2017年5月27日 (土)

 ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記(その16)2号3号4号

去年、杉ちゃんたちを盆栽仕立てにしたらどうだろうと思いつきトライ。

習ったこともなく見よう見まね。
しかも本当は素鉢(通気性がいい)である程度根付かせてから
化粧鉢に植え替えるのがベストと思いながら
いきなり素敵な鉢に植えてしまいました。

試行錯誤で失敗したら次へのデータにすればいい、の気持ちで始めました。

無事1年以上育った
杉ちゃん1号の様子はこちら
大鉢で一番順調に育っているオオチャンの様子はこちら

今日は杉ちゃん2号、3号、4号の様子をご紹介します。
いずれも枯れてしまって今はいません。

【3号】

発芽から植え替えまではこちらをご覧ください。

2016年5月24日 辛子色の鉢に盆栽仕立てにしてみました。
Ceder_y20160524short

2016年7月12日 発芽からほぼ4ケ月ほど経過。
Ceder_y20160712short
すくすく育ちましたが、その後は枯れてしまいました。


【2号と4号】


2号の発芽から植え替えまではこちらをご覧ください。

4号の発芽から植え替えまではこちらをご覧ください。

2016年7月12日
キューブ状の一角を斜めにカットしたような野趣あふれる鉢に
2号と4号を植えました。
Ceder20160712short
真山茜さんの作品だったと思います。
2号と4号を植えてみたのですが、時期が遅かったのか
うまく根付けられませんでした。

2017年5月26日 (金)

ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記(その15)オオチャンは一番順調に成長

ヒマラヤ杉のバラぼっくりを拾っているエリアがあります。
2014~15年の冬~早春はヒマラヤ杉の発芽確認ができたのが2つだけ。

ところが、2015~16年の冬~早春はベビーラッシュでした。

そこかしこに、種がいっぱい。発芽しているのもいっぱい。
それでいくつかの種を持って帰って、ベランダのコンテナに植えました。

12粒ほど発芽して、1年以上経った今も無事成長しているのは2つ。

たった2つではありますが、2つも生き延びていることに感動です!

その一つは杉ちゃん一号(詳細はこちら)。

もう一つはこの記事でご紹介する杉ちゃん。

私がベランダで発芽させたものを大鉢に植え直したのか、
それとも最初からこの大鉢に植えて育ったものなのかよく覚えていないのです。
(そのころの画像データが一部消えてしまった&きちんとメモを取っておかなかったため)
なので通算何号と言えず、便宜中、「大鉢育ちのオオチャン」と呼びます。

2016年5月19日

画像データの不調もあり、オオチャンの最初の写真です。
(以下、画像はクリックで拡大します)

2016年7月6日
20160706sugi_u_short
ぐんと伸びています。

2016年8月13日
20160813_1sugi_u_short
さらに伸びています。

オオチャンのまわりはこんな環境です。
20160813_2sugi_u
ソテツ?があるので比較的日陰。風通しのいい場所です。
何気なくオオチャンの左にも育っている緑がいます。

2016年9月21日
20160921sugi_u_short
一か月ちょっとでいろんな草がモリモリはえています。

2016年11月16日
20161116sugi_u_short
根元が茶色っぽくなっています。枯れてしまうのか。

2017年1月1日
20170101sugi_u_short
隣の緑もぐんぐん成長。二人とも20センチぐらいの背丈でしょうか。
ベランダの杉ちゃん1号より背が高いです。

2017年3月20日
20170320sugi_u_short
オオチャンも隣の植物も背丈が伸びたようには感じませんが
枯れてはおらず育っているように感じます。

2017年5月4日
20170504_1sugi_ushort
元気です。


20170504_sugi_u_short
茶色いけれど枯れているわけではなさそう。
まだ「茎」と呼ぶのがぴったりの細さ。
これがゆくゆく直径1メートル以上の「幹」になるというのが不思議。

20170504__sugi_u_moji1234567short
7か所に細かい小さな葉の密集がありました。

20170504_4sugi_u_short
根元に近い順に番号を振ってみました。

20170504_5sugi_u_short

20170504_5sugi_u_short3up
③のアップ。枝になっていこうとしているようにみえます。

20170504_1112_5sugi_u_short4
こんな風に新たに葉が増えているのがうれしいです。

20170504_1112_5sugi_u_short56

1年前の冬~春、私のよくいく場所のヒマラヤ杉林がベビーラッシュだったわけですが、
現地でも生き延びているのはごくわずかになっています。

しかもあまり身長も伸びていません。

この2015~2016年の冬生まれで一番の健康優良児がこのオオチャンといえるかもしれません。

ヒマラヤ杉の発芽2年め、3年め・・・という記録をみつけることができず
この先どのくらい育つのか未知数ですが観察を続けます。

2017年5月25日 (木)

