ガラケーとデジカメで撮っています。   
 デジカメでは覗き穴にレンズを密着させるのではなく、少し手前から写しました。   
 そのため、万華鏡が丸ではなく、欠けて写っているものも。   
 万華鏡作品そのものは綺麗に放射状に広がっています。

※画像はクリックで拡大します。

10)桜昇竜

手には珠を持っている竜の万華鏡。
桜の花のオブジェクトが可憐。春が待ち遠しくなりました。
10sakura110sakura210sakura310sakura4








11)金魚万華鏡(黒出目金)
黒いひれがヒラヒラ。泳いでいる最中のよう。
黒と金。これぞ真鍮の味わい!!
大きな画像でアップしますので、「リンクを新しいタブで開く」を、でご覧ください。
11kingyo1
下に落ちる金魚の影もかわいいですね~。
筒に刻まれたオリエンタルな模様も素敵。

目元をアップ。
11kingyo211kingyo311kingyo5





この赤は北斎の赤をイメージされているそうです。


12)出目金
ひれが黒くない出目金も金魚のような赤が印象的。ジャパネスク。
12demekin5

おはじきのような藍色とのコントラストも美しく、
ガラス風鈴を見ているような懐かしくなる色合いでした。
12demekin112demekin212demekin312demekin412demekin6








13)南洋猿

画像を取り忘れましたが、お猿さんがオブジェとしても実に魅力的。
こちらでご紹介したマンドリルのような外観です。
中のオブジェクトが違うので、繰り広げられる模様も別のものとなっています。

ふにゅっとひねりがはいったオブジェクトの変化と色合いが素晴らしいです♥
13nanyouzaru1

トロピカルカラーでポップでありながら、背景の黒さ、奥行きを感じさせる造形にうっとり。
覗き穴からデジカメのレンズを少し離して撮ってみました。
13nanyouzaru313nanyouzaru513nanyouzaru6









ウイリアムモリスやリバティの小花の並んだシックなプリントのように見える時もありました。
13nanyouzaru213nanyouzaru4



















14)木菟(みみずく)

にらみを効かせた歌舞伎役者のようなお顔がなんともチャーミング。
14mimizuku3

インドのヘナの模様みたいなペイズリー、唐草模様のエッチングがツボです。
14mimizuku114mimizuku2














ミミズクの万華鏡がおさめられているのが琥珀色のケースなのですが、この表面、膠(にかわ)なのだそうです。
その膠が冷える過程で表面にいろんな模様が現れるのだとか。
14mimizuku4
まるで氷点下の北国の窓に見られる霜模様のようです。

青のグラデーションがが美しく、とっぷり暮れた夜の森の中にいるような気持ちになります。
14mimizuku5

夜空にひろがる花火のよう。
14mimizuku8

覗いた筒の向こうに広がる青の世界。
14mimizuku6
14mimizuku6_214mimizuku714mimizuku914mimizuku1014mimizuku11







万華鏡は不思議ですね~。
左上にお人が写っています。
こんなふうにデパートの一角で、みんなと一緒にいても、自分だけがしか見られない世界ががあるのです。
手で持てる小さな筒の奥に、幻想的な別宇宙が広がっているのです。
14mimizuku12

-------------------------------------
━時忘れの万華鏡と鍛金の世界━ 関井一夫展

2017年11月22日(水)~28日(火)
日本橋高島屋 6F 美術工芸サロン
午前10時30分~午後7時30分
(最終日は午後4時まで)

関井一夫さん万華鏡INDEXはこちら

« 絢爛な色宇宙にうっとり。関井一夫さんの万華鏡展(その1) | トップページ | 月の備忘録 2017年11月18日~12月17日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絢爛な色宇宙にうっとり。関井一夫さんの万華鏡展(その1) | トップページ | 月の備忘録 2017年11月18日~12月17日 »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。