2017年4月13日 (木)

桜の開花と銀杏の芽吹き。万物の春を眺める月

昨日4月12日はガガーリンが人類初の有人宇宙飛行をおこなってから56年目の日でした。
水曜日だったことがちょっとうれしかったです。
というのはガガーリンの偉業があった1961年4月12日も水曜日だったからです。
ガガーリンの手記に「4月12日 水曜日」という章があるので印象に残っていました。

さて、月ウォッチングの本題です。
このところ、雲が多かったり、にわか雨が降ったりの天候続き。
快晴の日は少ないけれど、月と満開の桜を狙ってみました。

遠い月と近くの花。両方にピントを合わせることはできないので、どちらかはぼわっとしますが、
モノトーンのような世界になりました。(以下画像はクリックで拡大します)

4月10日の満月前日の月です。
170410_2118se_134th_99_43ashort

銀杏並木の上の月。
170410_2119e_134th_99_43ashort
梢の先に芽が。

満開の桜と月。
170410_2121_2se_134th_99_43ashortsh

月の左下には木星が。桜の木越しに。
170410_2121_3se_134th_99_43ashort

桜にピント合わせて
170410_2122_1se_134th_99_43ashort

月にピントを合わせて。満月前夜。満月には1%足りない月です。
170410_2122_2se_134th_99_43ashort

光合成を助ける太陽ほど、月は植物に影響はないのかもしれません。
でも、月も万物の春の訪れを眺め、植物たちも清らかな光を浴びながら、月を眺めているのですね

2017年4月 6日 (木)

ヤドリギの実はぷよぷよでした

先日、ヤドリギの実を食べにきたヒレンジャクに会えました。(詳細はこちら
そして、ねばねばした糞をする様子も撮ることができました。
(以下、画像はクリックで拡大します)
170329hirenjaku08shortfun
赤い←のところに白いどろ~。その中に緑の粒が見えます。

ヒレンジャクにもう一度会いたくなりヤドリギのある場所を訪ねてみました。

といっても、前回の場所をはずして、誰もいなそうな場所探し。

あそこは穴場かもと、立派なヤドリギがあるのがわかっていた場所を訪ねてみると。

たくさんのヤドリギがありました。大木にいくつも緑のポンポンが。圧巻です。
20170405yadorigi01

誰もいません。ヒレンジャクもいません。

でも、ぷつぷつと黄色い実はなっていました。
20170405yadorigi02short

そして地面に落ちていました。

少し透き通った黄色い粒。大きさはイクラの粒ぐらい。
20170405yadorigi07

石でエイエイ。

簡単に皮がやぶけ、中身が出てきました。
20170405yadorigi08

半透明の白いぷよぷよ、まるでライチのような質感です。
土混じりになったので、もう一個の粒をご覧いただきましょう。
20170405yadorigi08_2

この白いぷよぷよをさらに、石でエイエイ。

緑の種が出てきました。
20170405yadorigi09

粘りがあります。
石を持ちあげると、糸のようにねばねばが空中に伸びている様子がおわかりいただけるでしょうか。

においは感じられません。へんなにおいも甘いにおいもわかりませんでした。

緑の種は白い筋模様があります。
20170405yadorigi10

ヤドリギの種を地面に蒔いても成長しないようです。
あくまでも生きている樹木にくっついてそこから養分を得て育つのですね。

近所にはたくさんヤドリギがありました。
6分咲きの桜の木のヤドリギ。
20170405yadorigi04

見頃のしだれ桜越しのヤドリギ。
20170405yadorigi06

人生うん十年もヤドリギに気づかず生きてきたのが不思議です。
ある場所にはあるけれど、ない場所にはないから、たまたま目にすることがなかったのかしら。

2017年4月 3日 (月)