ヒマラヤ杉の杉ちゃん成長観察日記(その14)杉ちゃん1号盆栽1周年

ヒマラヤ杉の種を拾って植えたら、うれしいことに発芽してぐんぐん成長。
盆栽仕立てにしたのが去年の5月のことでした。

その後20センチほどの背丈に成長するもしばらく変化がなく、
下の方は茶色くなってしまい・・・。

枯れてしまったのだと思っていたのです。

でも4月頃にふと見ると、あきらかに小さな葉が増えています。

まだ生きているんだとうれしくなりました。

発芽(2016年3月)、盆栽仕立て(2016年5月)から1年ちょっと経った杉ちゃん1号の経過をご紹介します。
(以下画像はクリックで拡大します。大きなサイズのままアップしたものも。
 はみでる場合は新しいリンクで開くを)

2016年3月22日
Sugi01_2016_0324
右側が杉ちゃん1号。画像保存に失敗したため発芽の画像はなし。

2016年3月30日
Sugi01_2016_0330up
伸びた葉が種の帽子をどんどん押し上げています。

2016年3月31日
Sugi01_2016_0331upshort
パカーン。帽子が取れました。

2016年4月3日
Sugi02_2016_0406short
パカーンした2号(左)と1号(右)

2016年5月8日
Sugi01_20160518ne
盆栽仕立てにするために抜いたところです。
地上部(10㎝ほど)より根の方が長いですね。

2016年5月8日(同日)
2016_0508bonsaishort800

2016年7月12日
20160712short
ぐんぐん育っています。

2016年9月28日
20160817_0928short
身長はあまり変わらないのですが脇芽?のようなものが。

2017年5月16日。盆栽仕立てにしてほぼ1年。
20170516_3short
下の方が随分茶色くなっていますし、先端もこの半年ぐらい伸びていなかったのですが、
2か所、新しく葉が増えている場所が見えます。

先端部分と
20170516_10short

中央部分
20170516_9short

枯れてしまったと思っていたのでうれしいです。
1年前、友達に誘ってもらって盆栽美術館に行って、盆栽仕立てにすることを思いつき、
見よう見まねで始めたわけですが、まずは1年無事に成長してくれたことに感慨ひとしお。

これからも観察は続けます。



























2017年5月24日 (水)

銀座シックスに行きました。屋上からの眺めを。

GWのことになるのですが今旬の銀座シックスに行きました。
正確には銀座6の向かいにあるロシア料理のロゴスキーさんに出かけたため、
ちょっとだけ立ち寄ってみたのでした。

混んでいますね~。
エスカレーターから見上げる草間彌生の水玉プカプカ。
20170504ginza6_2short

ズームしたら女性が描かれていました。
20170504ginza6_1short

エレベーター脇の壁。鳥のデザイン。オリエンタルで素敵。
20170504ginza6_3short

人気のスポットに来ながら店舗を素通りして屋上へ。

植えられている木々越しの月。
20170504ginza6_4short

銀座のビルの上とは思えないかも。

スカイツリーも見えます。
20170504ginza6_5

ビルとビルの間には東京湾と船も。
20170504ginza6_6

東京タワーも。
20170504ginza6_7

植栽では「エゴノキ」発見。うれしい!
20170504ginza6_8

なぜならかわいいヤマガラ
↓この写真は別の公園で撮ったものです。
20170212yamagara1short

の好物がエゴの実だからです。

すでに実がなっていました。
20170504ginza6_9

ヤマガラちゃんが銀座の屋上のエゴノキの存在を知ってやってきてくれたらうれしいわあ。

エゴノキ越しの月。
20170504ginza6_10short

銀座シックスの看板と月。
170504_1904s_79th_64_65ashort

この5月4日の月の詳細はこちら

2017年5月14日 (日)

青葉農園はバラが満開

青葉農園はバラが満開でした。

魅惑的なバラばかり。
(以下、画像はクリックで拡大します)

【今回特に惹かれたのは】
左)ボスコベル。香り高かったです。
中左)と中)ピンクサクリーナ。ソメイヨシノの色合いそのもの。
  ハート型のはなびらもかわいいです。
中右)と右)エンジェルハート。ハート型の花びらの重なり。紙の工作でつくったお花みたい。
  下にいっぱいハート型が散る様子もかわいいです。
20170514_1aoba2boscobel20170514_2aoba9_3pink_sakurina20170514_3aoba9_4pink_sakurina20170514_4aoba25angel_heart20170514_5aoba25_3angel_heart






