« モミジの公園シリーズ(その18)3月下旬 ソメイヨシノが満開 | トップページ | 2020年3月下旬 恩田川の桜(その1)(体内時計の桜も太陽暦の桜も) »

2020年3月26日 (木)

月の満ち欠け日記 2020年3月24日~2020年4月22日

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
ご覧になられたのと同じ月があるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

最近天候不良で月が見られずサミシイという時にも
ぜひお訪ねいただけたら。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでたら新しいタブで開く、を)

※スマホではレイアウトが崩れる場合は
「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
----------------------------------------------------
3月26日(三日月)
左)今クール最初に逢えた月は
 18:33頃の西の空の三日月。
 三日月はめったに見られないのでうれしいです♪
 なぜかというと夕方の西の空に
 わずかな時間しか見られないため。
 この時間に外に出られることが少ないため、
 一年のうちチャンスは2~3回しかないのです。
 月齢2、輝面率3%です。
 まだ地平線にオレンジが残る空に浮かび
 地球照もうっすらと見えました。
右)月の上には金星もピカリ。
200326_1833w_2th_3_114a 200326_1835w_2th_3_11a_kinsei

4月2日
左)大好きな桜の木。
満開のまま花が結構残っていてうれしいです。
中)14:05頃、月との2ショットが実現。
 月にピントを合わせて。
右)桜にピントを合わせて。
200402_1404en_88th_59_30a 200402_1405_1en_88th_59_30a200402_1405_2en_88th_59_30a

左)私が少し移動して月が桜の右下に見えるように。
 桜の右下の枝の先に月がいます。
右)アップで。東(やや北寄り)の空の月。
 月齢8.8、輝面率59%。
200402_1406_1en_88th_59_30a 200402_1406_2en_88th_59_30a

左)18:21頃の桜と月。
中左)月をアップで。そのため空が黒く写っています。
 南南東の空の月。月齢9、輝面率60%。
 ステラナビゲータでは高度は76.2。
 でもすごく真上を見上げた感はなかったような。
中右)20:13頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 芽生えたばかりの葉が並ぶイチョウの梢と。
右)アップで。月齢9.1、輝面率61%。
 実際の月より少し右回りに傾いて写ってしまいました。
 中右の写真の傾きが正しいです。
200402_1821_3s_se_9th_60_762a 200402_1821_1sse_9th_60_762a 200402_2013sww_91th_61_68a 200402_2011sww_91th_61_68a

左)22:47頃の西の空の月。
 月齢9.2、輝面率62%。
右)月の右側には2つの星が並んでいました。
 ふたご座の2つの一等星でした。
 その様子をステラナビゲータで再現。
200402_2247w_92th_62_38a 200402_2247futagoza

4月3~4日
左)3日19:39頃の南の空の月。
 月齢10、輝面率71%。
 高度75度と高いです。
 ほとんど真上感。
右)4日00:53頃の西(やや北寄り)の空の月。
 月齢10.3、輝面率73%。
200403_1939s_10th_71_75a 200404_0053wn_103th_73_23a

4月4~5日
左)4日17:14頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月齢10.9、輝面率81%。
中左)日が暮れるのがだいぶ遅くなりました。
 まだ明るさが残る18:25頃の東南東の空の月。
中右)月をアップで。そのため空が黒く写っています。
 月齢11、輝面率81%。
右)ゆがんだバロック真珠のような
 クレーターのシラーがくっきり。
200404_1714_es109th_81_42a 200404_1825_ese_11th_81_56a 200404_1826_ese_11th_81_56a 200404_1826_ese_11th_81_56aup

4月5~6日
左)5日18:23頃の東(やや南寄り)の空の月。
右)アップで。そのため空が黒く写っています。
 月齢12、輝面率89%。
200405_1823_2es_12th_89_42a 200405_1823_1es_12th_89_42a

4月6~7日
左)6日18:02頃の東(やや南寄り)の空の月。
中)月をアップで。月齢13、輝面率96%。
右)19:39頃の東南東の空の月。
 月齢13、輝面率96%のまま。
200406_1802_1es_13th_96_24a 200406_1802_2es_13th_96_24a 200406_1939ese_13th_96_42a

4月7~8日
(8日11:35満月。
 03:10に月が最近/スーパームーン)
左)18:39頃の東(やや南寄り)の空の月。
中左)同時刻の南西~西の空。
 まだ明るさが残ります。
 ピカリと光るのは(左上)はシリウスでしょうか。
中右)月のアップ。 
 月齢14、満月前夜で輝面率99%。
 神々しい輝きでした。
右)満月に1%満たないのは右斜め下中心にかけて。
 クレーターのでこぼこが見えることが目印。
200407_1839_1es_14th_99_17a 200407_1839_2sirius 200407_1840es_14th_99_17a 200407_1841es_14th_99_18a