やった~。ヤドリギにヒレンジャク。

この季節の間に絶対逢いたかった鳥に逢えました~。
うれしいです。

その名はヒレンジャク。

今や私が一番好きな植物といってもいいヤドリギの実を食べにやってくるのです。

ヤドリギはケヤキやエノキに寄生する植物ですが、自分だけでは発芽できません。
ヒレンジャクなどの鳥たちに実(中にねばねば成分があるようです)を食べてもらって、
未消化の種を含んだねばねばの糞をしてもらいます。
そのねばねばによって木に付着することによってそこで発芽させる魂胆なのです。

ヒレンジャクは食べたくてヤドリギの実を食べる。
ヤドリギは食べてもらって、他の場所で発芽する機会を設ける。

WIN-WINの関係なんですね。

初見のヒレンジャク、シュッとした頭がかっこよかったでした~。
(以下、画像はクリックで拡大します)
170329hirenjaku01short_2
目元がきりり。
おなかの白からグレイッシュブラウンにいたるグラデーションも素敵。

まわりのヤドリギに丸い黄色の実がなっているのが見えます。

ちょっとアップ。
170329hirenjaku05short

お尻。
170329hirenjaku13short

170329hirenjaku14short
尾の先が赤いから「緋」レンジャク、黄色いとキレンジャクなのですね。

家に帰ってから画像を見て気づきました。

どろっとした糞をした様子が撮れていたのです。やった!!
時間を見ると1分以内のことなのですが、
このカットではまだ兆候なし。
170329hirenjaku04short

赤い←のところに白っぽいものが。
170329hirenjaku05shortfun

170329hirenjaku06shortfun

170329hirenjaku07shortfun

170329hirenjaku08shortfun

白っぽい糞の中に緑色の粒がいくつも見えますね。

ヤドリギの実、どんな味なんでしょうか。
170329hirenjaku49short

ヤドリギがたくさんあって圧巻
170329hirenjaku16short

ここからどんな風に丸くなるのか興味あります。
170329hirenjaku33short

低く張りだした幹に生えていたヤドリギ。
170329hirenjaku37short
高い枝のヤドリギと違って、間近でみられるチャンスだったのですが、
ヒレンジャク観察のためこれ以上ヤドリギに近寄るべからず、状態で近寄れず。

ヒレンジャクがいなくなった時期に近寄ってみようと思います。

ヒレンジャクは大勢のカメラマンが立ち並ぶところに混ざって撮りました。
同じ頃にいらした方と、息をひそめながら「見たかった鳥なんです」「うれしいですね~」と
感動を分かち合いながら。

ただ、過熱しているのが気になります。
公園の立ち入り禁止の場所に入るのなら注意をされて当然ですが、
誰もが通っていいところを歩いている人に、
<お願い>するならまだしも、
「そこを歩いちゃだめ。ヒレンジャクが来なくなるでしょ」と<注意>するのはいかがなものでしょうか。

鳥撮りマナーについて考えさせられました。

さて、この公園で出会ったほかのものは。
たくさんのギャラリーがヒレンジャクの出待ちをするなか、
アカハラが。
20170330akahara1short

20170330akahara2short

アトリもものおじせず。
20170330atori1

自分が影になっているところにいるから「隠れていて見えない」と思っているのかしら。
20170330atori2

ルリビタキにも会えました。
今シーズンの見納めかも。
20170330rurishort

大きな木の股に座っている少年たち。
自転車の置き方含め、フォトジェニックでした。
20170330park1short

猫も。リラックスしていたけど
201070330neko1

何かをみつけて
201070330neko2

ぴしっ!
201070330neko3

季節が変わったらまた訪ねたい場所です。

ヤドリギの実を割ってみました。詳細はこちら

2017年3月22日 (水)

スタジアムのある公園でユキヤナギや柳、猛禽やセッカも(その1)

風は強いけれど陽射しは春、の今日、スタジアムのある公園に寄り道。

初見の鳥にも会えてうれしい昼下がりとなりました♪
ウグイスのケキョを今年初めて聞いたのは3月20日なのですが
「ホーホケキョ」をこの春、初めてここで聞きました。

ユキヤナギの白って春にはじめておろした白いワンピースみたいに清楚。
(以下、画像はクリックで拡大します)
20170322syp1_yukiyanagi
風に揺れていました。

