« 素敵な言葉(その8)ーーーご来光(ごらいこう) | トップページ | 2020年夏。カラスウリが咲く様子を。 »

2020年7月26日 (日)

月の満ち欠け日記 2020年7月21日~2020年8月18日

「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
ご覧になられたのと同じ月があるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

最近天候不良で月が見られずサミシイという時にも
ぜひお訪ねいただけたら。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでたら新しいタブで開く、を)

※スマホではレイアウトが崩れる場合は
「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
----------------------------------------------------
7月26日(六日月)
天候不良がずっと続き、今クール初めて会った月は六日月。
左)今日は早朝から雷が鳴ったり、
  一瞬の青空からのスコールのようなどしゃぶりを
  何度も繰り返し、まるで山の天気のようでした。
  これは14:36頃の空(月はいません)。
  いろんな色、形の雲がいっぱい。
中左)16:33頃の南の空。
 ずっと覆っていた雨雲がいつの間にか消えて、
 青空に月が。
 二週間ぶりの体面となります。
中右)アップで。
 月齢5.6、輝面率37%。
右)18:44頃の南西の空の月。
 再び雲が湧いてきて薄雲越し。
 月齢5.7、輝面率37%。
200726_1436 200726_1633s_56th_37_51a 200726_1632s_56th_37_51a 200726_1844sw_57th_37_41a

8月1~2日
1日にやっと梅雨明け。
久しぶりに見た月はもう満月3日前となっていました。
左)1日19時過ぎ、せみ時雨の空に月が!
 久しぶりの体面となりました。
中左)雲越しです。
中右)アップで。
右)19:10頃。雲から抜けてくっきり見える月。
 空は黒く写っていますが
 まだ明るさが残っていました。
 月齢11.7、輝面率95%。
1_200801_1903se_117th_95_17a 2_200801_1904_2se_117th_95_17a 3_200801_1904_1se_117th_95_17a 4_200801_1910se_117th_95_18a

左)左上のクレーターをアップで。
中左)Yの文字に見えるところがあります。
 虹の入り江やプラトーを目印に調べると、
 クレーターのアナクシマンドロス
 (アナクシマンダー)でしょうか。
 ※アナクシメネスとは別物。
中右)19:16頃の月。まわりの雲を照らしています。
 左にあるのは木星。
  もう一つ小さな星が写っていました。
 ↑のところ。いて座の2.88等の星でしょうか。
右)土星、木星、月が並んでいました。
5_200801_1917ses_117th_95_19aup 6_200801_1917ses_117th_95_19aup_moji 7_200801_1916ses_117th_95_19ashort_star 8_200801_2016sse_117th_95_25ashort_moji

8月2~3日
さすが梅雨明け。途端に連日、月日和。
左)2日19:19頃の南東の空に月が昇っていました。
 白熱灯のような濃い山吹色の月です。
 月齢12.7、輝面率98%。
中左)土星と木星とのフォーメーション。
中右)この位置に土星と木星がいます。
右)葉越しの月。
1_200802_1919_1se_127th_98_12ashort 2_200802_1919_2se_127th_98_12ashort 3_200802_1919_2se_127th_98_12ashort_moji 4_200802_1926se_127th_98_13a

左)19:36頃の雲間の月。
 この月だけ眺めた人は、
 「三日月がでてる」と思われるかも。
中左)雲のヘリが照らされて美しいです。
中右)土星と木星と3ショット。
右)20:09頃の南東の空の月。
 月齢12.7、輝面率09%。
5_200802_1936se_127th_98_15ashort 6_200802_2006se_127th_98_19a 7_200802_2009_1se_127th_98_19a 8_200802_2009_2shortse_127th_98_19a

左)20:09頃の3ショット。
中)土星と木星はこの位置に。
 前日1日とフォーメーションが違います。
 月が位置を変えているのですね。
右)22:09頃の南(やや東寄り)の空の月。
 月齢12.8、輝面率99%。
 2日は満月の二日前ですが、
 満月の時刻が4日00:59のため、
 実質満月の26時間ほど前。
 だからすでに輝面率99%なんですね。
9_200802_2208se_128th_99_30a 10_200802_2208se_128th_99_30a_moji 11_200802_2209se_128th_99_30ashort