【色合いが好き!】
左)テラコッタ。画像よりももう少しレンガ色がかっています。
  花びらのマットな質感も好き。
中左)茶々。下の方の花びらは少しくすんだパープル。
   上の方の花びらはくすんだオレンジが魅力的。
中)くすんだイエローと端正な形に惹かれたバタースコッチ。
中右)ベルエポック。花びらの外側は濃いコーラルオレンジ。
   内側は淡いオレンジ。つぼみのたたずまいにうっとり。
右)アイズ・フォー・ユー。中央部、朝顔のような紫色のグラデーションが涼しげ。
20170514_6aoba15terracotta20170514_7aoba16chacha20170514_8aoba17butterscotch20170514_9aoba19belle_epoque20170514_10aoba20eyws_for_you




【可憐】
左)一番好きなバラといっても過言のないピエール・ド・ロンサール。
中左)清楚な色とシンプルかつふっくらなフォルムが大好き。アンドレ・ルノートル。
中)マーブル模様のアルフレッド・シスレー。少しマットなコーラルピンクが綺麗でした。
中右と右)ビエ・デゥー。薄いピンク色の混ざり具合が、バニラアイスクリームに
  ストロベリーアイスクリームを混ぜたようでとても愛らしかったです。
20170514_11aoba26pierre_de_ronsard20170514_12aoba27andre_le_notre20170514_13aoba18_2alfred_sisley20170514_14aoba24_3billet_doux20170514_15aoba24billet_doux






左)プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコは大きな花なのに
  茎がすくっと立っているのが印象的でした。
右)とてもゴージャスな花びらの重なり。ふちのフリルもドレスのよう。
20170514_16aoba14_2princess_charlen20170514_17aoba14_4princess_charlen








このほかにもいろんなバラに魅せられました。
左)グラハム・トーマス。
中左)ウィンダミア。
中)ザビエル・デ・フライシネッテ。
中右)ウイリアム&キャサリン。
右)レッチフィールド・エンジェルだったかしら。
20170514_18aoba1graham_thomas20170514_19aoba3windermere20170514_20aoba4xevier_de_frayssine20170514_21aoba5william_catherine20170514_22aoba6lichfield_angel






左)ザ・レディーズ・ブラッシュ。
中左)チャールズ・ダーウィン。
中)クラウン・プリンセス・マルガリータ。
中右)ザ・シェパーデス。
右)プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。
  花びらがくすだまみたいにひろがってゴージャス。
20170514_23aoba7the_ladys_blush20170514_24aoba8charles_darwin20170514_25aoba10crown_princess_mar20170514_26aoba11the_shepherdess20170514_27aoba12princess_alexandra







色と香り。お花の女王の気品と可憐さオーラをたっぷり浴びました♥





2017年5月 5日 (金)

深い色合いのカーネーションにうっとり

原色のぱきっとした色合いの花よりも
こっくりした、深みのある色合いの花が好きです。

与野駅(埼玉)近くのお花屋さん、温花庭(はるかてい)さん。
オーナーの女性のセンスが素晴らしくて、けっして、大きな店舗ではないのですが、こっくりした色合いのお花にたくさん出会えます。

私が黒法師を買ったのもこちら。

素敵な色合いのカーネーションに一目ぼれして買いました♥
名前も教えていただきました。
20170505carnation1
↑プリメロマンゴ(左下)
  バラのピエールドロンサールを想わせるやわらかな色合いです。

 ノビオバーガンディ―(左上)
 濃い赤ですがどぎつくなく、シックな色合いです。

 バイパーワイン(右)
 桃の花のようなピンク色に見えますが、少しくすんでレンガ色がかっているような感じで
 とってもいい色です。
 

20170505carnation2short
クレヨンでは描けないような、アンティークカラーのバラや牡丹、しゃくやくのような風情。

20170505carnation3short
美しくてうっとり。

母もよろこんでくれました。

2017年4月13日 (木)

桜の開花と銀杏の芽吹き。万物の春を眺める月

昨日4月12日はガガーリンが人類初の有人宇宙飛行をおこなってから56年目の日でした。
水曜日だったことがちょっとうれしかったです。
というのはガガーリンの偉業があった1961年4月12日も水曜日だったからです。
ガガーリンの手記に「4月12日 水曜日」という章があるので印象に残っていました。

