2019年1月 6日 (日)

月の備忘録 2019年1月6日~2月4日

月の備忘録。
「綺麗だな~」と心に残る月に出会った時、
お訪ねいただけるとうれしいです。
あなたが心に残ったのと同じ月が下にあるかもしれません。
別の空、同じ時間、同じ形の月が。

いろんな形の月をご覧になりたい、
最近天候不良で月シックになっているわという時にも
ぜひぜひ。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
----------------------------------------------------
1月6日(新月・部分日食)
私はぶ厚い雲に覆われた曇り空の下にいて、部分日食をまったく見られませんでした(>_<)
撮ろうと準備もしていたのですが。
八王子で甥っ子が撮った写真をアップします。
1546763671898
↑甥の撮影。当たり前だけど月って丸いんですね~。


丸いゴーフルをパリッとかじったように、欠けたのですね。

日食を見ると、子供の頃を思い出します。投影機のスクリーンに自分の影が映るのが楽しくて、
ピースしたり、手でキツネつくったりしてスクリーンに影絵を映したことありませんか。
そんなお調子者の同級生いませんでした?

新月はいつも太陽の近くにいて、まったく地球人に姿を見てもらえないから、
日食のときは、「いえ~いscissors」って自分の存在を見てもらえて喜んでいる気がします。

1月9日(四日月)
左)14:28頃の南の空に細い四日月。
私が今クール初めてみる月です。
すごく細くてみつけるのが大変。
でも、方角の検討をつけて目を凝らせばなんとか発見!の楽しさが。
月齢3.2、輝面率9%。
中左)18:27頃の西南西の空低く。
中央やや右に危難の海の楕円形が見えています。
月齢3.3、輝面率9%。
中)18:33頃の西南西の空。地球照も見えています。
月のすぐ右下、肉眼では気づかなかったのですがピカリと星が。
やぎ座の3等星、デネブアルゲディかしら。
中右)地球照の影の部分の模様がよくわかる似た角度の月を
過去からピックアップ。
右)19:13頃の西南西の林の向こうに月が沈んでいきました。
190109_1428s_32th_9_38a190109_1827wsw_33th_9_11a3190109_1833wsw_33th_9_10a_1711050_0411w_16th_99_29ashort190109_1913wsw_34th_9_35a






1月10日(五日月)
左)雲が晴れて16:27頃の南南西の空に月が見えました(右上)
中左)少しアップで。
中)アップで。月齢4.2、輝面率15%。
中右)17:05頃の南西(やや南寄り)の暮れかけた空の月。
右)アップで。月齢4.3、輝面率15%
190110_1627ssw_42th_15_37ashort190110_1627ssw_42th_15_37ashortshor190110_1628ssw_42th_15_37a190110_1705sws_43th_15_33a190110_1706sws_43th_15_33a






左)17:26頃の南西の空の月。
9日には欠け際だった危難の海が完全に照らされた面にいます。
中左)17:27頃。欠け際の左端、月が途切れたように見えます。
中)18:04頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢4.3、輝面率15%。地球照も。
中右)画像を明るく編集しました。
9日にご紹介した満月の模様と角度がほぼ一致していることがわかります。
右)19:09頃の西南西の空の月。
月齢4.4、輝面率16%。ニカッと笑った口のようですね。
190110_1726sw_43th_15_30ashort_190110_1747sw_43th_15_28a190110_1804sww_43th_15_25a190110_1804sww_43th_15_25agimp190110_1909wsw_44th_16_14a






1月11日(六日月)
左)13:36頃の南東(やや南寄り)の空の月。
月齢5.1、輝面率22%。私たちが想像する三日月はこのくらいの太さ。
でも六日月です。
右I)16:05頃の南(やや西寄り)の空の月。
月齢5.2、輝面率22%。
190111_1336ses_51th_22_37a190111_1605sw_52th_22_45a






1月13日(月面Xと月面Vと火星)
左)14:07頃の南東(やや東寄り)の青空の月。
月齢7.2、輝面率40%。月の海が青くはっきり見えます。
中左)17:30頃の南(やや西寄り)の空。
月齢7.3、輝面率41%。
中)18:04頃の南南西の空。右上には火星が。
中右)火星は↓のところにいます。
右)19:19頃の南西の空。月がだいぶ傾きました。
月齢7.4、輝面率41%。
190113_1407see_72th_40_36a190113_1730sw_73th_41_54a190113_1804ssw_73th_41_52a_190113_1804ssw_73th_41_52a__2190113_1919sw_74th_41_44a






左)22:22頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢7.5、輝面率42%。欠け際に見えるのはもしや。
中)アップで。
月面エックスと月面ヴイ(月面Xと月面V)でした!
上弦前日、輝面率も半月より8%少ないですが秤動の関係で
今晩の月でXが欠け際になったのですね。
右)XとVを赤で記してみました。
190113_2222ws_75th_42_107a190113_2223ws_75th_42_107axv190113_2223ws_75th_42_107a_x_v






1月14~15日(14日15:45が上弦)
左)13:05頃の東(やや南寄り)の空低く。
月齢8.1、輝面率49%の月が昇ってきました。
中左)14:35頃の東南東の空の月。
月齢8.2、輝面率は50%に。月の海がはっきり見えるようになりました。
中右)16時過ぎ。大好きな、崖面の桜の木と月(右上)。
右)アップで。月齢8.2、輝面率50%。ちょうどすっぱり半月。
190114_1305es_81th_49_19a190114_1435ese_82th_50_36a190114_1603se_82th_50_51ashort190114_1603_2se_82th_50_51a







左)22:28頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢8.5、輝面率は2%増量で52%に。
一日前の月面エックスがどう見えているか比較してみましょう。
中左)こちらが13日の、欠け際に見えている月面エックス。
中)目印になるクレーターに色を、月面エックスに水色で矢印を入れてみました。
中右14日の22:28頃の月に、同じようなな印を入れてみました。
×のところが確かに×の形の尾根のようになっていて、
太陽光に照らされれば×が浮かび上がるだろうと想像できますね。
右)23:15頃の西(やや南寄り)の空低く、
月齢8.5、輝面率53%の月。
190114_2228ws_85th_52_20agetsumenx190113_2223ws_75th_42_107axv190113_2223ws_75th_42_107axvmoji190114_2228ws_85th_52_20agetsumenx_190114_2315w_85th_53_11a






1月16~17日
左)16日17:26頃の南東(やや東寄り)の空の高いところ、
雲間に現れた月。
中)アップで。月齢10.3、輝面率71%。
右)17日00:08頃の西の空の月。
流れる雲の中、少し模様が見えた瞬間を。
月齢10.6、輝面率73%。
190116_1727see_103th_71_56a190116_1726see_103th_71_56a190117_0008w_106th_73_24a






1月17~18日
左)15:29頃の月。
東の空の月ですが地平線上ではなくてすでに高度は26度あります。
月齢11.2、輝面率80%。
中左)17:00頃の東(やや南寄り)の空の月。
中右)アップで。(そのため空が暗く写っています)。
月齢11.3、輝面率80%。
右)20:03頃の南(やや東寄り)の空の月。
月齢11.4、輝面率81%。
レモンの形より少しだけほっそり。
190117_1529e_112th_80_26a190117_1700es_113th_80_44a190117_1701es_113th_80_44ashort190117_2003se_114th_81_71a






1月18~19日
左)18日16:03頃の東(やや北寄り)の空に昇った月。
大好きな桜の木と。月は右下の枝のすぐ下に。
中左)枝と月を少しズーム。
中)アップで。月齢12.2、輝面率88%。
中右)21:19頃の南の空高くの月。
月齢12.5、輝面率90%、高度74度。
真上に感じるほど高いところに輝く月です。
右)22:17頃の南西の空の月。
月齢12.5、輝面率90%。
190118_1603_1en_122th_88_23ashort190118_1603_2en_122th_88_23ashort__190118_1603_3en_122th_88_23a190118_2119s_125th_90_74a190118_2217sw_125th_90_69a