左)満月に1%満たないのは左側。
 ごつごつして見えるあたり。
 その上部の様子。
中左)虹の入り江、プラトーを目印にして
 欠け際を見ると。
 クレーターのピタゴラス、パスカル、
 カーペンターが見えます。
 8月1日に見えたYも目ただないですがこの位置に。
中右)ごつごつの下部の様子。
右)湿りの海を目印に
 カヴァレリウス、ヘヴェリウス、グリマルディ、
 ダーウィンが見えます。
12_200802_2209se_128th_99_30aup 13_200802_2209se_128th_99_30aup_moji 14_200802_2210se_128th_99_30a 15_200802_2210up_moji

左)3日01:01頃の南西(やや南寄り)の空の月。
 だいぶ月の模様も時計まわりに回転しました。
 月齢12.9、輝面率99%。
右)右側に木星が。
 月のまわりの雲がオパールの輝き。
16_200803_0101sws_129th_99_24a 17_200803_0103_1sws_129th_99_24ashort

左)虹色まではいかないけれど
 かすかな虹色グラデーションを感じさせる
 この幻想的な雲にうっとり。
中)肉眼では月の海の模様もはっきり見えます。
 でもカメラですと難しい。
 かすかにわかりますでしょうか。
右)月の模様がわかるように撮ると
 今度は雲の色がわかりづらくなります。
 人間の目と脳は雲のかすかなグラデ、
 月の模様、両方を同時に感知できるのですから
 すごいものです。
18_200803_0103_2sws_129th_99_24ashort 19_200803_0103_3sws_129th_99_24ashort 20_200803_0103_4sws_129th_99_24a

8月3~4日
梅雨明けした途端、月日和が続いています。
左)満月の時刻が4日00:59のため、
 4日の夜よりも3日の夜の方が満月に近いです。
 3日月の出を狙ったのですが、間に合わず、
 18:58頃(月の出から13分後)の月。
 月齢13.7、輝面率100%。
 電線越しでフォトジェニックにならず。
 写真よりももっと赤く見えました。
中左)少し場所を移動して。
 19:01頃の東南東の空の月。
 木のすぐ向こう側に月がいるように見えます。
中右)みるみる月が昇っていきます。
右)19:03頃。
 大きいですし、赤いですし重たそうな月です。
1_200803_1858ese_137th_100_19a 2_200803_1901_1ese_137th_100_24ashort 3_200803_1901_2ese_137th_100_24a 4_200803_1903see_137th_100_27ashort

左)19:05頃。木々の上まで昇りました。
中左)19:06頃。
中右)アップで。空の低いところにいるので
 鮮明ではなく月の輪郭がにじにじしています。
右)19:17頃。撮り具合によって色がまちまちですが
 この赤さが一番見た目に近いです。
5_200803_1905see_137th_100_3a 6_200803_1906see_137th_100_3ashort 7_200803_1908see_137th_100_35ashort 8_200803_1917see_137th_100_5a

左)19:51頃の南東(やや東寄り)の空の月。
 雲を墨絵のように照らし出します。
中)月をアップで。月齢13.7、輝面率100%。
右)土星木星よりはるかに左側にいます。

9_200803_1951_2see_137th_100_105a 10_200803_1951_1see_137th_100_105a 12_200803_2250sse_138th_100_31ashort_moj

左)22:49頃の南南東の空の月。
 月齢13.8、輝面率100%。
 厳密には満月直前。
 この画像の月の上部に若干でこぼこが。
 このあたりが満たない部分ですね。
右)4日02:33頃の南西の空の月。
 月齢14、輝面率100%。
 満月の時刻から約1時間30分後の月です。
 厳密には欠け始めています。
 この画像の右側あたりにかすかにでこぼこが。
 このあたりからどんどん欠けていくのですね。
13_200803_2249sse_138th_100_31ashort 14_200804_0233sw_14th_100_22ashort

