2018年5月24日 (木)

月面アルファベット。X、yだけではなくVとLも。

半月頃になると欠け際にXが現れる月面X(月面エックス)をチェックしてきました。
そして月面y(月面ワイ)も発見しました。
(以下、画像はクリックで拡大します)

先日、友人から月面VとLがあることを教えてもらいました。
2018年5月18日の読売新聞(夕刊)で紹介されていたとのこと。

22日の上弦の月。VXLの見頃の時間には月を撮れず。でもかろうじて写せました。
180522_2122wsw_7th_54_41ashort

180522_2122wsw_7th_54_41ashortsho_2

不鮮明ですがXとLのアップ。
180522_2121_wsw_7th_54_41ashort_2

180522_2121_wsw_7th_54_41ashortsh_2

月面Vに関しては過去に撮った写真の中に結構写っていました。
(20141129、20170105、20170829、20180324ほか)
写っているのに気付かなかった~。

↓2017年8月29日の月面Vと月面X
Vx170829_1825sw_76th_51_36ashortsho

満月直前の月面A(逆さAの字)のウオッチングをされている愛好家も少なくないようです。
精密に撮れるカメラじゃないと写すのは難しいかしら。
かろうじて写っているのもありますが、もうちょっと綺麗に撮れた時にアップします。

上弦の頃に見られる月面Xの別バージョンもあります。
2018年3月25日。25日が上弦なのですがその時刻が零時過ぎだっため23時19分のこの頃には
輝面率はすでに60%になっています。
×というよりもカタカナの「ナ」に近い模様が欠け際に見られます。
180325_2319w_8th_60_27a

かなりのこじつけですが、月面LOVeと♡マークが見られます。
2016年11月7日19:21頃の月です。
161107_1921sws_77th_46_31ashort

Love161107_1921sws_77th_46_31ashort

月面yはこじつけじゃなくて結構クリアに見えます。

2016年3月1日04:54頃の月面y
160301_0454s_212th_61_39ashort

まだまだ発見がありそうだから、
これから月を見るのがさらに楽しくなりそうです。



2018年5月20日 (日)

月の備忘録 2018年5月15日~6月13日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げれば細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
5月19日(五日月)
左)今クール最初に見た月です。17:24頃の西南西の空。新緑と月。
右)アップで。月齢3.9、輝面率20%。
今日の月は南中の時に高度75度の高さでした。
180519_1724wsw_39th_20_59a180519_1725wsw_39th_20_59a






5月20日(六日月)
左)14時頃の東南東の空の月。月齢4.7、輝面率29%。
中左)日が伸びて17:14頃でもまだ明るいです。
ヒマラヤ杉の上、空の高いところの月。
中右)アップで。南西(やや南寄り)。月齢4.9、輝面率30%。
高度69度。
右)18:06頃の南西(やや西寄り)の空の月。月齢4.9、輝面率30%。
180520_1359ese_47th_29_56a180520_1714sws_49th_30_69ashort180520_1713sws_49th_30_69a180520_1806sww_49th_30_61a






5月21日
22:40頃の西(やや北寄り)の空に月齢6.1、輝面率43%の月が。
月が黄色く、まわりの空も「暈」まではいかないけれどほわっと黄色く
ツベルクリンの陽性反応を思い出しました。
180521_2240wn61th_43_17a






5月22~23日(22日お昼過ぎが上弦)
上弦の頃、欠け際にX(エックス)が現れる通称月面エックスは知っていました。
月面yも発見しました。
が、月面V、月面Lもあることを友人から教えてもらいました。
2018年5月18日読売新聞(夕)でも紹介されていたのですね。
見頃ではなかったのですがかろうじて見ることができました。
左)16時過ぎ。大好きな桜の右上に白い月が。
中左)アップで。月齢6.8、輝面率52%。
上弦(59%)の時刻がお昼過ぎだったためもう2%も満ちています。
中)21:22頃の西南西の空の月。月齢7。輝面率54%。不鮮明ですが丸部分にVXLが。
中右)XLをアップで。
右)ほかにもアルファベット探ししてみたいです。Eとかeとか。
180522_1604see_68th_52_54ashort180522_1605see_68th_52_54ashort180522_2122wsw_7th_54_41ashortshort180522_2121_wsw_7th_54_41ashort180522_2121_wsw_7th_54_41ashortshor










5月24~25日
左)18:12頃の南東の空の月。月齢8.9、輝面率74%。
中左)日が長くなりました。19時頃でもまだ暮れていません。
南南東の空の月。
中右)アップで。月齢8.9、輝面率74%。
右)21:14頃の南西(やや南寄り)の空の月。
月齢9、輝面率75%。
180524_1812se_89th_74_51a180524_1859_1sse_89th_74_55a180524_1859_2sse_89th_74_55ashort180524_2114sws_9th_75_51ashort





-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年4月26日 (木)

月の備忘録 2018年4月16日~5月14日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。
指で広げれば細部をご覧いただけましたら。
-------------------------------------------------------
4月19日(四日月)
左)15:27頃の南西(やや南寄り)の空の月。今クール最初に見たのはこの四日月です。
月齢3.2、輝面率13%。切った爪くらい細い弧です。
場所の見当をつけて目を凝らしてやってみつけられました。
中)18:19頃の西の日暮れの空の月(右上に小さくいます)。
右)19:40頃の西(やや北寄り)の空の月。月齢3.4、輝面率14%。
弧の中央に危難の海が目立っています。
180419_1527sws_32th_13_68a180419_1819w_33th_13_38a180419_1940wn_34th_14_22a






4月20日
左)12:19頃の東(やや南より)の空の月。
月齢4.1、輝面率21%。まだ細く、目を離すとすぐ見失うくらいの月です。
中左)14時過ぎの南東(やや東寄り)の空の月。高度は66。見上げる高さです。
中)18:40頃の西(やや南寄り)の夕暮れの空の月。右下には金星が。
中右)地球照。照らされていない部分のシルエットも見えています。
右)アップで(そのため月のまわりが黒く写っています)。
月齢4.3、輝面率22%。
180420_1219es_41th_21_47ashort180420_1404see_41th_21_66a180420_1842ws_43th_22_46ashort_kins180420_1840ws_43th_22_46a180420_1841ws_43th_22_46a








4月21日
左)12:47頃の東の空。月齢5.1、輝面率31%。
中左)16:07頃の南南東の空の月。月齢32%。高度は高く75度!
中)銀杏の梢の先の新芽と月を。
中右)新芽のアップ。
右)17:25頃の南南西の空の月。
180421_1247e_51th_31_41a180421_1607sse_52th_32_74ashort180421_1632s_52th_32_75a180421_1633s_52th_32_75a180421_1725sw_53th_32_70a






4月22~23日
左)14時過ぎの東の空の月。月齢6.1、輝面率43%。
20日、21、22日と三日間続けて東の空の月を撮れましたが、
ぐん、ぐん、ぐんと満ちているのがわかります。
中左)15:46頃の南東(やや東寄り)の空の月。
中)19:22頃の西南西の空の月。輝面率は44%に。
中右)21:21頃の西の空の月。輝面率は45%に。
右)23時過ぎの西(やや北寄り)の空の月。輝面率は46%に。
180422_1404e_61th_43_44a180422_1546see_62th_43_63a180422_1922wsw_64th_44_60a180422_2121w_64th_45_37a180422_2304wn_65th_46_17a






4月26~27日
左)17:25頃の東南東の空。月齢10.3、輝面率85%の月が。
まだ昼間の白い月。
中左)18:12頃の暮れかかった東南東の空。輝面率は86%に。
発光しているような白い月。
中)20:12頃の南南東の空の月。高度58度。
月は同じクールの中でも高度がかわります。4月21日頃の月より明らかに高度が低いです。
真珠のように輝いていました。
中右)撮るモードを変えたので同じ時間でも暗く写っています。
右)22:14頃の南西(やや南寄り)の空の月。月齢10.5、輝面率87%。
180426_1725ese_103th_85_33a180426_1812_2ese_103th_86_42ashort180426_2012sse_104th_86_58a180426_2013sse_104th_86_58ashort180426_2214sws_105th_87_56ashort






4月27~28日
左)22:36頃の南南西の空。月齢11.5、輝面率93%の月。
中左)日付変わって28日00:49頃の南西(やや西寄り)空。
雲が晴れてきて月が見えました。雲が月に照らされています。
中右)まるで秋の月のように輝いていました。
右)アップで。月齢11.6、輝面率94%。
180427_2236ssw_115th_93_53ashort180428_0049_3sww_116th_94_36a180428_0049_2sww_116th_94_36a180428_0049sww_116th_94_36ashort






4月28~29日
左)日付変わって29日00:14頃の南西(やや南寄り)の空の月。
月齢12.6、輝面率98%。
右)01:57頃の南西(やや南よりの空)の月。
輝面率98%は変わらず。
180429_0014sws_126th_98_44a180429_0157sws_126th_98_29ashort






4月29~30日(満月前日。月は東に日は西にとなりました!)
左)見晴らしのいいところで17:30過ぎの月の出を待ちました。
空が明るくなかなか月が見えてこず。
最初に目視できたのがこの17:58頃の東(やや南寄り)の月。月の出から20分ほど経っています。
中左)あまりに薄くてわかりづらいですよね。黄色い丸の所に月がいるんです。
中)アップで。月齢13.3、輝面率99%。高度は3.8度です。
中右)18:03頃の月。空も夕方の色になり、月はすぐみつかるようになりました。
右)アップで。
180429_1758_1es_133th_99_38a180429_1758_1es_133th_99_38awa180429_1758_2es_133th_99_38a180429_1803_1es_133th_99_48a180429_1803_2es_133th_99_48a






左)蕪村「菜の花や月は東に日は西に」が再現できました!
「栗の木や」
中左)「月は東に」 (18:06東やや南寄りに)
中右)「日は西に」 (18:06西やや北寄りに)
(画像では空のオレンジ色が少し濃く写っています)
右)夕陽のアップ。高度3A。日没20分前です。
180429_1805180429_1806_1es_133th_99_53a180429_1806_4180429_1806_3wn_3a






左)18:53頃の東南東の空。まだほんの少し明るさが残る空。
月は黄色の発光体になっていました。
中)アップで。月齢13.3、輝面率99%。
右)22:19頃の南南東の空の月。月齢13.5、輝面率100%。
満月が30日の午前9時台のためすでに100%となっています。
高度は43度。高くなく見やすい位置に出ています。
宵の月とは別モードで撮ったので暗く写っています。
うさぎが回転しているのがわかります。
180429_1853_1ese_133th_99_14a180429_1853_2ese_133th_99_14ashort180429_2219sse_135th_100_43ashort






