« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月15日 (土)

雪の次の日。生まれて初めて見た光景。降り注ぐ雪しぶき。

先日、雪が降りました。粉雪ではなく、雪の結晶の観察はできませんでした。
夜の間には止み、翌朝は木々や屋根、道路に雪が積もっていました。

雪国で雪の怖さと過酷さが身に染みている方々は、
「雪がめずらしい人はのんきでいいよ」と思われるかもしれませんが、
生まれて初めて見た光景をご紹介します。

雪が降った翌朝、枝に積もった雪が落ちる時って
こんな感じですよね。
かたまりが、どさどさっと音を立てて落ちる。
20220107_0snow
(以下、画像はサムネイルでアップロードしています。
小さく不鮮明。
ぜひクリック&拡大でご覧いただけましたら)

ところが14日早朝。
粉雪よりも細かな粉末状で
雪が降り注いでいる光景にでくわして、びっくり!
20220107_1_1snow

画像をアップで。
柱のあたりに細かな点々が見えますでしょうか。
20220107_1_2snow_up

滝の脇の水しぶきのよう。
雪しぶき(という言い方が適切かはおいといて)が朝日に照らされています。
建物のすぐ脇に高いヒマラヤ杉があるので、
その枝からこまかな雪しぶきが降り注いでいるのです。
20220107_1_3snow_up

スマホなので鮮明ではないのですが、
連続して撮ってみました。

こまかに
20220107_2_1snows

降り
20220107_2_2snow

注いでいます。
20220107_2_3snow

朝日に当たっているところは、
若干、虹のような色合いに。
それだけ雪しぶきが細かいということですね。
20220107_2_4snow

虹っぽい色合いのところ、黄色い丸で記してみました。
20220107_2_5snow

この中央部分も少し虹色風。
20220107_2_6snow

雪しぶきが珍しくて何度も撮ってしまいました。

こまかな雪が
20220107_3_1snows

降り注ぐ~。
20220107_3_2snows

歩いている人にも雪の雨。
20220107_5snow

光のカーテンのように
20220107_6_1snows

降りそそぐ~。
20220107_6_2snows

中央の降り注ぎが終わった頃に右から新たな雪しぶきが。
20220107_6_3snows

わかりづらいと思いますが、
ベールのようなものが3本あるんですよ~。
20220107_6_4snowss

また、枝に積もった雪がくだけて
粉状になって
20220107_7_1snows

降り
20220107_7_2snows

注ぐ~。
20220107_7_3snows

遠目に撮ったので、不鮮明ですが中央に
20220107_8_1snows

ヴェールのような雪しぶき
20220107_8_2snow

落ちてます~。
20220107_8_3snow

こちらも遠目に。
煙るような細かさ。
Img_20220107_074204

雪質がいつもとは違ったのでしょうか。
気温の低さ(この時2度ぐらいはあったと思いますが)なのでしょうか。

朝日に照らされる雪しぶきが美しすぎて圧倒されました。

枝から落ちる雪は「雪垂り(ゆきしずり)」といいます。
美しい言葉ですね。

2022年1月 2日 (日)

2022年の初日の出(その2)初日の出編

その1)の続きです。

「かぎろい」と「地球照の月」と「ビーナスベルト」が見られて、
達成感いっぱいの私ですが、
もちろん、初日の出にもワクワク。

まず、クイズです。
5_220101_0611se_276th_5_107a_2s

月が出ている夜明け前のこの写真で、太陽はどのあたりから昇るでしょうか。
1.月の斜め左下
2.月の真下
3.月の斜め右下

正解は1.ですね。
月が照らされている面の先に太陽があるので。

6時50分。
まだ姿は見えませんが、この画像の中央あたりから日が昇ります。
17_220101_0650s

鳥たちにはもう初日の出が見えているのかしら。
18_220101_0650upup

6時52分。そろそろですね。
19_220101_0652ese_m02a_s

6時54分。
20_220101_0654ese_0as

6時55分。中央の木々のむこうに太陽の輪郭が見えます。
21_220101_0655_2ese_02as

6時56分。現れました~。
220101_0656_2s

少し引いて。
22_220101_0656ese_04as

6時58分。光の筋が神々しいです。
23_220101_0658ese_07a
シンシンと冷えている町に光が放射されます。

おまけ。西の空。朝日に照らされる富士山。
24_220101_0703fuji

私たちは元旦の日の出を尊びますが、
日の出の頃と、日没の頃。
毎日2回、自然は荘厳なスペクタクルショーを見せてくれているのですよね。

東側が見渡せる高台にお住まいの方は、
ぜひ、日の出前のショーをお楽しみくださいませ。
冬の早朝の早起きは大変ですが、ご覧にならないともったいない!

