2017年10月19日 (木)

月には巨大なモグラがいるの?

月の地下に長さ50キロの空洞発見!

のニュースにワクワクしました。

場所は嵐の大洋にある「マリウス丘」。

2thumbautox8193377

(C)JAXA/SELENE

月の表面には巨大なウサギがいるけれど
地下には巨大なモグラがいるのかしら。

ワクワク。

2017年10月15日 (日)

御朱印帳デビューはつきのみや神社

御朱印帳が人気ときいてはいましたが、まさか自分がデビューするとは思いませんでした。

姉が上田に出かけ真田神社に行った時、御朱印帳をみつけたというのです。
「まさか、自分がデビューするとは思わなかったけどすごくかっこよくて」と
デビューほやほやの御朱印帳を見せてもらうと。
20171015gosyuincho1

本当にかっこいい!!
20171015gosyuincho2


20171015gosyuincho3
兜や紅葉。 クール!!

そこで、私もやってみたい!!と思い、一番縁のある神社の一つ、調神社に行きました。
調神社は「つきじんじゃ」と読むようなのですが、
ジモティの私たちはずっと「つきのみや神社」と呼んできました。

つきのみやは語感が「月の宮」に通じるということで、狛犬はうさぎ。水を吐く竜もうさぎ。

とうさごモチーフの多い神社なんです。
(詳細は2015.5.28 のブログに)

御朱印帳。素敵。白く輝く生地に、うさぎちゃんがいます。
20171015gosyuincho4


20171015gosyuincho6

中にもうさぎが。決して御朱印ガールを狙ったラブリーなうさぎちゃんじゃなくて、
普通の、年配の人が年賀状に使いそうなウサギなのがかえってイイナと思います。20171015gosyuincho7

御朱印帳はスタンプラリーとは違うわけだけど、
大好きな神社を訪ねた時、その痕跡を残せるのはうれしいですね!

2017年9月28日 (木)

万年筆シリーズ(その2)インク沼にチャポン!

インクは使いたい。でも万年筆の軸は高いし、どう選んでいいかわからないし、
はまったら怖いしとためらっていた私。

この背中を押したのが、1000円ちょっとでかわいくて書き味もいいというパイロットのkakuno。
(詳細は2017年9月21日に)
kakunoの後押しで買ったインクはグレー系、ボルドー系、ブルーブラック系、セピア系の4つです。

PILOTの色彩雫(iroshizuku)は名前も情緒たっぷり。
ある程度の大きさの文具店であれば全色試し書きもできる見本があるのもうれしいです。

普通サイズのボトルはトワレのようなオシャレなビジュアルなんですよ。
そして、3本セットで選べるミニボトルはマニキュアのような愛らしさ。

いろんな色をちょっとずつ欲しいので今回は3本セットを買いました。

白い箱に入っています。贈答にもぴったりですね。
20170928iroshizuku2

ガラス瓶でミニボトルもとてもスタイリッシュ。

20170928iroshizuku1

選んだのは
■月夜■ブルーブラック系。少し緑色がかった明るい藍色。
      私のイメージ。まだ明るさの残る夏の宵空。


■冬将軍■グレー系。少し青みがかった灰色。
       私のイメージ。冬の鉛色の雲が覆った空。張り詰めた白っぽい空気。アスファルト。
       冬好きにはたまりません!


■稲穂■セピア系。私のイメージ。黄金色に実った稲穂であり、晩秋の枯れた草原のイメージ。
      冬将軍と並ぶと渋い金色銀色みたい。


ボルドー系は甲南マルーン(Kobe INK物語/ナカザワ文具センター)を選びました。

銀座伊東屋さんで試し書きができるものはなかったのですが、申し出ると試し書きさせてもらえます。
(ただし手間がかかるので数色ならば)

その色味を見て、決めました。
20170928ink2
PILOTの色彩雫の山葡萄は紫寄りのボルドーですが、甲南マルーンは赤茶寄りです。

色味をカメラで再現しきれないのですが
4色並べるとこんな感じです。
左から稲穂、冬将軍、月夜、甲南マルーン。
20170928ink


第三弾は近日。

色インクボトルを使って初めて知った2つのことについて。

2017年9月26日 (火)

月の備忘録 2017年9月20日~10月19日

月の備忘録。(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

9月25日(六日月)
左)今クール初めて逢った月は今日の六日月。
  16時過の南(やや西寄り)の空に細い月がいました。月齢5.1。輝面率25%。
中左)18:50頃の南西の空。すっかり暗くなった空に浮かぶ月。
  輝面率25%ぐらいだと鼻の尖ったお月さまになることが多いのですが、
  今回の月は鼻は尖っていないですね。
中右)かろうじて鼻があると言えるとしたら黄色い部分のとんがりでしょうか。
右)アップで。小さな鼻に見えたのは神酒の海の斜め下(この画像で)
  にあるクレーター、フラカストリウスの端の部分のようです。
170925_1605sw_51th_25_37a170925_1850_1sw_52th_25_20ashort170925_1850_1sw_52th_25_20ashort_ha170925_1850_2sw_52th_25_20a






9月26日
左)13:55頃の南東(やや南寄り)の空。どこかに月がいるはず~と
 目を凝らして、発見しました。
中左)みつかりました? 黄色い矢印のところです。
中)アップで。月齢6。輝面率33%。
中右)15:12頃の南(やや東寄り)の空。雲がなくなって月がすぐみつかりました。
  でも月はさみしそうに見えました。昼間の月は白いから雲を仲間と思っているのかも、なんて。
右)16:05頃の南の空。このあとはずっと建物の中にいたので、夜の姿は見られず残念。
170926_1355ses_6th_33_28a170926_1355ses_6th_33_28ayajirushi170926_1356ses_6th_33_28a170926_1512se_6th_33_34a170926_1605s_61th_33_36a