左)19:40頃の月。
 何か違っていると思いませんか。
 模様が逆!
 ベランダで器に張った水面に映る月を撮ったからです。
中左)20:02頃の東南東の空の月。
 月齢14.1、輝面率99%。
 春のおぼろ月ではなくてくっきりとした美しさ。
中右)8日00:27頃の南南西の空の月。
 月齢14.2、輝面率100%。
 満月の時刻が8日11:35のため
 すでに100%に。
(四捨五入すれば99ではなくて100というだけでまだ満ちていません)
右)02:56頃の西南西の空の月。
 月齢14.4、輝面率100%。
200407_1940ese_14th_99_28a 200407_2002_1ese_141th_99_32a_3570 200408_0027ssw_142th_100_51a_3569 200408_0256wsw_144th_100_29a_3569short

左)05:00頃、日の出直前の西(やや南寄り)の空の月。
中)アップで。月齢14.4、輝面率100%。
右)みるみる沈んでいきます。
 05:08頃の月。月齢輝面率変わらず。
200408_0500_1ws_144th_100_58a_3569 200408_0500_2ws_144th_100_58a_3569 200408_0508ws_144th_100_42a_3569
8日の03:10が月が最近になる時刻、満月時刻が11:35。
ですので7日の18:40の99%の月より
8日02:56の100%の月の方が大きく見えるはずなのですが、
大きく感じたのは7日18:40の月の方。
それは地平線近くの月は錯視で大きく見えるからです。
8日05:00の月は最近時刻にも満月時刻にも近く
月の位置も低く、すごく大きく重たそうに感じました。

4月8~9日
左)8日18:00頃(日の入り10分前)の夕陽。
 大きく見えました。
中左)18:34頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月の出15分ほど。
 明るさがわずかに残る空にうっすらピンク色のもやもやが。
 あまりにぼんやりすぎてやっと撮れたのがこちらです。
中右)18:38頃。どんどん昇っていきます。
 空もみるみる暗くなり、月の色もどんどん濃く。
 ピンク色が混ざったような濃いオレンジ色です。
右)アップで。月齢15、輝面率100%。
 実際には満月の時刻をすぎ、欠けはじめています。
 エミール・ガレのガラス工芸のような濃いオレンジ。
 月の最近時刻が8日03:10ですので
 「8日がスーパームーン」ですが
 7日の月の方が距離は近い(大きい)ことになります。
200408_1759 200408_1834es_15th_100_23a 200408_1838es_15th_100_3a 200408_1840es_15th_100_34a

左)18:45頃。
 徐々にピンク色が減りつつも、
 高速の道路照明灯と同じくらいの濃いオレンジです。
中左)並んだ2ショットを。
中右)18:58頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月齢15、輝面率100%。
200408_1845es_15th_100_43ashort 200408_1847es_15th_100_46a 200408_1858es_15th_100_67a

左)9日03:30頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 まわりにオレンジ色の光を放っていました。
中左)月のアップ。別モードで撮ったので暗く写っています。
 月齢15.4、輝面率99%。
中右)05:14頃、明けはじめた空の西南西の月。
右)アップで。月齢15.4、輝面率99%。
 わずか1%欠けただけでも
 肉眼でも丸くないとわかります。
200409_0330_2sww_154th_99_28a 200409_0330_1sww_154th_99_28a 200409_0514_1wsw_154th_99_98a 200409_0514_2wsw_154th_99_98a

4月10~11日
左)10日21:50頃の南東(やや東寄り)の空の月。
 月齢17.1、輝面率91%。
 満月から2日経ってこんなにほっそり。
中左)画面を引いて。まわりの雲をオレンジに照らす様子。
中右)時折雲が月を隠します。
右)23:53頃の南東(やや南寄り)の空の月。
200410_2150see_171th_91_107a1 200410_2152see_171th_91_11a 200410_2153see_171th_91_11a 200410_2353ses_172th_90_29a

左)11日05:09頃の南西の空の一角に月発見。
右)雲間の月をアップで。
 月齢17.4、輝面率89%のレモン型の月。
200411_0509sw_174th_89_22a 200411_0512sw_174th_89_22a