4月30~5月1日(30日午前10時前が満月の時刻)
左)21:00頃の南東(やや東寄り)の空に満月と木星(右下)が。
中)月をアップで。月齢14.4、輝面率100%。
ですが、満月の時刻が午前中だったため、
すでに右側の際がゴツゴツ。欠け始めているのがわかります。
右)日付変わって5月1日01:03頃の南(やや西寄り)の空。
月齢14.6、輝面率99%。
180430_2100se_e_144th_100_25a180430_2101se_e_144th_100_25ashort180501_0103sw_146th_99_40ashort






5月1日~2日
左)21:16頃の南東(やや東寄り)の空低く、月が現れていました。
月も黄色、まわりも後光のような黄色も美しかったです。
中左)アップで。月齢15.4、輝面率97%。
中右)23:51頃の南南東の空。木星(右上)と月。
右)月をアップで。月齢15.5、輝面率97%。
右側にクレーターのゴツゴツが目立ちます。
180501_2116see_154th_97_17ashort180501_2117see_154th_97_17a180501_2351sse_155th_97_36a180501_2352sse_155th_97_36ashort






左)04:47頃の南西(やや西寄り)の空、たなびく雲と月。
中)アップで(そのため空が暗く写っています)。
薄雲をまとって少し眠たげにみえます。月齢15.7、輝面率97%。
右)05:12頃の南西(やや西寄り)の空。雲の御簾越しの月。
月齢15.8、輝面率97%。
180502_0447sww_157th_97_16a180502_0448sww_157th_97_16ashort180502_0512sww_158th_97_12a






5月3日~4日
左)日付変わって4日05:31頃の南西の空の月。
中左)雲の間を泳ぎます。月齢17.8、輝面率86%。
中右)05:32頃。雲から出ました。輝面率86%頃はレモンのような形。
右)06:40頃の南西(やや西寄り)の空の月。月齢17.8、輝面率86%。
透き通っているような月。
180504_0531_1sw_178th_86_21ashort180504_0531_2sw_178th_86_21ashort180504_0532sw_178th_86_21a180504_0640sww_178th_86_11a






5月4日~5日
左)23:53頃の南東の空低く。月齢18.5、輝面率80%の月が。
中左)まわりの雲が明るく照らされています。
中右)日付変わって5日00:43頃の南東の空。月齢18.6、輝面率80%。
中)木星は左下にいます。
180504_2353se_185th_80_15a180504_2354se_185th_80_15a180505_0043se_186th_80_22ashort180505_0048se_186th_80_23ashort






左)05:06頃の南南西の夜明けの空と月。
右)月をアップで。月齢18.8、輝面率79%。
180505_0506ssw_188th_79_29a180505_0507ssw_188th_79_29ashort






5月5日~6日
左)日付変わって6日朝5時過ぎの南(やや西寄り)の空の月。
月齢19.8、輝面率71%。
中)07:10頃の南西の空の月。透明感が増していますが、
探さなくてもまだすぐ目に留まります。
右)07:51頃の南西の空の月。月齢19.9、輝面率70%。
透明感がさらに増し、方角の検討がついていないと
すぐにはみつけられないくらいの目立たなさに。
月が透明になるわけではもちろんないのですが、
夜の月と昼の月ってどうしてこんなに見た目が変わるのでしょう。不思議です。
180506_0502sw_198th_71_32ashort180506_0710sw_198th_71_20a180506_0751sw_199th_70_15ashort






5月11日
天候が悪くて久しぶりに見た月です。
左)日の出頃。04:51の南東(やや東寄り)の空の月。
ほんのり紫がかって見えます。月齢24.7、輝面率24%。
中左)06:03頃の南東の空の月。スカッと晴れた空に気持ちよさそうに浮かんでいます。
中右)アップで。
右)06:50頃の南南東の空の月は青空に溶け入るソーダブルー色。
月齢24.8、輝面率は24%のままです。
180511_0451see_247th_24_28a180511_0603se_248th_24_39a180511_0604se_248th_24_39ashort180511_0650sse_248th_24_44a






5月12日
左)日の出直前の東南東の空の月。淡くピンク色に染まった雲が
まるで波打ち際のさざ波のように広がっていました。
中)アップで。月齢25.7、輝面率16%。
右)08:43頃の南の空の月。
このくらいの細さになると場所の見当をつけていてもすぐにみつけられず、
また一度目を離すと、どこに月があったかパッと探しあてられません。
月齢25.9、輝面率15%。
180512_0435_1ese_257th_16_20a180512_0435_2ese_257th_16_20ashort180512_0843s_259th_15_52ashort






-------------------------------------------------------
今クールは12日の月が最後に見た月となりました。
与謝蕪村の句のまま「月は東に日は西に」の眺め(4/29)を
眺められたのが一番印象に残っています。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年3月31日 (土)

今日は旧暦2月15日で満月&桜&雪日和

以下、クリックで拡大します。

今日は桜×満月が素晴らしい一日となりました。
明日から4月ですが、旧暦ですと如月(2月)15日。

となると西行法師の和歌が浮かびますよね。

願わくば
Img_2556short

花の下にて
Img_2611short

春死なん
Img_2621short

その如月の
Img_2683short

望月のころ
Img_2703short

Img_2704short
(↑月にピントを合わせてみました。
 黒くぼわっと写っているのが桜です)

ソメイヨシノが生まれたのは江戸時代で、平安~鎌倉時代にはまだなかったため、
西行法師が想定したのは別の品種の桜です。

そして願い通り、如月の望月の頃に亡くなったといわれていますね。

旧暦2月15日とソメイヨシノの満開が合ってうれしくなりました。
---------------------------------------------
もう一つ浮かんだのは与謝蕪村の句

菜の花や
Img_2650

月は東に
Img_2651

日は西に
Img_2643

Img_2648short

撮影場所では日没が18:03 月の出が17:45。
「月は東に日は西に」が実現したんです。

でも残念ながら、地平線ぎりぎりまで見られるロケーションではなかったため
夕陽を撮ったのが17:49頃
月の出を撮ったのが18:02頃。
同じ場所で同時に太陽と月を見ることは叶いませんでした。

--------------------------------------------------
さて、今日は盛りだくさんの一日!!

「雪月花揃い踏み」でもあったのです。

「えっ、晴れていて雪なんて降らなかったけど」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
雪とは桜吹雪。

Img_2598short_2
はらはらと舞うさまがはかなくもあり・・・。

花は枝や茎に付いて咲いていてナンボ、なのですが
盛りを越えても愉しもうという気持ちが感じられるのが
この「桜吹雪」という言葉と「花筏(はないかだ)」に現れていると思います。

散るさまを雪にたとえて楽しむ&惜しむ。

水辺に落ちた花びらが水面を覆う様子を筏に例えて風流さを味わう。

この国の情緒が大好きです。

花INDEXはこちら

2018年3月23日 (金)

月の備忘録 2018年3月17日~2018年4月15日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

※スマホでは画像はクリックしても拡大しません。レイアウトも変わってしまっています。
ご興味いただけたらぜひ「PC版サイトを見る」モードで開いてくださいませ。
画像は小さくアップしています。クリックで画像が拡大します。指で広げれば細部をご覧いただけましたら。

-------------------------------------------------------
3月22日(六日月)
左)15:14頃の南南東の空の月。今クール、晴天が少なく、最初に見た月となりました。
月齢4.7、輝面率24%。高度70度と高いです。スマホで撮りました。
中左)17:34頃の南西(やや西寄り)の空。雲から顔を出しかけた月。
輝面率25%。
中右)17:35頃、雲から完全に出ました。月の海が青く見えています。
右)アップで。弧の右上にヘラクレス、アトラス2つのクレーターが。
180322_1514sse_47th_24_69a180322_1734sww_48th_25_58a180322_1735sww_48th_25_58a180322_1734_2sww_48th_25_58a






3月23日
左)12時過ぎの東の空。3分咲きの桜の上の月。
月齢5.6、輝面率34%。
中)アップで。
右)19:55頃の西(やや南寄り)の空の月。月齢5.9、輝面率36%。
雨がパラパラ降り始めました。薄雲に覆われた月だったので少しピンボケです。
180323_1202e_56th_34_30a180323_1203e_56th_34_30a180323_1955ws_59th_36_44a






3月24~25日(25日00:35が上弦)
左)21:15頃の西の空に月齢7、輝面率48%の月が。
ほぼ半月。西の空なのに地平線上ではなくて高度40度ぐらいあります。
というのは、この月が西北西よりさらに北に沈むからなのですね。
(実際の月の角度はもう少し立っています)
右)23:56頃の西北西の空。月齢7.1、輝面率49%。
180324_2115w_7th_48_40a180324_2356wnw_71th_49_9a






3月25~26日
左)12:58頃の東(やや北寄り)の空、ほぼ満開の桜とソーダブルーの月。
月齢7.6、輝面率57%。
中左)15:57頃の東(やや南寄り)の空の月。
月齢7.7、輝面率58%。
中)19:17頃の南西(やや南寄り)の空の月。
月齢、7.9、輝面率59%。高度は72度。
体感的にはほぼ真上に見えるぐらいの高みに輝いていました。
中右)アップで。中央に逆さオラフが。
右)日付変わった26日零時過ぎの西(やや北寄り)の空の月。
月齢8.1、輝面率61%
180325_1258en_76th_57_18ashort180325_1557es_77th_58_54ashort180325_1917sws_79th_59_72ashort180325_1918sws_79th_59_72ashort180326_0004wn_81th_61_19ashort






3月26~27日
左)大好きな桜が今年も咲きました。 駅前なのにまるで城址公園のようなたたずまい。
中左)18:26頃。日が暮れてほどない夜桜と月。
中)南東の空の月のアップ。月齢8.8、輝面率70%。
中右)20:03頃の南南西の空。銀杏と月。 銀杏の枝のフォルムが現代アートのよう。
右)月のアップ。
180326_1257sakurashort180326_1825se_88th_70_68asakurashor180326_1827se_88th_70_68ashort180326_2005ssw_89th_70_72ashort180326_2003ssw_89th_70_72ashort









左)日付変わって27日01:01頃の西の空。 月齢9.1、輝面率72%。下が丸いコロンとした姿。
180327_0101w_91th_72_18ashort






3月27~28日
左)26日とほぼ同じ時間の桜と月。月の出が50分ほど遅くなっているため、
月が桜に近づいて写しやすくなりました。
中左)東南東の空の月をアップで。 月齢9.8、輝面率80%。
中右)すぐそばの桜と月。ライトアップされてほの白く浮かび上がる花びらが幻想的。
右)19:50頃の南南東の空の月。高度69度。空の高みから地上の桜を見下ろしていました。
180327_1818ese_98th_80_56ashort180327_1819ese_98th_80_56ashort180327_1821ese_98th_80_57a180327_1950sse_99th_80_69ashort










