« オオアマナの星の形にうっとり | トップページ | 素敵な言葉(その7)---花筏(はないかだ) »

2020年4月26日 (日)

月の満ち欠け日記 2020年4月23日~2020年5月22日

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
ご覧になられたのと同じ月があるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

最近天候不良で月が見られずサミシイという時にも
ぜひお訪ねいただけたら。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでたら新しいタブで開く、を)

※スマホではレイアウトが崩れる場合は
「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
----------------------------------------------------
4月25日(三日月)
今クール最初に逢ったのは三日月。
三日月はめったに見られないのでラッキーです。
なぜかというと、
夕方~夜のわずかな時間に見える。
その時間に西の空に雲があったらアウト。
働いている時間だったらアウト。
1年で何回もチャンスがないのです。

200425_1839wn_23th_5_19a 200425_1842wn_23th_5_18a_kinsei 200425_1855_1wn_23th_5_15a_kinsei 200425_1855_2wn_23th_5_15a
左)18:39頃の西(やや北寄り)、
 日の入り15分ほどの夕空の月。
 月齢2.3、輝面率5%。
 三日月は普段想像するよりもずっと細いですね。
中左)18:42頃の月と金星。
 月の上にピカリと金星が輝いていました。
中右)18:55頃の西(やや北寄り)の空の月と金星。
 空がみるみる深い藍色になってゆきます。
右)月を少しアップで。地球照も見えます。

200425_1857wn_23th_5_15a 200425_1921wn_23th_5_10a
左)18:57頃の西(やや北寄り)の空の月。
 月齢2.3、輝面率5%。
右)19:21頃の西(やや北寄り)の空の月。
 月齢、輝面率変わらず。
 月がオレンジ色が濃くなっていきます。

このあと、地平線・水平線に沈む間際は
マグマのようなオレンジ色になったことでしょう。
西の方角が見晴らしがいいところにお住まいの方は
ぜひ三日月の月没を堪能してほしいです。

4月28日
上空の寒気の影響で不安定。
晴れたりにわか雨が降ったりの天気でした。
左)20:18頃の西(やや北寄り)の空の月。
 雲間に現れた月です。
 月齢5.4、輝面率25%。
 旧暦六日前後、輝面率25%ぐらいの月は
 鼻のとがったお月様になることも。
 今夜はなっていそうです。
中左)20.47ごろの西(やや北寄り)の月と金星。
 金星は右下にいます。
中右)月をアップで。
 月齢輝面率とも変化なし。
右)カメラの別モードで。
 少しだけですが欠け際中央部分、
 ツンととがった鼻があるようにみえませんか。
200428_2018wn_54th_25_32a 200428_2047wn_54th_25_26a 200428_2048_1wn_54th_25_26a 200428_2048_2wn_54th_25_26ashort

4月29~30日
左)29日13:06頃の東の空の月。
 月齢6.1、輝面率33%。
中)16:46頃の南の空の月をイチョウ越しに。
 南の空といってもほとんど頭上に感じる高さにいました。
右)アップで。月齢6.2、輝面率34%。
 高度78度は冬の満月ぐらいの高さです。
200429_1306e_61th_33_44a 200429_1646_1s_62th_34_78a 200429_1646_2s_62th_34_78a
左)20:58頃の西の空の月。
 月齢6.4、輝面率35%。
中)ミッキーマウスに見える形(左下・黄色)
  マックのMのようなライン(右上・水色)
  アルタイの崖(中央・赤)が見えます。
右)22:41頃の西北西の空の月。
 月齢6.5、輝面率36%。
 どんどんオレンジ色が濃くなっています。
 この月が西北西よりもさらに北寄りに沈むため、
 西北西の空にありながら地平線すれすれではなく、
 まだ高度は15度あります。
200429_2058w_64th_35_35ashort 200429_2058w_64th_35_35aline 200429_2241wnw_65th_36_15a

4月30~5月1日
左)30日15:10頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月齢7.2、輝面率44%。
右)16:51頃の南東(やや南寄り)の空の月。
 月齢、輝面率変わらず。
 高度73度。頭の上を見上げる感覚です。
200430_1510es_72th_44_56a 200430_1651ses_72th_44_73a

