« 今年もヒマラヤ杉のリースを作りました | トップページ | 雪の結晶があしらわれた美しい雑貨たち »

2017年12月21日 (木)

月の満ち欠け日記 2017年12月18日~2018年1月16日(画像整備中)

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
ご覧になられたのと同じ月があるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

最近天候不良で月が見られずサミシイという時にも
ぜひお訪ねいただけたら。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでたら新しいタブで開く、を)

※スマホではレイアウトが崩れる場合は
「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
-------------------------------------------------------
12月20日(三日月)
晴れているけれど冷えた一日。三日月の美しい眺めが見られました。
左)16:50頃(日没18分後)の南西の空に三日月が見えました!
今クール最初に逢う月です。月齢2.1、輝面率4%。
(細い月です。16:20過ぎの空ではみつけられませんでした)
中左)17:00頃の南西の空。夕映えの中に浮かぶ月。
中)右下の赤い矢印のところにこのあと月は沈んでいきます。
中右)17:07頃の南西の空。だいぶ暗くなってきました。地球照も見えます。
右)17:11頃。私たちが三日月と思うのはたいてい五日月ぐらい。三日月はこのくらい細い月です。
171220_1650sww_21th_4_14a 171220_1700sww_21th_4_12a 171220_1700sww_21th_4_12ayajirushi 171220_1707_2sww_21th_4_11ashort 171220_1711_2sww_21th_4_105a
左)17:11頃。オレンジから紺へのグラデーションの美しさ。
中左)17:15頃。紺色がどんどん強くなっています。
中)17:42頃。空が暗くなって月はオレンジ色が濃くなっていきます。
右下は飛行機。
中右)17:57頃、西南西の地平。木の向こうに月が沈みかけています。(画像は明るく処理)
右)17:59頃、屋根にくっつくように月が沈んでいきます。
この家の方は、まさか遠くから自分の家のすぐ隣に月が写っているとは想像されていないでしょう。
171220_1711sww_21th_4_105ashort 171220_1715sww_21th_4_99a 171220_1742sww_21th_4_54a 171220_1757_2wsw_21th_4_29alightup 171220_1759_2wsw_21th_4_26a


12月21日(四日月)月の入りを見届けられました
左)16:46頃の南西の空。日没してやっと月が見えるようになりました。
月齢3.1、輝面率8%。
中左)17:05頃。暮れてゆく空と葉を落としたイチョウの梢と地球照の月。
中右)月をアップで。地球照のシルエットが浮かび上がっています。
右)月と飛行機。ブーン。
1_171221_1646sw_31th_8_22ashort 2_171221_1705sw_31th_8_20ashort 3_171221_1706sw_31th_8_20ashort 4_171221_1708sw_31th_8_19a

左)17:09頃。画面やや右上の大きな楕円が危難の海。
中左)18:34頃の西南西の月。暗くて見えづらいかと思いますが、↓が
前日の12/20に月が沈んだ位置です。
今日沈む位置はちょうどこの画像の右端です。
中右)月は一日ごとに形を変え、月の出時間を変え、月の出入りの位置も変わるのですね。
右)18:49頃。
5_171221_1709sw_31th_8_19ashort 7_171221_1834wsw_31th_8_55ashort_mo 9_171221_1848wsw_31th_8_3ashort_moj 10_171221_1849wsw_31th_8_3ashort 11_171221_1850wsw_31th_8_28ashort


左)18:50頃。
中左)18:51頃。みるみる木々の向こうに月が沈んでいきます。
中)18:51頃。アップで。
中右)18:62頃。
右)18:53頃。月の入り15分前。高度2.3度。
12_171221_1851wsw_31th_8_26ashort 13_171221_1851_3wsw_31th_8_26asshor 14_171221_1852wsw_31th_8_25asshort 15_171221_1853wsw_31th_8_23asshort


12月22日(五日月)
左)18:39頃の南西(やや西寄り)の空。月の右斜め下の星はやぎ座の4等星でしょう。
右)アップで。ちょっとボケボケ。時計の4時の位置に危難の海の楕円形がはっきり見えます。
171222_1839sww_41th_14_14a_ 171222_1842sww_41th_14_135a