左)19日01:24頃の西の空の月。
月齢12.6、輝面率90%。西の空なのに高度は34度もあります。
月の左側にはオリオン座のおなじみの星の形が。
右)オリオン座の星はうまく写せなかったので
ステラナビゲーターで再現したものを。
190119_0124w_126th_90_34a0124






1月19~20日
左)19日16:36頃の東(やや北寄り)の空の月と桜の木。
右)20日01:28頃の西の空の月。
西の空なのに地平線上ではなく高度は46度あります。
月齢13.6、輝面率96%。
冬の星座の華やかな中で輝く月です。
190119_1636en_133th_95_19ashort190120_0128w_136th_96_46a








----------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2019年1月 3日 (木)

あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。

2019年も早1月3日。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Img_9821short
↑少し前に撮った、顔に見える枝


お天気に恵まれ、新年早々、夜明け~朝の月の美しい眺めを愉しめました。

1月1日の朝。
190101_0829sw_247th_24_42ashort

1月2日の朝。金星もピカリ
190102_0515se_255th_16_22ashort

自然は時には驚異となって私たちの生活を襲いますが、
2019年ができる限り平穏に、
そして自然がもたらす美しい眺めをたくさん愉しめる一年になりますように。

2018年12月 9日 (日)

月の備忘録 2018年12月7日~2019年1月5日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
12月13日
晴れの日が少なく、今クール最初に見た月は13日の旧暦7日月。
左)月ではないのですが、夕方の空がグレーとオレンジの2色のコントラストで綺麗でした。
中左)17:57頃の南南西の空の月。今クール最初の月です。
少し鼻が尖ったお月さまになっています。
月齢6.1、輝面率30%。
中)19:00頃の南西の空の月。
これはデジカメの画像ですが、双眼鏡でも鼻が尖っているように見えました。
中右)20:25頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢6.2、輝面率31%に。
右)月の影の部分にピントを合わせて。暗いですが影のシルエットが浮かびあがっています。
181213_1618181213_1757ssw_61th_30_34a181213_1859sw_61th_30_27ashort181213_2025sww_62th_31_13a181213_2026sww_62th_31_13a






左)21:15頃の西南西の空の月。
見た目はもっと赤い色です。
月齢6.2、輝面率31%。高度4.6。
中左)21:16頃。林の向こうに沈みゆく月。
中)21:17頃。みるみる沈んでいきます。
木々のすぐ後ろに沈んでいくように見えます。
中右)21:22頃の西南西の空。
落葉が進んで林が見通しよくなっているので
林の向こうに沈みつつある月がまだ見えています。
右)林の位置を黄色で記しました。
181213_2115wsw_62th_31_46a181213_2116wsw_62th_31_44a181213_2117_1wsw_62th_31_43a181213_2122wsw_62th_31_34a181213_2122wsw_62th_31_34ahayashi






12月15日(上弦)
左)14時頃の東南東の空の月。
このくらいの太さになると昼間の空でもすぐ目にとまります。
月齢7.9、輝面率48%。
上弦の時刻が20:49なのでまだ半月には2%足りません。
中)15:53頃の南東(やや南寄り)の空に白い帆のような月。
月齢8、輝面率は48%。
右)アップで。夜はあいにく月を見られなかったのですが
今回の半月は月面エックスがみられなさそうです。
181215_1401ese_79th_48_23a181215_1553ses_8th_48181215_1554ses_8th_48






12月16~17日
左)16日15:07頃の南東(やや東寄り)の空。
雲が多いこの空のどこかに月がいます。(超難問)。
中左)←のところです。
中)少しアップで。
中右)さらにアップで。このくらいの太さだと雲越しでも姿がわかりますね。
月齢8.9、輝面率58%。
右)22:11頃の西南西の空、薄雲越しの月。
月齢9.2、輝面率60%。
181216_1507see_89th_58_30a181216_1507see_89th_58_30ayajirushi181216_1508_1see_89th_58_30a181216_1508_2see_89th_58_30a181216_2211wsw_92th_60_26a






12月17~18日
左)17日14:06頃の東(やや南寄り)の青空にうかぶソーダブルーの月。
月の海も青空と同じ色。
月齢9.9、輝面率67%。
中左)16時過ぎの東南東の空。大好きな桜の木と月。
中)枝の中では着実に春の準備が進んでいるのでしょう。
中右)月にピントを合わせて。夕方になって白く発光しているような月。
月齢10、輝面率68%。
右)23:53頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢10.3、輝面率70%に。
181217_1406es_99th_67_13a181217_1602ese_10th_68_35ashort181217_1603ese_10th_68_35a181217_1604ese_10th_68_35a181217_2353ws_103th_70_18a








12月18~19日
左)15:19頃の東の空。雲の上に顔を出した月。
中左)アップで。月齢12、輝面率85%。
一日でずいぶんふっくらしました。
中)16時過ぎ。大好きな桜と。
中右)桜の梢と月。
右)月にピントを合わせて。
月齢12、輝面率85%。
181218_1519e_12th_85_15a181218_1520e_12th_85_15a181218_1603e_12th_85_23ashort181218_1604_1e_12th_85_24a181218_1604_2e_12th_85_24ashort








左)21:23頃の南南西の空の月。
月齢12.2、輝面率87%。
右)日付変わって19日00:23頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢12.3、輝面率87%。
ほぼ西の空なのに月の高度は36度と高いです。
181218_2123ssw_122th_87_64a181219_0023ws_123th_87_36a






12月19~20日
左)19日17:11頃の東(やや南寄り)の空の月。
東の空なのに地平線上ではなくて高度37度と高いところにいます。
月齢12、輝面率86%。
右)20日02:08頃の西の空。月齢12.4、輝面率88%。
しもぶくれのお月さま。
181219_1711es_12th_86_37a181220_0208w_124th_88_16a






12月20~21日
左)21日0002頃の西南西の空の月。
月齢13.3、輝面率94%。
181221_0002wsw_133th_94_52ashort






12月22~23日(22日が冬至)
左)23日00:15頃の南西(やや南寄り)の空の月。
月齢15.3、23日の02:49が満月なので輝面率は100%。
高度は76度。ほとんど頭上を見上げている感覚です。
スマホで雲間越しの月をパチリ。
181223_0015sws_153th_100_76a_2






12月23~24日
左)23日21:29頃の東(やや南寄り)の空、結構高く、の月。
月齢16.2、輝面率99%。
23日が満月ですがその時刻が02:49だったためにすでに1%欠けています。
22日の夜の月の方が満月に近かったのですね。
右)24日03:21頃の西(やや南寄り)の空、結構高く、の月。
月齢16.5、輝面率99%。
月が東の空なのに地平線ぎりぎりではない、西の空にいるのに地平線ぎりぎりではない。
それはこの日の月が東北東から昇り、西北西に沈むからなのですね。
181223_2129es_162th_99_48a181224_0321ws_165th_99_52a






12月24~25日
左)25日05:15頃の西の空。
雲を神々しく照らす月。
中左)1分ほどして雲が切れたところで。アップの月。
月齢17.5、輝面率92%。光はピカッ、クレーターもくっきり。
中右)05:57頃の西の空の雲越しの月。
右)アップで。月齢17.6、輝面率94%。
満月の2日後、すでにずいぶん欠けている印象が。
181225_0515w_175th_94_41a181225_0516w_175th_94_41ashort181225_0557w_176th_94_33a181225_0558w_176th_94_33a