9月29日(半月の翌日)
朝からスカッと晴れた一日。
左)15時前の南東(やや東寄り)の空に月齢9の月が。輝面率61%。
  月面は淡いソーダブルー。
右)16時過の南東(やや南より)の空。月齢9.1。輝面率62%。
  わずか1時間で着実に満ちています。
  月面は青味が少なくなって白さが増しています。海の部分は空と同じ青。
この後、夜、空を眺めた時は雲に覆われ、月は見えずでした。
170929_1454see_9th_61_15a170929_1604ses_91th_62_25ashort






9月30日
左)17:15頃の西の空低く。雲や空を赤く染めて夕陽が沈んでいきました。
   神々しかったです。(建物の窓越しなので不鮮明です)
中)東側の空に目を向けると。17:21頃の南東(やや南寄り)の空に月が。
  月齢10.1。輝面率71%。
右)アップにすると、月の周りの空が暗く写ります。
170930_1715w_18a170930_1721ses_101th_71_29a170930_1722ses_101th_71_29ashort






10月1日
左)17:45頃。暮れかけた南東の空に月が。
右)アップにすると空は黒く写ります。月齢11.1。輝面率80%。
  9月30日の月より9%ふっくらしています。
171001_1745se_111th_80_28a171001_1747se_111th_80_28a






10月3日
左)21:56頃の南の空。月齢13.3、輝面率94%の月。コロンとした栗のような月。
171003_2156s_133th_94_45ashort






10月4日~5日(4日が中秋の名月)
左)雲の切れ間にやっと月が顔を出しました。
  21:54頃の南(やや東寄り)の空。雲間の月は月が綺麗に見えないかもしれないけれど、
  月光が月を照らす風情を楽しめます。
中左)月のアップ。月齢14.3、輝面率98%。中秋の名月=満月、ではありません。
    今年の場合は満月の2日前です。
中右)濃い雲に覆われはじめたのですが、左際のクレーターの陰影はくっきり写りました。
右)日付変わって5日02:52頃の西南西の空。
  空には雲が多く、澄んだ仲秋の名月、とはなりませんでしたが、
  雲の波を照らす月の光が美しかったです。
171004_2154se_143th_98_48a171004_2156se_143th_98_48a171004_2157se_143th_98_48a171005_0252wsw_145th_98_20a






10月5~6日(6日の03:40頃が満月)
18:30頃の東(やや南寄り)の空低く。雲越しの月が墨絵のよう。
月齢15.2。輝面率100%。満月は6日ですがその時間が午前03:40頃のため
5日の夜の月が輝面率100%となっているのですね。
171005_1830es_152th_100_14a






10月7~8日
左)日付変わって8日零時過ぎ。南東(やや南寄り)の空高く、月が輝いていました。
  雲が晴れ、久しぶりにくっきり美しい月です。
  月齢17.4、輝面率95%。
中左)欠け際をアップで。大小クレーターが5つ並んでいます。
中)01:12頃の南の空。1時間経って少しだけ月の模様が時計まわりに回転しています。
  輝面率95%。わずか5%と思いますが、見た目ではずいぶん右側が欠けているがわかりますね。
中右)07:18頃の西(やや北寄り)の空低く。雲が多くて見えないかな~と思ったら
    雲の端から顔をだしました。しゃぼん玉のように透けてみえます。
右)07:25頃。柿と。月齢17.7、輝面率94%。月の入り30分ほど前です。
171008_0004ses_174th_95_60ashort171008_0005ses_174th_95_60asuji171008_0112s_174th_95_64ashort171008_0718wn_177th_94_68ashort171008_0725wn_177th_94_55a






10月8~9日
左)21:22頃の東の空。月の出から2時間後の月。
  月の出の位置が東北東だったため、「東の月」=「地平線上の月」ではなく
  比較的高いところに昇っている月となりました。
  月齢18.3、輝面率90%。
中)23:13頃の東南東の空の雲間の月。
右)日付変わって9日04:21頃の西南西の空の月。月齢18.6、輝面率88%。
  一晩かけて、月の模様がゆっくり時計回りに回転しているのがわかります。
171008_2122e_183th_90_24a171008_2313ese_184th_89_46a171009_0421wsw_186th_88_53a



  


10月9~10日
左)22:48頃の東の空。高度はすでに32、高いです。月齢19.3、輝面率81%。
  月の下にはオリオン座の7つの星が横たわっていました。
  昼間は暑いけれど真夜中に冬の星座を見るとほっとするとともに季節の深まりを感じます。
中左)日付変わって10日00:14頃の東(やや南寄り)の空。月齢19.4、輝面率81%。
    月の左斜め下に見える小さな点は牡牛座の一等星アルデバランでしょう。
中)04:53頃の南西(やや西寄り)の空高く。月齢19.6、輝面率79%。
  アルデバランは月のほぼ真下にいます。
中右)05:23頃の南東の空。朝焼けが綺麗でした。
   月はこの朝焼けを西の空の高みから眺めていました。
右)06:48頃の西(やや南寄り)の空の月。月の海が背景の青空と同じ色になりました。
171009_2248e_193th_81_32ashort171010_0014es_194th_81_49a171010_0453sww_196th_79_60ashort_ho171010_0523171010_0648_2ws_197th_79_38a






10月10~11日
左)日付変わって11日00:35頃の東(やや南寄り)の空に月が。
  すでに高度は43度。月齢20.4、輝面率70%。
  オリオン座の左上にいます。
中)05:16頃の南西の空。高度67の高さの月を見上げました。
  月齢20.6、輝面率69%。
  月をアップにしたので空が黒く写っていますが実際は明るくなりはじめ、ほのかに蒼い空です。
右)06:21頃の西南西の月。前日より少し雲があり、月の海も淡く見えました。
171011_0035es_204th_70_43a171011_0516sw_206th_69_67ashort171011_0621wsw_207th_69_56a






