2020年6月28日 (日)

モミジの公園シリーズ(その22)2020年6月下旬(その2)定点観測以外の草・木・鳥

2019年3月から画像はサムネイル(少し不鮮明)でアップしています。
お手数ですがクリック・拡大でご覧いただけましたら。

--------------------------------------------------------------
昨日アップしました花に続き、草・木・鳥編を。

木に関しては。
大王松→ぼっくりがあるはずですが曇り空でよく見えず。
イチョウ→葉が茂っています。落ちている青いギンナンあり。
センダン→葉が茂っています。
モミジ→赤いものは鮮やかさがなくなりかなり緑色に近い色に。
 プロペラがついているものもあり。
芭蕉→バナナのような実がなっていました。
サルスベリ→葉がなかったような。
タチラクウショウ→緑の葉が伸び、丸い実がいっぱいぶらさがっていました。

葉が茂ったセンダン。
18_sendan

シダ(ナニシダかはわからないのですが)の裏にギョッ!
19_shida1

虫の卵かと思いきや、胞子のうのようですね。
丸い葉のシダです。
20_shida1up

不明の植物。
21_kayaka

ツンツンした葉。カヤでしょうか。
22_fumei

こちらも不明の植物。
23_fumei

切り株のヘリに緑の苔の輪。
24_miki

ギャーギャー。オナガがいました。
管理人さんがおっしゃるには木の高いところに巣があったのに
へびが登って襲ったそうです。

このオナガたち、画眉鳥のように両脚でピョンビョンと移動していました。
名付けて、カンガルー跳びといいましょうか。
鳩やハクセキレイは片足ずつ歩きますよね。
鳥によって違うのですね。
25_onaga

植え込みの陰の尾が見えますでしょうか。
2羽、同じ動き。
26_onaga

草間彌生風アジサイの葉の上のオナガの羽。
27_onaga

アップで。オナガのブルーグレーの羽の色、美しいですね~。
28_0naga

ヒヨちゃんが近くの木に留まりました。
29

ブラウンのチークがおしゃれ。
30

どこにでもいるヒヨ。
鳥撮りで猛禽類が一等賞だとすれば、
ヒヨちゃんは全員もらえるティッシュ。
31short

でもカメラを向けてみれば、やっぱりかわいいし、引き込まれます。
32

「猛禽類を目当てで来たの? 僕だってキリリとした顔してるよ」と言いたそう。
33

確かにいい顔しています。目力も負けていません!
34up

モミジの公園シリーズINDEXはこちら
花INDEX全体はこちら
鳥INDEX全般はこちら
【緑 お散歩 隠れ家スポット】INDEXはこちら

2020年6月24日 (水)

2020年のツバメ。場所A(その4)6月17日

2019年3月から画像はサムネイル(少し不鮮明)でアップしています。
お手数ですがクリック・拡大でご覧いただけましたら。

--------------------------------------------------------------
その3)のつづきです。

6月17日(みんな飛行予行練習)
朝の様子。まだ巣立ちしてませんでした。
4羽がいます。1羽足りません。死角にいるといいのですが。
1_20200617_t1

お昼前に見た時の様子。
「かい~の」と言わんばかりにポリポリ。
2_20200617_t9

恒例、ツバメのV字バランス♪
3_20200617_t2

うっすら開いてる目。
4_20200617_t3

目の上少し、下たくさんが薄いグレーになっていますよね。
5_20200617_t7

完全に目を閉じると、このグレーの部分が現れるのですね。
まるでモディリアーニのアーモンド形の目のよう。
7_20200617_t10

目を開ければ、こんなにパッチリ、黒ビーズのようにキラキラ
6_20200617_t8

あいかわらず、食欲旺盛。親が来ると黄色い口の花が咲きます。
8_20200617_t4

このうちの1羽がほどなくこの態勢に。
エサを食べてそのあとフン意をもよおしたのでしょう。
9_20200617_t5

ポトリの瞬間は撮れませんでしたが、
スッキリ後の肛門。かわいい形。
10_20200617_t6

このあとエサをもらったヒナもこの態勢に。
でかかったフンが肛門からのぞいています。
11_20200617_t11

ポトリ。スッキリ後。
12_20200617_t12

バタバタ。飛行練習。
13_20200617_t13

バタバタ。すぐ下に駅員さんが作られた台があるので
万が一足をすべらせて落ちたとしても怪我しないですみそう。
14_20200617_t15

そばで見守る親ツバメ。
15_20200617_t14

この1羽も後ろ向きになってバタバタ。
16_20200617_t16

直後。「ちょっと怖かった」と言っているように見えます。
17_20200617_t17

※このあと私が巣を見たのは6月19日でした。
誰もおらず空になっていました。

無事巣立ったのでしょう。
この場所を記憶してまた来年戻ってきてくれますように。

鳥INDEX(その5)タ~トはこちら

2020年6月22日 (月)