12月25~26日
左)25日21:20頃の東(やや北寄り)の空。
大好きな桜の木の枝の向こうの月。
中左)月をアップで。月齢18.2、輝面率89%。
中右)22:10頃の東の空の月。月齢18.2、輝面率89%。
右)26日05:58頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢18.6、輝面率87%。
181225_2120en_182th_89_21a181225_2119en_182th_89_21a181225_2210e_182th_89_30a181226_0558ws_186th_87_43a






左)07:27頃の西の空の月。青空の中をスイスイ。
右)アップで。月齢18.6、輝面率86%。
レモンの形の月ですね。
181226_0727w_186th_86_25a181226_0728w_186th_86_25a






12月26~27日
左)27日05:33頃の南西(やや西寄りの空の月。
月齢19.5、輝面率78%。クレーターくっきり。
181227_0533sww_195th_78_56ashort






12月27~28日
左)28日02:00頃の東南東の空の月。月齢20.4、輝面率68%。
中左)28日07:59頃の西南西の空の月。
雲一つない快晴の青空。月の海も青い海。
中)アップで。月齢20.7、輝面率66%。
中右)09:11頃の西(やや南寄り)の空の月。
左下に林のようなものが見えていますよね。
右)図解。
二週間前の12月13日はこの林の中(西南西)に月が沈んでいたのです。
月の面白さは、日々、月の昇る位置、沈む位置が変わること。
28日朝の月が沈む位置は西(やや北寄り)の空。
だからこそ西の空の月がまだこの高さにいるのですね。
181228_0200ese_204th_68_48a181228_0759wsw_207th_66_36a181228_0800wsw_207th_66_36a181228_0911ws_207th_66_22a181228_0911ws_207th_66_22amoji






左)09:40頃の西の空の月。
月齢20.7、輝面率66%。
月の海以外もソーダブルーに染まって、青空に溶け込んでいます。
181228_0940w207th_66_16a_






12月28~29日
左)29日03:23頃の南東の空の月。
月齢21.5、輝面率57%。
中左)07:33頃の南西の空の月。
月齢21.6、輝面率55%。
29日が下弦ですがその時刻が18:34なのでまだ5%太っています。
中)09:41頃の西(やや南寄り)の空の月。
雲一つない空にソーダブルーの月が美しいです。
中右)10:12頃の西(やや南寄り)の空の月。
月の海も青空の色。
右)10:46頃の西の空の月。
月齢21.8、輝面率54%。
月が青い空にとけこんでいきます。
181229_0323se_215th_57_49a181229_0733sw_216th_55_46a181229_0941ws_217th_55181229_1012ws_217th_54_17a181229_1046w_218th_54_10a






12月29~30日(29日18:34が下弦)
左)30日03:52頃の南東の空の月。
月齢22.5、輝面率45%。
中)06:39頃の南(やや西寄り)の空の月。
右)アップで。そのためまわりが黒く写っています。
月齢22.6、輝面率44%。
181230_0352se_225th_45_42a181230_0639_1sw_226th_44_52a181230_0639_2sw_226th_44_52a






12月31日
左)08:55頃、青空の中、南西(やや南寄り)の方角に月。
中)少しアップで。
右)アップで。月齢23.7、輝面率33%。
今年最後の月でした。
181231_0855_1sws_237th_33_40a181231_0855_2sws_237th_33_40a181231_0856sws_237th_33_40a






2019年1月1日
左)08:28頃の南(やや西寄り)の青空に2019年初めて見る月が。
中)アップで。月齢24.7、輝面率24%。
右)10:01頃の南西の空。月齢24.7、輝面率23%。
190101_0828sw_247th_24_42a190101_0829sw_247th_24_42ashort190101_1001sw_247th_23_33ashort






1月2日
左)05:10頃の南東(やや東寄り)の空に月と金星がピカリ。
月齢25.5、輝面率16%。
中)地球照が写っています。おぼろげに月の海も見えています。
右)月のクレーターははっきり写っていませんが、金星がピカリー。
190102_0510see_255th_16_22a190102_0515se_255th_16_22ashort190102_0516se_255th_16_22a






左)06:16頃の南東(やや南寄り)の夜明けの空の月と金星。
中左)矢印のところに木星も。
中)月をアップで。月齢25.6、輝面率16%。
中右)地球照を。
右)07:28頃の南南東の空の月。
月齢25.6、輝面率16%。
190102_0616ses_256th_16_31ashortsho190102_0616ses_256th_16_31ashorts_2190102_0615ses_256th_16_31ashort_2190102_0728sse_256th_16_37ashort






1月3日
左)04:55頃の南東(やや東寄り)の空低く。
月が昇ってきました。月齢26.5、輝面率9%。高度8.9度。
中左)05:05頃の南東(やや東寄り)の空。
地球照が見える細い月と金星(右上)。
1日で金星からずいぶん離れました。
中右)05:06頃の地球照の月。
右)アップで。暗い部分の月の海模様がおぼろげに写っているのですが見えますでしょうか。
190103_0455see_265th_9_89a190103_0505see_265th_9_106a_190103_0506_1see_265th_9_107a190103_0506_2see_265th_9_107a






1月4日
左)05:55頃の南東(やや東寄り)の空低く。
月が昇り始めました。中央は木星。右上は金星。
月は地球照も見えています。高度は9度。
中左)アップで。月齢27.6、輝面率4%。
月の暗いところの海模様が見えますでしょうか。
中右)同じ海模様が見える満月画像を。(2018年4月29日のものです)。
右)06:36頃の南東の空の月。月齢27.6、輝面率4%のまま。
7時過ぎの空ではもう月は明るい空の中に消えてみつけられませんでした。
190104_0555see_276th_4_9ashort__190104_0556see_276th_4_9a180429_2219sse_135th_100_43ashort190104_0636se_276th_4_15a






-------------------------------------------------
今クールは冬の月らしい空高く白く輝く月を愉しめました。
新月間際の細い月も地球照が神秘的でした。
大好きな桜の木と月の2ショットを何度か撮れたのもうれしかったです。
-------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年11月11日 (日)

月の備忘録 11月8日~12月6日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
11月11日
今クール最初に逢えた月は11日の四日月。
左)日没直前16:37頃の南西(やや南寄り)の空。
グレーのシルエットの雲間に月が顔を出しました。
中左)アップで。月齢3.6、輝面率13%の四日月。
中)17:00頃の南西(やや南寄り)の空の月。
少し空の下がオレンジ色に染まって、月の上には飛行機雲の白い線も。
中右)アップで。月齢3.7、輝面率13%。
右)17:14頃の南西の空。刻々と空が暗くなっていきます。
かすかに青味が残った空に濃いグレーのシルエットの雲。
眠って見る夢の世界、背景はいつもこんな色と私は感じています。
まどろむような細い弧の月。
181111_1638sws_36th_13_25a181111_1637sws_36th_13_25a181111_1700sws_37th_13_22a181111_1701sws_37th_13_22a181111_1714sw_37th_13_20a






11月14日
左) 風は冷たいけれど秋晴れの昼下がり13:38頃の南東の空の月。
このくらいの太さになると、すぐみつかります。
中左)アップで。月齢6.5、輝面率37%。
中右)18:33頃の南南西の空。雲間の月。
陰の部分も丸くシルエットが浮かび上がって見えます。
右)アップで。月齢6.7、輝面率38%。
181114_1338se_65th_37_19a_2181114_1339se_65th_37_19a181114_1833ssw_67th_38_30ashort181114_1834ssw_67th_38_30a






