« あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | オシドリのカップルが何組もうまれていました♥ »

2019年1月 6日 (日)

月の満ち欠け日記 2019年1月6日~2月4日

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
あなたが心に残ったのと同じ月が下にあるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

いろんな形の月をご覧になりたい、
最近天候不良で月シックになっているわという時にも
ぜひぜひ。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
----------------------------------------------------
1月6日(新月・部分日食)
私はぶ厚い雲に覆われた曇り空の下にいて、部分日食をまったく見られませんでした(>_<)
撮ろうと準備もしていたのですが。
八王子で甥っ子が撮った写真をアップします。
1546763671898
↑甥の撮影。当たり前だけど月って丸いんですね~。

丸いゴーフルをパリッとかじったように、欠けたのですね。

日食を見ると、子供の頃を思い出します。投影機のスクリーンに自分の影が映るのが楽しくて、
ピースしたり、手でキツネつくったりしてスクリーンに影絵を映したことありませんか。
そんなお調子者の同級生いませんでした?

新月はいつも太陽の近くにいて、まったく地球人に姿を見てもらえないから、
日食のときは、「いえ~い」って自分の存在を見てもらえて喜んでいる気がします。

1月9日(四日月)
14:28頃の南の空に細い四日月。
私が今クール初めてみる月です。
すごく細くてみつけるのが大変。
でも、方角の検討をつけて目を凝らせばなんとか発見!の楽しさが。
月齢3.2、輝面率9%。
190109_1428s_32th_9_38a 

左)18:27頃の西南西の空低く。
中央やや右に危難の海の楕円形が見えています。
月齢3.3、輝面率9%。
中左)18:33頃の西南西の空。地球照も見えています。
月のすぐ右下、肉眼では気づかなかったのですがピカリと星が。
やぎ座の3等星、デネブアルゲディかしら。
中右)地球照の影の部分の模様がよくわかる似た角度の月を
過去からピックアップ。
右)19:13頃の西南西の林の向こうに月が沈んでいきました。
190109_1827wsw_33th_9_11a3 190109_1833wsw_33th_9_10a_ 1711050_0411w_16th_99_29ashort 190109_1913wsw_34th_9_35a

1月10日(五日月)
左)雲が晴れて16:27頃の南南西の空に月が見えました(右上)
中)少しアップで。
右)アップで。月齢4.2、輝面率15%。
190110_1627ssw_42th_15_37ashort 190110_1627ssw_42th_15_37ashortshor 190110_1628ssw_42th_15_37a

左)17:05頃の南西(やや南寄り)の暮れかけた空の月。
中左)アップで。月齢4.3、輝面率15%。
中右)17:26頃の南西の空の月。
9日には欠け際だった危難の海が完全に照らされた面にいます。
右)17:27頃。欠け際の左端、月が途切れたように見えます。
190110_1705sws_43th_15_33a 190110_1706sws_43th_15_33a190110_1726sw_43th_15_30ashort_ 190110_1747sw_43th_15_28a

左)18:04頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢4.3、輝面率15%。地球照も。
中)画像を明るく編集しました。
9日にご紹介した満月の模様と角度がほぼ一致していることがわかります。
右)19:09頃の西南西の空の月。
月齢4.4、輝面率16%。ニカッと笑った口のようですね。
190110_1804sww_43th_15_25a 190110_1804sww_43th_15_25agimp 190110_1909wsw_44th_16_14a

1月11日(六日月)
左)13:36頃の南東(やや南寄り)の空の月。
月齢5.1、輝面率22%。私たちが想像する三日月はこのくらいの太さ。
でも六日月です。
右)16:05頃の南(やや西寄り)の空の月。
月齢5.2、輝面率22%。
190111_1336ses_51th_22_37a 190111_1605sw_52th_22_45a

1月13日(月面Xと月面Vと火星)
14:07頃の南東(やや東寄り)の青空の月。
月齢7.2、輝面率40%。月の海が青くはっきり見えます。
190113_1407see_72th_40_36a 

左)17:30頃の南(やや西寄り)の空。
月齢7.3、輝面率41%。
中左)18:04頃の南南西の空。右上には火星が。
中右)火星は↓のところにいます。
右)19:19頃の南西の空。月がだいぶ傾きました。
月齢7.4、輝面率41%。
190113_1730sw_73th_41_54a 190113_1804ssw_73th_41_52a_ 190113_1804ssw_73th_41_52a__2 190113_1919sw_74th_41_44a