10月11~12日
左)日付変わって12日03:27頃の南東の空。
  月齢21.5、輝面率58%。高度は64。あいかわらず高いです。
中)朝8時過ぎ。すでに真夏のような暑さ。日陰はひんやりしていますが、ひなたはジリジリの強い日差し。
  西(やや南寄り)の空の月。月齢21.7、輝面率48%。
右)ヤマガラ、ヒヨドリ、シジュウカラ、モズ、いろんな鳥がやってくるようになりました。
  鳥と月の2ショットを撮りたいとカメラを掲げていたら、ブーン。
  飛行機との2ショット。09:29頃の西の空の月。いい面立21.8、輝面率56%。
  西の空の月が高度31度の高さにあるのはこの月が西ではなく北寄りの空(西北西)の空に沈むから。
  夏至の頃の太陽のよう。
171012_0327see_215th_58_64a171012_0803ws_217_57_48a171012_0929w_218th_56_31ashort






真夏日の暑さのあと一転。11~12月の寒さに。そしてずっと雨続き。

10月18日
夜明け前、久しぶりに月を見ました。
左)05:24頃の東(やや南寄り)の空低く。細い月の舟と金星(右下)が
  鉄塔が持つ網にかかっているかのよう。
  月齢27.4、輝面率4%。新月の2日前です。新月の2日後を三日月というならば、
  2日前は「逆三日月」と呼んでもいいかもしれません。
中左)アップで。月の輪郭がほのかにみえます。
中右)05:54頃の東(さきほどより南寄り)の空。日の出から10分ほど過ぎた空です。
   目を凝らしてやっと見えるほどかすかな月でした。
右)少し引いてみました。目を凝らして月をみつける楽しさを追体験していただけましたら。
171018_0524es_276th_4_16a171018_0525es_276th_4_17a171018_0554es_276th_4_22a171018_0555es_276th_4_22a






--------------------------------------------------
今クール、秋の長雨となり、月が見られた日は多くなかったです。
くっきりとはいえませんが中秋の名月が見られました。
真夜中~夜明け前には東の空にオリオン座と月という眺めも愉しめました。
10月18日は、今クールはもう月は見られないかとあきらめていたので
新月2日前に、ごく細い4%の月を見られてうれしかったです。
--------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2017年9月13日 (水)

写真集を思い出す夕焼けと夏の暑さ、でも夜中は冬

昨日9月12日は不思議な天気でした。
台風は近くないのに、なまあたたかい風が強く、昼前から雨と雷。
夕方、仕事先の建物で東を眺めると窓の外が不思議なオレンジ色に染まっていました。
空はグレーの雲が広がっているのに、ところどころ陽が差して、空気と木々がオレンジ色に染まって。

ジュエル・メイロウィッツ(Joel Meyerositz)の写真集を思い出しました。
引っ越しした時になくしてしまったのですが、大好きな写真集「CAPE LIGHT」。
夕方のような黄色みがかったオレンジ色がかった光に染まる風景が印象的なんです。

を思い出しました。

Cape Light: Photographs by Joel Meyerowitz

少し経って、西側のトイレに行ったら大変。
窓の外に年に何度あるかという荘厳な夕焼けが広がっていました。
フィルムが貼られた窓越しなので少しぼやけているのですがアップします。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合はリンク先を新しいタブで開くを)
20170912sunset

20170912sunset2

夜になると季節は秋と思いきや、
夜中にベランダに出るとそこには冬が。

といっても秋を通り越す寒さだったというわけではなく、
東に昇っていた月のまわりに冬の星座が広がっていたからです。

キャノンのコンデジPowerShot SX50は一眼レフではないし、星を写すためのカメラではないのですが、
明るい星は写すことができます。

半月よりほんの少しふっくらしている月。(9月13日午前2時前)
170913_0149es_219th_56_43ashort_2


画面右上に冬の星座、牡牛座の一等星アルデバランが。
170913_0201es_219th_56_46ashort_2


月の下にはオリオン座の星々が横たわります。
170913_0203es_219th_56_46a

(新しいタブで開くで拡大していただくとかすかな星の点在がみえるかと思います。
オリオン大星雲もかすかに写っています)

トリミングしてみると。
170913_0203es_219th_56_46ashort_2

この位置に主な七つの星が。
170913_0203es_219th_56_46ashort_l_2

月を囲む冬の星座。
心は一気に冬モードになりました。

2017年8月24日 (木)

月の備忘録 2017年8月22日~9月19日

月の備忘録。 (以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

8月24日(三日月)
猛暑の一日。でも青空が広がるいい天気。12日ぶりに月を見ました!
左)18:11頃の日没10分前の西(やや南寄り)の空。電信柱の真上からやや左寄りに三日月がいます。
中左)アップで。月齢2.6。輝面率8%。しばらく探してやっとわかるぐらいまだ目立たない月。
中)18:34頃の月。
中右)アップで。
右)19時前。日が暮れた西(やや南寄り)の月。地球照も。
170824_1811ws_26th_8_20ashort170824_1812ws_26th_8_20a170824_1834_1ws_26th_8_16ashort170824_1834_2ws_26th_8_16a170824_1858ws_26th_8_11a






左)19:39頃の西の空低く。月齢2.7。輝面率8%。焼肉の網の下で燃える墨のような濃い赤色です。
右)19:45頃。月の入り13分ほど前です。地平線に沈むまで見られるかなと思ったのですが、
  雲の中に隠れていきました。高度1.9。
170824_1939w_27th_8_3a170824_1945w_27th_8_196a






8月25日
左)18:29、日没から10分ほど経った西南西の空にピンク色に染まる雲と細い月が。
  月齢3.6。輝面率15%。
中左)4分ほどの経過で、月m少し白さを増し、下の雲もピンク色が濃くなりました。
中)月をアップで。薄雲がありくっきりではありません。昨日より7%分増えている月。
中右)18:38頃。昼間の暑さは残っていますが、夕方の風が少し心地いいです。
   銀杏の間の空が濃いバラ色とスミレ色に。その上に白い月の配色にうっとり。
右)バラ色スミレ色をアップで。
170825_1829wsw_36th_15_23a170825_1833wsw_36th_15_22a170825_1835wsw_36th_15_22a170825_1838wsw_36th_15_21ashort170825_1839wsw_36th_15_21ashort