左)21:39頃の西南西の空低く、沈みゆく月。
38万キロ離れているとは思えません。
林の木々のすぐ向こうに月が隠れていくように見えます。
右)21:41頃。黄色い月がみるみる沈んでいきます。
月齢6.9、輝面率39%。高度3.5度。
月没25分前の姿です。
181114_2139wsw_69th_39_38a181114_2141wsw_69th_39_35a25






11月15日(23:54が上弦)月面エックスとVが見られました!
左)月の出から1時間ほど経った13:13頃の東南東の空低く、青い月。
月齢7.5、輝面率46%。
中左)日が落ちるのが早くなりました。
日没後17:09頃の夕焼け。
中)南(やや東寄り)の空の月。左側には赤い火星が。
中右)アップで。左側に月の影の半球のシルエットが見えますでしょうか。
右)月面をアップで。月齢7.7、輝面率47%。半月に3%足りません。
181115_1313ese_75th_46_92a181115_1709181115_1709_2se_77th_47_37a181115_1710_1se_77th_47_37a181115_1710_2se_77th_47_37a






左)18:43頃の南南西の空の月。
欠け際に月面エックスが。うれしいです。
月齢7.7、輝面率48%。
中)月面エックスのアップ。上には月面Vも。
右)エックスとVの位置を黄色で示しました。
181115_1843_1ssw_77th_48_35ashort181115_1843_2ssw_77th_48_35ashortxv181115_1843_2ssw_77th_48_35ashort_x






11月17~18日
左)17日14:59頃の東南東の青空にソーダブルーの月が。
月齢9.6、輝面率66%。
中左)16:05頃の南東の空の月。
夕方になって月が白くなってきました。
月齢9.6、輝面率66%。
中)17:24頃の南東(やや南寄り)の空の月。
とっぷり日が暮れて月面はグレーに。
月齢9.7、輝面率77%。
中右)日付変わって18日00:05頃の西南西の空低く。
黄色みの強い月が。
月齢10、輝面率68%。
右)00:06頃の西南西の空の月。高度8度。
雲が現れ、このあと見えなくなりました。
181117_1459ese_96th_66_17a181117_1605se_96th_66_28a181117_1724ses_97th_66_39a181118_0005wsw_10th_68_8a181118_0006wsw_10th_68_8a






昼間、夕方、夜、沈む直前。の4つの時間で月が4つの色合いになる。
これぞ月見る面白さの真骨頂だと思います。

11月20~21日
左)20日16:04頃(日没30分前)の東の空低く。
木々の上に月が昇っていました。
白く輝きはじめ、雲はピンク色に染まり始め、美しい眺めです。
中)アップで。月齢12.6、輝面率90%。
右)21:19頃の南の空高く。
月齢12.8、輝面率91%の月が。
181120_1604_1e_126th_90_12ashort181120_1604_2e_126th_90_12a181120_2119s_128th_91_585a






11月22~23日(23日14:39が満月)
左)22日21:22頃の南東の空やや高くに丸い月が。
月齢14.8、輝面率99%。満月前夜の月です。
中左)22:24頃の南南東の空。高度67度だと真上に月がいるように感じます。
月齢14.9、輝面率99%。
中)23日01:00頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢15、輝面率まだ99%。
1%足りないです。月の右上の端にまだでこぼこのクレーターの陰影が見えますね。
中右)すぐ月が雲に隠れました。
右)月が雲をオパールの輝きに照らしだしています。
181122_2122se_148th_99_59a181122_2224sse_149th_99_67a181123_0100sww_15th_99_55a181123_0101_1sww_15th_99_55a181123_0101_2sww_15th_99_55a






11月23~24日(23日14:39が満月)
左)23日19:24頃の東の空。雲越しの満月。
月齢15.8、輝面率100%。
満月の時刻から5時間ほど経過しているので、実際には少し欠けはじめています。
右)24日03:16頃の西(やや南寄り)の空。
こちらも雲間の月ですので、不鮮明。
月齢16.1、輝面率100%。
181123_1924e_158th_100_29a181124_0316ws_161th_100_42a






11月24~25日
左)25日00:05頃の南東(やや南寄り)の空高く。
覆う薄雲をオパールのように照らす月。
高度は72度。ほとんど真上に感じます。
中左)月の模様と雲、両方をかろうじて写せました。
中右)月をアップで。月齢17、輝面率97%。
3%欠けただけで随分丸みが減って感じられますね。
右)02)29頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢17.1、輝面率97%。
右下を中心にクレーターのゴツゴツがくっきり。
181125_0006_1ses_17th_97_72a181125_0005ses_17th_97_72a181125_0006_2ses_17th_97_72a181125_0229sww_171th_97_64ashort






11月25~26日
左)25日22:17頃の東の空やや高く。
月齢17.9、輝面率93%。
東の空なのに高度43度もあります。
中)26日04:58頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢18.2、輝面率91%。
右)06:47頃の西(やや北寄り)の空の月。
月齢18.2、輝面率91%。
181125_2217e_179th_93_43a181126_0458ws_182th_91_48a181126_0647wn_182th_91_26a






11月27~28日
左)27日22:24頃の東(やや北寄り)の空に月が昇っていました。
月齢19.9、輝面率76%。
中左)28日05:45頃の西南西の空高くの月。
月齢20.2、輝面率74%。
中)06:22頃明るくなった西南西の空の月。
中右)アップで。月齢20.2、輝面率74%。
右)06:48頃、完全に明るくなった西(やや南寄り)の空の月。
月齢20.2、輝面率74%のまま。
181127_2224en_199th_76_20a181128_0545_1wsw_202th_74_60ashort181128_0622_1wsw_202th_74_53a181128_0622_2wsw_202th_74_53ashort181128_0648ws_202th_74_48a






11月28~29日
左)29日07:15頃の秋晴れの空。西南西の青空高くに月が。
右)アップで。月齢21.3、輝面率63%。
181129_0715_1wsw_213th_63_52a181129_0715_2wsw_213th_63_52a






11月29~30日(30日09:19が下弦の時刻)
左)30日06:23頃の南南西の空高く。
月齢22.2、輝面率52%。
右)06:47頃の南西(やや南寄り)の空高く。
月齢22.2、輝面率は51%に。
下弦の時刻の2時間30分ほど手前なのでまだ50%にはなっていません。
181130_0623_1ssw_222th_52_65a181130_0647sws_222th_51_62ashort






11月30~12月1日
左)12月1日02:24頃の東(やや南寄り)の空に月が昇っていました。
月齢23.1、輝面率41%。半月の翌日でもうこんなに欠けています。
中)10:39頃の西(やや南寄り)の空の月。
まだこのくらいの太さがあると青空や白い雲の中でも簡単にみつかります。
右)アップで。月齢23.4、輝面率39%。
月は時計まわりに回転してみえます。
181201_0224es_231th_41_29a181201_1039_1ws_234th_39_28a181201_1039_2ws_234th_39_28a






12月3日
左)05:47頃の南東の空の月。
だいぶ細くなりました。象牙の角のよう。
月齢25.2、輝面率20%。
中左)まわりの雲を照らしていました。
地球照は何度見ても神秘的。
中右)07:50頃の南(やや東寄り)の空高く。
方角の検討がつけば、このくらいの細さで簡単にみつかります。
右)アップで。透けているように見えます。しゃぼん玉のよう!
月齢25.3、輝面率20%。
181203_0547se_252th_20_40ashort181203_0548se_252th_20_40ashort181203_0750_1se_253th_20_51ashort181203_0750_2se_253th_20_51ashort






-------------------------------------------------------
今クール、一番印象的だったのは
11月15日の上弦の月の欠け際に見られたXとVの文字と
12月3日の地球照でした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年11月 8日 (木)