4月15日(07:56が下弦)
(月と木土火星がなーらんだ)
明け方の空に半月と木星土星火星が並んでいました。
月の右側(南西)にはさそり座の星たちが横たわり、
きりりと冷えた空気の中で荘厳な眺めでした。
左)04:03頃の南南東の空の月。
 月齢21.4、輝面率52%。
 下弦の時刻まで4時間弱あるので
 まだ2%太っています。
中)欠け際にいろんな図形が見えます。
右)記してみました。
 アルファベットのALVXも見えるものも。
200415_0403_1sse_214th_52_25a 200415_0403_2sse_214th_52_25a 200415_0403_2sse_214th_52_25amoji

左)月の左側(南東)に木星、土星、火星が。
 月があぶくを吐いているように見えました。
中左)記してみました。
中右)月と木星の2ショット。
右)月。うっすら暗い半分が見えます。

200415_0412sse_214th_52_26amokudokashort 200415_0412sse_214th_52_26amokudokamoji 200415_0411_1sse_214th_52_26amoku 200415_0411_2sse_214th_52_26a

左)04:40頃の南南東の空の月と木星土星。
中左)04:43頃。みるみる明るくなる空の
 月と木星土星。
中右)04:47頃、かすかに木星土星火星が見えています。
右)火星のアップ。
200415_0440sse_214th_51_28amokudoshort 200415_0443sse_214th_51_28amokudoshort 200415_0444sse_214th_51_28amokudoka 200415_0447_1kasei0452

左)04:47頃の南南東の空の月と木星。
中左)月のアップ(そのため空が黒く写っています)
 月齢21.4、輝面率51%。
中右)火星。
200415_0447_2sse_214th_51_28ashortmoku 200415_0448sse_214th_51_29a 200415_0451_1antares

左)04:51頃の木星。
 コンデジの手持ちですが、ズームをしたら
 ピンボケながら衛星が点状に写りました。
中左)ステラナビゲータで衛星の位置を再現。
中右)05:11頃の南(やや東寄り)の空の月。
 月齢21.4、輝面率51%。
右)07:04頃の南南西の空の月。
 21.5、輝面率51%。
200415_0451_2mokusei 200415_0451mou_eisei 200415_0511se_214th_51_30a 200415_0704ssw_215th_51_28a

4月16日
左)04:27頃の南東(やや南寄り)の空の月。
 薄雲をまとった濃い黄色の月でした。
 月齢22.4、輝面率41%。
中左)かすんだ空で見える星は木星(右上)だけです。
中右)05:00頃(日の出直前)の南南東の空の月。
右)アップで。月齢、輝面率変わらず。
200416_0427ses_224th_41_24a 200416_0428ses_224th_41_24amoku 200416_0500_1sse_224th_41_27a 200416_0500_2sse_224th_41_27a

4月18日
夜中から夕方まで春の大嵐で月は見えず。
雨が上がった後の夕方の空の雲が荘厳でした。
左)18:08頃に友人(別エリアにて)が撮った雲。
 迫力に私が魅せられ、このブログで紹介させていただくことに。
中)18:12頃に私が撮った雲。
 別の場所で同じ頃に友人が撮っていたとは知らず。
右)少しアップ。
 台風や嵐のあとは夕焼けが綺麗、
と睨んでいるのですがやはりそうでした。
教会の天井画のように幻想的でした。
200418_1808sunset_by_m 200418_1812sunset1 200418_1812sunset1up

4月19日
左)05:44頃の南東(やや東寄り)の空の月。
 右上に小さくいます。
中左)アップで。
 月齢25.5、輝面率15%。
中右)06:49頃の南東の空の月。
 時間とともに月が時計まわりに回転して見えます。
 月齢、輝面率変わらず。
右)09:00頃の南の空の月。
 月齢25.6、輝面率15%。
200419_0544_1see_255th_15_24a 200419_0544_2see_255th_15_24a 200419_0649se_255th_15_33a 200419_0900_s_256th_15_43a

左)11:16頃の南西の空の月。
 月齢25.7、輝面率14%。
 このぐらいの細さであれば、
 明るい昼間の空でもすぐに月をみつけられます。
右)11:24頃、飛行機雲と月(右上にうっすらと)
 朝~午前中は飛行機雲がよく見えました。
200419_1116sw_257th_14_34a 200419_1124hikoukigumo
----------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の満ち欠け日記INDEXはこちら

« モミジの公園シリーズ(その18)3月下旬 ソメイヨシノが満開 | トップページ | 2020年3月下旬 恩田川の桜(その1)(体内時計の桜も太陽暦の桜も) »

月見るシアワセ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モミジの公園シリーズ(その18)3月下旬 ソメイヨシノが満開 | トップページ | 2020年3月下旬 恩田川の桜(その1)(体内時計の桜も太陽暦の桜も) »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。