さて、月ウォッチングの本題です。
このところ、雲が多かったり、にわか雨が降ったりの天候続き。
快晴の日は少ないけれど、月と満開の桜を狙ってみました。

遠い月と近くの花。両方にピントを合わせることはできないので、どちらかはぼわっとしますが、
モノトーンのような世界になりました。(以下画像はクリックで拡大します)

4月10日の満月前日の月です。
170410_2118se_134th_99_43ashort

銀杏並木の上の月。
170410_2119e_134th_99_43ashort
梢の先に芽が。

満開の桜と月。
170410_2121_2se_134th_99_43ashortsh

月の左下には木星が。桜の木越しに。
170410_2121_3se_134th_99_43ashort

桜にピント合わせて
170410_2122_1se_134th_99_43ashort

月にピントを合わせて。満月前夜。満月には1%足りない月です。
170410_2122_2se_134th_99_43ashort

光合成を助ける太陽ほど、月は植物に影響はないのかもしれません。
でも、月も万物の春の訪れを眺め、植物たちも清らかな光を浴びながら、月を眺めているのですね

2017年4月 6日 (木)

ヤドリギの実はぷよぷよでした

先日、ヤドリギの実を食べにきたヒレンジャクに会えました。(詳細はこちら
そして、ねばねばした糞をする様子も撮ることができました。
(以下、画像はクリックで拡大します)
170329hirenjaku08shortfun
赤い←のところに白いどろ~。その中に緑の粒が見えます。

ヒレンジャクにもう一度会いたくなりヤドリギのある場所を訪ねてみました。

といっても、前回の場所をはずして、誰もいなそうな場所探し。

あそこは穴場かもと、立派なヤドリギがあるのがわかっていた場所を訪ねてみると。

たくさんのヤドリギがありました。大木にいくつも緑のポンポンが。圧巻です。
20170405yadorigi01

誰もいません。ヒレンジャクもいません。

でも、ぷつぷつと黄色い実はなっていました。
20170405yadorigi02short

そして地面に落ちていました。

少し透き通った黄色い粒。大きさはイクラの粒ぐらい。
20170405yadorigi07

石でエイエイ。

簡単に皮がやぶけ、中身が出てきました。
20170405yadorigi08

半透明の白いぷよぷよ、まるでライチのような質感です。
土混じりになったので、もう一個の粒をご覧いただきましょう。
20170405yadorigi08_2

この白いぷよぷよをさらに、石でエイエイ。

緑の種が出てきました。
20170405yadorigi09

粘りがあります。
石を持ちあげると、糸のようにねばねばが空中に伸びている様子がおわかりいただけるでしょうか。

においは感じられません。へんなにおいも甘いにおいもわかりませんでした。

緑の種は白い筋模様があります。
20170405yadorigi10

ヤドリギの種を地面に蒔いても成長しないようです。
あくまでも生きている樹木にくっついてそこから養分を得て育つのですね。

近所にはたくさんヤドリギがありました。
6分咲きの桜の木のヤドリギ。
20170405yadorigi04

見頃のしだれ桜越しのヤドリギ。
20170405yadorigi06

人生うん十年もヤドリギに気づかず生きてきたのが不思議です。
ある場所にはあるけれど、ない場所にはないから、たまたま目にすることがなかったのかしら。

2017年4月 3日 (月)

やった~。ヤドリギにヒレンジャク。

この季節の間に絶対逢いたかった鳥に逢えました~。
うれしいです。

その名はヒレンジャク。

今や私が一番好きな植物といってもいいヤドリギの実を食べにやってくるのです。

ヤドリギはケヤキやエノキに寄生する植物ですが、自分だけでは発芽できません。
ヒレンジャクなどの鳥たちに実(中にねばねば成分があるようです)を食べてもらって、
未消化の種を含んだねばねばの糞をしてもらいます。
そのねばねばによって木に付着することによってそこで発芽させる魂胆なのです。

ヒレンジャクは食べたくてヤドリギの実を食べる。
ヤドリギは食べてもらって、他の場所で発芽する機会を設ける。

WIN-WINの関係なんですね。

初見のヒレンジャク、シュッとした頭がかっこよかったでした~。
(以下、画像はクリックで拡大します)
170329hirenjaku01short_2
目元がきりり。
おなかの白からグレイッシュブラウンにいたるグラデーションも素敵。

まわりのヤドリギに丸い黄色の実がなっているのが見えます。

ちょっとアップ。
170329hirenjaku05short

お尻。
170329hirenjaku13short

170329hirenjaku14short
尾の先が赤いから「緋」レンジャク、黄色いとキレンジャクなのですね。

家に帰ってから画像を見て気づきました。

どろっとした糞をした様子が撮れていたのです。やった!!
時間を見ると1分以内のことなのですが、
このカットではまだ兆候なし。
170329hirenjaku04short