3月29~30日
左)18:30頃の東(やや南寄り)の空に月が。月の周りが黄色の光が広がって後光のようでした。
中左)アップで。月齢11.8、輝面率95%。
中右)22:10頃の南の空。月齢12、輝面率95%。
空の高いところに輝いていますが、3月26日の月よりも高度が低いです。
月の高度は日々変わるのが面白いです。
右)日付変わって03:29頃の西の空。
月齢12.2、輝面率96%。「草野球する人」が正位置に。
180329_1832es_118th_95_34a180329_1831es_118th_95_34ashort180329_2210s_12th_95_63a180330_0329w_122_96_16a






3月30~31日(満月前夜、14番目の月)
左)大好きな桜の昼間の姿。
中左)18:24頃。ほんの少しだけ蒼さの残る空の桜と月。
中)東(やや南寄り)の空の月をアップで。月齢12.8、輝面率99%。
中右)桜越しに。月の模様もうっすらですがわかりますね。
右)21:23頃の南東の空の月。月齢13、輝面率は99%変わらず。
月の兎が少し時計まわりに回転しているのがわかります。
180320_1256short180330_1824es_128th_99_20ashort180330_1825es_128th_99_20ashort180330_1828es_128th_99_20ashort180330_2123se_13th_99_51ashort








3月31~4月1日(31日21:37が満月。旧暦2月15日で如月の望月)
西行の和歌と蕪村の句が浮かぶ月日和でした。 詳細はこちら

左)17:49頃の夕陽。 17:43が月の出だったので、「月は東に日は西に」になっていたのです。
中左)18:02頃の東の空。探してやっと気づくくらいの、半透明のような白さで 月が出ていました。
中)月齢13.8、輝面率100%。高度2.9。
中右)18:12頃の東の空。空が暗くなっていき月がみるみる光っていきます。 照明と同じくらいの色に。
右)アップで。如月の望月。ウサギが餅つきしています。
180331_1749sunsetshort180331_1802_1e_138th_100_29a180331_1802_2e_138th_100_29ashort180331_1812e_138th_100_48ashort180331_1813e_138th_100_5ashort






左)19:28頃の桜と月。
中左)散り始めているのでガクのシルエットが目立ちます。
まるで丸窓の飾り枠のよう。
中右)19:34頃の東(やや南寄り)の空の月。
月齢13.9、輝面率100%。ですが厳密には99.99%。
右斜め下あたりに少しクレーターの陰影が見えています。
右)桜の飾り丸窓第二弾。
まだ咲き残っている愛らしい五弁のはなびらのシルエット。
おしべも見えます。
180331_1928_1es_139th_100_19a180331_1928_2es_139th_100_19a180331_1934es_139th_100_20ashort180331_1937_1es_139th_100_21a






左)桜の飾り丸窓第三弾。
中左)月にピントを合わせると。
中)桜の飾り丸窓第四弾。
中右)月にピントを合わせると。まだ右側にクレーターのでこぼこが見えますね。
右)日付変わって1日00:58頃の南南西の空の月。
月齢14.1、輝面率100%。満月の時刻を過ぎ少しずつ欠け始めています。

180331_1948ese_139th_100_23ashort180331_1949ese_139th_100_23ashort180331_1951ese_139th_100_24a180331_1952ese_139th_100_24a180401_0058ssw_141th_100_50a






左)05:09頃の西(やや南寄り)の空の月。
夜明け前の蒼い空。
中左)月をアップで。月齢14.3、輝面率100%。
中)05:20頃の空。日の出直前でかなり空が明るくなりました。
31日の夕方とは逆で「月は西に日は東に」になったのです。
中右)月をアップで。高度7.7でかなり輪郭がゆらゆらしています。
右)05:30頃の西(やや南寄り)の空の月。月がかなり白っぽくなってきました。
ほのかに朝焼けに照らされた雪原のような赤みがみられます。

180401_0509_1ws_143th_100_98ashorts180401_0509_2ws_143th_100_98ashort180401_0520_2ws_143th_100_77ashort180401_0530ws_143th_100_57ashort






左)05:38頃の西(やや南寄り)の空。桜木立の上のかすかな月。
中)05:44頃。高度3度。まだ月が見えています。
右)画像処理して月を目だたせると。中央にくっきり。
180401_0538ws_143th_100_4ashort180401_0544short180401_0544ws_143th_100_3ashort3333






左)05:45頃。これが肉眼で確認できた最後。月の入り15分ほど前の月。
中左)画像処理を。
右)画像処理してもわかりづらいですよね。○の位置に月がいます。
180401_0545ws_143th_100_29ashort180401_0545ws_143th_100_29ashort333180401_0545ws_143th_100_29ashort555






桜の盛りと如月の満月が一緒になるのはうれしいタイミング。
しかも天気に恵まれ、月の出も月の入りも見ることができました。

4月1~2日(十六夜いざよい)
左)20:38頃の東南東の空におぼろ月。月齢14.9、輝面率99%。
中)日付変わって2日03:34頃の南西の空の月。月齢15.2、輝面率98%。
満月から2%欠けただけでずいぶん丸みが減ったようにみえます。
右)同時刻、カメラの別モードで。
180401_2038ese_149th_99_20a180402_0334_1sw_152th_98_33a180402_0334_2sw_152th_98_33ashort






4月3~4日
左)22:27頃の南東(やや東寄り)の空に月齢17、輝面率89%の月が。
中)23:41頃の南東の空の月。写真は「雪モード」で撮っているので少し黄味が強いですが
実際にもこのくらいの色味に見えました。黄色のオーラをまとったような月。
右下には木星が。
右)日付変わって4日05:52頃の南西(やや西寄り)の空に月齢17.3、輝面率88%の月が。
満月から2日目にしてもうこんなに欠けています。
180403_2227see_17th_89_17ashort180403_2341se_171th_89_28a180404_0552sww_173th_88_20a






4月6~7日
左)6日夜の春の嵐が過ぎ去った7日05:41頃の南(やや西寄り)の空。
青空と雲と白い月と。
中)アップで。月齢20.3、輝面率64%。3日ほど見ていないあいだにこんなにほっそり。
右)07:11頃の南西(やや南寄り)の空。輝面率は63%に。
180407_0541_1sw_203th_64_32a180407_0541_2sw_203th_64_32a180407_0711sws_204th_63_24a






4月8日(下弦)
左)02:11頃の南東の空の月。月齢21.2、輝面率55%。
下弦の時刻は夕方のため、まだ5%ふっくらしています。
中左)欠け際のアルファベットのyの字が見えます。勝手に名づけて「月面y」
中)黄色のところです。左側の黄色い丸3つは私が勝手に「逆さオラフ」と呼んでいる形です。
中右)月のそばに赤い火星と土星が並んで、3角形をつくっていました。
右)03:33頃の月面y。こちらの方が「y感」がありますね。
180408_0211se_212th_55_17a_2180408_0212se_212th_55_17a180408_0212y180408_0214se_212th_55_17akasei_dos180408_0333ses_212th_55_27a






左)08:18頃の南西の空。晴れた青空に少し透けるような月。
月齢21.4、輝面率54%。
180408_0818sw_214th_54_22a






4月9日
左)04:55頃、日の出間近で空の下の方が淡いオレンジ色になっています。
南南東の方角に月が。
中左)アップで。月齢22.3、輝面率45%。焼き目のついた餃子のような月。
中)05:39頃の南(やや東寄り)の空の月。
中右)06:46頃。ヒマラヤ杉と。
右)アップで。月齢22.4。輝面率は45%のまま。
180409_0455sse_223th_45_31a180409_0456sse_223th_45_31a180409_0539se_223th_45_33a180409_0646_1s_224th_45_34a180409_0646_2s_224th_45_34a




4月10日
左)日の出間近。04:55頃の南東(やや南より)の空の月。
中左)アップで。月齢23.3、輝面率36%。月の海が細身の餃子の焼き目のよう。
中)06:06頃の南南東の空の月。輝面率は35%に。
中右)06:47頃の南(やや東寄り)の空の有明の月。新緑と。
右)白い月でもクレーターのグリマルディがはっきり見えます。(中央外側)。
180410_0455_2ses_233th_36_27a180410_0455_1ses_233th_36_27ashort180410_0606sse_233th_35_34ashort180410_0647_2se_234th_35_36a180410_0647_1short






4月12日
左)06:08頃の南東の空の月。月齢25.3、輝面率18%。
このくらいの細さになると明るい空でみつけるのに時間がかかります。
右)10:54頃の南西(やや南寄り)の空の月。月齢25.5、輝面率17%。
薄雲もたなびく空、ステラナビゲータで方角を確かめて目を凝らしてやっと発見。
情報なく空をみあげているだけでしたらみつけられないくらいかすかな月でした。
180412_0608se_253th_18_30a180412_1054sws_255th_17_33a






4月13日
左)04:53頃の東南東の空低く。月齢26.3、輝面率11%の月が。
中左)05:26頃の東南東の空の月。雲がほんのり朝焼けに染まっています。
輝面率11%ぐらいの月を肉眼でみつけるのは難しいです。
方角や高度の検討をつけながら少し目を凝らしてやっとみつけられました。
中)05:27頃。雲を通すぎましたが、かすかな光の月です。
中右)ズームアウト。この朝焼けの空のどこかに月がいます。
右)→のところです。
180413_0453ese_263th_11_13ashort180413_0526_3ese_263th_11_18a180413_0527_2ese_263th_11_19a180413_0527_4ese_263th_11_19a180413_0527_4ese_263th_11_19ayajiru






------------------------------------------------------
今クールは「如月の望月と桜」「城址公園風情の大好きな桜と月」の
眺めを愉しめたことが一番うれしかったでした。
------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。 月の備忘録INDEXはこちら

2018年2月21日 (水)

月の備忘録 2018年2月16日~2018年3月16日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

-------------------------------------------------------
2月20日(五日月)
左)16:06頃の南南西の空の月。月齢4.4、輝面率19%。
  今クール最初に見る月です。細い弧が夕方の空に見えました。
180220_1606ssw_44th_19_56ashort






2月23~24日(23日が上弦)
左)18:24頃の南南西の空。月齢7.5、輝面率51%。高度69度。真上ぐらいの高さに感じます。
  上弦の時刻が17時過ぎだったのですでに半月より1%満ちています。
中)アップで。欠け際中央に逆さオラフ(勝手に命名)が目立っています。
右)22:09頃の西の空。月齢7.7、輝面率52%。
180223_1824ssw_75th_51_69a180223_1825ssw_75th_5169a180223_2209w_77th_5230a