8月4~5日(4日00:59が満月)
左)4日20:15頃の南東(やや東寄り)の空の月。
 満月なのに丸くないと思った方もいるでしょう。
 月齢14.7、輝面率99%。
 4日は満月ですがその時刻が00:59のため
 すでに99%。
 3日の夜の方が満月に近かったのですね。
中左)23:16頃の南南東の空の月。
 月齢14.9、輝面率99%。
 右側のヘリがごつごつしています。
 このあたりから欠け始めています。
中右)上部のアップ。
右)危難の海を目印に。
 フンボルト海、縁の海、
 クレーターのガウス、ベロッソス、ハーン、
 プルタルコスがわかりました。
1_200804_2015see_147th_99_84ashort 2_200804_2316sse_149th_99_33ashort 3_200804_2316sse_149th_99_33aup1 4_200804_2316sse_149th_99_33aup1_moji

左)下部のアップ。
中左)豊かの海、クレーターのラングレヌスを目印に
 見えているのはケストナー、ラペイルーズ、
 アンスガリウス、ヘカタエウス、
 フンボルトでしょうか。
中右)5日03:04頃の南西(やや南寄り)の空の月。
 まわりの雲を照らしています。
右)アップで。月齢15、輝面率99%。
 欠け際のクレーターのごつごつ具合がさらにくっきり。
5_200804_2316sse_149th_99_33aup2 6_200804_2316sse_149th_99_33aup2moji 7_200805_0304sws_15th_99_27a 8_200805_0305sws_15th_99_27ashort

左)欠け際のアップ。
中左)4日23:16の画像と比べると
 欠けが若干進んでいるのがわかります。
中右)欠け際下部のアップ。
右)やはり欠けが進んでいるのがわかります。
9_200805_0305sws_15th_99_27aup1 10_200805_0305sws_15th_99_27aup1_moji 11_200805_0305sws_15th_99_27aup2 12_200805_0305sws_15th_99_27aup2_moji

日の出直前の04:45頃の南西(やや西寄り)の空の月。
雲間にかすかに姿発見。
月齢15.1、輝面率99%。
13_200805_0445sww_151th_99_12a

8月5~6日
左)5日21:11頃の東南東の空の月。
 月齢15.8、輝面率96%。
 かなりオレンジ色がかった月。
 満月から4%欠けただけで
 「丸くない」と「丸わかり」。
 人間の目ってすごいですね。
中左)22:34頃の南東の空の月。
 月齢、輝面率変わらず。
中右)欠け際上部のアップ。
右)危難の海の縁にアガルム岬がぷっくりと。
1_200805_2111ese_158th_96_13ashort 2_200805_2234se_158th_96_26ashort 3_200805_2234se_158th_96_26aup 4_200805_2234se_158th_96_26aup_moji

左)6日03:00頃の南南西の空の月。
 月齢16、輝面率96%。
中)欠け際上部のアップ。
右)フンボルト海は欠けて見えなくなりました。
 希望の湖、クレーターのメルクリウス、
 エンディミオン、ヘラクレス、アトラス、
 ポセイドニオス、メッサラなどが見えます。
5_200806_0300ssw_16th_96_36ashort 6_200806_0300ssw_16th_96_36aup1 7_200806_0300ssw_16th_96_36aup1_moji 

左)欠け際中部のアップ。
中左)危難の海のふちのアガルム岬。
 本当に岬のように小高くなっていますね。
 ここに立ったら絶景だろうな~と
 想像するのも月面写真散歩の愉しみ♪
 ほかに見えているクレーターは
 ベルヌーイ、ゲミヌス、ブルクハルト、
 クレオメデス、アポロニウスでしょうか。
中右)欠け際下部のアップ。
右)ラングレヌスを目印にたどると、
 フェンデリヌス、ラメ、ペタヴィウス、
 パリッチュ、フルネリウスでしょうか。
8_200806_0300ssw_16th_96_36aup2 9_200806_0300ssw_16th_96_36aup2_moji 10_200806_0300ssw_16th_96_36aup3 11_200806_0300ssw_16th_96_36aup3_moji