2022年の初日の出(その1)かぎろいと地球照とビーナスベルト。月と空の色にうっとり

2022年がはじまりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は姉家族のところで初日の出を迎えました。
私のところより標高が高く、東側の展望がよい立地なのです。

2022年1月1日は月の出が午前5時頃でしたので、
初日の出よりも先に初月の出を見ました!
(電車内でしたので撮れず)。

実は、「初日の出」よりも見たいものがありました。
それは「かぎろい」です。
(以下、サムネイル画像は少し不鮮明。ぜひ、クリックで拡大でご覧いただけましたら。
はみでたら新しいタブで開く、を)

「かぎろい」とは日の出前の東の空の際に現れる曙光のこと。
主に冬に見られる鮮やかなスペクトルを指したりもします。
地平線・水平線の際が濃いオレンジ色となり
上空にいくにしたがって藍色、漆黒となる色の階層を、
思い浮かべられる方もいらっしゃるでしょう。

宇宙飛行士ガガーリンがボストークから眺めた地球の様子を訊かれた時、
夜から朝を迎える地球のヘリに虹色の色合いが見られることを答えました。
それを、江川卓氏は「かぎろい」と訳しました。
(詳細はこのブログ内のガガーリン23に)

元日の凍てつく早朝6時6分頃。
姉宅に向かう途中の私に、
姉から「もうオレンジ色が見え始めているよ」のラインが届きました。

急いで姉宅に到着して、照明と落とした部屋を通り、東側のベランダに向かうと。
6時10分。どどーんと
1_220101_0610se_276th_5_105a_1s
こんな光景が広がっていたのでした!

日の出40分前です。
地上を歩くだけだと、地平線の際までは見えず、
「東の空の方がほのかに明るいかなあ~」程度だったのですが、
地平の際は濃いオレンジになっていたのです。
(ユーミンの「水平線はグレナディン」という曲名を思い出します)

そして、地球照がくっきり浮かび上がった月が中央に鎮座しています!
神々しく、そして幻想的な光景です。

月の上には火星が。
2_220101_0610se_276th_5_105a_2s_kasei

少し右上にはさそり座のアンタレスも。
3_220101_0611se_276th_5_107a_2moon_kasei

月は南東の方角にいます。
4_220101_0611se_276th_5_107a_1s
月齢27.6。輝面率5%。
地球照の部分は月の模様がうっすらと見えます。
↑この画像ではわかりづらいかもしれませんが、

この満月(2017年12月3日)
171203_1753en_149th_100_16a
と同じ模様が暗い部分に見えています。

かぎろい
日の出までのかぎろいの色の移り変わりをご覧いただきましょう。

6時11分。
5_220101_0611se_276th_5_107a_2s

6時20分。
6_220101_0620se_276th_5_12as

6時29分。
7_220101_0629se_276th_5_13as

6時39分。
8_220101_0639se_276th_5_15as

6時51分。(日の出頃)
9_220101_0651se_276th_5_16a_2s

月の様子

6時30分。
11_220101_0628se_276th_5_13a

12_220101_0630se_276th_5_13a


6時51分。(日の出の頃)
矢印のところにかすかに月が。
この後は空の明るさにとけこんで見えなくなりました。
10_220101_0651se_276th_5_16a_2ya

アップで。
13_220101_0651se_276th_5_16a_1

さて、かぎろいですが。
方角によって色が変わりますね。
太陽が昇る場所(東北東)よりも東~北北東寄りの空の方が
濃いオレンジ色が広がっていました。
6時15分頃の様子です。
14_220101_0615

ビーナスベルト
日の出前や日没後、太陽の反対側の空がオレンジ色ではなく、ピンク色に染まるビーナスベルト。
美しかったです~。

6時49分(日の出頃)の西側の空。
かぎろいとして上記でご紹介した同時刻の東側の空よりも
明かにピンク色です。
15_220101_0649_1venus_s
ビーナスベルトの下の方のブルーがかった層は地球の影だとか。

北~北東の空。
ピンクとオレンジがまざった淡いコーラル色の空。
葉祥明さんの絵のような美しさ。
16_220101_0649_3venus

ちなみに、私が今まで撮ったビーナスベルトで一番印象に残っているのは
2016年1月25日の早朝の空(こちら)です。

次回(その2)は初日の出編です。

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。月に魅せられ、毎日、月撮り。月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社)のコラムも担当。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。