2020年のツバメ。場所A(その3)6月16日

2019年3月から画像はサムネイル(少し不鮮明)でアップしています。
お手数ですがクリック・拡大でご覧いただけましたら。

--------------------------------------------------------------
その2)のつづきです。

6月16日(1羽はばたいた日)
日一日と育つツバメたち。
16日の朝、ヒナ1羽がこんな風に巣の端に立ち、後ろ向きになって羽をバタバタさせていました。
飛び立つ第一ステップだと思います。
1_20200616_0632_1t

飛行予行練習後。
5羽いるのが確認できました!
よかったです。5羽とも無事大きくなって。
2_20200616_0632_2tshort

スマホで自撮り2ショットをしているみたいに
顔を寄せ合うツバメちゃん。
3_20200616_0633

この2羽も仲良しでした。
くちばしでつっつきあったり、
じゃれあったり、おしゃべりしたりしているかのよう。
4_20200616_1132_1tshort

この左のヒナはまだフワフワ毛がところどころ残っていますね。
5_20200616_1132_2t

お昼前。
1羽が近くの看板の上にいました。
巣を発ってここまで羽ばたいてきたのです!
6_20200616_1135_1t
↑首の下の毛の茶色が薄いこともヒナの証拠。

その後、もう少しはばたいて、さらに遠くの看板へ。
両脇はお父さん、お母さんツバメ。
7_20200616_1135_2t

右側のツバメ。お父さんでしょうか。
8_20200616_1135_3t

左側のツバメ。おかあさんでしょうか。
大人のツバメは口ばしの下が濃い茶色。そして黒い羽も艶々。
9_20200616_1135_4t
子供が巣立ちできて、お赤飯炊きたいぐらいのうれしさでしょうね。

真ん中のヒナのアップ。
10_20200616_1136_1tshort

最初に羽ばたいただけあって、頭のフワフワ毛がありません。
成長が他のヒナより早い証拠でしょう。
11_20200616_1136_2t

うつむくと、ほんの少しだけフワフワ毛の名残がみえますね。
12_20200616_1136_3t

キリリとした表情。
お父さん、お母さんみたいに黒い艶々の毛になるのもあとちょっとでしょう。
13_20200616_1136_4t

最初に巣立った1羽が巣のそばに戻ってきました(右端)

巣の下の段ボールの上に親2羽もやってきました。
家族全員揃った幸せの風景です。
親はヒナにエサをあげてはまた飛び立って、またエサをあげては飛び立ってを繰り返しているから、
こんな風にヒナのそばにいる。
しかも両親で。ってなかなかみかけない光景なんです。
14_20200616_1137tshort
幸せの風景に見える理由はもう一つ。
駅員さんの愛情が感じられるからです。
手作りで作ったこの台は、フン除けとヒナが巣から落ちた場合に備えて作られたものだと思うんです。

それがわかるから。

↓巣立った1羽が円柱のヘリを歩いて巣に戻りました。
両親はあいかわらず下からヒナたちを眺めています。
15_20200616_1138_1t

親が巣まで来ると、エサをもらえるんだと思って条件反射で口を開けるヒナたち。
(4口しかありませんね)
16_20200616_1138_2t

親はエサをあげにきたのではなくて、
こんな風に飛んでみなさい、と促すかのように
右に。
17_20200616_1139_1tshort

そして、ふたたび、下の台の上に。
ヒナたちは真剣な表情で見降ろしています。
「こわいなあ~、高いなあ~」って思っているのでしょうか。
18_20200616_1139_2t

その後、1羽がこんな風にバタバタ。
思いきって飛ぶ練習でしょうか。
19_20200616_1139_3t

また2羽がおしゃべりしているかのよう。
20_20200616_1139_4t

ほんとに仲よさそう。
21_20200616_1139_5t

親を見ると、条件反射で口が。
22_20200616_1139_6tshort

こんな眺めもあとわずかですね。
23_20200616_1141t

まるで、嵐のようにキリリとポーズが決まっています。
(5羽じゃないのが気になります)
24_20200616_1143t

その4)につづきます。

鳥INDEX(その5)タ~トはこちら

2020年6月21日 (日)