やや! くちばしがヘラみたいに見えます。
20170322syp2_kamo1

おそらくハシビロガモ!ちゃんと撮るの初めてかも~happy01
20170322syp3_kamo2

柳も風にゆらゆら。
20170322syp4_yanagi2short
もう芽吹きが進んでいるのですね。

カワウが羽を乾かしていました。
20170322syp5_kawau1short

こんな風に広がりながらちゃんとコンパクトに畳める。
20170322syp6_kawau2short
車のガルウイングみたい~。

後ろには甲羅干しの亀たちがいっぱいいました。

ゴルゴ13な雀。
20170322syp7_suzume1short

実は雀やアオジ。小さな鳥って意外にハードボイルドな表情をしています。
20170322syp8_suzume2short
身体が小さいけど「なめるな!」って感じでしょうか。

オオバンがいっぱい。ミレーの落穂拾い。
20170322syp10_ooban2

水上から音頭を取るオオバンがいたようで、
その一羽が鳴いたら、みんな、水に入っていきました。
20170322syp11_ooban3

いろんな鳥がいっぱい空を飛びました。

アオサギ。
20170322syp1220170322syp1320170322syp14













アオサギが2羽並びました。右側のアオサギを。
20170322syp19short
エックス脚なんですね。

手前に立った2羽は黒白。その後ろのくぼみはグレーのアオサギが。
20170322syp20short

ふわりと優雅に。脚が黒いからダイサギでしょうか。
20170322syp1520170322syp1620170322syp17












このあたりの人は、大きな鳥が羽を広げて頭上を舞ったり、窓の外に見えるのが
当たり前なんでしょうね。

その2に続きます。

2017年3月17日 (金)

くちばしの黄色いヒヨドリとヒイラギナンテン

鳥影を見て、ヒヨドリだとわかると、
「な~んだ。ヒヨちゃんか」と思ってしまうくらいどこにでもいるヒヨドリ。

鳥を撮りはじめた頃、「かわいい~。ヒヨドリっていうんだ!」と感激した日も遠く。

でも、間近でヒヨちゃんを見ると、撮りたくなる場面が結構あります。

3月15日。
仕事先の茂みでヒヨちゃん発見。(以下、画像はクリックで拡大します)
20170315hiyodori1short

あれ、くちばしが黄色い。新種?
と思いきや。

ヒイラギナンテンの花をついばんでいる時に花粉がついたのでしょうか。
20170315hiyodori2short
↑ えへっ って言っているよう。

まんまと花の策略にのってしまっているところがかわいいです。

蜜がおいしいのかな~。
20170315hiyodori3short

花びらくわえて。
20170315hiyodori6short

こんな風にポーズが決まっていても
20170315hiyodori7short

くちばしの根元(という言い方でいいのでしょうか)の毛までまっ黄色coldsweats01
20170315hiyodori7shortshort

朝はメジロもこのヒイラギナンテンをついばんでいました。
20170315mejiro_t

1月頃から椿、梅を好物としてきたメジロでしたが、これらの花が旬じゃなくなって、
きっと今はヒイラギナンテンが一番いいのでしょう。

ひいらぎみたいなツンツンした葉っぱ。黄色い小花。
20170315hiyodori8

私のエリアではこの花の開花と桃が連動。
桃源郷に行く目安にしています。
---------------------------------------
別の時期ですが、今まで撮ったヒヨドリの写真をいくつかアップいたします。