赤い←のところに白っぽいものが。
170329hirenjaku05shortfun

170329hirenjaku06shortfun

170329hirenjaku07shortfun

170329hirenjaku08shortfun

白っぽい糞の中に緑色の粒がいくつも見えますね。

ヤドリギの実、どんな味なんでしょうか。
170329hirenjaku49short

ヤドリギがたくさんあって圧巻
170329hirenjaku16short

ここからどんな風に丸くなるのか興味あります。
170329hirenjaku33short

低く張りだした幹に生えていたヤドリギ。
170329hirenjaku37short
高い枝のヤドリギと違って、間近でみられるチャンスだったのですが、
ヒレンジャク観察のためこれ以上ヤドリギに近寄るべからず、状態で近寄れず。

ヒレンジャクがいなくなった時期に近寄ってみようと思います。

ヒレンジャクは大勢のカメラマンが立ち並ぶところに混ざって撮りました。
同じ頃にいらした方と、息をひそめながら「見たかった鳥なんです」「うれしいですね~」と
感動を分かち合いながら。

ただ、過熱しているのが気になります。
公園の立ち入り禁止の場所に入るのなら注意をされて当然ですが、
誰もが通っていいところを歩いている人に、
<お願い>するならまだしも、
「そこを歩いちゃだめ。ヒレンジャクが来なくなるでしょ」と<注意>するのはいかがなものでしょうか。

鳥撮りマナーについて考えさせられました。

さて、この公園で出会ったほかのものは。
たくさんのギャラリーがヒレンジャクの出待ちをするなか、
アカハラが。
20170330akahara1short

20170330akahara2short

アトリもものおじせず。
20170330atori1

自分が影になっているところにいるから「隠れていて見えない」と思っているのかしら。
20170330atori2

ルリビタキにも会えました。
今シーズンの見納めかも。
20170330rurishort

大きな木の股に座っている少年たち。
自転車の置き方含め、フォトジェニックでした。
20170330park1short

猫も。リラックスしていたけど
201070330neko1

何かをみつけて
201070330neko2

ぴしっ!
201070330neko3

季節が変わったらまた訪ねたい場所です。

ヤドリギの実を割ってみました。詳細はこちら

2017年3月22日 (水)

スタジアムのある公園でユキヤナギや柳、猛禽やセッカも(その1)

風は強いけれど陽射しは春、の今日、スタジアムのある公園に寄り道。

初見の鳥にも会えてうれしい昼下がりとなりました♪
ウグイスのケキョを今年初めて聞いたのは3月20日なのですが
「ホーホケキョ」をこの春、初めてここで聞きました。

ユキヤナギの白って春にはじめておろした白いワンピースみたいに清楚。
(以下、画像はクリックで拡大します)
20170322syp1_yukiyanagi
風に揺れていました。

やや! くちばしがヘラみたいに見えます。
20170322syp2_kamo1

おそらくハシビロガモ!ちゃんと撮るの初めてかも~happy01
20170322syp3_kamo2

柳も風にゆらゆら。
20170322syp4_yanagi2short
もう芽吹きが進んでいるのですね。

カワウが羽を乾かしていました。
20170322syp5_kawau1short

こんな風に広がりながらちゃんとコンパクトに畳める。
20170322syp6_kawau2short
車のガルウイングみたい~。

後ろには甲羅干しの亀たちがいっぱいいました。

ゴルゴ13な雀。
20170322syp7_suzume1short

実は雀やアオジ。小さな鳥って意外にハードボイルドな表情をしています。
20170322syp8_suzume2short
身体が小さいけど「なめるな!」って感じでしょうか。

オオバンがいっぱい。ミレーの落穂拾い。
20170322syp10_ooban2

水上から音頭を取るオオバンがいたようで、
その一羽が鳴いたら、みんな、水に入っていきました。
20170322syp11_ooban3

いろんな鳥がいっぱい空を飛びました。

アオサギ。
20170322syp1220170322syp1320170322syp14













アオサギが2羽並びました。右側のアオサギを。
20170322syp19short
エックス脚なんですね。

手前に立った2羽は黒白。その後ろのくぼみはグレーのアオサギが。
20170322syp20short

ふわりと優雅に。脚が黒いからダイサギでしょうか。
20170322syp1520170322syp1620170322syp17












このあたりの人は、大きな鳥が羽を広げて頭上を舞ったり、窓の外に見えるのが
当たり前なんでしょうね。

その2に続きます。

より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。