左)21:12頃の西の空の月。
 月齢7.2、輝面率46%。
 上弦前日です。
中)不鮮明な画像のアップとなるのですが、
 半月頃の欠け際は陰影がドラマティック。
右)上弦の時にちょうど欠け際に見えることもある
 月面エックスは緑色の×の位置に。
 (秤動があり毎回半月の欠け際が一定ではないため)。
 白い丸3つは勝手に名付けて「逆さオラフ」
 黄色いのはジョンレノンの眼鏡。
 かぎかっこ(「)に見えるのは
 オロンティウスのヘリのようですね。
 アルバテグニウス(赤)が顔に見えます。
200430_2112w_74th_46_42a 200430_2113w_74th_46_42a 200430_2113w_74th_46_42aline

5月1~2日(1日05:38が上弦)
 (月面NEWエックス発見)
左)1日15:32頃の東(やや南寄り)の空、
 薫風に吹かれて泳ぐ月。
中)アップで。
 月齢8.2。上弦の時刻を8時間ほど過ぎて
  すでに輝面率は55%に。
右)19:04頃の南南西の空の月。
 月齢8.3、輝面率56%。
 高度72度と高いです。
200501_1532_1es_82th_55_48a 200501_1532_2es_82th_55_48a 200501_1904ssw_83th_56_72short

左)不鮮明ですが欠け際のアップ。
 ティコとクラビウスが目立っています。
 中央に×エックスが見えませんか。
中左)この位置です。
 これは通常の月面エックスではありません。
中右)少し引いた画像を。
右)通常の月面エックスはピンクの丸に近い
 緑色の×印のところです。
 上弦の頃はオルティウスのまわりのヘリ(水色)も
 目立って面白いです。
 丸くはないいびつな輪郭が現れて。
 満月の頃に光条とともに目立つティコが
 地味ですが、よく見ると。
  クレーターの斜め左下半分が照らされていますよね。
200501_1902ssw_83th_56_72a 200501_1902line 200501_1904ssw_83th_56_72up 200501_1904upline

左)月自体はこの図のように円の斜め右上が
 明るく照らされていて、
 クレーターは明暗がその逆となっているのがわかります。
中)22:55頃の西の空の月。
 月齢8.5、輝面率56%。
右)2日00:16頃の西(やや北寄り)の空の月。
 月齢8.5、輝面率58%。
 どんどん赤みが強くなっています。

Hanen 200501_2255w_85th_58_31a 200502_0016wn_85th_58_15a

5月2~3日
左)2日16:15頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月齢9.2、輝面率67%。
中)西の空に明るさの残る18:50頃の
 南南東の空の月。
右)アップで。月齢9.3、輝面率67%。
200502_1615es_92th_67_44a 200502_1850sse_93th_67_68a 200502_1851sse_93th_67_68ashort

左)18:50頃の月のアップ。
 月面にクエスチョンマークとイカ星人と出目金が。
中)この位置に見えます。
 オレンジの出目金はクレーターのクラビウス。
 ハテナマークは初めて気がつきました。
 クレーターのヘリと太陽光がつくる一瞬の妙ですね。
 (一瞬というよりはもう少し長いですが)
右)23:12頃の西(やや南寄り)の空の月。
 月齢9.5、輝面率69%。
200502_1852sse_93th_67_68ashort 200502_1852sse_93th_67_68ashort_kao 200502_2312ws_95th_69_36a

5月4~5日
左)4日16:57頃の東(やや南寄り)の空の月。
 月齢11.2、輝面率87%。
 このぐらい満ちてくると、
 青空の中で薄雲をまとっていてもすぐみつかります。
中)17:07頃の東(やや南寄り)の空の月。
右)17:26頃の東南東の空の月。
 月齢、輝面率変わらず。
200504_1657es_112th_87_25a 200504_1707es_112th_87_27a 200504_1726ese_112th_87_31a

左)&中)18時過ぎの夕空のツバメ。
 あいにく南東の空に雲が湧いて月は見えず。
 でも夕空をツバメがビュンビュン飛び交っていました。
右)23:47頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 月齢11.5、輝面率88%。
 レモンを立てたような形の月、
 心地いい形です。
200504_1803tsubame 200504_1804tsubame 200504_2347_sww_115th_88_41ashort