8月27日(六日月)
左)15時過ぎの南南東の青空に月が見えました。
  まだ細いので、「この方角にいるはず」と見当をつけて、
  目を凝らしてやっと発見できるぐらいの目立たなさです。
  月齢5.5。輝面率31%。
中左)目を凝らして「かすかな」月をみつける感覚を追体験していただけましたら。
   この画像のどこかに白い弧がいます。(画面中央。ごく小さいです)
中右)18時頃の南西(やや南寄り)の月。日没20分前になると月も発光しているような白さになって
  すぐみつけられます。
右)アップで。月齢5.6。
170827_1505sse_55th_31_42a170827_1511sse_55th_31_42a170827_1759sws_56th_31_36a170827_1800sws_56th_31_36a






左)20:28頃の西南西の空。少し鼻のとがったお月さまとなりました。
  月齢5.7。輝面率32%。通常は輝面率25%前後で鼻がとがると思っていたので
  この日、見られると思わず。うれしくなりました。
中左)鼻部分をアップで。神酒の海と静かの海のあいだの場所。そのヘリが鼻になっています。
中)2017年5月2日の月と比較してみましょう。オレンジの線で示したあたりが鼻となっているのですね。
中右)モードを替えて、月の輪郭がわかるようにパチリ。
右)21時前の西南西の空の月。オレンジ色を増していきました。
170827_2028wsw_57th_32_12ashort170827_2028wsw_57th_32_12ashortmoji170502_2119_1w_6th_43_34amojimoji170827_2029wsw_57th_32_12a170827_2056wsw_57th_32_73a






8月29日(上弦。月面エックス)
半月(上弦)のこの日、月面エックスが見られました!
左)18:19頃。日没直後の南(やや西寄り)の空の月。
  カラスも鳴いて(月の下に写っている黒い点)、夕焼けも広がって。
  これぞ「夕方」という風景でした。
中左)18:25頃。月をアップで。月齢7.6。輝面率51%。欠け際の下寄りに「×」が。
中)エックス部分をアップで。(この画像はみでる時は新しいタブで開くmを)
中右)月面Xだけではなく下の方にχも見えますね。上には逆さオフラも。
右)エックス部分アップ。
170829_1821sw_76th_51_36ashort170829_1825sw_76th_51_36ashortshort170829_1826sw_76th_51_36ashortshort170829_1826sw_76th_51_36ashortsho_2170829_1826sw_76th_51_36ashortsho_3






左)半月の上の部分の欠け際も離れて光る点が。
中)ピトン山ですね。高さがあるから、影の部分にいても太陽光に照らされたのですね。
右)20時頃の南西の空の月。月齢7.7。月面X健在です。
170829_1825sw_76th_51_36ashortsho_2170829_1825sw_76th_51_36ashortsho_3170829_2000sw_77th_51_27ashort






8月30日
左)18:28頃の南の空。日没後の夕空にぽっかり浮かぶ月。
右)アップで。月齢6.6。輝面率60%。1日で10%分月がふっくらしました。
170830_1828s_86th_60_36a_2170830_1827s_86th_60_36ashort






9月2日
左)17:21頃。南東の青空に浮かぶ月。
中)アップで。月齢11.6。輝面率85%。
右)23:56頃の南西の空の黄色い月。輝面率86%に。
  下側に重心があって、ころんとした形がかわいいです。
170902_1722se_116th_85_18a170902_1721se_116th_85_18a170902_235654short






9月3日
昼間はまだ夏だけれど、暑さの「抜け」がいいです。
夜になるとセミが鳴きやみ、かわりに虫の音がきこえてきて。
涼しさが心地よく、秋の訪れを感じます。
左)19:27頃の南東(やや南寄り)の月。月齢12.7。輝面率92%。
中)21:33頃の南の空。満月三日前の月。
  左上、欠け際近くにひときわ輝く点がありますよね。
  虫眼鏡で太陽光を集めたみたいな白い点。こちらはクレーターのアリスタルコス。
右)23:36頃の南西の空。雲に覆われながらも明るい光で雲を照らしています。
170903_1927ses_127th_92_29a170903_2133s_128th_92_37a170903_2336sws_128th_92_30a






9月6~7日。6日が満月。
左)日付変わって7日零時過ぎの南の空。
  夕方から雲が多かったのですが、夜中には雲が薄くなり月が見えました。
  月がまわりの雲を照らしています。
中左)月をアップで。
  月齢15.9。輝面率100%。
中右)01:12頃の南南西の空。「草野球をする人」が正位置。
  輝面率はまだ100%ですが、満月の時間(6日の16時頃)から9時間経っているので
  右斜め下を中心に欠け始めています。クレーターのでこぼこが見え始めています。
右)03:40頃の南西(やや西寄り)の空。また雲が空を覆っています。
  かろうじてイチョウの向こうに見えた月。
170907_0004s_159th_100_47a_2170907_0003s_159th_100_47ashort170907_0112ssw_159th_100_44ashort170907_0340sw_w_16th_100_24a






9月9~10日
日付変わって10日零時過ぎの南東(やや東寄り)の空。
もやっている空に少し黄色い月が浮かんでいました。
月齢18.9。輝面率87%。丸みはあるけれど少しとがったレモンの月。
170910_0007see_189th_87_47a