2020年のツバメ。場所A(その2)6月12日~6月15日

2019年3月から画像はサムネイル(少し不鮮明)でアップしています。
お手数ですがクリック・拡大でご覧いただけましたら。

--------------------------------------------------------------
その1)のつづきです。

6月12日
わずか2日でこれだけ成長。
親たちもがんばってたくさんエサを運んだのでしょう。

ヒナたちの顔の区別はつきませんが、
エサの取り合いで特に2羽の様子が面白かったので
便宜上A、Bとしてご紹介します。
1_20200612t1short

Bの様子。フワフワ毛はまだありますが、
顔がだいぶムックリ。
2_20200612t1up

親がエサを持ってきて
Aがゲットしました。
3_20200612t2

喉元がしばらく動いていました。
4_20200612t3

「んぐ」と飲み込んだ後、
お尻を巣の外に向ける様子はありませんでした。
5_20200612t4
横着して巣の中にフンをしてしまったのか、
それとも体が大きくなって1回のエサを食べたぐらいではフンにならないのか。

また、親が来ました。
6_20200612t5

今度はBがゲット。
食べたばかりのAも大きな口を開けています。
7_20200612t6

「あら、Aにはさっきあげたのにまだおなかすいているのかしら」と
親がチェックしているような雰囲気。
8_20200612t7

親が去ったのにCは口を開けています。
Cは少しのんびり屋。
我先にと口を開けたりせず、他のヒナから出遅れているのが不安です。
9_20200612t8

1分後。
Aがこの表情
11_20200612t9short

ずっとヒナに向いている私は自分の後ろの様子がわかりませんが
Aのこの表情を見て、後ろから親がエサをくわえて飛んできたんだということがわかりました。

その予測通り、親が来て、Aの口へエサを。
Aの飢え具合を観察していたちゃんと観察していたのですね。
ツバメ。小さな生き物ですが、立派な親の勤めを果たしていて偉いです。
10_20200612t10short
さて、この時もAがエサをもらったあとにCは身を乗り出し、出遅れ。
私はすぐこの場を離れてしまったのですが、
このあとCもエサをもらえているといいのですが。 

6月15日
ヒナたちはさらに成長。
もう巣の中に体がおさまらない大きさに。
4羽しか見えません。
12_20200615t3short

おなじみ、ツバメのV字バランス。
安定感のない巣でどうしてこんなポーズが取れるのでしょう。
13_20200615t6

顔や体の黒い毛も色が濃くなった気が。
それでも頭の白いフワフワ毛は健在。
14_20200615t11short

親が来ると大きく口を開けます。
6月5日は口ばしの方が顔より大きいくらいだったことを考えると
頭・顔が大きくなっていることがわかりますね。

口の中、上あごの割れ目も撮れました。
15_20200615t11up

その3)につづきます。

鳥INDEX(その5)タ~トはこちら

2020年6月20日 (土)

2020年のツバメ。場所A(その1)5月29日~6月10日

2019年3月から画像はサムネイル(少し不鮮明)でアップしています。
お手数ですがクリック・拡大でご覧いただけましたら。

--------------------------------------------------------------
毎年観察している場所A。
今年は緊急事態宣言下で外出自粛。
初めて見に行ったのは5月29日でした。

人間界のコロナ禍はどこ吹く風で、
巣を作り子孫を残す営みをきちんと例年通りに行っているツバメたち。
すごいな~と思いました。

5月29日
久しぶりに場所Aに行くと、
巣ができていて、ツバメの姿もありました。
1_20200529t1

6月5日
ヒナがいました。
2_20200605t2

超ブサカワ
3_20200605t3

ツルリンの頭にフワフワ毛。
耳も見えます。
昔の西洋人描いた、東洋人のような顔。
4_20200605t4mimi

目はまだ開かないのでしょうか。
5_20200605t8fb

わずか、2分後。4羽いるのが確認できました!
6_20200605t10

えさをもらったばかりなのに、左から2番目のヒナが
何度も首を上に伸ばしています。
親ツバメがその様子を見て
このあともう一度エサを持ってきました。
親がいるのにヒナの誰もが黄色い口を開けていませんよね。
まだ目が見えていない証拠なのかなと。
7_20200605t11moji