扇状の羽のシルエットが美しいです。
20161005hiyodori

遊歩道沿いのてすりに留まったヒヨドリ。距離わずか1メートルくらいでした。
真正面から見ると、鳥って小顔ですよね。
20170128hiyodori1

見返りヒヨ
20170128hiyodori2

茶色い頬紅を塗ったような模様がかわいいです。
20170201hiyodorishort

先日訪ねた桃源郷で。
頭がツンツン。ロッドスチュワートか石川五右衛門か。
20170307hiyodori_tougenkyo

以上、ヒヨドリ特集でした~。

2017年3月16日 (木)

ひろみさん作のかわいいきのこ。

ご夫妻で金工作家である関井一夫さんとひろみさん(宮崎浩美さん)。

昨秋に大宮のアルピーノさんのギャラリーでおこなわれた2人展で
lovelyとなった一つがひろみさんが手がけたキノコでした。

注文をお願いして12月に手に入れて、以来愛用させていただいています。

お披露目いたします。(以下、画像はクリックで拡大します)

「あれ、きのこがこんなところに」
20170315kinoko_hiromisan1
ハリネズミが集まってきました。

アップで。
20170315kinoko_hiromisan2
傘の裏のひだも再現されています~。

箸置きや小さなものをのせるのにぴったり。

今年のバレンタインデーの時、
おいしさに魅せられた神戸珈琲のコーヒービーンズチョコを乗せてみました。
20170315kinoko_hiromisan3

一円玉を乗せるとこのくらいのサイズ感です。
20170315kinoko_hiromisan4

キノコってフエルトなどで作っても可愛いのですがそれだとかわいすぎてしまいます。
金属(錫だと思います)だからこそ、カチッとした質感とモチーフの愛らしさ。
絶妙なバランスで小粋だな~lovelyと思います。





2017年3月15日 (水)

2017年桃源郷は開花が早いです。3月7日、12日

渋谷から電車で25分ぐらい。駅前からバスで12分ぐらい。で、出会える「隠れ里」のような眺め。
住宅街の一角に残された奇跡の空間。
地元の人は桃の咲く時期に「桃源郷」と呼ぶ場所があります。

私は毎年訪ねているのですが、今年は桃の開花が早くてびっくり。

「地元の桃の花が1つほころんだら一週間後が見頃」と見当つけているのですが、
その桃が3月6日に3分咲き。

そこで3月7日にどのくらい咲いているのかチェックしに行くと。やはり3~4分咲きぐらいでした。

【3月7日】

(以下画像はクリックで拡大します)
桃源郷の手前で。この黄色い花は去年教えてもらったトサミズキでしょうか。
20170307tougenkyou1

ローズマリーの紫色と菜の花の黄色。
20170307tougenkyou2

ミモザも咲いていました。
20170307tougenkyou3short

表側の桃。
20170307tougenkyou5

3分咲きぐらいでしょうか。
20170307tougenkyou6short

反対側の桃。
20170307tougenkyou7

赤みが濃いです。
20170307tougenkyou8short

桃源郷の様子。
20170307tougenkyou9short20170307tougenkyou10short


桃は色が濃いのと、花のボリュームがあるので3~4分咲きでもこのくらいの見応えがありました。
20170307tougenkyou11short

ムーミンに出てくるにょろにょろみたい。
20170307tougenkyou12short

【3月12日】

学生時代のサークル仲間と毎年計画している桃源郷ツアーも早めた方がいいかもと
12日に行ってきました。

ポニーも健在。
20170312tougenkyou1

表の桃。
20170312tougenkyou2

桃源郷の様子。
7日以降、あまり気温のあがらない日が続いたので7分咲きぐらいでしょうか。
20170312tougenkyou4short20170312tougenkyou5short










桃の色が濃く感じられました。
背景の木々も芽吹きも進んでいる気がします。
20170312tougenkyou6

同じ枝なのに濃い桃色と薄い桃色の花とが混在。
20170312tougenkyou7

モズのメスがいました。
20170312tougenkyou8

すももでしょうか。白がまぶしいです。
20170312tougenkyou9

桃の手前の畑の植物たちはこれからですね。
20170312tougenkyou10

黄色い花がちらほら見えます。
20170312tougenkyou11

以上桃源郷レポでした。

今週も寒い日が続いているので、18~20日も十分見頃だと思います!
これから行かれる方のご参考になりましたら。
-------------------------------------------------
それと、桃源郷の桃の開花と必ず連動しているなあと思うのが、
ヒイラギナンテンとたくあんみたいなにおいのする植物(ヒサカキ?)。