5月7~8日(7日19:45が満月)
左)7日。見晴らしのいい場所で月の出を待ちました。
 月の出から10分後、
 18:29頃の東南東の空に
 しゃぼん玉のように透けるような月発見。
中左)まだ18:29。私が少しだけ場所を変えました。
中右)18:30。完全に月が空に現れました。
 ほのかに赤みがさしています。
右)東南東に月が昇った18:32頃、西の空では。
 ちょうど日没。夕焼けが綺麗でした。
200507_1829_1ese_143th_100_14ashort 200507_1829_2ese_143th_100_14ashort 200507_1830_1ese_143th_100_16a 200507_1832

左)18:35(日没時)の東南東の空の月。
中左)アップで。バラ色です。
 月齢14.3、輝面率100%。
 月の上に雲が広がっていたため、
 ほどなく雲の中に隠れてしまいました。
中右)18:53頃、月が隠れた雲と空。
 夕焼けが終わり、でも闇にはなりきらない。
 雲のシルエットもわかる。
 そんな空はまるで
 新海誠監督の『君の名は。』の空のようで
 見上げていると引き込まれます。
右)西の空では金星がピカリ。
 ちょうど飛行機が飛んでいたのですが、
 間の電線が五線譜のようでした。
200507_1835_3ese_143th_100_24ashort 200507_1836_2ese_143th_100_26ashort 200507_1853_1 200507_1853_2

左)20:23頃の南東(やや東寄り)の空。
 ぶあつい雲の端が照らしだされ、
 向こう側に月がいることがわかります。
中)月が顔を出しました。
 荘厳な眺めで
『2001年宇宙の旅』の音楽が頭の中で流れました。
 水墨画のような月と雲についてはこちらに。
右)20:25頃の南東(やや東寄り)の月のアップ。
 月齢14.4、輝面率100%。
200507_2023_5866_70200507_2023_70t 200507_2025_see_144th_100_21as_70

左)8日00:18頃の南(やや西寄り)の空の
 薄雲越しの月。
 まわりの雲をオレンジ色に染めていました。
右)00:23頃の南(やや西寄り)の空の月。
 月齢14.5、輝面率100%。
200508_0018_1sw_145th_100_39ashort 200508_0023_1sw_145th_100_39ashort_

5月8~9日(十六夜)
左)森や建物から半分顔を出しているような
 月の出を狙ったのですが
 気づいたら建物の上に出ていました。
 8日19:44(月の出から約12分後)の東南東の空の月。
 月齢15.3、輝面率98%。
中左)19:45。ゴム段を越えるみたいに
 いくつもの電線を越えていきます。
中右)建物が暗くてわかりづらいのですが、
 まだ高度1.9度と低いです。
 オレンジ色の月が大きく、重く見えます。
右)19:48頃の東南東の空の月。
 満月から欠けた2%は右上あたりですね。
200508_1944ese_153th_98_17a 200508_1945_1ese_153th_98_19short 200508_1945_2ese_153th_98_19short 200508_1948ese_153th_98_24ashort

左)19:49頃の東南東の空の月。
 高度が2.5度ほどになって月の色も
 徐々にオレンジ色→山吹色に。
中左)19:55頃の東南東の空の月。
 私が場所を移動。
 少し先にある木越しに撮ったら、
 葉のすぐ向こうに月があるように写りました。
 合成なしです。
中右)&右)電柱の上の部分やベランダの手すりの
 すぐ向こうに月があるように見えませんか。
 合成なしで不思議。
 こんな風に観覧車越しの月をいつか撮りたいです。
200508_1949ese_153th_98_25a 200508_1954ese_154th_98_34ashort 200508_1955ese_154th_98_35a 200508_1956ese_154th_98_37a

左)22:14頃の南東の空の月。
 月齢15.4、輝面率98%。
 別モードで暗く写ってしまいました。
中左)アップで。2%の欠け際です。
中右)9日04:11頃の南西の夜明け前の空の月。
右)アップで。月齢15.7、輝面率98%。
200508_2214_1se_154th_98_25a 200508_2214_2se_154th_98_25ashort 200509_0412sw_157th_98_17a 200509_0411sw_157th_98_17ashort