2月24~25日
左)15:01頃の東の空、すでに40度の高さに月齢8.4、輝面率61%の月が。
 月の海が青空と同じ色です。
中左)17:21頃の南東(やや東寄り)の空。月齢8.5、輝面率62%。
 昼間の月と比べて夕方の白い月は蛍光がかった白に見えます。
中右)23:17頃の西の空。月齢8.7、輝面率64%。
右)日付変わって25日00:22頃の西(やや北寄り)の空の月。
180224_1501e_84th_61_40a180224_1721see_85th_62_66a180224_2317w_87th_64_29a180225_0022wn_88th_64_16ashort






2月26~27日
左)18:19頃の東南東の空、かなり高いところに月齢10.5、輝面率83%の月が。
右)19:40頃の南東の空。月齢10.6。高度は69度。頭上に感じるくらいの高さで輝いていました。
180226_1819ese_105th_83_56ashort180226_1940se_106th_8369ashort






2月27~28日
左)16時過ぎの東(やや北寄り)の空低く。大好きな桜の木の少し下に
  かなり丸くなった月がいます。(画面の右下のあたり)
中左)アップで。月齢11.4、輝面率90%。月の海が空と同じ色です。
中右)21:15頃の南南東の空高く、月齢11.6、輝面率91%の月。
  高度70度なのでカメラを持った手を真上に掲げて撮っている感覚です。
右)23:55頃の西南西の空。月齢11.7、輝面率92%の月。
  このくらいの満ち欠け具合の月は西の空に来るとしもぶくれのコロンとした姿になります。
  それがかわいいです。
180227_1604en_114th_90_17ashort180227_1605en_114th_90_17a180227_2113sse_116th_91_71ashort180227_2355wsw_117th_92_56a







2月28~(3月1日)
左)19:41頃の南東の空。雲に覆われた真っ暗な空を見ていたところ、
  少し雲の薄いところがあり、少しだけ月が顔を出しました。
  月齢12.6、輝面率97%。
180228_1941ese_126th_97_46a






3月1~(2日)
左)18:36頃の東の空。薄い雲をまとった月齢13.5、輝面率99.5%の月。
  月のまわりの雲が少しだけオパールのような色のグラデーションになって綺麗でした。
中)20時過ぎの東(やや南寄り)の空。雲がとれて輝く月が。
右)22:51頃の南南東の空。月齢13.7、輝面率100%の月が。
  満月は2日ですがすでに100%になっています。
180301_1836e_135th__995_20a180301_2002es_136th__995_37a180301_2251sse_137th_100_64a






3月2~3日(2日が満月)
左)18:35頃の東(やや北寄り)の空低く、昇ってきた満月。
  月齢14.5、輝面率100%。高度7.6度の低さ。「ぽってり」した鈍い黄色に輝いていました。
  皆既月食から1ケ月後の月です。注目度はぐんと減った「ただの満月」ですが、
  友人からも綺麗な月だね~の声が多数寄せられました。
右)日付変わって3日05:31頃の西の空。
  月齢15、輝面率99%。すでに右下が欠けはじめているのがわかります。
  「しゃっきり」した輝きでした。
180302_1835en_145th_100_76a180303_0531w_15th_99_16ashort






3月3~4日
左)23:15頃の南東の空。月齢15.7、輝面率97%。雲越しでもわもわ。
中)日付変わって4日00:05頃の南東(やや南寄り)の空の月。
  少し雲が薄くなりましたが、まだもわもわの月。
右)03:16頃の南西の空の月。月齢15.9、輝面率96%。
  雲が晴れました。わずか4%ですが、右下がずいぶん欠けているのがわかります。
180303_2315se_157th__97_46a180304_0005ses_157th__96_52ashort180304_0316sw_159th_96_46a






3月4~5日
左)23:44頃の南東の空。月齢16.7、輝面率91%の月。
  欠け際にクレーターが並んでいます。
右)日付変わって5日04:49頃の南西の空、雲に覆われながらも顔を見せた月。
  輝面率は90%。
180304_2344se_167th_91_39ashort180305_0449sw_169th_90_36a



  


3月6~7日
左)日付変わって7日零時過ぎの南東(やや東寄り)の空に月齢18.8、輝面率76%の黄色い月が。
  雲をまとって、月のまわりの雲も金色がかっていました。
右)はっきり写せなかったのですが、月のほぼ真下の「ポツン」とした光は木星です。
180307_0007see_188th_76_21a180307_0006see_188th_76_21a






3月13日
左)05:42頃の南東の空に月齢25、輝面率20%の月が。
中)月がボケてしまいましたが、淡い朝焼けが広がる空の春の月でした。
右)06:23頃。輝面率は20%ありますが、夜が明けた空の中ではかすかな光の弧でした。
180313_0542se_25th_20_23ashort180313_0543se_25th_20_23a180313_0623ses25th_20_28a






3月14日(新月四日前の逆四日月)
左)04:57頃の南東(やや東寄り)の空に月齢26、輝面率13%の月が。
右)05:54頃の南東の空の月。空はかなり明るくなっています。
  細い弧ですが、かろうじてまだ、みつけられました。
180314_0457see_26th_13_99ashort180314_0554se_26th_13_19ashort_2






-------------------------------------------------------
今クールは3月14日の月が最後に見た月となりました。

曇りの日が多く、嵐の日もあり、「空が晴れ渡って月が綺麗に見える」という日が少なかったです。
春の訪れの証だわ~と思います。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年2月 4日 (日)

2018年1月31日スーパーブルーブラッドムーンを撮りました!

スーパーブルーブラッドムーンというキャッチ―な名前にはちょっと抵抗がありますが、
ずっと撮りたかった皆既月食の赤いお月さまを撮れました。

私はすっごく高価なカメラを持っているわけではありません。
毎日持ち歩いて昼間の月もパッと撮れるキャノンのPowerShot SX50。

暗く赤い月を撮るのはすごくむずかしかったですし、
うまく水平に構えられていなくて月の天地が少しずれてしまった写真もありますが、
自分自身の控えとしてアップいたします。

画像はクリックで拡大します。

19:21。まだ欠ける前。まんまるです。
丸(危難の海)が時計の文字盤の12より右側に写っていますが
正確には12より左(11側)でした。
180131_1921short

20:48が本影開始です。

20:53。左斜め下から欠け始じめ。
欠け始めの時は欠け部分が真っ暗にみえます。誰かが月をかじったように。
180131_2053_2short

21:16。どんどん欠けていきます。
180131_2116short

21:23。欠けていくにつれ、「真っ黒」だった欠け部分がほのかに赤く見え始めます。
(この写真では明るい部分にカメラを合わせているので欠け部分は「真っ黒」になっています。
180131_2123short

21:30。欠け部分にカメラを合わせてパシャリ。月の模様も見えています。
180131_2130


21:37。右斜め上が取り残されています。
通常の月の満ち欠けではこんな「柿の種」のような形は見られないので貴重な眺め。
180131_2137_2

21:52。皆既開始。どんどん赤くなる月。神秘的です。
180131_2152short

空の高いところで、ぽってりした鈍い赤い光で灯る月。
まるでエミール・ガレかドームのガラス照明のような色で。

22:21。月の右下にかに座の2つの星が。
180131_2221_2kaniza_short

ステラナビゲータ10で再現。
緑の十字のところに星が2ついます。
180131kaniza

22:30食の最大。

22:57。左下の方から月が明るくなってきました。
180131_2257short

23:09皆既終了。

23:14。左下からじわじわっといつもの輝きが復活。
暗褐色のところにクレーターのティコが見えています。
180131_2314short

矢印のところです。
180131_2314short_yajirushi

23:16。カメラの別のモードで撮ったら赤い月面の模様がくっきり。
180131_2316short


23:19。明るい面にカメラを合わせて。
180131_2319

雲が出てきました。もともと夜は曇りで月蝕観察は難しいかもと言われていました。
天気の神様のはからいか、光が再び復活するまで空をもたせてくれてありがたかったです。

23:42。雲越しでくっきりは写せませんでしたが、だいぶ月が復活しています。
180131_2342

日付変わって2月1日00:02。まだわずかに欠けています。
(少し月が黄色く写っていますが、実際にこのくらいの色でした)
180201_0002

このあとは雲に覆われて見られず。

00:12本影終了となりました。

01:35。雲が切れ、ふたたび月が綺麗な姿をみせてくれました。
    月食も終わり、丸い月です。
180201_0135sww_146th_100_61a

05:03。西の空。月の模様もだいぶ時計まわりの回転していますね。
180201_0503_w_147th_100_22ashort

右下中心に少しクレーターの陰影が見えています。
満月の時刻を過ぎて、このあたりから欠け始めているのです。
180201_0503_w_147th_100_22a
-----------------------------------------------
空の高いところで鈍く赤く灯る皆既月食の月。
幻想的で不思議な気持ちになりました。

1月の2度目の満月でブルームーンなレッドムーン。
スーパームーンとも言われて、
テレビでは普段より大きく見えるブラッドムーンなんて言われていましたが、
私の眼にはちっとも大きく見えませんでした。

確かに距離こそ普段の月よりも近いかもしれないけれど、
健全な目をしていたら、空の低いところの月は大きく見える。
空の高いところの月は小さく見える。

だから、小さく見えました。遠くに見えました。

最近、スーパームーンというキャッチ―な言葉で煽っているように思えるのが
あまり好きではありません。

スーパームーンの時でなくたって、月の出直後や月の入り直前の月は大~~~きく見えるもの。
こうつぶやきたくなります。

出てすぐの月見りゃみんな スーパームーン。














2018年1月21日 (日)

月の備忘録 2018年1月17日~2月15日

180212_0923s_259th_13_33a


月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。
はみでる場合は新しいタブで開く、を)
-------------------------------------------------------
1月20日(四日月)
左)今クール最初の月は四日月。17:15頃の南西の空に細い弧が現れていました。
右)夕映えのグラデーションの中の細い月。
180120_1715sw_32th_9_26a180120_1716sw_32th_9_26ashort






1月21日
左)13:18頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢4.1、輝面率15%。
   方角と高さの見当をつけて瞳を凝らしてやっとみつけられました。
中左)15:31頃の南(やや西寄り)の空の月。
中)日没直前の16:35頃の南西(やや南寄り)の空の月。
中右)月は矢印の位置にかすかに見えています。
   夕空のグラデーションが綺麗です。
右)月をアップで。月齢4.2、輝面率16%。
180121_1318ses_41th_15_40a180121_1531sw_42th_15_46a180121_1636sws_42th_16_41ashort180121_1636sws_42th_16_41ashort_yaj180121_1637sws_42th_16_41a