左)22:22頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢7.5、輝面率42%。欠け際に見えるのはもしや。
中)アップで。
月面エックスと月面ヴイ(月面Xと月面V)でした!
上弦前日、輝面率も半月より8%少ないですが秤動の関係で
今晩の月でXが欠け際になったのですね。
右)XとVを赤で記してみました。
190113_2222ws_75th_42_107a 190113_2223ws_75th_42_107axv 190113_2223ws_75th_42_107a_x_v

1月14~15日(14日15:45が上弦)
左)13:05頃の東(やや南寄り)の空低く。
月齢8.1、輝面率49%の月が昇ってきました。
中左)14:35頃の東南東の空の月。
月齢8.2、輝面率は50%に。月の海がはっきり見えるようになりました。
中右)16時過ぎ。大好きな、崖面の桜の木と月(右上)。
右)アップで。月齢8.2、輝面率50%。ちょうどすっぱり半月。
190114_1305es_81th_49_19a 190114_1435ese_82th_50_36a 190114_1603se_82th_50_51ashort 190114_1603_2se_82th_50_51a

左)22:28頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢8.5、輝面率は2%増量で52%に。
一日前の月面エックスがどう見えているか比較してみましょう。
中左)こちらが13日の、欠け際に見えている月面エックス。
中右)目印になるクレーターに色を、月面エックスに水色で矢印を入れてみました。
右)14日の22:28頃の月に、同じようなな印を入れてみました。
×のところが確かに×の形の尾根のようになっていて、
太陽光に照らされれば×が浮かび上がるだろうと想像できますね。
190114_2228ws_85th_52_20agetsumenx 190113_2223ws_75th_42_107axv 190113_2223ws_75th_42_107axvmoji 190114_2228ws_85th_52_20agetsumenx_

23:15頃の西(やや南寄り)の空低く、
月齢8.5、輝面率53%の月。
190114_2315w_85th_53_11a

1月16~17日
左)16日17:26頃の南東(やや東寄り)の空の高いところ、
雲間に現れた月。
中)アップで。月齢10.3、輝面率71%。
右)17日00:08頃の西の空の月。
流れる雲の中、少し模様が見えた瞬間を。
月齢10.6、輝面率73%。
190116_1727see_103th_71_56a 190116_1726see_103th_71_56a 190117_0008w_106th_73_24a

1月17~18日
左)15:29頃の月。
東の空の月ですが地平線上ではなくてすでに高度は26度あります。
月齢11.2、輝面率80%。
中左)17:00頃の東(やや南寄り)の空の月。
中右)アップで。(そのため空が暗く写っています)。
月齢11.3、輝面率80%。
右)20:03頃の南(やや東寄り)の空の月。
月齢11.4、輝面率81%。
レモンの形より少しだけほっそり。
190117_1529e_112th_80_26a 190117_1700es_113th_80_44a 190117_1701es_113th_80_44ashort 190117_2003se_114th_81_71a

1月18~19日
左)18日16:03頃の東(やや北寄り)の空に昇った月。
大好きな桜の木と。月は右下の枝のすぐ下に。
中)枝と月を少しズーム。
右)アップで。月齢12.2、輝面率88%。
190118_1603_1en_122th_88_23ashort 190118_1603_2en_122th_88_23ashort__ 190118_1603_3en_122th_88_23a

左)21:19頃の南の空高くの月。
月齢12.5、輝面率90%、高度74度。
真上に感じるほど高いところに輝く月です。
中左)22:17頃の南西の空の月。
月齢12.5、輝面率90%。
中右)19日01:24頃の西の空の月。
月齢12.6、輝面率90%。西の空なのに高度は34度もあります。
月の左側にはオリオン座のおなじみの星の形が。
右)オリオン座の星はうまく写せなかったので
ステラナビゲーターで再現したものを。
 190118_2119s_125th_90_74a 190118_2217sw_125th_90_69a 190119_0124w_126th_90_34a 0124

1月19~20日
左)19日16:36頃の東(やや北寄り)の空の月と桜の木。
右)20日01:28頃の西の空の月。
西の空なのに地平線上ではなく高度は46度あります。
月齢13.6、輝面率96%。
冬の星座の華やかな中で輝く月です。
190119_1636en_133th_95_19ashort 190120_0128w_136th_96_46a