2019年版月の満ち欠けカレンダー、おかげさまで好評販売中です

今年もあと2か月弱。
来年のカレンダーや手帳フェアがおこなわれる時期となりました。

私がミニコラムを担当させていただいている月の満ち欠けカレンダー(グリーティングライフ社さん)も好評販売中です。

月の満ち欠けを意識しながら日々を過ごせたら。
と思っていらっしゃる方、ぜひご愛用いただけたら幸いです。

サイズは3種。

moon3一番大きい壁掛けタイプ。
といってもB4サイズなのでそんなに大きくはありません。


【2019年】【グリーティングライフ】壁掛け 月の満ち欠け(西暦/旧暦対応) C-1043-MP




moon3卓上タイプ。穴も開いてますので壁掛けもできます。


グリーティングライフ 2019年 月の満ち欠け(西暦/旧暦対応) カレンダー 卓上 C-1063-mp 1月始まり




moon3一番小さいのが透明なケース入りタイプ。
40代以上しかわからないかもしれませんが、フロッピーサイズです。

グリーティングライフ 2019年 月の満ち欠け(西暦/旧暦対応) カレンダー 卓上 C-1074-mp 1月始まり


日常の出来事をその日の月の形と一緒に覚えると、
思い出す時の愉しみが増えます。

2018年10月21日は私にとってとてもいい日でした。
後の月(旧暦9月13日)の月を勝利の球場で見上げました。

181021_1829_1se_122th_89_31ashort

181021_1829_2se_122th_89_31ashort

劇的な勝利の興奮とともに見上げたこの月を
ずっとずっと忘れないでしょう。


2018年10月14日 (日)

月の備忘録 10月8日~11月7日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
10月14日(六日月)
今クール最初に逢った月です。
左)16時過ぎの南の空に月がいました。
中左)アップで。月齢5.1、輝面率27%。
中)17:22頃の南南西の空の月。
薄い雲越しなのでぼわっとしています。
月齢5.2、輝面率28%。
中右)18:44頃の南西の空の月。月のまわりもぼわっと。
右)アップで。月齢5.2、輝面率28%。
輝面率が25%前後の時は鼻がつんと尖った横顔のお月さまになることがありますが、
今回は鼻のないお月さまでした。
181014_1603s_51th_27_34a181014_1602s_51th_27_33a181014_1722ssw_52th_28_29a181014_1846sw_52th_28_19a181014_1844sw_52th_28_20a






10月18~19日
左)18日16:33頃の南東(やや南寄り)の空。
夕暮れの雲からひょっこり月が顔を出しました。
中左)アップで。月齢9.2、輝面率65%。
中)17:02日没頃の南東(やや南寄り)の空の月。
空のオレンジ色が綺麗。
中右)アップで。月の丸みが感じられます。
右)17:25頃の南南東のまだ暮れきらない空。
月の左下には赤い火星が。
181018_1633_1ses_92th_65_26a181018_1633_2ses_92th_65_26a181018_1702ses92th_65_30a181018_1703ses92th_65_30ashort181018_1725sse_92th_65_32a






左)19:36頃の南(やや西寄り)の空の月。
クレーターがくっきり写っています。
月齢9.3、輝面率66%。
中左)赤い火星と。
中右)澄んでいるからか、いろんな星が見えました。
ステラナビゲータで調べるとみんなやぎ座の星。
右)19:38の月とやぎ座のステラナビゲータ再現画像。
やぎ座の星座線の中にすっぽり月と火星が。
181018_1936sw_93th_66_35a181018_1938sw_93th_66_35a181018_1939_sw_93th_66_35aname_2Yagizasn181018_1938_2






10月19~20日
左)19日21:22頃の南南西の空の月。
月齢10.4、輝面率75%。コロンとしたこの形の月、好きです。
右)22:35頃の南西の空の月。月齢輝面率ともに変わらず。
さらにコローン。
こんな形でゆらゆらするペーパーウエイトがあっても素敵。
181019_2122ssw_104th_75_34a181019_2235sw_104th_75_25a






10月20~21日
左)20日13:58頃の東南東の空の月。
月齢11.1、輝面率81%。
中)日付変わって21日0:19頃の西南西の空低く沈みゆく月。
月齢11.5、輝面率83%。
右)01:33頃の西南西の空の月。高度5.6度。
わずかな時間の間にさらに沈み、月が鈍い山吹色になりました。
181020_1558ese_111th_81_11a181021_0119wsw_115th_83_8a181021_0133wsw_115th_84_56a






10月21~22日(後の月)
旧暦9月13日の「後の月」は山並み広がる球場で。
左)21日16:24頃、照明の脇に月が昇っていました。
中左)少しアップで。
中)アップで。
東南東の空の月。月齢12.2、輝面率88%。高度9.8度。
中右)18:29頃の南東の空高く、劇的勝利直後の興奮の中撮った月。
照明と月が似たような形と色で面白い写真となりました。
右)アップで。輝面率は89%に。
この時見上げた月の美しさは
逆転サヨナラ満塁HRの感動とともにずっと忘れないでしょう。
181021_1625_1ese_122th_88_98a181021_1624ese_122th_88_97a181021_1625_2ese_122th_88_98a181021_1829_1se_122th_89_31ashort181021_1829_2se_122th_89_31ashort






10月22~23日
22日22:33頃の南(やや西寄り)の空高く。
月齢13.4、輝面率95%の月。
181022_2233sw_134th_95_50a






10月24~25日
24日20:40頃の東南東の空の月。
月齢15.3、輝面率100%。
満月は25日ですがその時刻が夜中の1時45分のため
かなり満月に近くなっています。
181024_2040ese_153th_100_42a






10月25~26日(25日1:45が満月)
左)25日20:04頃の東(やや南寄り)の空に
月齢16.3、輝面率99%の月が。
25日が満月なのに少し欠けているのは
満月の時刻から18時間近く経っているため。
中)1%欠けているのは月の右上の部分。
右)22:24頃の南東(やや東寄り)の空の月。
月齢16.4、輝面率99%。
181025_2004es_163th_99_29a181025_2004es_163th_99_29ashort181025_2224see_164th_99_55a






10月27~28日
左)日付変わって28日00:26頃の南東(やや東寄り)の空高く。
月齢18.5、輝面率90%の月が。
中)薄雲が照らされてオパールのような輝き。
右)05:14頃の西(やや南寄り)の空の月。
月齢18.7、輝面率89%。
181028_0026see_185th_90_63a181028_0027see_185th_90_63a181028_0514ws_187th_89_46a






10月28~29日
左)29日04:57頃の西南西の空高く。
月齢19.7、輝面率81%の月が。
中左)月のそばにはオリオン座の7つの星ほかが。
中右)ガイド線を引いてみました。
スマホではなくPCで、かつ電気を落としていただくと
小さな星がご覧いただけるかも。
右)06:23頃の西の空。輝面率は80%に。
181029_0457wsw_197th_81_61a181029_0458wsw_197th_81_61ashort181029_0458wsw_197th_81_61ashort_na181029_0623w_197th_80_44a






10月29~30日
30日06:47の西(やや南寄り)の空の月。
デジカメではなくスマホで。
かすかに月の模様が見えます。
月齢20.7、輝面率70%。西の空なのに高度は高く51度。
181030_0647ws_207th_70_51a






10月30~31日
左)31日06:22頃の南西(やや西寄り)の空高く泳ぐ月。
右)アップで。月齢21.7、輝面率59%。高度は66度。
181031_0622_1sww_217th_59_66a181031_0622_2sww_217th_59_66ashort






10月31~11月1日(1日01:40が下弦)
左)1日09:23頃の西(やや南寄り)の空に泳ぐ月。
右)アップで。月齢22.9、輝面率は47%。
181101_0923ws_229th_47_42a181101_0924ws_229th_47_42ashort