左)17:37頃の南西の空の月。暮れてきましたが、かすかに下の方にオレンジ色が見えます。
中左)月をアップで。月齢4.3、輝面率16%。
中右)18:25頃の南西(やや西寄り)の月。危難の海がはっきり。
右)月の欠けている部分の丸みが見えます。
180121_1737sw_43th_16_33ashort180121_1737_2sw_43th_16_33ashort180121_1825sww_43th_16_25a180121_1827sww_43th_16_25a






1月23日(大雪翌日)
左)13:21頃の東南東の空。月齢6.1、輝面率32%。
  青空の中でソーダブルーの月。
中左)14:34頃の南東の空の月。輝面率33%。
中右)21:17頃の西(やや南寄り)の月。輝面率34%。
   輪郭がニジニジしていてブサイクなのは、大気のせいでしょうか。
   すぐそばの温風が立ち上る場所(建物のすぐ脇)越しに撮ったからかも。
180123_1312ese_61th_32_33ashort180123_1434se_61th_33_46ashort180123_1557se_62th_33_54a180123_2117ws_64th_34_16a






1月24日
左)11:30。月の出から40分後の真東の空低く、淡い月を発見。
中左)アップで。 月齢7、輝面率42%。青空に透けているかのよう。
中右)21:22頃の西(やや南寄り)の空の月。月齢7.4、輝面率45%。
    「草野球する人」がかなり背中をそらした格好になっています。
右)22:29頃の西の空の月ですが、まだ月没1時間15分前。
  この月が東より北側の空から昇り、西より北側の空に沈む軌道だったからです。
180124_1131180124_1130e_7th_42_75a180124_1130e_7th_42_73a180124_2122ws_74th_45_27ashort180124_2229w_75th_45_14a






1月25日~26日(上弦/朝晩氷点下の寒さ)
左)13:55頃の東(やや南寄り)の空の月。月齢8.1、輝面率54%。
  上弦の日ですがその時刻が7:20だったのですでに4%増しています。
中左)15:17頃の東南東の空。抜けるような青空を背景に月の海も青に。
中)16:48頃の南東(やや南寄り)の空の月。輝面率55%。
中右)18:36頃の南南西の空、高度63の高さの月がくっきり。
右)白い丸が「逆さオラフ(勝手に命名)」。
  上弦では欠け際ギリギリになる時もありますが、
  今回の月では欠け際からずいぶん離れています。
180125_1355es_81th_54_29a180125_1517ese_82th_54_45ashort180125_1648ses_82th_55_59ashort180125_1836ssw_83th_55_63ashort180125_1837_2ssw_83th_55_63a






左)20:03頃の南西(やや西寄り)の空の月。
中)22:11頃の西(やや南寄り)の空の月。
右)23:08頃の西の空。月齢8.5、輝面率57%。
  「草野球をする人」が前日同様のけぞっています。
180125_2003sww_84th_55_53ashort180125_2211_ws_85th_56_30ashort180125_2308w_85th_57_19a






1月26~27日(今日も氷点下)
左)21:19頃の西南西の空の月。月齢9.4、輝面率67%。
  半月翌日にして「コロン」とした形になってきました。
  欠け際中央にクレーターのコペルニクスが目立っています。
中)22:06頃の西(やや南寄り)の空の月。
右)23:53頃の西の空の月。月齢9.5、輝面率68%。
180126_2119wsw_94th_67_52ashort180126_2206ws_95th_67_43ashort180126_2353w_95th_68_23ashort






1月27~28日
左)16:18頃の東(やや南寄り)の位置ながらすでに高度40度の高さの月。
  月齢10.2、輝面率76%。
中左)17:13頃の東南東の空の月。大好きな桜の木とともに。
    ついこのあいだまでこの時間、すっかり暮れて真っ暗だったのに
    日の入りが遅くなりました。
中)アップで。欠け際上部に「虹の入江」が動物の耳のように見えています。
中右)日付変わって28日00:05頃の西の空。高度はまだ33度あります。
   月齢、10.5、輝面率78%。
右)00:39頃の西(やや北寄り)の空。右下には牡牛座の一等星アルデバランが。
180127_1618es_102th_76_40a180127_1713ese_102th_76_51ashort180127_1714ese_102th_76_51ashort180128_0005w_105th_78_33aw_105th_78180128_0039w106th_78_26a








左)02:07頃の西(やや北寄り)の空、葉を落としたイチョウ越しの月。
右)なんとか月にピントを合わせて。輝面率79%。
  ぼけぼけながら、27日17:14には虹の入江が欠け際でしたが、
  欠け際ではなくなっていることがわかります。
180128_0208wn_106th_79_92a180128_0207wn_106th_79_94a






1月28~29日
左)16:54頃の東の空に月齢11.2、輝面率86%の月が。
右)21時頃の南(やや西寄り)の空高く、輝面率87%の月が。レモンの形。
このあとは曇って見えず。
180128_1654e_112th_86_37ashort180128_2101sw_114th_87_73ashort






1月29~30日
左)21:35頃。雲越しにかすかに見えていた月を撮ろうとしたところ雲に覆われて真っ暗で写せず。
  見えていたのは月齢12.4、輝面率94%の月。高度は74。体感ではほとんど「頭上」。
  180129_2135sse_124th_94_74a






1月30~31日
左)21:16頃の南東(やや東寄り)の空に月齢13.4、輝面率98%の月が。
中左)22:16頃の南東(やや南寄り)の空高く高度71度に輝面率99%の月が。
中右)左下を中心にクレーターの陰影が見えます。このあたりが欠けている1%の部分。
右)日付変わって1月31日00:13頃の空の月。
  雲に覆われながらも姿を見せてくれました。
180130_2116see_134th_98_63ashort180130_2216ses_135th_99_71ashort180130_2216_2ses_135th_99_71ashort180131_0013sw_135th_99_67ashort



   


1月31~2月1日(スーパーブルーブラッドムーン)
見ることができました。詳細はこちらに。
左)19:21頃の東の空。欠ける前の満月。
中左)20:53頃。欠けはじめ。
中)21:16頃。どんどん欠けていきます。
中右)21:32頃。
右)21:34頃。真黒に見えていた欠けた部分が面積が増えるにつれ、赤く浮かびあがってきます。
  欠けの部分に合わせて撮ると、模様もはっきり。
180131_1921e_143th_100_28ashort180131_2053es_144th_100_46ashort180131_2116es_144th_100_50ashort180131_2132short180131_2130




左)21:42頃。
中左)21:52頃。
中)21:56頃。
中右)22:21頃。右下に2つかに座の星が。
右)22:56頃。
180131_2142short180131_2152short180131_2156180131_2221see_145th_100_62akaniza_180131_2256short_2




左)23:14頃。左下から明るくなりはじめました。
赤い月面にはクレーターのティコもはっきり。(矢印部分)
中左)23:16頃。
中右)23:42頃。うっすら雲をまといながら。
中右)日付変わって2月1日00:02頃。
   雲がどんどん厚くなり皆既月食ショーはこれが最後の眺めとなりました。
180131_2314short_yajirushi180131_2316short180131_2342180201_0002




左)01:35頃。雲が薄くなりふたたび月が姿を現しました。月食が終わり丸い月の復活です。
中)05:03頃の西の空。模様がずいぶん時計まわりに回転しているのがわかります。
右)満月の時刻から6時間ほど経っているので右下部分から欠け始めているのがわかります。
180201_0135sww_146th_100_61a_2180201_0503_w_147th_100_22ashort_2180201_0503_w_147th_100_22a_2




夜は曇りの予報だったので、晴れてこれだけ見られるとは思いませんでした。
幻想的な赤い月を堪能できましたscissors

2月2~3日
左)日付変わって3日04:36頃の西南西の空。
  皆既月食で魅了した月はもうこんなに欠けています。
  月齢16.7、輝面率93%。
180203_0436wsw_167th_93_44a






2月3~4日
左)日付変わって00:06頃の南東(やや東寄り)の空。
  月齢17.5、輝面率87%の月。
180204_0006see_175th__87_43ashort






2月4~5日
左)23:58頃の東南東の空。月齢18.5、輝面率79%の月。
中左)04:54頃の南西(やや南寄り)の空。
  ほっそりしたレモンが立っているよう。
中)06:24頃の南西(やや西寄り)の空。輝面率は77%に。
  アップで撮ったので空が真っ暗に写っていますが、明けはじめて空は蒼いです。
中右)06:48頃の南西(やや西寄り)の空。ヒマラヤ杉と月。
右)アップで。
180204_2358ese_185th_79_30ashort180205_0454sws_187th_78_49ashort180205_0624_2sww_188th_77_36ashort180205_0648sww_188th_77_32a180205_0648_2sww_188th_77_32ashort






2月5日~6日
左)日付変わって6日00:03頃の東南東の空の月。
  月齢19.5、輝面率69%。
  一日前の月と比べるとさらにほっそりしたのがわかります。
中左)05:00頃の南(やや西寄り)の空の月。輝面率は68%に。
   欠け際に3つ並びのクレーター(カタリナ・キリルス・テオフィルス)が見えています。
中)06:24頃の南西の空の月。
中右)アップで。
右)06:51頃の南西の空の月。
  空が明るくなると月の海の色も灰色から青く移行。その色合いが好きです。
180206_0003ese_195th_69_19a180206_0500sw_197th_68_48ashort180206_0626sw_198th_68_39a180206_0624sw_198th_68_39ashort180206_0651sw_198th_68_36ashort






2月6日~7日
左)04:51頃の南の空の月。月齢20.7、輝面率58%。
中左)月のそばに木星が(左下)。
中)06:10頃の少し明るくなりはじめた空。南南西の月。
中右)06:47頃、南西(やや南寄り)の空。桐と月。
右)アップで。
180207_0451s_207th_58_44ashort180207_0455s_207th_58_44a180207_0610_1ssw_208th_58_42ashort180207_0647sws_208th_58_38ashort180207_0648sws_208th_58_38ashort






2月8日(8日の00:54が下弦)
左)03:53頃の南東(やや南寄り)の空の下弦の月。
  月齢21.7、輝面率48%。下弦の時刻を3時間過ぎて2%欠けています。
中左)欠け際のクレーターがくっきり写りました。逆さオラフ(勝手に命名)がいます。
   上弦の月前後に見えることの多い「月面エックス」らしきものも。
中)その位置を示してみました。
中右)月がどんどん動くので木星はこの時は月の右下に。
右)木星のアップ。キャノンのPowerShot SX50は惑星は苦手だけど
  衛星の位置がわかるくらいには撮ることができました。
180208_0354ses_217_48_34ashort180208_0353ses_217_48_34a180208_0353ses_217_48_34ax180208_0356_2ses_217th_48_34a_180208_0403