8月6~7日
左)7日01:23頃の南(やや東寄り)の空、
 レモンの形のような月。
 月齢17、輝面率91%。
中左)03:44頃の南西(やや南寄り)の空の月。
 月齢17、輝面率91%。
中右)欠け際上部のアップ。
右)わずか1日で危難の海が3分の2欠けてしまいました。
 陰影濃く目立つクレーターは、エンディミオン、
 クレオメデス、ケフェウス、フランクリン、
 マクロビウス、ティスランなど。
 また、すごく小さなクレーターがはっきりと。
 ニューカムでしょうか。
1_200807_0123ses_18th_85_45ashort 2_200807_0344_1ssw_18th_84_49ashort 3_200807_0344_2ssw_18th_84_49aup1 4_200807_0344_2ssw_18th_84_49aup1_moji

左)欠け際下部のアップ。
右)神酒の海を目印に、クレーターのクック、
 コロンブス、マゼランと大航海者たちが並んでいます。
 レイタ峡谷、スネリウス峡谷も筋のように見えます。
5_200807_0344_2ssw_18th_84_49aup2 6_200807_0344_2ssw_18th_84_49aup2_moji

左)05:16頃の南西(やや西寄り)の空の月。
 月齢17.1、輝面率90%。
 白い月。海はブルーグレー色。
中)06:47頃の西南西の空、
 イチョウ越しの月。
右)アップで。
 月齢17.2、輝面率90%。
 青空に透き通っていくかのよう。
7_200807_0516sw_181th_84_38a 8_200807_0647wsw_182th_84_23a 9_200807_0648wsw_182th_84_23a

8月7~8日
左)7日22:56頃の東南東の空の月。
 黄色いオーラをまとっていました。
右)月のクレーターが写るモードで撮ると。
 月齢17.8、輝面率85%。
 ほっそりレモンの月。
1_200807_2256_1ese_178th_85_22a 2_200807_2256_2ese_178th_85_22ashort

左)欠け際上部のアップ。
中左)マクロビウス、アトラス、ヘラクレスが
 欠け際に。愛の入江も見頃です。
中右)欠け際下部のアップ。
右)神酒の海が目印。
 クレーターはグーテンベルク、ゴクレニウス、
 コロンブス、サントベックなど。
 ジャンセンももうすぐ見えなくなりそう。
5_200807_2257_3ese_178th_85_23a 6_200807_2257_3ese_178th_85_23amoji3_200807_2257_2ese_178th_85_23a 4_200807_2257_2ese_178th_85_23amoji

8月8~9日
8日23:30頃の東南東の空の月。
月齢18.9、輝面率77%。
200808_2330_ese_189th_77_24a

8月9~10日
左)10日00:33頃の東南東の空の月。
月齢19.9、輝面率69%。
中)月の右側には赤い火星が。
右)03:58頃の月。
1_200810_0033ese_199th_69_32a 2_200810_0357se_201th_68_60a 3_200810_0359se_201th_68_60ashort

左)欠け際上部のアップ。
中左)クレーターのアリストテレス、エウドクソスが
 目立っています。
 小さいクレーターですが、メネラウスも
 太陽光の角度の妙なのでしょう。
 ピカリと際立っています。
中右)欠け際下部のアップ。
右)半月前後の月は、逆さオラフと
 ジョン・レノンの眼鏡(勝手に命名)が目印。
 月面エックスはまだあいまいですが、
 ワルターのそばにAの字が!
 リケトスあたりはハートマークにも見えます。
 そのそばにもχマークが。
4_200810_0358_1se_201th_68_60aup1 5_200810_0358_1se_201th_68_60aup1_moji 6_200810_0358_2se_201th_68_60aup 7_200810_0358_2se_201th_68_60aup_moji