12月23日
17:18頃の南西(やや西寄り)の空。少しもやに覆われながらの月。月齢5.1、輝面率21%。
171223_1718sws_51th_21_34a




12月24日
左)14:40頃の南南東の空の月。
月齢6ぐらいになると青空の中で簡単に探せます。
月齢6、輝面率29%。
中左)15:24頃の南(やや東寄り)の空の月。
ソーダブルーの月と青空と同じ色の月の海が綺麗です。
中)16:30頃の南の空の月。日没が16:35なので西の空がオレンジ色に染まりはじめています。
中右)月をアップで。ほんの少し「鼻の尖ったお月さま」になっていますね。
右)17:21頃の南南西の月。輝面率30%。少し雲が覆いはじめ、夜には雨になりました。
171224_1440sse_6th_29_39a 171224_1524se_6th_29_42ashort 171224_1630s_6th_29_43ashort 171224_1631s_6th_29_43ashort 171224_1721ssw_61th_30_41a

12月25日
左)13:06頃の東南東の空。月齢6.9、輝面率38%の月。
中左)15:04頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢7、輝面率39%。
中)16:04頃の南南西の空の月。青い海に浮かぶヨットの白い帆のよう。
中右)アップで。草野球する人の全身が見えています。
右)19:19頃の南西の月。月齢7.2、輝面率40%。昼間立っていた月が寝そべっています。
171225_1306ese_69th_38_21a 171225_1504ses_7th_39_40ashort 171225_1604ssw_7th_39_46ashort 171225_1605ssw_7th_39_46ashort 171225_1919sw_72th_40_37ashort


12月26日(上弦)(新月面エックス発見)
左)14:18頃の東南東の空。気持ちよく晴れ渡った空に浮かぶ月。
月齢7.9、輝面率49%。
中左)アップで。半円に1%足りません。
中)16:04頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢8。
中右)22:03頃の西南西の空の月。月齢8.3、輝面率51%。
上弦の時間が18:20だったため、もう1%分太っています。
右)アップで。赤の箇所が×印のように見えますが、
半月の時に現れることがある「月面エックス」は青矢印のあたり。
ですので「新月面エックス」と呼びましょうか。
黄色い丸は逆さオラフ(勝手に命名)です。
171226_1418ese_79th_49_29ashort 171226_1419ese_79th_49_29a 171226_1604ses_8th_49_45a 171226_2203wsw_83th_51_20ashort 171226_2204wsw_83th_51_20a_up_line
12月27~28日
左)15:58頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢9、輝面率60%。
中左)17時過ぎの南東の空はオレンジ色に。
中)南東(やや南寄り)には「月の海」がグレーになった月が。
(アップで月の周りが黒くなっています)
中右)22:24頃の西南西の月。月齢9.3、輝面率62%。
欠け際中央にはクレーターのコペルニクスが目立っています。
右)日付変わって零時過ぎの西の空。
鈍い黄色を放つ月。月齢9.4、輝面率62%。
171227_1558ses_9th_60_42a 171227_1704 171227_1705ses_91th_60_51a 171227_2224wsw_93th_62_28ashort 171228_0002w_94th_62_95a
12月28~29日
左)14:40頃の東(やや南寄り)の空。鉄塔と月と。
中左)アップで。青空と同じ色の月の海。月齢10、輝面率70%。
中右)16:16頃の東南東の月。月の海がグレーがかってきました。
右)17:27頃。とっぷり暮れた南東の月。輝面率71%。
27日では中央欠け際に見えたクレーターのコペルニクスの見え方で
月の満ち加減がわかります。
171228_1440es_10th_70_21ashort 171228_1441es_10th_70_21a 171228_1616ese_10th_70_40a 171228_1727se_101th_71_52ashort