11月1~2日
2日06:22頃の南南東の空高く。
月齢23.7、輝面率36%の月。高度は68度。
181102_0622sse_237th_36_68a






11月3日
04:21頃の東(やや南寄り)の空の月。
月齢24.6、輝面率26%。
まるでチェシャ猫の笑い口のよう。
181103_0421es_246th_26_39a






------------------------------------------------------
今クールは11月3日が最後の月となりました。
一番印象に残るのは10月21日の「後の月」。
10月28~29日の冬の星座の中で輝く月も美しかったです。
------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年9月30日 (日)

中秋の名月を愉しみました

9月24日、雲がありましたが、中秋の名月を愉しめました。

18:35頃の月です。

180924_1836ese_146th_99_129a

アップで。
180924_1835ese_146th_99_127ashort

旧暦8月15日、十五夜の月です。
東南東の空低く、淡い黄色に輝いていました。

満月の時刻は25日の午前中だったので輝面率はまだ99%。

↑の月をよくみると、右側の縁がのっぺりしているのに対し、
左側にクレーターのゴツゴツが見えますね。
欠けがある証拠です。

左上の欠け部分をアップで。
180924_1835ese_146th_99_127ashortsh

日付変わって25日00:54頃の月。
輝面率は100%。(厳密にはまだ99%台ですが)
180925_0054sws_149th_100_43a

残念ですがこの後は雲に隠れてしまいました。

ちょっと物足りなくて、お花屋さんで買いました。
満月のように丸い菊。

後ろは中川政七商店の月の満ち欠けタペストリーです。

Kiku

この菊、モチがすごくよくて、今日9月30日でも元気にまんまるしています。


2018年9月13日 (木)

月の備忘録 9月10日~10月8日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
9月16日(上弦前日)
左)今クール最初に見た月はずいぶん太っていました。
20:12頃の南西の空の月。月齢6.7、輝面率45%。
180916_2012sw_67th_45_19a






9月19~20日(秋の心地よさ)
左)19日18:03頃(日没20分後)。
秋風が涼しくて心地よかったです。
セミも鳥も鳴かず。聞こえるのは虫の音だけ。
それが静けさを増して、「秋の夕暮れ」感を演出していました。
空を羽根が生えたものが飛び交っていましたが、こうもりでしょうか。
まだ明るさが残る空、南南東の方角に月が。
中左)月をアップで。月齢9.6、輝面率72%。
中)画像左下の赤い点は火星です。
月には少し雲がかかっていますが美しい輝きでした。
中秋の名月じゃなくても、しばらくながめてお月見。
中右)南西の空には木星と金星もピカリと光っていました。
180919_1803_2sse_96th_72_30a180919_1803_1sse_96th_72_30a180919_1808_1sse_96th_72_30a180919_1808_2name180919_1856se_97t_73_33a






右)18:56頃の南(やや東寄り)の空の月。輝面率は73%に。
左)22:08頃の南西の空の月。火星は左少し上にいます。
右)月をアップで。月齢9.8、輝面率73%のまま。
180919_2208sw_98th_73_22a180919_2209sw_98th_73_22a






9月22~23日
左)22日17:20頃。月の出から1時間経った夕空。
東南東の空低くに月が。
ほのかに金木犀の香りが漂います。
右)アップで。月齢12.6、輝面率93%。
夕方の雲がすみれ色に染まるように、
月も少しすみれ色がかって見えました。
180922_1720_1ese_126th_93_10a180922_1720_2ese_126th_93_10a






9月23~24日(中秋の名月前夜)
左)23日22:49頃。雲の多い空ですが、一角が明るいです。
そこに月がいるのですね。
中)3分ぐらい眺めていたら月が顔を現しました。
右)アップで。南の方角。月齢13.8、輝面率97%。
中秋の名月前夜の月です。
左側がまだ欠けがあるのでクレーターのゴツゴツが見えます。
180923_2249s_138th_97_44a180923_2253_1s_138th_97_44a180923_2253_2s_138th_97_44a






9月24~25日(24日中秋の名月 25日満月)
中秋の名月が見られました。
左)18:35頃の東南東の空低く。銀杏の木の間に輝く月。
中左)アップで。月齢14.6、輝面率99%。
中)満月の時刻(25日11:53)まで12時間ぐらいあるのでまだ左側に欠けがあります。
中右)21:18頃の南東の空。銀杏越しの月。月齢14.8に。
右)21:21頃。秋のうろこ雲を照らす月。
180924_1836ese_146th_99_129a180924_1835ese_146th_99_127ashort180924_1835ese_146th_99_127ashortsh180924_2118se_148th_99_40a180924_2121






左)22:22頃の南南東の空の月。輝面率は100%に。
右)日付変わって25日00:54頃の南西(やや南寄り)の空の月。
餅つきウサギが時計まわりに回転しているのがわかります。
180924_2222sse_148th_100_46a180925_0054sws_149th_100_43a






9月27~28日(27日が居待月)
左)27日17:42頃の南の空。日没直後。ピンク色の夕焼けが綺麗でした。
中左)21:39頃の東南東の空の月。
月齢17.8、輝面率94%。雲が少しかかっているので月の模様は不鮮明。
今年は24日中秋の名月(十五夜)が実は満月の日ではなく
25日(十六夜)が満月でした。
27日は旧暦8月18日ですので居待月。
中右)23:31頃の南東(やや東寄り)の空の月。雲を照らしています。
白く浮かび上がる雲はまるで夜の海の波頭のよう。
右)月をアップで。
月齢17.8、輝面率93%に。
月のすぐまわりには雲がなかったので、クレーターもくっきり。
これぞ秋の月。
180927_1742180927_2139ese_178th_94_31a180927_2331see_179th_93_51a180927_2332see_179th_93_51ashort






左)日付変わって28日05:24頃の西(やや南寄り)の空の月。
日の出直前で空がだいぶ明るくなっています。
右)月をアップで(そのためまわりが黒く写っています)。
月齢18.1、輝面率92%。
欠けが右下に来ているこのコロポヨンとした形の月。好きです。
180928_0524_1ws_181th_92_32a180928_0524_3ws_181th_92_32ashort






9月28~29日
左)日付変わって29日00:11頃の南東(やや東寄り)の空高く。
月齢18.9、輝面率87%の月が。
この日の月は月の出が東ではなく東北東に近い位置。
そこから東の空、南東の空へぐんぐん高度をあげて月が移動していきました。
180929_0011see_189th_87_53a






9月30~10月1日(台風一過)
生まれて一番の暴風だった台風が1日明け方去っていきました。
左)1日05:30、日の出直前。台風一過の空、南西(やや西寄り)の空高くに月が。
中左)アップで。月齢21.1、輝面率67%。
中)雲が朝焼けからグレーに変わっていき、空も少しずつ青くなっています。
中右)06:51頃の西(やや南寄りの空。
ピッカピカ。洗い立てのTシャツのような雲と白い月。
風に気持ち良さそうには青空にためいているみたいに見えます。
右)アップで。月齢21.2、輝面率67%。
181001_0530_1sww_211th_67_66a181001_0530_2sww_211th_67_66a181001_0533sww_211th_67_65a181001_0651_1ws_212th_67_51a181001_0651_2ws_212th_67_51a