9月10~11日
左)23:29頃の東(やや南寄りの空の月。月齢19.8。輝面率78%。
中左)3つつながったようなクレータートリオ、「テオフィルス・キリルス・カタリナ」、
  アルタイの崖がくっきり見えました。逆さオラフは目立たずかすかにわかるぐらい。
中)この位置です。
中右)日付かわって11日04:51頃。まだ夜明け前の蒼い空を見上げると。
   南西の方角に少しもやりながら月がいました。
右)アップで。
170910_2329es_198th_78_34ashort170910_2330es_198th_78_34ashort170910_2330es_198th_78_34ashortmoji170911_0452sw_201th_77_58a170911_0451sw_201th_77_58ashort






左)06:46頃の西(やや南寄り)の空。ヒマラヤ杉並木の向こうの月。
今年はヒマラヤ杉の薔薇ぼっくりの付きがよさそうです。
中)ちょっとズーム。薔薇ぼっくりを落とす時期は12月ぐらい。
  少しずつ茶色くなりはじめています。
右)青空を背景にしたソーダブルーの月をアップで。
170911_0646_1ws_201th_76_38ashort170911_0646_3ws_201th_76_38ashortsh170911_0646_2ws_201th_76_38a






9月12~13日
月はまだ昇っていない18時頃の空。夕焼けが1年に何度あるか、というくらい荘厳でした。
Img_5850short

左)日付変わって13日01:49頃の東(やや南寄り)の空。月齢21.9。輝面率56%の月が出ていました。
東の空なのに高度が43と高いのはこの夜の月の出の位置が「東」ではなく東北東だったため。
東北東から昇り空の高いところを通り西北西に沈むというコースだったため。
中)欠け際をアップで。
右)「y」のように見えるから名付けて「月面y(ワイ)」も。
170913_0149es_219th_56_43ashort170913_0150es_219th_56_43ashort170913_0150es_219th_56_43ashortmoji






左)午前2時頃。昼間は暑かったけれど夜中は「冬」。
といっても秋を通り越す寒さだったというわけではなく、
冬の星座のどまんなかに月がいたのです。
月の右斜めの小さな点は牡牛座の一等星アルデバラン。
中)月の下にはオリオン座が横たわっています。カメラの構えが少し斜めになりました。
 三ツ星が縦に整列するのが正しい角度です。
右)見えづらいと思いますので星がどこにあるかを矢印で。
170913_0201es_219th_56_46ashort170913_0203es_219th_56_46ashort170913_0203es_219th_56_46ashort_lin






左)0649頃の南西の空高く。月齢22.1。輝面率55%。
  13日が下弦ですがその時刻が15時過ぎなのでまだ半月よりちょっと太っています。
中)11:14頃。月はどこにいるでしょうか。中央、上から下がる葉の左下にいます。
右)アップで。月の入り1時間前の透けるような月です。
  暑いそして陽射しも強い! ですが蝉が鳴いておらず。
170913_0649sww_221th_55_62ashort170913_1114wn_223th_53_11ashort170913_1115wn_223th_53_11ashort






9月13~14日
日付変わって14日、03:11頃の東(やや南寄り)の空。
雲に覆われてぼやっとした姿ですが月齢23、輝面率44%の月が。
170914_0311es_23th_44_49a






-------------------------------------------------------
今クール、秋の長雨の時期より前なのに思ったより晴天が少なく、
月が見られる日も多くはありませんでした。
それでも、赤い三日月、鼻の尖ったお月さま、月面エックス、レモンの月、
冬の星座の中の夜明けの月などが見らえてうれしかったです。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2017年7月27日 (木)

セリアの月、綺麗だな~

(以下、画像はクリックで拡大します)
今夜の月です。
Seria_moon_0
というのはウ・ソ。

今日は本当なら五日月なのですが、曇り空で見られず。

こちらは、星にちなんだ名前を持ち、宇宙好きの姉がみつけた月のペーパーウエイトなんです。

しかも、100円ショップのセリアでみつけたもの。

美しいです~。
ゼリーのような半球の底の部分に月の絵が貼られているんだと思うのですが、
よくできています。

星空が描かれた紙に姉が置いて撮ったカット。
Seria_moon_4short_2

こちらのカットは
Seria_moon_1short_2
ペーパーウエイトが不鮮明に写った分
まるで絵のような味わいになりました。

今日行ったセリアでは、ずっと探していた白いスプレーボトルをみつけることもできました。
冷蔵庫内の整理に使っているシンプルな良品とほぼ同じサイズのトレイをみつけることもできました。

にぎにぎした色合いが苦手なので、シンプルな白~半透明の生活グッズを揃えられるのはうれしいです♪

2017.8.13追記

月のペーパーウェイトは「ガラスペーパーウェイト(宇宙)」シリーズのものです。
商品問い合わせのための13ケタのバーコードは4978929287665で
大阪の松野工業さんの商品のようです。

2017年7月23日 (日)

月の備忘録 2017年7月23日~8月21日

月の備忘録。 (以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

7月28日
戻り梅雨のような曇り空の日が多く、今クール初めて会えた月は
この日の五日月でした。
左)11:16頃。雲が多いながらも青空が広がりました。
  月が見えたらいいな~と目を凝らしていたら、東(やや南寄り)の空低くにいました!
  10日ぶりに対面の月。月齢4.7。輝面率26%。
  スカイダイビングのパラシュートが浮かんでいるみたいに見えます。
右)15:14頃の南の空の月。月齢4.9。輝面率27%。
  11時過ぎの画像と比べると、弧が時計まわりに回転しているのがわかります。
170728_1116es_47th_26_18ashort170928_1514se_49th_27_53a




※輝面率が25%前後だと鼻のとがったお月さまになることが多いのですが、
 残念ながら私は夕方以降は月を見ることはできませんでした。

7月31日 半月(上弦)
久しぶりの晴れで月日和。5回見られました。
左)15:15頃の南東の空。月齢7.9。輝面率57%。真夏の青空にソーダブルーの月。
  上弦の時間が零時過ぎでした。刻々と満ちる月。だから午後3時過ぎには7%太っているのですね。
中左)16時過ぎの南東(やや南寄り)の空。少し月が白っぽくくっきり浮かび上がっています。
中右)19:10頃、まだ暮れきらない空。南南西に月齢8、輝面率58%の月が。
右)アップで(そのため月の周りが黒くなっています)。
170731_1515se_79th_57_28a170731_1604se_s_79th_57_34a170731_1910ssw_8th_58_40a170731_1910_2ssw_8th_58_40a