左)このところ朝5時前の南東~空の空で存在感を示していたのが、火星とさそり座の星たち。
  菱形をつくっているのです。極小の粒が見えますでしょうか。画像は大きいのでパソコンで
  リンク先を新しいタブで開く、でご覧いただけましたら。
中左)その形をステラナビゲータで再現しました。
    満天の星が見える環境ではないおかげで、この4つの星の菱形が目立っているのです。
中)05:11頃の南(やや東寄り)の空。コンディションがよく、クレータの中央丘もポツッと写っています。
中右)欠け際のアップ。
右)06:20頃の南(やや西寄り)の空。このくらい空が明るくなっても木星は見えています。
180208_0401_2ses_217th_48_35ashort9180207180208_0511se_217th_48_40a180208_0547s_218th_48_41ashort180208_0620sw_218th_48_40a




左)06:53頃の南南西の空。月齢21.8、輝面率48%のまま。
中)07:19頃の南南西の空。月の海が空の色になってきました。
右)08:33頃の南西の月。輝面率47%に。月全体が淡いブルーに。
180208_0653ssw_218th_48_39ashort180208_0719ssw_218th_48_37a180208_0833sw_219th_47_28a






2月9日
左)04:49頃の南東(やや南寄り)の空、月齢22.7、輝面率39%の月が。
中左)このところ見えていた菱形を作る4つの星に月が最接近のため、
  菱形が見えづらいです。
  画像は大きくアップロードしましたので、PCでご覧いただけたら。
  赤い星、火星とアンタレス、ジュバが写っています。
中)06:10頃の南(やや東寄り)の空。このくらい明るくなっても右の方に木星が写っています。
中右)06:48頃の南の空。冬木立の上に月が。
右)アップで。やや上部にクレーターのコペルニクスが目立っています。
180209_0449ses_227th_39_32a180209_0451ses_227th_39_32ashort180209_0610se_228th_38_37a180209_0648_1s_228th_38_38a180209_0648_2s_228th_38_38a






2月10日
左)05:43頃の南南東の空、月齢23.8、輝面率29%の月が。
  餃子よりも細身になりました。
右)09:09頃の南南西の空の月。
  このくらいの細さでも方角がわかっていればみつけられます。
180210_0543sse_238th_29_31a180210_0909ssw_239th_29_30a






2月11日
左)09:42頃の南南西の空の月。月齢24.9、輝面率20%。
このくらいの細さになると青空の中で探すのは難しいです。
方角を検討つけて、目を凝らしてやっとみつけられます。
それでも一度目を離してしまうとすぐ見失ってしまいます。
180211_0942ssw_249th_20_30a






2月12日(16日が新月なので逆五日月)
左)04:39頃の南東(やや東寄り)の屋根の上に月が昇り始めました。
  右上に見える点は土星です。(2つの点の下は飛行機?)
  月齢25.7、輝面率14%。
中左)04:54頃の南東(やや東寄り)の空の月。地球照も。
   (影の部分をGIMPで明るくしています)
中)05:02頃。うっすらと影の模様が浮かび上がっています。
中右)06:00頃。雲のシルエットがわかるくらい空が明るくなりはじめました。
  南東の月。土星もまだ見えています。
右)月をアップで。(ぼやっと不鮮明)。
180212_0439see_257th_14_79ashort180212_0454h180212_0502see_257th_14_11ashort180212_0600_2se_258th_14_20a180212_0601se_258th_14_20a




左)07:03頃の南東(やや南寄り)の空の月。
中左)08:53頃の南の空。輝面率は13%に。
右)09:23頃の南の空。昨日よりも月は細くなったのに今日の方が探しやすいです。
  空にまったく雲がなかったからかもしれません。
180212_0703ses_258th_14_28a180212_0853s_259th_13_34a180212_0923s_259th_13_33a_2






2月13日(新月3日前の逆四日月)
左)05:51頃。少し明るくなり始めた南東(やや東寄り)の空に細い月がかかっていました。
  地球照が神秘的です。模様もうっすら見えています。
中左)過去の満月と比べると。こんな感じで影の部分に模様が見えているんです。
中)05:54頃。細い象牙の角みたい。月齢26.8、輝面率8%。
中右)06:09頃。さらに空が明るくなり地平線のあたりがオレンジ色に染まって、
   オレンジ~藍色のグラデーションが綺麗です。
右)アップで。
180213_0551see_268th_8_12a151027_2118see_145th_100_50ashort180213_0554see_268th_8_12a_short180213_0609_1see_268th_8_15ashort180213_0609_2see_268th_8_15ashort




-------------------------------------------------------
今クールは2月13日の早朝の月が最後に見た月となりました。
今クールの1番は1月31日のスーパーブルーブラッドムーンを見て撮れたこと。
2番目に印象的だったのは2月8日前後。夜明けの空にさそり座、木星、火星と月が見られたこと。
氷点下の寒さの中で眺めるさそり座は冬なのに夏、みたいな季節感のミスマッチがオツでした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2018年1月 4日 (木)

2018年1月1日~2日。今までで最高の月撮りコンプリート!満月でスーパームーン!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

新春最初のブログは月について。

コンプリート達成しました!!!!

「月撮りコンプリート」というのは私が勝手に作ったルールなのですが、
月の出から1時間以内(できれば30分以内)の月と
月の入り1時間以内(できれば30分以内)の月を撮り、
その他の5つ以上の時間帯での月の満ち欠けの様子を撮るというもの。

これを達成できたのは2014年8月から月を撮り始めてわずか2回目。
それがお正月早々の美しい満月でスーパームーンなのですからscissors
これは春から縁起がいいワイワイです。

ではそのレポを。

まず今回のスーパームーンに関して。

月は2日朝6時49分に近地点を通過。
満月の時刻が2日午前11時24分。

地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)をステラナビゲータ10で調べると

A)1月2日6時31分(月の入り) 35万66km 
B)1月2日16時59分(月の出)35万67km

「2日の満月」というと夕方東の空から昇る月をイメージしがちですが、
BよりもAの方が地球に近いことがわかります。

ステラナビゲーターで調べますと、AもBも輝面率100%。
満月の時刻が午前11時24分なのでAは満月の5時間前。Bは5時間30分後。

Aの方がBより満月中の満月、しかも近地点通過時刻と18分しか違わない
スーパームーン中のスーパームーンであることがわかります。
--------------------------------------------------------------------
では1月1日元日~2日の月のレポを。

以下画像はクリックで拡大します。
データはステラナビゲータ10で調べたものです。
月齢は正午月齢ではなく、その時刻の月齢を記しています。

1月1日
左)16:33 東北東の低い空、屋根の上に丸い月が見えました。
   2018年の初月の出(月の出時刻から37分後)です。
中)アップで。月齢14、輝面率99%、高度6度。
右)昇りたての月はすごく大きく見えます。
180101_1633ene_14th_99_6a1557short180101_1633_3ene_14th_99_6ashort180101_1633_2ene_14th_99_6ashort












左)17:34東(やや北寄り)の暮れた空に白く輝いています。
中)22:40南南東の空高く月を仰ぎました。まだ輝面率は99%。高度73度。
右)23:51の南南西の空。輝面率は100%に。
180101_1734en_141th_99_17ashort180101_2240sse_143th_99_73ashort180101_2351ssw_143th_100_72ashort











左)01:54西(やや南寄り)の空。月齢14.4。
中)03:18の西の空の月。(少し暗く写しました)
  風がなくシンと冷えた空気の中で満月が神々しかったです。
  オリオン座のおなじみの星の形が左下に。まるで従えているようでした。
右)まわりの星との様子をステラナビゲータで再現。
180102_0154ws_144th_100_52ashort180102_0318w_145th_100_36ashort180102_0319











左)05:29の西(やや北寄り)の空の月。黄色みがかってきました。
中)06:00西北西の空低く、大きいお月さま。高度4.9。
  地心距離35万66kmのスーパームーン。
右)06:15。高度2.3度。大気の影響で月がゆがんでブサイクに。
  でも見晴しのいいところに出かけ、西の空に雲がない時でないと地平線上の月は見えないので
  ブサイクの月が見られるというのは恵まれているということ。
180102_0529wn_146th_100_106ashort180102_0600wnw_146th_100_49ashort180102_0615_3wnw_146th_100_23ashort











左)06:20地平線ではなくて鉄道の高架の向こうに沈んでいく月。
中)06:22みるみる
右)06:23沈んでいきます。
180102_0620wnw_146th_100_15a180102_0622wnw_146th_100_12a180102_0623wnw_146th_100_1a











左)月をアップにしているのでまわりが黒くなっていますが、
  実際はこのくらいに空が明るくなりはじめています。
中)06:24頭が
右)06:24これが最後に写真に納めた月。高度0.9度。月の入り7分前です。
180102_0623_2wnw_146th_100_1a180102_0624_2wnw_146th_100_09a180102_0624_3wnw_146th_100_09a











左)06:33の富士山。
中左)06:55(日の出から4分後)の富士山。山肌がバラ色に染まっています。
中右)07:03日の出です。(日の出から11分後)高度1.7度。
    元旦は寝坊したので私にとっての初日の出。
右)2018年、光あふれる年になりますように。

180102fuji1short180102fuji12short_2180102_0702ese_17a_2180102_0703short




2017年12月21日 (木)

月の備忘録 2017年12月18日~2018年1月16日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)
-------------------------------------------------------
12月20日(三日月) 晴れているけれど冷えた一日。三日月の美しい眺めが見られました。
左)16:50頃(日没18分後)の南西の空に三日月が見えました!
  今クール最初に逢う月です。月齢2.1、輝面率4%。
  (細い月です。16:20過ぎの空ではみつけられませんでした)
中左)17:00頃の南西の空。夕映えの中に浮かぶ月。
中)右下の赤い矢印のところにこのあと月は沈んでいきます。
中右)17:07頃の南西の空。だいぶ暗くなってきました。地球照も見えます。
右)17:11頃。私たちが三日月と思うのはたいてい五日月ぐらい。三日月はこのくらい細い月です。
171220_1650sww_21th_4_14a171220_1700sww_21th_4_12a171220_1700sww_21th_4_12ayajirushi171220_1707_2sww_21th_4_11ashort171220_1711_2sww_21th_4_105a






左)17:11頃。オレンジから紺へのグラデーションの美しさ。
中左)17:15頃。紺色がどんどん強くなっています。
中)17:42頃。空が暗くなって月はオレンジ色が濃くなっていきます。
  右下は飛行機。
中右)17:57頃、西南西の地平。木の向こうに月が沈みかけています。(画像は明るく処理)
右)17:59頃、屋根にくっつくように月が沈んでいきます。
  この家の方は、まさか遠くから自分の家のすぐ隣に月が写っているとは想像されていないでしょう。
171220_1711sww_21th_4_105ashort171220_1715sww_21th_4_99a171220_1742sww_21th_4_54a171220_1757_2wsw_21th_4_29alightup171220_1759_2wsw_21th_4_26a