左)18:46頃の南南東の月。
中)19:24頃、南の空の高みの月。月齢10.2、高度62度。
右)22時過ぎの西南西の月。輝面率72%。草野球する人がずいぶん反って立っています。
171228_1846sse_101th_71_60ashort 171228_1924s_102_71_62ashort 171228_2209wsw_103th_72_43a




12月29~30日
左)15:50頃の東(やや南寄り)の空。鉄塔と月と。
28日と同じ方角ですが月の高さが違いますね。
中左)月をアップで。月齢11、輝面率80%。
中右)16:44頃、日没直後の東(やや南寄り)の空。月の海がグレーに。
右)上の写真では写真のまわりが黒くなっていますが、このようにまだ、夕映えが残る空です。
171229_1550es_11th_80_27ashort 171229_1551es_11th_80_27a 171229_1644_2es_111th_80_38ashort 171229_1644es_111th_80_38a


左)18:36頃の南東の月。輝面率81%。
中)20時過ぎの南の空。
高度66で高いです。
右)日付変わって30日零時頃の西(やや南寄り)の月。月齢11.4、輝面率82%。
「クマキツネ」が「草野球する人」に襲いかかっているように見えます。
171229_1836se_111th_81_58ashort 171229_2006s_112th_81_66a 171230_0001ws_114th_82_35a



12月30~31日
左)16:36頃の東の空。鉄塔と月と。
中左)月をアップで。月齢12、輝面率89%。
中)西の空はやわらかなオレンジ色に染まっています。
  当たり前ですが日に寄って雲の形もコントラストも違います。
中右)17:00頃の東の空。25分経って鉄塔の右上に月が移動しています。
右)月とは関係ありませんが、鳥撮りに慣れるため空を飛ぶものはなんでも撮影。
171230_1636_1e_12th_89_27a7short 171230_1636e_12th_89_27a 171230_1637_2e_12th_89_27a 171230_1701


左)18:35頃の東南東の月。
中)20:53頃の南(やや東寄り)の空の月。
    月齢12.2、輝面率90%。高度70度と高いです。
右)日付変わって31日00:51頃の西(やや南寄り)の月。
  一日前の月と比べるとぐんと膨らんで見えます。
  月齢12.4、輝面率91%。
171230_1835ese_121th_89_51a 171230_2053se_122th_90_70ashort 171231_0051ws_124th_91_38a
12月31日~2018年1月1日
左)17:56頃の東の空、月齢13.1、輝面率96%の月が。
中左)20時過ぎの東南東の空。58度の高さの月。
中)22時頃の南(やや東寄り)の空、73度の高みに輝く月齢13.3の月。
中右)日付変わって2018年1月1日。02:32頃の西の空の月。月齢13.5、輝面率97%。
右)04:27頃の西(やや北寄り)の空低く、かなり黄色みの強い月。
高度は9.7度。地平線間際の月は大気の影響を受けて、輪郭がシャープではなく
ニジニジしています。
171231_1756e_131th_96_33a 171231_2005ese_132th_96_58ashort 171231_2159se_133th_96_73a 180101_0232w_135th_97_32ashort 180101_0427wn_135th_97_99ashort



1月1日~2日(2日が満月でスーパームーン。とりわけ朝の月が)
お正月早々、月撮りコンプリートしました。詳しくはこちらにも。
左)16:33 東北東の低い空、屋根の上に丸い月が見えました。
2018年の初月の出(月の出時刻から37分後)です。
中左)アップで。月齢14、輝面率99%、高度6度。
中右)昇りたての月はすごく大きく見えます。
右)17:34東(やや北寄り)の暮れた空に白く輝いています。

180101_1633ene_14th_99_6a1557short 180101_1633_3ene_14th_99_6ashort 180101_1633_2ene_14th_99_6ashort180101_1734en_141th_99_17ashort

左)22:40南南東の空高く月を仰ぎました。まだ輝面率は99%。高度73度。
中左)23:51の南南西の空。輝面率は100%に。
中右)01:54西(やや南寄り)の空。月齢14.4。
右)03:18の西の空の月。(少し暗く写しました)
風がなくシンと冷えた空気の中で満月が神々しかったです。
オリオン座のおなじみの星の形が左下に。まるで従えているようでした。