左)19:10の月は、欠け際周辺に逆さオラフと、隠れミッキーがいました。
中左)この位置です。ミッキーはちょうど3つのクレーターがいい具合に重なって見えました。
中右)21:28頃の南西の空。草野球をする人、が正位置に。
右)西の空は雲が広がっていて、22:42頃の西南西の方角のこの月が最後に見られたものとなりました。
  月齢8.2。輝面率59%。雲に覆われながら、しっかり見えるクレーターが幻想的でした。
170731_1911ssw_8th_58_40ashort170731_1911ssw_8th_58_40ashortshort170731_2128sww_81th_58_23a170731_2242wsw_82th_59_10a






8月5日
長寿台風5号などによる影響か、雲の多い日が多く、月に逢えるのは久しぶり。
23:16頃の南南西の空。月齢13.2。輝面率95%。
薄雲をまとっていましたが、かろうじて見えました。
170805_2316ssw_132th_95_32aこのあと雲に覆われ、月は隠れてしまいました。






8月6~7日。(満月2日前)
左)月の出から1時間後の18:39頃、南東(やや東寄り)の暮れきらない空に丸い月が。
  月齢14。輝面率98%。
中左)少しアップで。常夜灯が灯るようにほのかに黄色く輝いていました。
中)19:46頃の南東の空。輝面率98%で満月に2%欠けているのは
  時計の文字盤の5から9あたりの場所ですね。
中右)21:36頃の南南東の空。月齢14.1。輝面率99%になりました。
右)23時過ぎの南の空。月齢14.2。月の模様がゆっくり時計回りに回転しているのがわかりますね。
170806_1839see_14th_98_11a1170806_1840_2see_14th_98_11a170806_1946see_14th_98_12a170806_2136sse_141th_99_33a170806_2303s_142th_99_36a





左)日付変わって8月7日00:37頃の南南西の空。
  月光が雲を照らし、ほんのり虹色に見えました。
中左)オパールのようなかすかな虹色がおわかりいただけますでしょうか。
中)月をアップで。
中右)木の葉越しに撮ると、月が大きく、近くに見えるように感じます。
右)02:22頃の南西の空。私の好きなぞろ目の時間。
  月齢14.3。輝面率99%。
  時計の文字盤の8から11ぐらいの間が1%足りない部分ですね。
170807_0037ssw_142th_99_31a170807_0038ssw_142th_99_30a170807_0037_2ssw_142th_99_31a170807_0220sw_143th_99_18a170807_0222sw_143th_99_17a






8月7~8日
8日は満月。00:49頃から部分月食がみられるはずだったのですが、
長寿台風5号による悪天候で見られず(>_<)

8月8~9日
左)日付変わって9日0時過ぎの南(やや東寄り)の空。雲間に月が現れました。
  月のまわりの雲が少し虹色がかっていますね。
中)アップで。月齢16.2。輝面率99%。もう1%分欠けているのですね。
右)南の空の雲が月光で白く浮かび上がる様子が美しかったです。
170809_0004se_162th_99_41a170809_0005170809_0004se_162th_99_4170809_0005_2170809_0004se_162th_99






8月12~13日
左)23:38頃の東南東の空。月齢20.2。輝面率76%。
  すきっと晴れない日が続いていますが、やっと月が見られました。
中左)アップで。高性能のカメラであればまんべんなくクレーターがはっきり写せるのでしょうけれど。
   三脚なし、手持ちのPowerShot SX50。欠け際のクレーターは陰影強く、主役となります。
   日に寄ってくっきり見えるクレーターが違うからこそ、毎日月を見ていて見飽きないのです。
中右)逆さオラフは欠け際ではないのでこの夜の主役ではありません。
  ごく小さなクレーター、タキトスやカント、アルフラガヌスが欠け際ゆえに
  主役級のスポットライトを浴びています。
右)日付変わって13日01:26頃の南東の空。月齢20,3。輝面率75%。
  月は見えましたが、雲が多く、ペルセウス座流星群の流れ星は見られませんでした。
170812_2338ese_202th_76_27ashort_2170812_2338ese_202th_76_27ashorts_2170812_2338ese_202th_76_27amoji170813_0126se_203th_75_46a






-------------------------------------------------------------
8月21日。東京都心は21日間連続の雨。といってもずっと雨がしとしと、とかザーザーではなくて、
曇りの時間帯が長いだけだったり、時には薄日が差したり、青空が広がる時もあるのですが。
13日の未明の月が今クール最後に見た月となりました。
こんなに月が見られない8月ははじめて(40年前に体験していたのでしょうけれど)。

8月というのに梅雨の延長みたいで、涼しい日もあって。
7月頃は、8月は酷暑でカンカン照りと覚悟していたので意外でした。

-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

2017年7月 5日 (水)

2018年版月の満ち欠けカレンダーとヤマボウシ

夏の暑さはこれからが本番ですが、
ミニコラムを担当させていただいている「月の満ち欠けカレンダー」は、
もう2018年版ができあがっています。
6月中旬のことですが、グリーティングライフ社さんの
プライベートショー(新作発表会)にうかがわせていただきました。

こちらが私が各月(12ケ月分)の月に関するミニコラムを書かせていただいている
月の満ち欠けカレンダー2018年版。
(以下、画像はクリックで拡大します)
20170614moon1

毎年ご愛用してくださる方々がいらっしゃるのはありがたいことです。

2018年版も壁掛け(B4サイズ)、卓上サイズ、 フロッピーディスクサイズの3タイプが
販売されます。

1月から12月まで毎月、色合いが違うのですが、 一番気に入ったのは12月の色かしら。
20170614moon2
ほんのりレンガ色☓ライトブラウンが素敵でした。
(↑この画像では少し明るく写っています)
12月のミニコラムはカラスウリに関する内容です。