地元にあるこの2つが咲いてにおうと桃源郷の見頃になっています。
(あくまで私感)

2017年3月 5日 (日)

早咲きの桜とヒヨドリと

鳥に興味を持ち始めてからは、鳥の気配がしてハッとしてヒヨドリだと「なんだ、ヒヨドリか」とカメラを降ろします。

ありきたりすぎて、よほどじゃないと撮る気には。

でも先日、ヒヨドリたちに魅せられました。

セレブなイメージで人気の街に出かけました。昼下がり、30分時間が空きました。
駅前に緑豊かな公園はないのですが、車が通らない並木道のようなものがあります。

といってもぽつ、ぽつっと離れて木が植えられているのみ。
鳥は期待できないかな~と思って歩いていると。

誰も鳴いていないのですが、急に鳥の声が聞こえてきました。
見るとエナガたちです。

東から飛んできて何本かの木に留まり、そして3分もしないうちに西へ移動しました。
エナガたちは回遊しているといいますか、一箇所にとどまらず急にやってきて、すぐに飛び去るのに何度もでくわします。ですので、昼間だから鳥がいない、とあきらめていても10分ぐらいたたずんでいれば、回遊するエナガに会える可能性もあるのですね。

並木を歩いていくと、一本、桜が咲いていました。
(以下、画像はクリックで拡大します。日差しの向きのせいでしょうか。全体が暗くなってしまいました)
20170301hiyo1

花びらの色は白いのですが、その花の形、幹、あきらかに桜です。
20170301hiyo2

そしてヒヨドリがいっぱいこの桜に集まっていました。
20170301hiyo4short

普段みかけているヒヨドリより小さく感じます。桜の木の下に私がいるのにまったく逃げず。
おかげで近距離でその姿を見ることができました。
20170301hiyo5short
↑くちばしで花びらを噛んでいます。

頬の茶色もかわいい。目もくりくり。
20170301hiyo6short

20170301hiyo7short
シアワセそう。桜の花の蜜。おいしそう。

20170301hiyo8
↑鳥はくちばしを器用に扱うのですね。

20170301hiyo9short
↑きりりとしたポーズ。頭の毛が少しツンツンしています。

撮っていると、「春ですね~」と声をかけられました。
まさにマダムという言葉がぴったりの素敵なおばさまでした。

日本人ですが平たい顔属ではなく、女優のデードリッヒのような骨格。眼鏡のフレームも「無難」ではなくアート性を感じさせる赤レンガ色。

そのマダムが大島桜という名前であることを教えてくれました。

ソメイヨシノよりずいぶん早く開花する大島桜。
この桜が咲くと、毎年春が来たわ~と思うのだそうです。

昔テレビドラマで舞台になってから、多くの若いカップルがマイホームをこの街に、と憧れた場所です。
きっとこのマダムも若かりし頃にこの街でマイホームを持ち、ずっと妻をやりつづけてこられたのかしら。と思いました。

マダムはもう少し先にあるもう一本の早咲きの桜を教えてくださいましたが、そちらにはうかがう時間がありませんでした。

ヒヨドリのおかげで大島桜とマダムとの出会いをいただいた昼下がりでした♪



2017年2月 7日 (火)

春のきざしの新宿御苑。オシドリ、ルリビタキ、福寿草

先日、新宿に行ったついでに新宿御苑に立ち寄りました。

オシドリがいると聞いていた池では。
奥にこもったまま。
20170202gyoen_oshidori1

人間でも小さな穴倉みたいなところって落ち着きますよね。
守られているようで、居心地いいんだろうな~って
想像するとこちらまで気持ちよくなるのですが、
ギャラリーとしてはもっと手前に出てきてほしいところです。