1月20~21日(20日は満月前日)
左)月の出が見たくて、見晴のいいところへ。
月の出から20分後、16:13頃の東北東の森の上に月が現れました。高度3.1度ほど。
中左)アップで。月齢14.2、輝面率99%。
中右)16:26頃の東北東の空。松の木の奥の月。
高度は5.4度に。
右)16:29頃の東北東の空。空が暗くなるにつれ、月が見えやすくなりました。
丸い月と太陽がほぼ180度反対の位置にいました。
月齢14.3、輝面率99%。
190120_1613ene_142th_99_31ashort_2 190120_1614ene_142th_99_33ashort 190120_1626ene_142th_99_54a 190120_1629ene_143th_99_6ashort

西南西の空には日の入り28分前の夕日が。高度4度。
早春や~。月は東北東に日は西南西に。 恵美蕪村。
190120_1630wsw_4a

左)17:09頃の東北東の空の月。日が沈んで、発光するように輝きはじめました。
中左)アップで。月齢14.3、輝面率99%。
満月に1%足りないのは下の部分ですね。クレーターが見えています。
中右)19:22頃の東の空の月。月齢14.4、輝面率99%。
東の空にあるのに高度はもう39度。
右)23:03頃の南(やや東寄り)の空の月。
月齢14.5、輝面率まだ99%。高度は75度。高いです。
190120_1709_2ene_143th_99_13a 190120_1709_3ene_143th_99_13ashort 190120_1922e_144th_99_39a 190120_2303se_145th_99_75a

1月21~22日(21日14:16が満月)
近年、「スーパームーン」が注目を浴びるようになりましたが、
天文の正式用語ないために定義はまちまち。
21日の満月をスーパームーンとされている方もいるようですね。
左)21日21:21頃の東(やや南寄り)の空の月。
東の方角なのに今度は45度あります。
月齢15.5、輝面率90。すでに49度の高さに昇っています。
中)22日01:44頃の南西(やや西寄り)の空高くの月。
月齢15.6、輝面率100%。
右)04:53頃の西の空の月。月齢15.8、輝面率100%。
190121_2121es_155th_100_49ashort 190122_0144sww_156th_100_65ashort 190122_0453w_158th_100_29ashort

左)06:24頃の西(やや北寄り)の空の月。
日の出前ですが空が少し蒼くなりはじめています。
右)月をアップで。月齢15.8、輝面率99%。
1%分欠けていますね。
190122_0624_1wn_158th_99_116a 190122_0624_2wn_158th_99_116a

左)06:48(ちょうど日の出頃)の西北西の空。
空はほんのり赤みをおびて、山のシルエットは少し紫色がかってとても綺麗です。
まだ、枯れ木状態の桜と朝焼けの中でまどろむような月。
中)少しアップ。ほのかに月の模様が見えています。
右)アップで。月齢15.8、輝面率99%。(月の模様は実際はもう少し右回転)
190122_0648wnw_158th_99_7ashort Wnw_158th_99_7awnw_158th_99_7a 190122_0648_3wnw_158th_99_7ashort

1月22~23日
左)22日21:25頃の東の空の月。月齢16.5、輝面率97%。
高度36度と高いです。
中左)23日04:54頃の西(やや南寄り)の空の月。
雲が月に照らされて神々しかったです。
中右)06:24頃の西の空の月。
まだ日の出前ですがだいぶ空が明るくなりました。
右)月をアップで。(そのためまわりが黒くなっています)
月齢16.8、輝面率96%。満月から4%欠けただけで
丸くは見えません。ずいぶんほっそりした印象になりますね。
190122_2125e_165th_97_36a 190123_0454_1ws_168th_96_39a 190123_0624w_168th_96_21a 190123_0624_2w_168th_96_21a

1月23~24日
左)23日22:02頃の東(やや南寄り)の空の月。
月齢17.5、輝面率92%。
東の空ですが高度は30度と高いです。
中左)24日04:53頃の西南西の空の月。
月齢17.8、輝面率90%。
クレーターがくっきり見えます。
中右)06:54頃(日の出直後)の西の空の月。
月齢17.9、輝面率90%。
中右)少しアップで。白さがまぶしいです。
レモンのような形の月です。
190123_2202es_175th_92_30a 190124_0453wsw_178th_90_47ashort 190124_0654_1w_179th_90_24a 190124_0654_2w_179th_90_24a

1月24~25日
左)24日22:38頃の東(やや南寄り)の空の月。
月齢18.5、輝面率83%。
中)23:37頃の東南東の空の月。月齢、輝面率ともに変わらず。
クレーターがくっきり。
右)25日04:53頃の南西の空の月。
月齢18.8、輝面率82%。
190124_2238es_185th_83_23ashort 190124_2337ese_185th_83_34ashort 190125_0453sw_188th_82_52a