親が来ても黄色い口を開けないし、
逆に親がいなくても黄色い口を開けたりしています。
エサへの欲求ですね。
8_20200605t12

6月9日
ヒナが5羽になっていました。
目も開いています!
9_20200609t2short

体全体に毛もはえています。
頭のフワフワ毛は健在。
目は黒いビーズのよう。
10_20200609t3short

不鮮明ですが。
親の後に黄色い口がいっぱいありますよね。
親が来たから口を開けている、すなわち
目が見えるようになった証拠かなと。
11_20200609t5

エサをもらった1羽がすぐこの態勢になりました。
白いフンを巣の外に落とすことを覚えたのです!
フンが出た直後のしまる前の肛門です。
12_20200609t7

まどろみのひととき。
13_20200609t8

うつらうつら。
墜落しそうなほど、頭が下に落ちて、
少し目が開いて、頭が持ち上がる。
の繰り返し。
電車内で舟を漕ぐ人のよう。
14_20200609t9

6月10日
5羽、密です。密です。
15_20200610t1

親が来てエサをあげたあと、
1羽が横を向きました。
16_20200610t2short

さらに尾を外に向けるような態勢に。
生まれてわずかなのに「便意」といいますか「フン意」を感じて
ちゃんと巣の外にすることが身についているのがすごいですよね。
人間の赤ちゃんは一人で排泄ができるようになるのに時間がかかるというのに。

トロッとしたものが穴から見えています。
17_20200610t3

落ちました!
18_20200610t4

肛門をとりまく白い放射状の毛が
ハルジオンの花びらのように見えます。
19_20200610t5

その2)に続きます。

鳥INDEX(その5)タ~トはこちら
鳥INDEX全般はこちら

2020年4月11日 (土)

ウグイスに近距離で逢えました~&ヒヨドリはおせっかいな学級委員説

ホーホケキョ。ケキョケキョ。
響きわたる美声を楽しませてくれるウグイス。
すぐそばで聴こえてくるのに姿がなかなか見えず。
茂みや枝の奥にこもっていることが多いからです。

そのウグイスと生まれてはじめて超近距離&枝なしで逢えました♪

うれしい!!!
----------------------------------
去年ココログの仕様がかわってから、
ブログの画像はサムネイルでアップしていますので
画像はクリックして拡大でご覧いただけましたら
----------------------------------
もしゃもしゃした枝の向こうに姿を発見。
しばらくしたら表にでてきてくれました。
20200411uguisu1

感動! この写真は枝かぶりだけど。
20200411uguisu2

小さな体の全体から美声が響き渡ります。

くちばしが開いています。
さえずりの瞬間。うれしそうな表情。
20200411uguisu3short

おなかの毛がふわふわ。
そして、ウグイス色じゃないですね~。
花札の「梅にウグイス」の刷り込みで
メジロの方がよほどウグイスっぽい!
20200411uguisu4short

はばたく様子。
20200411uguisu5

枝かぶりですが、花の中のウグイスちゃん。
20200411uguisu_ushiro


しばし、至福のひとときでした。

■ウグイスちゃんと向かい合って撮っている最中に後ろでカシャパシャ。
振り返ると大筒のような立派なカメラを構えたおじさんでした。

おじさんいわく「このウグイスがこんなに表に出てくるのは初めてだよ!」とのこと。
ラッキーでした♪

■このウグイスと別れて別のエリアに行くと。
またウグイスが鳴いていました。
1羽が鳴き終わると、遠くからウグイスの鳴き声。
相手が鳴き終えるとまたこちらのウグイスが再び鳴いて。
かけあいで互いにおしゃべりしているかのようでした。

聴きほれていると、マスクをしたおばさまも同じように聴きほれていて。
「姿は見えないけれどこの茂みの中ですよね」
「いい声ですね~」と感動を分かち合いました。
「さっき、表に出てきてくれて初めてきちんと撮れました」と画像をお見せすると、
「まあ! 綺麗に撮れてますね」とおっしゃってくださいました。
「新型コロナウイルスのことで近所にしかでかけられないけれど、
 自然に恵まれてウグイスの声も愉しめて幸せですね~」と。
一期一会の出会いに心が潤いました♪