8月10~11日
左)11日00:51頃の東(やや南寄り)の空の月。
 右上には赤い火星が。
中左)月のアップ。
 月齢20.9、輝面率60%。
中右)欠け際上部のアップ。
右)雨の海、ピトン山、カッシーニのほか
 アリスティルス、オートリクスがくっきり。
1_200811_0051es_209th_60_30a_ 2_200811_0053_1es_209th_60_31ashort 3_200811_0053_3es_209th_60_31aup 4_200811_0053_3es_209th_60_31aup_moji

左)欠け際下部のアップ。
右)逆さオラフ(白丸)、ジョン・レノンの眼鏡(黄)、
 月面エックス、月面Aが見えます。
5_200811_0053_2es_209th_60_31ashort 6_200811_0053_2es_209th_60_31ashort_moji

左)05:13頃の南(やや西寄り)の空の月。
中)不鮮明ですが逆さオラフのまわり。
右)月面Aはノニウスのあたり。
 オロンティウス、ハギンスのあたりは
 丸の連なりではなく、不思議なリズミカルな形。
7_200811_0513sw_211th_58_65ashort 8_200811_0514_1sw_211th_58_65aup2 9_200811_0514_1sw_211th_58_65aup2_moji

左)08:03頃の西南西の青空に浮かぶ月。
 朝から暑いです。
 月齢21.2、輝面率58%。
中)09:45頃の西の空。白い雲と月。
右)アップで。月齢21.3、輝面率57%。
 青空の中で月はソーダブルーに。
10_200811_0803wsw_212th_58_41a 11_200811_0945_1w_213th_57_22ashort 12_200811_0945_2w_213th_57_22a

8月11~12日(12日01:45が下弦)
左)12日01:04頃の東の空
 電線越しの月。
 下弦の時刻40分前。
 ほぼ半月。
右)電線から離れた01:07頃の月。
 月齢21.9、輝面率50%。
 東の空でも高度は高く30度ほど。
 近くの鉄塔の上に輝いていました。
1_200812_0104e_219th_50_27ashort 2_200812_0107e_219th_50_27a

左)欠け際上部のアップ。
中左)アルキメデスがちょうど欠け際。
 アペニン山脈が暗闇に触覚のように伸びてみえます。
 コペルニクスは驚くほど目立っていません。
中右)欠け際下部のアップ。
右)逆さオラフの胴体のアルフォンススが欠け際に。
 中央のポッチも見えます。
 羽根を開いた蝶のようなクレーターは
 ヴュツェルバウアーとガウリクス。
 ティコも驚くほど目立っていません。
3_200812_0109e_219th_50_28a 4_200812_0109e_219th_50_28a_moji 5_200812_0105e_219th_50_27a 6_200812_0105e_219th_50_27a_moji

左)06:11頃の南南西の空高くの月。
 月齢22.2、輝面率49%。高度68度。
 夏の満月は低く、半月は空高く。
中)09:28頃の西(やや南寄り)の空、
 雲と泳ぐソーダブルーの月。
右)アップで。
 月齢22.3、輝面率48%。
7_200812_0611ssw_222th_49_68a 8_200812_0928_1ws_223th_48_36a 9_200812_0928_2ws_223th_48_36ashort

 
12日午前1時前にペルセウス座流星群の流星が月面に落下して
発光がみられたということを知りました。
私が月を見ていたのは1時過ぎから
。あ~~~~~。
あと5分ぐらい早く月を見始めていたらとちょっと悔しいです。

8月12~13日
日中は各地で激しい雷雨。
虹もみられたようですが、私は見られずでした。
夜は雲が多く、ペルセウス座流星群を見られずでした。

左)13日日の出直前04:45頃、東の空に金星が。
中左)04:50頃。南東(やや東寄り)の空の月。
 左下の矢印の位置に金星。
 月のまわりの雲が朝焼けの淡いピンク色に。
 月齢23.1、輝面率39%。
中右)月をアップで。
右)コペルニクスが欠け際に目立っています。
 湿りの海のところに、
 帽子をかぶった笑顔男発見!
1_200813_0445kinsei 2_200813_0450_2see_231th_39_63ashort_kin 3_200813_0450_1see_231th_39_63ashort 4_200813_0450_1see_231th_39_63ashort_moj