10月1~2日
左)日付変わって2日04:58頃。日の出前。
南の空高く(高度75度)の月。
月齢22.1、輝面率57%。真上か!と思うくらいの高さに月がいました。
中左)欠け際に「逆さオラフ(勝手に命名)」が。
その下の×に見えるあたりが月面エックスエリア。
中右)月のすぐ下にはオリオン座のおもだった7つの星、
そしてベテルギウス(オリオン座)、
シリウス(おおいぬ座)、プロキオン(こいぬ座)が作る冬の大三角が。
(肉眼では小三ツ星も確認)
右)画像では小さな点がわかりづらいと思います。
ガイド線を引いてみました。
10月になって夜明けはだいぶ涼しくなりましたが、
冬の星座が広がるのを眺めると、季節が進んでいることをさらに感じます。
181002_0458_1s_221th_57_75181002_0458_2s_221th_57_75181002_0459_2s_221th_57_75short181002_0459_2s_221th_57_75shortname






左)06:46頃の西南西の空の月。
すっかり明るくなった空、肉眼でも月の模様が青みがかっているのがわかります。
右)アップで。月齢22.2、輝面率56%。高度はまだ64度あります。
2日が下弦の日なのですが、その時刻が18:45なので
まだ半月より6%太っているのですね。
181002_0646wsw_222th_56_64a181002_0647wsw_222th_56_64a






10月2~3日(2日18:45が下弦)
左)日付変わって3日04:58頃の南東の空の月。
下弦の時刻から10時間ほど過ぎているので半月よりも欠けていますね。
中)アップで。月齢23.1、輝面率45%。見上げる高さです(70度)。
上記の月、ほんとうはもう少し寝そべっていました。
右)06:46頃の南西(やや南寄り)の空の月。
雲の中を泳いでいるよう。
月齢23.2、輝面率45%。高度は73度。
(この日一番高度が高かったのは6時頃の南の空、75度!)
181003_0458se_231th_45_70a181003_0459se_231th_45_70a181003_0646sws_232th_45_73a






10月7日(逆三日月)
左)05:07頃日の出前、明るくなりはじめた東の空の月。
地球照が見えています。うっすらと月の模様も。
中左)これは私が別の時に撮った満月です。
このような模様が見えているのですが、画面通じてわかりますでしょうか。
中)05:08。鉄塔の脇をぐんぐん右上に移動していきます。
中右)05:20頃。アップで。月齢27.1、輝面率7%。
新月2日前の逆三日月です。
右)05:21。日の出20分前。
空の下の方がオレンジ色をおびています。
181007_0507e_271th_7_22ashort140909_1852es_148th_100_105a_q0816k181007_0508e_271th_7_23a181007_0520e_271th_7_25a181007_0521e_271th_7_25ashort






-------------------------------------------------------
10月7日の月が今クール最後の月となりました。
今クールは台風や秋雨前線の影響などがあって、
月を見られた日は多いとはいえません。
ですが、中秋の名月は拝めました。
夜明けの空では冬の星座オリオン座、おおいぬ座との競演も。
下弦前後の月は高度が高くて、「真上」ぐらいの感覚でした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年8月14日 (火)

月の備忘録 8月11日~9月9日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げて細部をご覧いただけましたら。
------------------------------------------------------
8月14日(四日月)
今クール最初に逢った月はこの四日月。
左)18:21頃の西南西の空。薄雲越しの細い月です。
中左)アップで。月齢3、輝面率12%。四日月でこの細さ。
私たちが通常三日月、と思っているのは六日月ぐらいの形なのです。
中)18:39頃の西(やや南寄り)の空の月。
クレーターがはっきりわかります。
空が青く写っていますが、月をアップにしたため。
実際は水色にグレーを混ぜたような空です。
中右)アップで。
月を見る楽しみの一つは、38万キロほど離れた月のクレーターが簡単に見えてしまうこと。
海や山や城が近くにあるわけではない私の生活。
仕事が終わって、どこか大自然の中に~というわけにはいきません。
けれど、空に目とカメラを向ければ、地球の大自然よりもはるかに遠い月を間近に感じられるのです。
不思議。
右)19:09頃の西(やや南寄り)の空。
地球照の月と金星(左端)
180814_1821_1wsw_3th_12_26a180814_1821_2wsw_3th_12_26a180814_1839_1ws_3th_12_23ashort180814_1840_2ws_3th_12_23ashort180814_1909ws_3th_12_17a






左)19:10頃の西(やや南寄り)の空の月。
すっかり空は暗くなりました。
右)19:58頃の西の空。
雲が出てきて、月がおぼろに。
暑さで物憂い感じに見える月と、照明が灯りはじめた窓、窓と。
180814_1910ws_3th_12_17ashort180814_1959w_3th_13_71a






8月15日(五日月)

左)15:17頃の南の空、少し高いところ(高度50)。
雲間越しに細い月が見えました。
月齢3.8、輝面率20%。
中左)16:10頃の南南西の空の月。
月齢3.9、輝面率20%。
中)日没直前18:27頃の南西(やや西寄り)の空の月。
月齢4、輝面率21%。
中右)日没後18:44頃の西南西の空。
雲の隙間から顔を出した月。
右)アップで。月の手前に雲がかかっています。
月という漢字の発祥は
夕方見える三日月型の月に雲がたなびいている様子を
現しているという説もありますが、
まさにそんな月でした。
180815_1517s_38th_20_52a180815_1610ssw_39th_20_50ashort180815_1827sww_4th_21_31a180815_1844wsw_4th_21_28a180815_1845wsw_4th_21_28a






8月16日
左)18:36頃の南西の空。雲がやっと切れて月が顔を表しました。
右)アップで。月齢5、輝面率30%。
輝面率25%前後の月は鼻の尖ったお月様になることもあるのですが、
尖っているかよくわからずです。
180816_1836sw_5th_30_34a180816_1837sw_5th_30_34a






8月17日(今日は旧暦7月7日七夕ですが、舟の形に寝そべる月は見られませんでした)
左)強風で雲が吹き飛ばされたのか、抜けるような青空。
湿気も少なく秋めいた空気の一日。14:21頃の南東の空の月。
月齢5.8、輝面率39%。
中左)18:34頃(日没直後)の南西(やや南寄り)の空の月。
中)少しアップで。イチョウの梢に月が架かっています。
まるでクリスマスツリーのてっぺんのお星さまのよう。
左下のは木星もピカリ。
中右)アップで。月齢6、輝面率41%。
輝面率が41%あるのに、心なしか中央が尖って鼻があるようにも見えます。
右)18:39。夕焼けと月。
180817_1421se_58th_39_33a180817_1834_1sws_6th_41_37ashort180817_1834_2sws_6th_41_37ashort_mo180817_1832_2sws_6th_41_37ashort180817_1839short_2






8月18日(上弦)
左)17:28頃の南の空。薄雲越しの上弦の月。
月齢6.9、輝面率51%。上弦の時刻が16時台だったのですでに1%分、満ちています。
中左)18:21頃の南(やや西寄り)の空の月。月齢7、輝面率51%。
中)18:43頃の南西の空。濃い夕焼けが窓に映って綺麗でした。
中右)19:56頃の南西の空。月齢7、輝面率51%。
右)21:52頃の西南西の空の月。月齢7.1、輝面率は52%に。
180818_1728s_69th_51_40a180818_1821sw_7th_51_38a180818_1843180818_1956sw_7th_51_29a180818_2152wsw_71th_52_11a






8月19日
左)日没間近18:22頃の南の空。雲間の月。
中左)アップで。月齢8、輝面率61%。
中)18:50頃の南(やや西寄り)の空。日没20分後。
まだ蒼さが残る空に黄色い月が。
月のまわりもツベルクリンの陽性反応のように
淡い黄色が広がっていました。
中右)アップで。月齢8、輝面率61%のまま。
右)欠け際中央には逆さオラフがくっきり。
180819_1822_1s_8th_61_36a180819_1822_2s_8th_61_36a180819_1850_1s_w_8th_61_36a180819_1850_2sw_8th_61_36ashort180819_1851sw_8th_61_36a