ぜひ来年も皆様のお部屋に飾っていただき、
日々表情を変えるお月さまをチェックしていただけましたら幸いです。

グリーティングライフ社さんは、カレンダー、手帳、ノート、カード類etc.
日常を彩る紙ものを展開されていらっしゃいます。

ショーでは、新しく取扱いがはじまるというきかんしゃトーマスシリーズにもしびれました。
(カレンダー、バースデーカード、シールほかのラインナップ)。

アニメではなく、もとの原画を商品化にされているので、筆タッチの輪郭がレトロでいいです。
大人っぽい印象です。
20170614gl0

ふかふかっと立体感のあるシールも使ってみたい。
20170614gl3


米津さんの動物シリーズはいつも可愛いなと思っているのですが、
山羊さんを発見。

こちらはすでにお店で販売されているマスキングテープ「レター」。
Img_3391
アオヤギさんの歌を連想させますよね♥♥

新作発表会では、山羊さんシリーズのレターセットがあったんです。

(8月頃から販売開始のようです)
超おすすめ♥♥

サボテン(こちらもすでに販売中)、
20170614gl4

フラダンスのマステ、エトセトラにワクワク。

紙系雑貨は
持っているだけで、こんな時にこう使おうと想像するだけで楽しくなる
不思議な魅力がありますね(*^。^*)

2018年版カレンダーの販売開始は9月ぐらいからでしょう。
ぜひ、お近くの大きな文房具屋さんや書店、ネットでみつけていただけたらうれしいです。

※新作に関しては、今回展示されたものと実際に商品化されるものは若干変わる可能性もあるそうです。

------------------------------------------------------------------------------
さて、 新作発表会の会場は東京・青山の根津美術館そば。
去年も見たヤマボウシが今年も咲いていました。
少し緑色がかった花びらと中央の毛糸のボンボンのような造形が好きです。
20170614yamaboushi2short
形は違うけれどフランネルフラワー系の配色にうっとり 。

ニコライ・バーグマンが手がけたジュエリーショップ店の外には、
多肉植物ぎっしりのコンテナがありました。

私が育てている黒法師もいました。

来年も青山での新作発表会&ヤマボウシチェックが楽しみです。

-----
おまけ

私の宝物のshineきかんしゃトーマスshineのラミネートポーチ。
ソニプラで買ったのですが、日本にトーマスのアニメが入ってくるよりはるか前。
おそらく30年以上前に買ったものです。
20170706thomas

マチのないシンプルな作りですが、家の中で筆記用具の控えを入れたりするのに重宝しています。

花INDEXはこちら

2017年6月25日 (日)

月の備忘録 2017年6月24日~7月22日

月の備忘録。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合は新しいタブで開く、を)

デジカメ修理中だから、というだけではなく、曇りの日が多く、
今クール私が最初に見た月は7月1日の半月でした。
(建物の中から一瞬のため、画像は撮れず)

久しぶりの月写真は7月2日となりました。

7月2日。半月の翌日。
左)久しぶりに対面した月。19:21頃の南(やや西寄り)の空。
 日没の20分後なのでまだ空が少し蒼さが残っています。
 夏至の頃と日没時間がほぼ変わらず。暮れるのが一番遅い時期です。
中左)月をアップで。月齢8.3。。輝面率64%。半月の翌日なので1日分、半円よりもふっくら。
中)さらにアップで。欠け際に「逆さオラフ」がいます。
中右)22:47頃の西南西の空。雲の御簾越しに見え隠れ。
  月は少し白っぽく写っています。月齢8.5。輝面率65%。
右)月にピントを合わせて。草野球をする人が正位置で見えています。
170702_1921sw_83th_64_50a_2170702_1924sw_83th_64_47a_2170702_1925sw_83th_64_47a_2170702_2247wsw_85th_65_19a_2170702_2248wsw_85th_65_19a






7月3日

厚い雲のため、見渡してもどこにも月が見えない空。
それでもしばらく粘っていると、
一角がほのかに明るくなっておぼろげながら月が顔をみせてくれる瞬間は
名月と同じくらい風情を感じます
170703_2208sw_94th_74_31a 22時過ぎの南西の空。月齢9.4。輝面率74%。






7月5日
170705_2007se_114th_88_37a20:07頃の南(やや東寄り)の空。雲間にかろうじて月が。
草野球をする人もおぼろげながら見えています。
月齢11.4。輝面率88%。




7月6日
左)台風翌日の夕方18:32頃の南東の空。久しぶりにはっきり見えた月はずいぶん丸くなっていました。
月齢12.5。輝面率94%。
中)20:46頃の南(やや東寄り)の空。中央部下に見えるミカンのヘタのようなクレーターはティコ。
右)23:07頃の南南西の空。草野球をする人の左側に、クマとリスを合体させたような模様が。
170706_1832se_123th_93170706_2046se_124th_94_34a170706_2307ssw_125th_94






7月7~8日(7日は満月前々日)
左)七夕の夜、雲は多いながら空は晴れています。
  21:17頃の南南東の月。月齢13.4。輝面率97%。
中左)22:20頃の南の空。月齢13.5。輝面率98%。
中右)日付変わって8日1時前の南西の空。月が明るくて雲が白く浮かびあがります。
右)1時頃、雲の切れ間を待ってパチリ。月齢13.6。輝面率98%。草野球をする人が正位置に。
170707_2117sse_134th_97_32a170707_2220s_135th_98_35a170708_0058sws_136th_98_25a170708_0100sws_136th_98_25a