12月21日(四日月)月の入りを見届けられました
左)16:46頃の南西の空。日没してやっと月が見えるようになりました。
  月齢3.1、輝面率8%。
中左)17:05頃。暮れてゆく空と葉を落としたイチョウの梢と地球照の月。
中)月をアップで。地球照のシルエットが浮かび上がっています。
中右)月と飛行機。ブーン。
右)17:09頃。画面やや右上の大きな楕円が危難の海。
1_171221_1646sw_31th_8_22ashort2_171221_1705sw_31th_8_20ashort3_171221_1706sw_31th_8_20ashort4_171221_1708sw_31th_8_19a5_171221_1709sw_31th_8_19ashort






左)18:34頃の西南西の月。暗くて見えづらいかと思いますが、↓が
  前日の12/20に月が沈んだ位置です。
  今日沈む位置はちょうどこの画像の右端です。
中左)月は一日ごとに形を変え、月の出時間を変え、月の出入りの位置も変わるのですね。
中)18:49頃。
中右)18:50頃。
右)18:51頃。みるみる木々の向こうに月が沈んでいきます。
7_171221_1834wsw_31th_8_55ashort_mo9_171221_1848wsw_31th_8_3ashort_moj10_171221_1849wsw_31th_8_3ashort11_171221_1850wsw_31th_8_28ashort12_171221_1851wsw_31th_8_26ashort






左)18:51頃。アップで。
中)18:62頃。
右)18:53頃。月の入り15分前。高度2.3度。
13_171221_1851_3wsw_31th_8_26asshor14_171221_1852wsw_31th_8_25asshort15_171221_1853wsw_31th_8_23asshort






12月22日(五日月)
左)18:39頃の南西(やや西寄り)の空。月の右斜め下の星はやぎ座の4等星でしょう。
右)アップで。ちょっとボケボケ。時計の4時の位置に危難の海の楕円形がはっきり見えます。
171222_1839sww_41th_14_14a_171222_1842sww_41th_14_135a






12月23日
17:18頃の南西(やや西寄り)の空。少しもやに覆われながらの月。月齢5.1、輝面率21%。
171223_1718sws_51th_21_34a






12月24日
左)14:40頃の南南東の空の月。
  月齢6ぐらいになると青空の中で簡単に探せます。
  月齢6、輝面率29%。
中左)15:24頃の南(やや東寄り)の空の月。
   ソーダブルーの月と青空と同じ色の月の海が綺麗です。
中)16:30頃の南の空の月。日没が16:35なので西の空がオレンジ色に染まりはじめています。
中右)月をアップで。ほんの少し「鼻の尖ったお月さま」になっていますね。
右)17:21頃の南南西の月。輝面率30%。少し雲が覆いはじめ、夜には雨になりました。
171224_1440sse_6th_29_39a171224_1524se_6th_29_42ashort171224_1630s_6th_29_43ashort171224_1631s_6th_29_43ashort171224_1721ssw_61th_30_41a






12月25日
左)13:06頃の東南東の空。月齢6.9、輝面率38%の月。
中左)15:04頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢7、輝面率39%。
中)16:04頃の南南西の空の月。青い海に浮かぶヨットの白い帆のよう。
中右)アップで。草野球する人の全身が見えています。
右)19:19頃の南西の月。月齢7.2、輝面率40%。昼間立っていた月が寝そべっています。
171225_1306ese_69th_38_21a171225_1504ses_7th_39_40ashort171225_1604ssw_7th_39_46ashort171225_1605ssw_7th_39_46ashort171225_1919sw_72th_40_37ashort






12月26日(上弦)(新月面エックス発見)
左)14:18頃の東南東の空。気持ちよく晴れ渡った空に浮かぶ月。
  月齢7.9、輝面率49%。
中左)アップで。半円に1%足りません。
中)16:04頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢8。
中右)22:03頃の西南西の空の月。月齢8.3、輝面率51%。
   上弦の時間が18:20だったため、もう1%分太っています。
右)アップで。赤の箇所が×印のように見えますが、
  半月の時に現れることがある「月面エックス」は青矢印のあたり。
  ですので「新月面エックス」と呼びましょうか。
  黄色い丸は逆さオラフ(勝手に命名)です。
171226_1418ese_79th_49_29ashort171226_1419ese_79th_49_29a171226_1604ses_8th_49_45a171226_2203wsw_83th_51_20ashort171226_2204wsw_83th_51_20a_up_line






12月27~28日
左)15:58頃の南東(やや南寄り)の空の月。月齢9、輝面率60%。
中左)17時過ぎの南東の空はオレンジ色に。
中)南東(やや南寄り)には「月の海」がグレーになった月が。
  (アップで月の周りが黒くなっています)
中右)22:24頃の西南西の月。月齢9.3、輝面率62%。
   欠け際中央にはクレーターのコペルニクスが目立っています。
右)日付変わって零時過ぎの西の空。
  鈍い黄色を放つ月。月齢9.4、輝面率62%。
171227_1558ses_9th_60_42a171227_1704171227_1705ses_91th_60_51a171227_2224wsw_93th_62_28ashort171228_0002w_94th_62_95a




   

12月28~29日
左)14:40頃の東(やや南寄り)の空。鉄塔と月と。
中左)アップで。青空と同じ色の月の海。月齢10、輝面率70%。
中)16:16頃の東南東の月。月の海がグレーがかってきました。
中右)17:27頃。とっぷり暮れた南東の月。輝面率71%。
  27日では中央欠け際に見えたクレーターのコペルニクスの見え方で
  月の満ち加減がわかります。
右)18:46頃の南南東の月。
171228_1440es_10th_70_21ashort171228_1441es_10th_70_21a171228_1616ese_10th_70_40a171228_1727se_101th_71_52ashort171228_1846sse_101th_71_60ashort






左)19:24頃、南の空の高みの月。月齢10.2、高度62度。
右)22時過ぎの西南西の月。輝面率72%。草野球する人がずいぶん反って立っています。
171228_1924s_102_71_62ashort171228_2209wsw_103th_72_43a






12月29~30日
左)15:50頃の東(やや南寄り)の空。鉄塔と月と。
   28日と同じ方角ですが月の高さが違いますね。
中左)月をアップで。月齢11、輝面率80%。
中右)16:44頃、日没直後の東(やや南寄り)の空。月の海がグレーに。
右)上の写真では写真のまわりが黒くなっていますが、このようにまだ、夕映えが残る空です。
171229_1550es_11th_80_27ashort171229_1551es_11th_80_27a171229_1644_2es_111th_80_38ashort171229_1644es_111th_80_38a






左)18:36頃の南東の月。輝面率81%。
中)20時過ぎの南の空。
  高度66で高いです。
右)日付変わって30日零時頃の西(やや南寄り)の月。月齢11.4、輝面率82%。
  「クマキツネ」が「草野球する人」に襲いかかっているように見えます。
171229_1836se_111th_81_58ashort171229_2006s_112th_81_66a171230_0001ws_114th_82_35a






12月30~31日
左)16:36頃の東の空。鉄塔と月と。
中左)月をアップで。月齢12、輝面率89%。
中)西の空はやわらかなオレンジ色に染まっています。
  当たり前ですが日に寄って雲の形もコントラストも違います。
中右)17:00頃の東の空。25分経って鉄塔の右上に月が移動しています。
右)月とは関係ありませんが、鳥撮りに慣れるため空を飛ぶものはなんでも撮影。
171230_1636_1e_12th_89_27a7short171230_1636e_12th_89_27a171230_1637_2e_12th_89_27a171230_1701






左)18:35頃の東南東の月。
中)20:53頃の南(やや東寄り)の空の月。
    月齢12.2、輝面率90%。高度70度と高いです。
右)日付変わって31日00:51頃の西(やや南寄り)の月。
  一日前の月と比べるとぐんと膨らんで見えます。
  月齢12.4、輝面率91%。
171230_1835ese_121th_89_51a171230_2053se_122th_90_70ashort171231_0051ws_124th_91_38a






12月31日~2018年1月1日
左)17:56頃の東の空、月齢13.1、輝面率96%の月が。
中左)20時過ぎの東南東の空。58度の高さの月。
中)22時頃の南(やや東寄り)の空、73度の高みに輝く月齢13.3の月。
中右)日付変わって2018年1月1日。02:32頃の西の空の月。月齢13.5、輝面率97%。
右)04:27頃の西(やや北寄り)の空低く、かなり黄色みの強い月。
  高度は9.7度。地平線間際の月は大気の影響を受けて、輪郭がシャープではなく
  ニジニジしています。
171231_1756e_131th_96_33a171231_2005ese_132th_96_58ashort171231_2159se_133th_96_73a180101_0232w_135th_97_32ashort180101_0427wn_135th_97_99ashort






1月1日~2日(2日が満月でスーパームーン。とりわけ朝の月が)
お正月早々、月撮りコンプリートしました。詳しくはこちらにも。
左)16:33 東北東の低い空、屋根の上に丸い月が見えました。
   2018年の初月の出(月の出時刻から37分後)です。
中左)アップで。月齢14、輝面率99%、高度6度。
中)昇りたての月はすごく大きく見えます。
中右)17:34東(やや北寄り)の暮れた空に白く輝いています。
右)22:40南南東の空高く月を仰ぎました。まだ輝面率は99%。高度73度。
180101_1633ene_14th_99_6a1557shor_2180101_1633_3ene_14th_99_6ashort_2180101_1633_2ene_14th_99_6ashort_2180101_1734en_141th_99_17ashort_2180101_2240sse_143th_99_73ashort_2






左)23:51の南南西の空。輝面率は100%に。
中左)01:54西(やや南寄り)の空。月齢14.4。
中)03:18の西の空の月。(少し暗く写しました)
  風がなくシンと冷えた空気の中で満月が神々しかったです。
  オリオン座のおなじみの星の形が左下に。まるで従えているようでした。
中右)まわりの星との様子をステラナビゲータで再現。
右)05:29の西(やや北寄り)の空の月。黄色みがかってきました。
180101_2351ssw_143th_100_72ashort_2180102_0154ws_144th_100_52ashort_2180102_0318w_145th_100_36ashort_2180102_0319_2180102_0529wn_146th_100_106ashort_2