180101_2240sse_143th_99_73ashort180101_2351ssw_143th_100_72ashort 180102_0154ws_144th_100_52ashort 180102_0318w_145th_100_36ashort

左)まわりの星との様子をステラナビゲータで再現。
中左)05:29の西(やや北寄り)の空の月。黄色みがかってきました。
中右)06:00西北西の空低く、大きいお月さま。高度4.9。
地心距離35万66kmのスーパームーン。
右)06:15。高度2.3度。大気の影響で月がゆがんでブサイクに。
でも見晴しのいいところに出かけ、西の空に雲がない時でないと地平線上の月は見えないので
ブサイクの月が見られるというのは恵まれているということ。
180102_0319_2 180102_0529wn_146th_100_106ashort_2 180102_0600wnw_146th_100_49ashort 180102_0615_3wnw_146th_100_23ashort

左)06:18西南西。じゃがいもみたい。
中左)06:20丸い姿の最後。
中右)06:20地平線ではなくて鉄道の高架の向こうに沈んでいく月。
右)06:22みるみる沈んでいきます。
180102_0618wnw_146th_100_18ashort 180102_0620_1wnw_146th_100_15a 180102_0620wnw_146th_100_15a 180102_0622wnw_146th_100_12a

左)06:23あと少し…
中左)月をアップにしているのでまわりが黒くなっていますが、
実際はこのくらいに空が明るくなりはじめています。
中右)06:24頭が
右)06:24これが最後に写真に納めた月。高度0.9度。月の入り7分前です。
180102_0623wnw_146th_100_1a 180102_0623_2wnw_146th_100_1a 180102_0624_2wnw_146th_100_09a 180102_0624_3wnw_146th_100_09a
左)06:33の富士山。
中左)06:55(日の出から4分後)の富士山。山肌がバラ色に染まっています。
中右)07:03日の出です。(日の出から11分後)高度1.7度。
右)元旦は寝坊したので私にとっての初日の出。
180102fuji1short 180102fuji12short_2 180102_0702ese_17a_2 180102_0703short
1月2~3日(2日の午前11時24分が満月。スーパームーン)
左)20:22頃の東の空。月齢15.2、輝面率100%。月の出から3時間以上経っています。
右)23:18頃の南東の空高くの満月。月齢15.3、輝面率100%。



180102_2022e_152th_100_38a 180102_2318se_153th_100_69ashort

1月3~4日
左)23:05頃の東南東の空の月。月齢16.3、輝面率97%。
中左)日付変わって4日03:47頃の西南西の空の月。輝面率96%。
中右)06:17頃、少し明るくなりはじめた西の空の月。
右)アップで。月齢16.6、輝面率95%。
  満月から1日経っただけでずいぶんほっそりと見えます。
180103_2305ese_163th_97_56ashort 180104_0347wsw_165th_96_53ashort 180104_0617w_166th_95_24a 180104_0618wn_166th_95_24ashort
1月4~5日
23:01頃の東(やや南寄り)の空に月齢17.3、輝面率91%。
満月から10%欠けるだけで丸みがなくなった印象に。
180104_2301es_173th_91_43a

1月5~6日
左)日付変わって6日02:37頃の南南東の空高く、月齢18.5、輝面率82%の月。
  クレーターがくっきり写りました。
中左)アップで。神酒の海もくっきり。
中)07:10頃の西(やや南寄り)の青空に白い月が浮かんでいます。
  月齢18.7、輝面率81%。
中右)アップで。
右)08:14頃の西の空。輝面率80%。月の海が空と同じ青さに。
180106_0237_1sse_185th_82_64ashort 180106_0237_3sse_185th_82_64ashort 180106_0710ws_187th_81_32a 180106_0710_2ws_187th_81_32a 180106_0814w_187th_80_19a