7月8~9日(8日は満月前日)
左)23:42頃の南の空。月齢14.5。すでに輝面率は100%。
  冬の満月は蛍光灯。空の高みで白く輝いていますが、夏の満月は白熱灯。
  南の空低く、ぽってり黄色く灯っています。
中)日付変わって9日02:07頃の南西の空。草野球をする人が正位置に。
右)02:08。手前のイチョウの葉にピントを合わせて。
  月と手前のイチョウ、両方にピントを合わせた写真を撮るのは難しいので
  写真で合成できたらいいな~。いい方法をご存知の方、ご指南くださいませ。
170708_2342s_145th_100_34ashort_2170709_0207_2sw_146th_100_22ashort170709_0208sw_146th_100_22ashort






7月9~10日(9日が満月)
左)20:24頃の南東の空。月齢15.4。輝面率100%。
  月の出から1時間30分ほど経っていますが、空低く、ぽってりと黄色い月が見えました。
右)日付変わって10日00:14頃。ほぼ南中の月。月齢15.5。
  満月の時刻は9日の13時頃だったのですが、まだ輝面率100%を保っています。
170709_2024see_154th_100short170710_0014s_155th_100_35ashort






7月10~11日
左)空梅雨でこのところ月日和が続いています。
  21:26頃の南東の空。3本の高い木の上に丸い月が。
中)月をアップで。月齢16.4。輝面率98%。満月の翌日。2%分右側が欠け始めています。
右)23:46頃の南南東の空。月齢16.5。輝面率98%。
  満月後は、草野球をする人あたりから欠けていきます。
170710_2127se_164th_98_18ashort170710_2126se_164th_98_18ashort170710_2346sse_165th_98_34ashort






7月11~12日
左)21:19頃の東南東の空。クレーンが月を吊り上げているように見えました。
  わかりづらいかと思うのですが、左手の木のシルエットは私が大好きな桜の木です。
中左)月をアップで。月の出から20分ほどしか経っていないので、高度低いです。
   月の黄色味が強く、提灯のような鈍い灯り具合。
   月齢17.4。輝面率95%。
中)日付変わって12日00:19頃の南南東の空。月齢94%。
  草野球をする人の下半身が見えなくなっています。
中右)朝5時前の南西の空。イチョウの葉越しの月。
右)月をアップで。月齢17.7。輝面率94%。
  青空に輝く白い月は、洗い立ての白Tのよう。
170711_2119ese_174th_95_10a170711_2118ese_174th_95_10ashort170712_0019sse_175th_94_35ashort170712_0453_2sw_177th_94_23a170712_0453_1sw_177th_94_23a






7月12~13日
左)23:50頃の南東の空。月齢18.5。輝面率89%。
  少し太めのレモン形の月。
中左)日付変わって13日02:52頃の南の空。輝面率は88%。
中)04:11頃。夜が明けはじめ、蒼い空に浮かぶ月。南西(やや南寄り)。
中右)アップで(そのためまわりの空が黒く写っています)。
   輝面率88%。冬ではないのにクレーターがくっきり見えてうれしいです。
右)04:44頃の南西の空。雲の向こうに見えた月は、すでに昼間の「白さ」の月に。
170712_2350se_185th_89_29a170713_0252s_186th_88_42ashort170713_0412sws_187th_88_37a170713_0411short170713_0445sw_187th_88_33a






7月13~14日
左)月ではなく「虹」をご紹介。18:49頃、南南東の空に虹の脚が見えました!
  というのも日没9分ぐらい前で、太陽が「西北西よりも北寄り」にいたからなんです。
  太陽が北寄りの方角に沈む季節はこんな風に南の空に虹が見えるチャンスが。
  日没前のわずかな時間の出来事だったので見られてラッキーでした。
中左)23:23頃の東南東の空。月齢19.5。輝面率82%。
  レモンの月よりはちょっとほっそり。輝面率85%ぐらいがちょうどレモンの月かも。
中)日付変わって14日03:47頃の南(やや西寄り)の空。月齢19.7。輝面率80%。
中右)04:46頃の南西の空。クレーターくっきりでうれしいです。
右)アップで。3つ並ぶクレーター(テオフィルス、キリルス、カタリナ)、アルタイの崖がよく見えます。
  テオフィルスの中央デベソもばっちり。
20170713_1849wnw_11a_2170713_2313ese_195th_82_18ashort170714_0347sw_197th_81_45ashort170714_0446sws_197th_80_42ashort170714_0447sws_197th_80_42a




  

7月14~15日
左)日付変わって15日00:02頃の東南東の空。月齢20.5。輝面率73%。
中)05:10頃の南南西の空。輝面率71%。
右)06:53頃の南西の空。輝面率71%。
  青空の中で、ソーダブルーの月が美しいです。
170715_0002ese_205th_73_21a170715_0510ssw_207th_71_48a170715_0653sww_208th_71_35a






7月15~16日
日付変わって16日00:30頃の東南東の空。
月齢21.5。輝面率62%。
覆う薄雲を黄色く照らしながら月が出ていました。
170716_0030ese_215th_62_20a






7月18日(下弦の翌日)
左)04:04頃夜明け前の東南東の空に月が。
中)アップで。月齢23.7。輝面率39%。いい焼き色がついた餃子月。
右)欠け際に虹の入江のカーブ( やクレーターのコペルニクスが見えます。
170718_0405ese_237th_39_48a170718_0404ese_237th_39_48a170718_0404ese_237th_39_48aname






---------------------------------------------------
7月18日の月が今クール最後に見た月となりました。
空梅雨とはいえ雲が多い日が多い&私が外に出られる時が限られる
のため、見逃した日も多いです。
月はやっぱり秋や冬がくっきり綺麗だなあと思うのですが、
それでも、夜明け前の月は思いのほか、シーイングがよくて
クレーターがくっきり見えてうれしかったです。
-------------------------------------------------------
※月齢、輝面率はステラナビゲータ10で調べたものを記しています。
※月齢は正午月齢ではなく、撮影時刻のものです。

月の備忘録INDEXはこちら

より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。