8月21~(22日)
左)21日18:32頃の南南東の空、雲をまとう月齢10、輝面率79%の月。
中)アップで。
右)19:35頃の南(やや東寄り)の空の月。月齢10、輝面率79%変わらず。
180821_1832sse_10th_79_30a180821_1833sse_10th_79_30a180821_1935se_10th_79_33a






8月22~(23日)
左)22日19:40頃の南南東の空。
まわりの雲を照らす月&火赤い星(左下)。
中)アップで。月齢11、輝面率86%。
月の出直後でもなく、空の比較的高いところにいる月なのに
大きく見えました。
右)20:11頃の南(やや東寄り)の空の月。
月齢11、輝面率86%変わらず。
180822_1940_3sse_11th_86_31a180822_1940_2sse_11th_86_31a180822_2011se_11th_86_32a






8月23~(24日)
左)23日17:48頃の南東(やや東寄り)の空。
台風の影響で雲が速く流れる中で現れた月。
中)藍色のような濃い雲と青さの残る空と白い月が幻想的です。
右)アップで。月齢12、輝面率92%。
180823_1748_2see_12th_92_19a180823_1748_3see_12th_92_19a180823_1748_1see_12th_92_19a






8月24~25日 台風一過。
左)24日19:02頃、台風一過の強風が残る空に浮かぶ黄色い月と火星(右側)。
中左)少しアップで。なかなかカメラで写せないのですが、
月のまわりにオーラのような黄色が広がっていました。
中右)アップで。月齢13、輝面率96%。
右)21:24頃の南(やや東寄り)の空の月。
月齢13.1、輝面率96%。
180824_1905_1se_13th_96_19a180824_1905_2se_13th_96_19a180824_1906se_13th_96_19a180824_2124se_131th_96_34a






8月25~26日(満月前日)
左)25日18:34頃の東南東の空。屋根から月が。
中左)18:35。わずか1分で完全に姿を現しました。
月齢14、輝面率99%。
中)月をアップにしたため空が黒く写っていますが、
実際はこのくらいの蒼さが残る空です。
日没15分後です。
中右)20:14頃の南東の空。
月に照らされた雲が白く輝いています。右側は赤い火星。
右)アップで。月齢14.1、輝面率99%。
180825_1834ese_14th_99_82a_2180825_1835ese_14th_99_84ashort_2180825_1836ese_14th_99_86a_2180825_2014se_141th_99_24a_2180825_2028se_141th_99_26a_2






左)22:48頃の南の空。月齢14.2、輝面率99%。
右)26日02:23頃の南西の空。
月齢14.3、輝面率はまだ満月には1%満たない99%。
この画像ですと左斜め上を中心にまだ欠けが見られます。
180825_2248s_142th_99_38ashort180826_0223sw_143th_99_21a







8月26~27日(26時20時56分が満月時刻)
左)26日19:11頃の東南東の空低く。屋根の上に満月が顔を出し始めました。
中左)19:20頃の東南東の空。屋根の上から完全に空に昇りました。
黄色い月です。月齢15、輝面率100%。
中)20:56頃の南東の空。ちょうど満月の時刻です。
月齢15.1、輝面率100%。
中右)22:41頃の南南東の空。
月齢15.2、輝面率は100%ですが厳密にはこの画面の右斜め下を中心に少しずつ欠け始めています。
満ちて満ちて望月になったと思えば、あとは一瞬で欠けていく一方。
栄華のはかなさにたとえる気持ちがわかりますね。
右)27日02:42頃の南西の空の月。
月齢15.3、輝面率100%。
180826_1911ese_15th_100_88a180826_1920ese_15th_100_104a180826_2056se_151th_100_26a180826_2241sse_152th_100_39a180827_0242sw_153th_100_28a






8月28~29日
左)28日22:15頃の南東(やや東寄り)の空。厚い雲の切れ間から
つかのま顔をあらわした月。
月齢17.1、輝面率96%。
180828_2215see_171th_96_31a






8月30~31日
左)30日22:55頃の東南東の空にまわりの薄雲を黄色く染める月が。
中左)アップで。月齢19.2、輝面率84%。コロンとしたレモンの形の月。
中右)31日05:00頃、日の出間近の朝焼けの空。南西の空に月が。
右)アップで。月齢19.4、輝面率83%。
180830_2255_1ese_192th_84_29a180830_2255_2ese_192th_84_29ashort180831_0500sw_194th_83_48a180831_0501sw_194th_83_48ashort






8月31~9月1日
左)1日04:35頃。夏至から2か月以上過ぎて日の出も遅くなりました。
南西の空高くの月。
中左)アップで空が少し暗く写っています。まわりの雲が照らされています。
中右)さらにアップで。月齢20.4、輝面率74%。
右)南東の朝焼けの空にピカリとシリウスが。
この画像には写っていませんが、その上には
オリオン座のおもだった7つの星もはっきり。
オリオン座が夜明けの空に見えると、
「まだ暑いけれど季節は確実に進んでいるなあ」と実感します。
180901_0435sws_204th_74_61a180901_0437_2sws_204th_74_61a180901_0437_3sws_204th_74_61a180901_0437_1short






-------------------------------------------------------
今クールは天候不良などで9月1日の月が、見られた最後の月となりました。
印象的なのは夜明けの空の月とともに眺めたオリオンでしょうか。
目立つ7つの星が夜明けの南東の空に昇っていて、
冬ももうすぐだなあと思いました。
9月1日の月は空の高いところに輝いていたのも印象的でした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年8月 3日 (金)

カラスウリの開花(その1)こどもの国で

こどもの国での夜間イベント「セミの羽化とカラスウリの花かんさつ会」に参加しました。
今回はカラスウリの開花を。(以下、画像はクリックで拡大します)

カラスウリは秋~冬に赤い実をつけるつる性植物です。
Img_7392short

以前、12月に常緑樹にカラスウリの赤い実がぐるりとからまっているのを見た時、
まるでクリスマスのオーナメントのよう! と思いました。

そのカラスウリ。開花は7~9月、夜に開花して翌朝にしぼむのです。
一夜限りの花。

まだ見たことなくて、その花を見たかったのです。

「セミの羽化とカラスウリの花かんさつ会」で
見事! 見ることができました。

白い五弁の花、だけなら普通なのですが、
そのまわりに白いモシャモシャ。
20180729_1912karasuuri2short

白いモシャモシャはレースのよう、と表現されることが多いのですが、
私は歌舞伎などで使うクモの糸のように感じます。
20180729_1915karasuuri3
↑花の左側はツボミでしょう。スイカ柄のようなシマシマが。

モシャモシャは花びらからこんな風に伸びています。
20180729_1915karasuuri3short

カラスウリは満月前後に咲くとも言われています。
(私自身はまだきちんとデータを取れていません)

この日は満月の翌日(十六夜)でした。
そのせいでしょうか、たくさん花が咲いていました。
20180729_1938karasuuri4

ツボミもいっぱいあったので、満月前後じゃないと咲かないというわけではないように思います。

花を横から見たところ。
20180729_1959karasuuri6_2

懐中電灯の明かりに浮かび上がる白さ。
幻想的でした。
20180729_2027karasuuri7short

なりはじめた実。
20180729_1941karasuuri5

7月29日20:36頃の月。
こどもの国の森が開けたところで。
Img_8802

アップで。右上が欠け始めている十六夜の月です。
Img_8801short

こどもの国「セミの羽化とカラスウリの花のかんさつ会」シリーズ 1 2 3
カラスウリの開花シリーズ 1(こどもの国) 2(仕事先) 3(家で) 4(つぼみから咲いてしぼむまで)
花INDEXはこちら

より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。