1月6~7日
左)23:55頃の東(やや南寄り)の空、月齢19.3、輝面率73%の月が。
中左)日付変わって7日04:16頃の南の空高くの月。クレーターがくっきり写りました。
    月齢19.5、輝面率72%。
中)欠け際に3つのクレーターが目立っています。
  「カタリナ・キリルス・テオフィルス」。リズムよく覚えられますね。
中右)07:22頃の西南西の晴れ渡った空に白い月。
右)アップで。月齢19.7、輝面率71%。
  白い月でも「カタリナ・キリルス・テオフィルス」がはっきり。
180106_2355es_193th_73_27ashort 180107_0416_1s_195th_72_60ashort 180107_0416_2s_195th_72_60a 180107_0722_1wsw_197th_71_37ashort 180107_0722_2wsw_197th_71_37ashort




1月7~8日
左)日付変わって8日05:20頃の南(やや西寄り)の空高くに半月前日の月が。
  月齢20.6、輝面率61%。
右)06:35頃、日の出前の南西の空の月。
180108_0520sw_206th_61_55ashort 180108_0635sw_206th_61_49a





1月10日冷たい北風の日。猛禽が凧のように風に乗って勇壮に飛んでいました。
左)04:51頃の南東(やや南寄り)の空に月齢22.6、輝面率41%の月が。
   下弦翌日でこんなにほっそり。
中左)06:13頃、日の出40分ほど前。空の下に夜明けのオレンジ色が見え始めています。
中右)月をアップで。輝面率は40%に。
右)月の左下の星は木星。その左下(↑)の赤い星は火星。
   斜めに並ぶ3つの星がリズミカルでした。
180110_0451ses_226th_41_42a 180110_0613_1s_22th_40_47a 180110_0613_2s_22th_40_47a 180110_0615s_226th_40_47ashort


左)日の出直前06:49頃の南(やや西寄り)の空の月。手前は桐。
中左)桐にピントを合わせて。フォルムが北欧のデザインみたい。
中)月をアップで。
中右)11:26頃の西南西の空の月。月没50分ほど前。右に写っているのは桃。
   このくらいの細さになると青空の中でみつけるのが難しくなります。
右)桃にピントを合わせて。もう春の準備が進んでいます。
180110_0649_3sw_226th_40_46a 180110_0649_2sw_226th_40_46a 180110_0649sw_226th_40_46a 180110_1126_2wsw_228th_39_8a 180110_1126_3wsw_228th_39_8a




1月11日
左)05:42頃の南南東の空。月齢23.6、輝面率31%。
  10日より月が木星火星に近いところにいます。
中左)火星は赤くでうさぎの目のよう。
中)月をアップで。焼き色がついた細みの餃子型。
中右)地球照も。
右)星の並びをステラナビゲータ10で再現。
  月、木星、火星につづき、さそり座の赤いアンタレスまでツツツツと並ぶ星がリズミカル。
180111_0542sse_236th_31_39ashort 180111_0542sse_236th_31_39ashortnam 180111_0543sse_236th_31_39ashort 180111_0544sse_236th_31_39a 180111star

左)8時過ぎの南(やや西寄り)の空、月齢23.7、輝面率30%の月。
中左)10:14頃の南西の空の月。
中)11:15頃の西南西の空の月。白というよりも透明のようで目を凝らしてやっと発見。
中右)葉を落としたイチョウ越しに。
右)11:31頃の西南西の空、ソーダブルーの美しい月。

180111_0802sw_237th_30_41a 180111_1014sw_238th_30_26a 180111_1115_2wsw_238th_30_16a 180111_1115wsw_238th_30_16a 180111_1131wsw_238th_30_13a

1月12日
左)04:52頃の南東の空に月齢24.6、輝面率23%の月が。キンキンに冷え込んでいます。
中左)木星と火星と、地球照の月。
中右)月が毎日ダイナミックに位置を変えるので木星と火星との位置関係がどんどん変わります。
右)06:25頃の南南東の月。月のすぐ右側(時計の3時の文字盤の位置)に星がキラリ。
    てんびん座の星のようです。