一列に並んだ~。
20170202gyoen_oshidori2short

都会のどまんなかにオシドリがこんなにたくさん生息していることにびっくりしました。
-----------------------------------------
裏道。誰もいないところで、綺麗な鳴き声が。

暗いけれどこれはルリビタキでしょうか。
20170202gyoen2

20170202gyoenn1

ゴルゴ13なアオジもいました。
20170202aoji1short_2

えさを探して食べる姿がいちいちハードボイルドでした!
20170202aoji2short

20170202aoji3short

舌が見えます。
20170202aoji4short

2羽。不鮮明ですが、首元の模様が異なります。
頭も右側の方がグレー味が強いです。
20170202aoji5

梅の花の蜜を吸うメジロはカメラマンに囲まれたモデル撮影会状態。
Img_5954short

Img_5955short

飛び立つ瞬間ですが、羽と足がだら~ん。
Img_5956short

こちらは別の場所で。
目の前の植え込みにいたメジロ。
逃げもせず、おかげでアップで見られました。
20170202mejiro1short

葉の緑、実の白。メジロの羽の黄緑。おなかの白。
同系グリーンでコーディネートを狙ったかのようなメジロちゃん。
20170202mejiro3short

梅のメジロのようなギャラリーはまったくいなかったのですが、
私は梅ピンク×メジロよりも好きかも。
20170202mejiro4short

母と子の森では不思議な植物が。
20170202rakuusyou1short

大きな木の周辺ににょきにょき。
20170202rakuusyou2short
ガウディのサクラダファミリアのよう!

これはラクウショウ(落羽松)の気根と呼ばれるもので、根から伸びているそうです。
酸素を取り入れる働きがあるのだとか。

円空の木仏に見えるものやシュールは現代アートのようなものも。
20170202rakuusyou3short

福寿草の黄色は春のよろこび。
Img_5943short

白い水仙と並んで咲く様子も美しかったです。
Img_5961short

花も鳥も青空も楽しめる新宿御苑を満喫できました~。













2017年1月 8日 (日)

ヤドリギと中学時代の教科書

2016年12月8日にご紹介したヤドリギ。

最初に知ったのは英語の教科書だったわ~と実家で探して発見しました。

中学2年の教科書でした。
20170103yadorigi6

20170103yadorigi1

Where shall I put the mistletoe, Tom?
How about putting it between the living room and the kitchen?


ヤドリギをどこに飾る?
居間とキッチンの間は? のくだりのあと、

20170103yadorigi2

And she was kissed by you when she stood under the mistletoe.

ナオミがヤドリギの下に立ってしまったため、キスをされたことが書かれています。
(今だったらセクハラになりそう)

欄外のmistletoeの下に拙い字で「やどり木」と書いていました。
(こんな単語覚えてもいないけど)。
20170103yadorigi3

衝撃だったのはヤドリギと紹介されている植物の画像が全然違うこと。
20170103yadorigi5

この教科書はハロウィンも登場します。
20170103yadorigi7

20170103yadorigi8

まだ日本にハロウィンが浸透する前です。

さて、この教科書で印象に残っていた一つがMUJINA(ムジナ)。
日本のムジナを英訳した章です。
20170103yadorigi9

<教科書に書かれた顔は落書きされる>常ですが、
子供たちの心理を察したボーナスカットのよう。

のっぺらぼうの挿絵がありました。

おそらくクラスのみんなが思い思いの顔を落書きしたことでしょう。

私は↑のように目と口を描いていました。

欧米の文化の普及に英語の教科書が一役買っていたのかもしれませんね。
ハロウィンは今日本に大普及。
ヤドリギの下のキス(まだ日本には浸透しておらず)も、
当時の子供たちの潜在意識に働きかけていたわけですから、
いつか普及する時がくるのかも。


より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。