左)04:35頃のイチョウと月。
中左)アップで。月齢15.7、輝面率1%減って97%。
中右)04:45(日の出直後)の南西(やや西寄り)の空。
 淡い朝焼けに染まる雲をおぼろにまとって、
 少し夢見ているような月。
右)アップで。月齢15.7、輝面率97%。
200509_0435sww_157th_97_14a 200509_0434sww_157th_97_14a 200509_0445_1sww_157th_97_12ashort 200509_0445_2sww_157th_97_12a

左)05:03頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 月齢15.7、輝面率97%。
中)うっすらと見えています。
右)黄色の丸の位置にいます。
 この後、1分後に見えなくなりました。
200509_0503sww_157th_97_9a200509_0504sww_157th_97_9a 200509_0504sww_157th_97_9aline

5月11~12日(月面スターを発見)
左)12日03:14頃の南(やや東寄り)の空。
 薄雲のベールをかぶり、
 山吹色のオーラのような光の輪をまとった月。
 左側には木星が。
中左)アップで。月齢18.7、輝面率77%。
中右)欠け際に☆の形を発見。名付けて月面スター‼
右)赤線の位置です。タウルス山脈のあたりでしょうか。
1_200512_0314se_187th_77_29a_mokusei_sho 2_200512_0315_1se_187th_77_29ashort 3_200512_0315_1se_187th_77_29a_star 4_200512_0315_1se_187th_77_29a_star_moji

左)03:15頃。薄雲の切れ間に土星も見ました。
右)土星、木星、月の並びがリズミカルでした。
 薄雲が時折かかる土星と木星は
 まるでベールに刺繍されたビーズのようでした。
5_200512_0315_2se_187th_77_29amokusei_do 6_200512_0315_2se_187th_77_29amokusei_do

5月12~13日
左)13日03:00頃の南南東の空の月。
 月齢19.6、輝面率68%。
中左)少し薄雲をまとっています。
中右)月の上には土星と木星が。
右)ここです。
 接近する星2つと月で目と口になることがあります。
 無理やり見ようとすると、
 土星(右目)木星(左目)月(鼻)で動物の顔に。
1_200513_0301sse_196th_68_27ashort 2_200513_0257sse_196th_68_27a 3_200513_0303sse_197th_68_27a_dosei_moku 4_200513_0303sse_197th_68_27a_dosei_moku

左)欠け際のクレーター。
 テオフィルスの内側が黒い影となって目立っています。
中)アルタイの崖がそびえています。
 リンデナウの段丘のへりも照らされ、くっきり。
右)06:02頃の南南西の空の月。
 青空の中でもすぐみつけられました。
 月齢19.8、輝面率67%。
5_200513_0302sse_196th_68_27aup 6_200513_0302sse_196th_68_27aup_moji 200513_0602ssw_198th_67_28a

5月14日(23:03が下弦)
左)02:30頃の南東の空の月。
 月齢20.6、輝面率58%。
 下弦の日ですが、その時刻が23:03のため
 まだ半月よりも8%太っています。
中左)13日では土星木星のそばにいた月ですが、
 もうこんなに離れています。
中右)04:06頃の南南東の空の月。
 月齢20.7、輝面率58%。
右)土星(茶色)、木星(黄緑)はこの位置に。
1_200514_0230se_206th_58_20ashort 2_200514_0236se_206th_58_21adoseimokusei 3_200514_0406_2sse_207th_58_31a 4_200514_0406_1sse_207th_58_31adoseimoku

左)04:09頃の南南東の空の月。
 東の空から明るくなりはじめています。
中左)04:10。月と土星と木星。
中右)月の欠け際にAとLとVが見えます。
右)この位置です。
5_200514_0409sse_207th_58_31a 6_200514_0410sse_207th_58_31adoseimokuse 7_200514_0408sse_207th_58_31a 8_200514_0408sse_207th_58_31a_moji