04:58頃の南東(やや東寄り)の空の月。
街頭越しの月。
(少し空が暗く写っています)
寝苦しい熱帯夜明けのむわんとした空気。
早朝でもけっしてすがすがしくない分、
逆にキリンジの名曲、エイリアンズの世界のようで
ちょっとうれしくなりました。(詳細はこちら
0_200813_0458see_231th_39_65ashort

8月13~14日
左)14日06:27頃の南東(やや南寄り)の空高く、
 細く白い弧が。
 月齢24.2、輝面率29%。
 高度73度の高さです。
中左)10:50頃の炎天下の西の空。
 西の方角に月がいるはずなんだけど、
 と探してほどなく発見!
 月はうっすら右端にいます。
中右)↑の位置です。
右)アップで。
 月齢24.3、輝面率28%。
 透けるようなソーダブルーの月です。
1_200814_0627ses_242th_29_73a 2_200814_1050w_243th_28_42a 3_200814_1050w_243th_28_42a_yajirushi 4_200814_1051w_243th_28_42a

8月15日
(鼻の尖ったお月さま&月面ダイヤモンド)
左)日の出直前04:47頃の東の空の月と金星。
 金星は鉄塔の左側(中央やや下)にいます。
中左)月をややアップ。(そのため空が暗めに)
 なんとなく中央がツンと尖ってみえませんか。
中右)もう少しアップ。鼻が尖っていますね~。
右)月齢25.1、輝面率47%。旧暦二十六夜の月です。
1_200815_0447_1e_251th_21_47askinseihort 2_200815_0447_3e_251th_21_47a 3_200815_0451e_251th_21_47a 4_200815_0447_2e_251th_21_47ashort

左)尖った鼻をつくっているのは
中)湿りの海の脇、むらさきの線のところ。
 欠け際に消えてしまったガッサンディの際ですね。
 黄緑のラインも添えましたが、ひし形になります。
 でもここの地名を書いている資料が
 みつけられません。
 「メルセニウス谷がある」と記述があるくらい。
 なので、勝手に「月面ダイヤモンド」と命名!
 鼻を作る大事なラインなので私には重要地形なので。
右)04:55の東の空の月と街灯と金星(街灯右脇)。
 13日に続き、♪エイリアンズにぴったりの風景。
 (詳細はこちら
5_200815_0447_2e_251th_21_47aup 6_200815_0447_2e_251th_21_47aup_moji 7_200815_0455e_251th_21_48akinseishort

8月16日
左)日の出約1時間前03:55頃の
 東(やや北寄り)の空。
 昇った月と金星、手前(右下)に街灯。
中左)月と金星。金星はくっきりピカリ。
 月はまだ眠りの中にいるようにぼやっと。
中右)木の上にちょうど顔を出したところでした。
右)アップで。月齢26.1、輝面率13%。
1_200816_0356en_261th_13_26a_kinseishort 2_200816_0356en_261th_13_26a_kinseiup 3_200816_0354en_261th_13_26a 4_200816_0355en_261th_13_26a
----------------------------------------------------
今クールは梅雨明けからほぼ毎日、月日和なのが印象的でした。
特に印象に残ったのは8月3日の夕方~晩のほぼ満月。
それと、8月13、15日の明け方の
名曲「エイリアンズ」の世界のような月の風景です。
----------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の満ち欠け日記INDEXはこちら

« 素敵な言葉(その8)ーーーご来光(ごらいこう) | トップページ | 2020年夏。カラスウリが咲く様子を。 »

月見るシアワセ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素敵な言葉(その8)ーーーご来光(ごらいこう) | トップページ | 2020年夏。カラスウリが咲く様子を。 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。