左)06:33頃の西南西の空の月。
日の出8分ほど前ですが空は明るくなっています。
右)アップで。
月齢18.8、輝面率81%。少しほっそりしたレモンの月。
190125_0633_1wsw_188th_81_36a 190125_0633_2wsw_188th_81_36a

1月25~26日
左)26日07:07頃の南西(やや西寄り)の日の出直後の空の月。
空の下の方に淡いオレンジ色が広がっていました。
中左)アップで。月齢19.9、輝面率71%。
中右)テオィルス、キリルス(テオフィルスの左斜め下)、カタリナのクレータートリオと、
アルタイの崖が写っています
右)それぞれの位置を丸と線で。
190126_0707_1sww_199th_71_35a 190126_0707_2sww_199th_71_35ashort 190126_0707_2sww_199th_71_35a__ 190126_0707_2sww_199th_71_35a__

09:09頃の西(やや南寄り)の空の月。
月は白ではなく青空にとけこむ半透明かのようなソーダブルー色に。
欠け際のクレーターも見えなくなりました。
190126_0909ws_199th_71_12ashort

1月26~27日(夕空でカラスがサーファー)
左)月がまだ出ていないのですが、夕焼けが綺麗だったので。
26日17:05頃の空。枯れ木立の向こうに染まった空と雲が層のように。
中)空も雲もピンク色に。
右)寒風強風の中、カラスがびゅんびゅん飛んでいました。
飛ばされて流されるのを愉しむみたいに。
まるで大波に喜んで果敢に乗るサーファーみたいに、
強風に向かって、飛ばされるのを面白がっているようでした。
190126_1705 190126_1707 190126_1707karasu

左)ここから月。27日00:44頃の東南東の空の月。
凍てつく空で、くっきりぴっかぴかに輝いていました。
月齢20.6、輝面率63%。
中左)06:49頃(日の出直後)の南西の空の月。
建物があるのでカットしましたが、下の方はオレンジ色の空が広がっています。
中右)アップで。月齢20.8、輝面率61%。
右)09:39頃の西南西の空の月。
月齢21、輝面率60%。
青空に溶け込むソーダブルーの月です。
190127_0044ese_206th_63_21ashort 190127_0649_1sw_208th_61_41a 190127_0649sw_208th_61_41ashort 190127_0939wsw_21th_60_13a

1月27~28日(28日06:10下弦、月面y)
左)28日06:07頃の南(やや西寄り)の空の月。
左下(南東)には金星(左)と木星(右)がピカリ。
中)月をアップで。(下弦、月面y)
月齢21.8、輝面率50%。下弦の時刻が06:10なのでまさしく半月。
右)欠け際にyの文字が。
190128_0607sw_218th_50_44a_short 190128_0608sw_218th_50_44a_short 190128_0608_2sw_218th_50_44ashort

左)06:47頃(日の出直後)の南南西の空の月。
右)アップで。月齢21.8、輝面率50%。
薄雲をまといながら、白く浮かび上がっていました。
190128_0647ssw_218th_50_42a190128_0647_2ssw_218th_50_42a

1月29日
04:57頃の南南東の空の月。雲が多くてぼっけぼけ。
月齢22.8、輝面率40%。
190129_0457sse_228th_40_36a

左)06:06頃の南(やや東寄り)の空の月。
日の出35分ほど前。東寄りの空を中心に下の方がオレンジ色に。
中左)左に見えるのは金星と木星。
中右)月をアップで。影の部分の輪郭がほのかに浮かび上がっています。
右)クレーターの模様はこんな感じ。月の形といい「餃子月」ですね。
月齢22.8、輝面率39%。
190129_0606se_228th_39_40ashort 190129_0606se_228th_39_40ashort_2 190129_0606_2se_228th_39_40ashort 190129_0606_3se_228th_39_40a

左)06:47頃(日の出直後)の南の空の月と枯れ木立。一日前と同じ木です。
右)月をアップで。月齢22.8、輝面率39%。
190129_0647_1s_228th_39_40a 190129_0647s_228th_39_40a

1月30日
左)晴れているけれど薄雲が多い朝の空。
雲越しに透けて細い月がみつけられました。
05:50頃の南南西の空。雲と同じ色の月です。
中)透けて、まるで絵のよう。
右)さらにアップで。月齢23.9、輝面率29%。
ガラスでできているように見えます。夜に灰色になるのが不思議。
190130_0851_1_ssw_239th_29_33a 190130_0850ssw_239th_29_33a 190130_0851_2ssw_239th_29_33a