左)07:19頃の南南西の空の月。
 5月の青空の中でソーダブルーがさわやか。
 月齢20.8、輝面率57%。
中左)09:51頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 消えかけるしゃぼん玉のよう。
生右)黄色の丸の位置にいます。
右)アップで。月齢20.9、輝面率56%。
9_200514_0719ssw_208th_57_29a 10_200514_0951_1sww_209th_56_79a 11_200514_0951_1sww_209th_56_79amaru 12_200514_0951_2sww_209th_56_79a

5月15日
左)02:16頃の南東(やや東寄り)の空の月。
 月齢21.6、輝面率48%。
 下弦が14日でしたが、その時刻が23:03だったため
 15日未明の月の方が半月に近いですね。
中左)02:12頃の欠け際。
中右)02:16頃の欠け際。
 わずか4分で欠けが進んでいるのがわかります。
 02:12ですと、欠け際上部のクレーター2つ、
 中央の丸いポッチが見えます。
 02:16ですとよく見えません。
右)月が土星木星とはグンと離れ、火星のそばに。
 縮小画像で分かりづらいと思うのですが、
 左端下赤い矢印(火星)、右上茶色(土星)、
 黄緑(木星)の位置です。
1_200515_0216_1see_216th_48_13a 2_200515_0212see_216th_49_13a 3_200515_0216_2see_216th_48_13a 4_200515_0219see_216th_48_14akaseidoseim

左)03:00頃の南東の空の月。
 月齢21.6、輝面率48%。
中左)上弦の月の時に見られる月面エックスが
 欠け際ではありませんが、見えます。
中右)水色の×2つの上の×が月面エックスかと。
 この月では下の方が×が目立ちます。
 白い丸は勝手に命名「逆さオラフ」。
右)04:11頃の南東(やや南寄り)の空の月。
 月齢21.7、輝面率48%。
5_200515_0300se_216th_48_20a 6_200515_0300se_216th_48_20ashort 7_200515_0300se_216th_48_20ashort_line 8_200515_0411_ses_217th_48_30a

左)欠け際をアップで。
中左)やはり下の×の方が目立っていますね。
中上)欠け際上部、ピトン山の影が右側に伸びています。
 標高は2.3kmだとか。
 月のウサギならピョンと駆けあがれるのでしょうか。
右)04:12頃の月と火星(左側)。
 4時過ぎるとこのくらい空は明るくなり始めています。
9_200515_0411_ses_217th_48_30ashort 10_200515_0411_ses_217th_48_30ashort_lin 11_200515_0411_ses_217th_48_30aue 12_200515_0412_ses_217th_48_30akasei

左)06:54頃の南(やや西寄り)の青空、
 白い雲と月が洗いあがった洗濯物のように
 風に泳いでみえます。
中)アップで。ソーダブルー色が綺麗。
 月齢21.8、輝面率47%。
右)09:23頃の南西の空の月。
 透明のシャボン玉に。
(けっして透明になることはないのですけれどね)
 月齢21.9、輝面率47%。 
13_200515_0654sw_218th_47_37a 14_200515_0656sw_218th_47_37ashort 15_200515_0923sw_219th_47_22a

5月17日
左)04:20頃の夜明けの空の月(ピンボケです)。
中)アップで。南東(やや東寄り)。
 月齢23.7、輝面率29%。
右)07:47頃の南の空の月。
 月齢23.8、輝面率28%。
 16日の大雨のおかげで、
 木々の葉が洗われて緑が色鮮やかに見えます。
 空の雲も白さがまぶしいです。
200517_0418see_237th_29_25a 200517_0420see_237th_29_25a 200517_0747s_238th_28_46a
----------------------------------------------------
今クール一番印象的だったのは
5月7日の満月です。
見晴らしのいいところで建物の向こうから昇りたての淡い色のお月さまを見ることができました。
夜になってから、雲間から顔を出した満月も神々しい眺めでした。
----------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の満ち欠け日記INDEXはこちら

« オオアマナの星の形にうっとり | トップページ | 素敵な言葉(その7)---花筏(はないかだ) »

月見るシアワセ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オオアマナの星の形にうっとり | トップページ | 素敵な言葉(その7)---花筏(はないかだ) »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。