180112_0452se_246th_23_24a 180112_0609ses_246th_22_34ashort 180112_0609ses_246th_22_34ashort_na 180112_0625sse_246th_22_36ashort
左)06:46頃の南南東の月。枯れ木立と。
中左)アップで。
中)11:15頃の南南西の月。月齢24.8、輝面率21%。
中右)桜の梢と。春の準備が着々と進んでいます。
右)地上では梅もほろこびはじめていました。
180112_0646sse_246th_22_37a 180112_0647sse_246th_22_37a 180112_1115sw_248th_21_21a 1801121115_2sw_248th_21_21a 20180112_1111short

1月13日晴れていてもキュンキュンに冷えていた一日
左)夜明け前、05:59頃の南東の空の月。木星火星とはずいぶん距離が離れてしまいました。
中左)月と木星、火星。月の地球照が写っています。
中右)木星と火星はここです。
右)月をアップで。月齢25.6、輝面率15%。
180113_0559se_256th_15_25a 180113_0601se_256th_15_25a 180113_0601se_256th_15_25aname 180113_0603se_256th_15_26ashort


左)06:27頃、だいぶ明るくなった空に月と木星が(火星は空の明るさに紛れて見えなくなりました)
中左)月をアップで。欠けている部分のシルエットがわかります。
中右)07:34頃の南南東の月。色が淡くなりました。
右)10:47頃の南西(やや南より)の月。月齢25.8、輝面率14%。
  方角や高さの検討がついていなければ、みつけられないほどかすかな月。
  このあと12時の空をチェックしました。肉眼ではみつけられたものの
  デジカメではあまりに淡い月にピントを合わせられず撮れず。
180113_0627ses_256th_15_29ashort_na 180113_0628ses_256th_15_29a 180113_0734sse_257th_15_35a 180113_1047sws_258th_14_29ashort
1月14日(新月3日前)
左)夜明け前、06:08頃の南東の空の月。月齢26.6、輝面率9%。右上にかすかに木星が。
中左)月をアップで。地球照もよく見えました。
中)06:28頃。日の出を約20分後に迎え空も明るくなってきました。
  木星もまだ消えていません。
中右)この位置に木星が。
右)月をアップで。欠け際のクレーターが∞マークのよう。
  このあと8時に空に目を凝らした時はもう月はみつけられませんでした。
  細い月は昼間の空に消えいってしまいます。
180114_0608se_266th_9_18ashort 180114_0610se_266th_9_19a 180114_0628se_266th_9_21ashort 180114_0628se_266th_9_21ashortname 180114_0630se_266th_9_21ashort
1月15日
左)気温零度ぐらいの06:10頃の南東(やや東寄り)の空に細い月の弧が。
  月齢27.6、輝面率4%。
中)アップですと月のまわりが真っ暗に写りますが、
  実際にはこのくらい明るくなりはじめています。日の出40分ほど前。
右)06:22頃の南東(やや東寄りの空の月。
  日の出30分ほど前。空の淡いオレンジから藍色にいたるグラデーションや
  雲のグレーがかったシルエットが美しいです。
180115_0610see_276th_4_10a 180115_0612see_276th_4_11ashort 180115_0622see_276th_4_12ashort


-------------------------------------------------------
今クールは私史上最高に月が見られました!
晴れの日、雲の少ない日が多かったのでしょう。
新月二日後の三日月から次の新月二日前の月まで眺められました。
あたまからしっぽの先まで餡がつまった鯛焼きのよう。

そのうえ、元日の初月の出を拝むことができ、
しかも満月を月の出から月の入りまでコンプリート撮影でき、しかもその月がスーパームーン。

また、夜明け前の空で鎌型の月と木星火星が並ぶ様子も数日にわたって楽しめました。
大満足のクールでした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。

※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の満ち欠け日記INDEXはこちら

« 今年もヒマラヤ杉のリースを作りました | トップページ | 雪の結晶があしらわれた美しい雑貨たち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もヒマラヤ杉のリースを作りました | トップページ | 雪の結晶があしらわれた美しい雑貨たち »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。