左)06:00西北西の空低く、大きいお月さま。高度4.9。
  地心距離35万66kmのスーパームーン。
中左)06:15。高度2.3度。大気の影響で月がゆがんでブサイクに。
  でも見晴しのいいところに出かけ、西の空に雲がない時でないと地平線上の月は見えないので
  ブサイクの月が見られるというのは恵まれているということ。
中)06:18西南西。じゃがいもみたい。
中右)06:20丸い姿の最後。
右)06:20地平線ではなくて鉄道の高架の向こうに沈んでいく月。
180102_0600wnw_146th_100_49ashort_2180102_0615_3wnw_146th_100_23asho_2180102_0618wnw_146th_100_18ashort180102_0620_1wnw_146th_100_15a180102_0620wnw_146th_100_15a_2






左)06:22みるみる
中左)06:23沈んでいきます。
中)月をアップにしているのでまわりが黒くなっていますが、
  実際はこのくらいに空が明るくなりはじめています。
中右)06:24頭が
右)06:24これが最後に写真に納めた月。高度0.9度。月の入り7分前です。
180102_0622wnw_146th_100_12a_2180102_0623wnw_146th_100_1a_2180102_0623_2wnw_146th_100_1a_2180102_0624wnw_146th_100_09a180102_0624_3wnw_146th_100_09a_2






左)06:33の富士山。
中左)06:55(日の出から4分後)の富士山。山肌がバラ色に染まっています。
中右)07:03日の出です。(日の出から11分後)高度1.7度。
右)元旦は寝坊したので私にとっての初日の出。
180102fuji1short_2180102fuji12short_3180102_0702ese_17a_3180102_0703short_2






1月2~3日(2日の午前11時24分が満月。スーパームーン)
左)20:22頃の東の空。月齢15.2、輝面率100%。月の出から3時間以上経っています。
右)23:18頃の南東の空高くの満月。月齢15.3、輝面率100%。
180102_2022e_152th_100_38a180102_2318se_153th_100_69ashort






1月3~4日
左)23:05頃の東南東の空の月。月齢16.3、輝面率97%。
中左)日付変わって4日03:47頃の西南西の空の月。輝面率96%。
中右)06:17頃、少し明るくなりはじめた西の空の月。
右)アップで。月齢16.6、輝面率95%。
  満月から1日経っただけでずいぶんほっそりと見えます。
180103_2305ese_163th_97_56ashort180104_0347wsw_165th_96_53ashort180104_0617w_166th_95_24a180104_0618wn_166th_95_24ashort






1月4~5日
23:01頃の東(やや南寄り)の空に月齢17.3、輝面率91%。
満月から10%欠けるだけで丸みがなくなった印象に。
180104_2301es_173th_91_43a






1月5~6日
左)日付変わって6日02:37頃の南南東の空高く、月齢18.5、輝面率82%の月。
  クレーターがくっきり写りました。
中左)アップで。神酒の海もくっきり。
中)07:10頃の西(やや南寄り)の青空に白い月が浮かんでいます。
  月齢18.7、輝面率81%。
中右)アップで。
右)08:14頃の西の空。輝面率80%。月の海が空と同じ青さに。
180106_0237_1sse_185th_82_64ashort180106_0237_3sse_185th_82_64ashort180106_0710ws_187th_81_32a180106_0710_2ws_187th_81_32a180106_0814w_187th_80_19a






1月6~7日
左)23:55頃の東(やや南寄り)の空、月齢19.3、輝面率73%の月が。
中左)日付変わって7日04:16頃の南の空高くの月。クレーターがくっきり写りました。
    月齢19.5、輝面率72%。
中)欠け際に3つのクレーターが目立っています。
  「カタリナ・キリルス・テオフィルス」。リズムよく覚えられますね。
中右)07:22頃の西南西の晴れ渡った空に白い月。
右)アップで。月齢19.7、輝面率71%。
  白い月でも「カタリナ・キリルス・テオフィルス」がはっきり。
180106_2355es_193th_73_27ashort180107_0416_1s_195th_72_60ashort180107_0416_2s_195th_72_60a180107_0722_1wsw_197th_71_37ashort180107_0722_2wsw_197th_71_37ashort






1月7~8日
左)日付変わって8日05:20頃の南(やや西寄り)の空高くに半月前日の月が。
  月齢20.6、輝面率61%。
右)06:35頃、日の出前の南西の空の月。
180108_0520sw_206th_61_55ashort180108_0635sw_206th_61_49a






1月10日冷たい北風の日。猛禽が凧のように風に乗って勇壮に飛んでいました。
左)04:51頃の南東(やや南寄り)の空に月齢22.6、輝面率41%の月が。
   下弦翌日でこんなにほっそり。
中左)06:13頃、日の出40分ほど前。空の下に夜明けのオレンジ色が見え始めています。
中右)月をアップで。輝面率は40%に。
右)月の左下の星は木星。その左下(↑)の赤い星は火星。
   斜めに並ぶ3つの星がリズミカルでした。
180110_0451ses_226th_41_42a180110_0613_1s_22th_40_47a180110_0613_2s_22th_40_47a180110_0615s_226th_40_47ashort






左)日の出直前06:49頃の南(やや西寄り)の空の月。手前は桐。
中左)桐にピントを合わせて。フォルムが北欧のデザインみたい。
中)月をアップで。
中右)11:26頃の西南西の空の月。月没50分ほど前。右に写っているのは桃。
   このくらいの細さになると青空の中でみつけるのが難しくなります。
右)桃にピントを合わせて。もう春の準備が進んでいます。
180110_0649_3sw_226th_40_46a180110_0649_2sw_226th_40_46a180110_0649sw_226th_40_46a180110_1126_2wsw_228th_39_8a180110_1126_3wsw_228th_39_8a






1月11日
左)05:42頃の南南東の空。月齢23.6、輝面率31%。
  10日より月が木星火星に近いところにいます。
中左)火星は赤くでうさぎの目のよう。
中)月をアップで。焼き色がついた細みの餃子型。
中右)地球照も。
右)星の並びをステラナビゲータ10で再現。
  月、木星、火星につづき、さそり座の赤いアンタレスまでツツツツと並ぶ星がリズミカル。
180111_0542sse_236th_31_39ashort180111_0542sse_236th_31_39ashortnam180111_0543sse_236th_31_39ashort180111_0544sse_236th_31_39a180111star






左)8時過ぎの南(やや西寄り)の空、月齢23.7、輝面率30%の月。
中左)10:14頃の南西の空の月。
中)11:15頃の西南西の空の月。白というよりも透明のようで目を凝らしてやっと発見。
中右)葉を落としたイチョウ越しに。
右)11:31頃の西南西の空、ソーダブルーの美しい月。
180111_0802sw_237th_30_41a180111_1014sw_238th_30_26a180111_1115_2wsw_238th_30_16a180111_1115wsw_238th_30_16a180111_1131wsw_238th_30_13a






1月12日
左)04:52頃の南東の空に月齢24.6、輝面率23%の月が。キンキンに冷え込んでいます。
中左)木星と火星と、地球照の月。
中右)月が毎日ダイナミックに位置を変えるので木星と火星との位置関係がどんどん変わります。
右)06:25頃の南南東の月。月のすぐ右側(時計の3時の文字盤の位置)に星がキラリ。
    てんびん座の星のようです。
180112_0452se_246th_23_24a180112_0609ses_246th_22_34ashort180112_0609ses_246th_22_34ashort_na180112_0625sse_246th_22_36ashort






左)06:46頃の南南東の月。枯れ木立と。
中左)アップで。
中)11:15頃の南南西の月。月齢24.8、輝面率21%。
中右)桜の梢と。春の準備が着々と進んでいます。
右)地上では梅もほろこびはじめていました。
180112_0646sse_246th_22_37a180112_0647sse_246th_22_37a180112_1115sw_248th_21_21a1801121115_2sw_248th_21_21a20180112_1111short






1月13日晴れていてもキュンキュンに冷えていた一日
左)夜明け前、05:59頃の南東の空の月。木星火星とはずいぶん距離が離れてしまいました。
中左)月と木星、火星。月の地球照が写っています。
中右)木星と火星はここです。
右)月をアップで。月齢25.6、輝面率15%。
180113_0559se_256th_15_25a180113_0601se_256th_15_25a180113_0601se_256th_15_25aname180113_0603se_256th_15_26ashort






左)06:27頃、だいぶ明るくなった空に月と木星が(火星は空の明るさに紛れて見えなくなりました)
中左)月をアップで。欠けている部分のシルエットがわかります。
中右)07:34頃の南南東の月。色が淡くなりました。
右)10:47頃の南西(やや南より)の月。月齢25.8、輝面率14%。
  方角や高さの検討がついていなければ、みつけられないほどかすかな月。
  このあと12時の空をチェックしました。肉眼ではみつけられたものの
  デジカメではあまりに淡い月にピントを合わせられず撮れず。
180113_0627ses_256th_15_29ashort_na180113_0628ses_256th_15_29a180113_0734sse_257th_15_35a180113_1047sws_258th_14_29ashort






1月14日(新月3日前)
左)夜明け前、06:08頃の南東の空の月。月齢26.6、輝面率9%。右上にかすかに木星が。
中左)月をアップで。地球照もよく見えました。
中)06:28頃。日の出を約20分後に迎え空も明るくなってきました。
  木星もまだ消えていません。
中右)この位置に木星が。
右)月をアップで。欠け際のクレーターが∞マークのよう。
  このあと8時に空に目を凝らした時はもう月はみつけられませんでした。
  細い月は昼間の空に消えいってしまいます。
180114_0608se_266th_9_18ashort180114_0610se_266th_9_19a180114_0628se_266th_9_21ashort180114_0628se_266th_9_21ashortname180114_0630se_266th_9_21ashort






1月15日
左)気温零度ぐらいの06:10頃の南東(やや東寄り)の空に細い月の弧が。
  月齢27.6、輝面率4%。
中)アップですと月のまわりが真っ暗に写りますが、
  実際にはこのくらい明るくなりはじめています。日の出40分ほど前。
右)06:22頃の南東(やや東寄りの空の月。
  日の出30分ほど前。空の淡いオレンジから藍色にいたるグラデーションや
  雲のグレーがかったシルエットが美しいです。
180115_0610see_276th_4_10a180115_0612see_276th_4_11ashort180115_0622see_276th_4_12ashort






-------------------------------------------------------
今クールは私史上最高に月が見られました!
晴れの日、雲の少ない日が多かったのでしょう。
新月二日後の三日月から次の新月二日前の月まで眺められました。
あたまからしっぽの先まで餡がつまった鯛焼きのよう。

そのうえ、元日の初月の出を拝むことができ、
しかも満月を月の出から月の入りまでコンプリート撮影でき、しかもその月がスーパームーン。

また、夜明け前の空で鎌型の月と木星火星が並ぶ様子も数日にわたって楽しめました。
大満足のクールでした。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。