2月1日
左)05:52頃の南東の空の月と金星と木星。
日の出50分前ですが空がほのかに明るくなりはじめています。
中左)金星と木星はここです。
中右)少しアップで。月は地球照が見えています。
右)月のアップ。ついこのあいだ満月だったのに時間が経つのは早いものです。
月齢25.8、輝面率14%。
190201_0552_6029se_258th_14_19ashor 190201_0552_6029se_258th_14_19ashor 190201_0552_6033se_258th_14_19a 190201_0555_6053se_258th_14_19a

左)日の出直前の06:34頃の南東(やや南寄り)の空の月と金星。
もう木星は見えなくなっていました。
空がだいぶ明るくなり、下の方がオレンジ色を帯びています。
中)金星はここにいます。
右)月のアップ。月齢25.8、輝面率13%。
190201_0634_6058ses_258th_13_24a 190201_0634_6058ses_258th_13_24a_ki 190201_0635_6066ses_258th_13_24a

左)07:48頃の南南東の空の月。
くっきりとした青空の中、目を凝らしてやっとみつけられた月です。
もう、金星も見えません。
右)アップで。月齢25.9、輝面率13%。
190201_0748_6071sse_259th_13_31a 20190201_0749_6075sse_259th_13_31as

2月2日
左)日の出30分前、06:12頃の南東の空の月。
中左)金星と木星はほとんど位置は変わらず。
月だけが日ごと、左側に位置を変えていくように見えます。
中右)月をアップで。ずいぶん細くなりました。
右)クレーターを写すモードのため、まわりの空は暗く写っています。
月齢26.8、輝面率8%。彫り模様が入った象牙の角のよう。
このあと09:30に空を見た時は月は青空のまぶしさに溶け込んでみつけられませんでした。
190202_0612_6077se_268th_8_14ashort 190202_0612_6077se_268th_8_14asho_2 190202_0614_6089se_268th_8_14a 190202_0615_6098se_268th_8_15a

2月3日
左)日の出30分前、06:10頃の南東の空。
2日とほとんど同じ時間同じアングルです。
金星と木星はいますが、月はいません。
毎日ぐんぐん位置を変えているからです。
中左)06:24頃南東(やや東寄り)の空低く、細い月が昇ってきました。高度8.6度。
月齢27.8、輝面率3%。皮ぐらいの薄さです。
中右)月と金星。一日で距離がぐんと離れてしまいました。
左下の月は気づいていただけたら奇蹟ぐらいのかすかな光。
面積的には金星よりも月の方があるのですが、断然金星の方がはっきり明るくて目に留まります。
月は場所の目安がついていても目を離すともう一度探すのが大変なくらいかすか。
大きな画面のパソコンで暗い部屋の中でクリックで拡大してやっとおわかりいただけるかと。
右)位置を示してみました。
190203_0610see_278th_3_63ashort 190203_0624see_278th_3_86ashort 190203_0625see_278th_3_88ashort650 190203_0625see_278th_3_88ashort650m

左)06:29頃日の出10分前の空でも金星と木星は見えます。
中左)日の出頃、06:39頃の南東(やや東寄り)の空の月。
月齢27.8、輝面率3%。
今クール最後の月でしょう。
中右)ステラナビゲータで2月2日と3日の06:30の時間の空を再現してみましょう。
(月の位置がわかりやすくするため、朝の空ですが太陽光を排除して再現)
2月2日では月は南東の空に。
右)2月3日では月だけがぐんと左に。
190203_0629see_278th_3_94a 190203_0639see_278th_3_11a 0202_0629 0203_0629
この3%の月が今クール最後の月となりました。
----------------------------------------------------
今クール。
一番の目玉、部分日食は私は見られず。
ですが、雨がほとんど降らなかったため、
輝面率9%の四日月から輝面率3%の二十九日月まで、
ほぼ月の満ち欠け1サイクルを眺められたことが一番印象に残りました。
特に気に入っているのは、1月22日早朝の紫がかった山並みとピンク色がかった空の中の月。

それから
細い月の地球照、夜明け前の空での木星と金星との共演。
月面X、V、yです。
----------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の満ち欠け日記INDEXはこちら

« あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | オシドリのカップルが何組もうまれていました♥ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | オシドリのカップルが何組もうまれていました♥ »

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。