■前から警戒のために鳴いているのかもと感じていたのですが
昨日確信しました。
ウグイスが私の目の前の木に留まってさえずりを続けている時、
ヒヨドリがウグイスの後ろのフェンスに飛んできて
ギャーピーと鳴き始めました。
「目の前に人間がいるじゃない。気をつけなさいよ」と言っているように感じました。
学園ドラマでおせっかいな学級委員がヒロインに
「あいつがちょっかい出してきたら気をつけて。悪い男だから」と忠告するかのように。
以前も、エナガや他の鳥と超近距離で遭遇し、「貴重!」と撮っていると、
ヒヨドリがギャーピーやってきたことが多々ありました。
その時ヒヨドリは「見張り番? 用心棒?」と思ったのですが
昨日はギャーピーの忠告にウグイスは我関せずだったので、
ヒヨドリの立ち位置は「おせっかいな学級委員」なのかしらと思ったのでした。
  

2020年4月 4日 (土)

離れていてもつながっている。

離れていてもつながっている。空も心も。
桜や月etc.
同じ場所で一緒に眺めていなくても
その美しさを分かち合ちあえる。
200402_1404en_88th_59_30a_20200404225501
(↑ 一番好きな桜です)

200402_1405_2en_88th_59_30a_20200404225601
(↑ その桜の後ろに月が昇っていました)

200402_1405_1en_88th_59_30a_20200404225601
(↑ 月にピントを合わせて)

同じ時間に月を眺めたり、
SNSで送り合ったり。

自分のために、まわりの人のために
できるかぎり外出は控える。
Img_0102short
(↑ 徒歩で散歩エリアに生息するカワセミちゃん)

名所ではなくても
仕事先や家の近所の桜にお気に入りをみつけて愛でたり、
Img_9983short
(↑ 仕事先の大好きな桜は満開過ぎて花吹雪に)

ベランダから月を眺めたり。
200404_0053wn_103th_73_23a_20200404230401
(↑ 月を眺めるのは自宅でできる最高のレジャー)

外出できなくても
私たちを楽しませてくれる自然の恵みはまわりにたくさん。

一緒に乗り切りましょう。

2020年4月 1日 (水)

2020年1~3月の鳥。カワウ・カワセミ・コサギちゃん。

お散歩中に出会ったカワウ、カワセミ、コサギの様子を。
(距離があり、画像は不鮮明です。
 お手数ですがクリックいただいた方が
 少しきれいな画像がみられると思います)

カワウ
早春の日差しを浴びて、川で日光浴。
3羽並ぶと圧巻です。

1羽が太陽に向かって羽を広げていました。
20200318kawau9547short

距離があったのでアップにしても不鮮明ですが、こんなかんじ。
20200318kawau9547shortshort  

私が少し角度を変えて、脇からパチリ。
20200318kawau9555short

前からパチリ。
濡れた羽を乾かしているのでしょうか。
ジュディ・オングのようでした。
20200318kawau9562short

カワセミ
そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。
絶対、カワセミってナウシカですよね。
金色の葦に目立つコバルトブルーの衣のカワセミちゃん。
20200212kawasemi1

不鮮明だけどアップ。
横目がかわいい。
20200212kawasemi1_up

オレンジ色のぽんぽこおなか。
20200212kawasemi2

背中はこんなに鮮やか‼
20200212kawasemi3

サギちゃん
股旅者のいでだちに見えます。
旅の合羽をはおって、脚絆の細い脚でポーズを取っている、みたいな。
旅ガラスならぬ、旅サギ。
20200212sagi1

水面のゆらゆらは幻想的で、印象派の絵のよう。
20200212sagi2

せせらぎを歩くコサギちゃん。
尾の毛がふわっふわっ。
20200220sagi1

アップで。櫛でとかすことはないのに綺麗~。
20200220sagi2

頭の後ろのこのびよーんは絶対宇宙と交信しているアンテナだと思います。
20200220sagi3

3月中旬にみかけたコサギちゃん。
頭の上の毛は立っているし、羽は濡れたのか ベージュ色。
20200318sagi1

映っている自分の姿が目に入っていますよね。
どんな風に思っているのでしょうか。
20200318sagi2   

2020年3月28日 (土)

2020年3月 春の新治市民の森(その3)動物編 気概のあるルリタテハ。

その2の続きです。

時間帯のせいか。
鳥があまりいません。カメラマンさんもいません。

残念~と思っているとヤマガラ、エナガが飛んできました。
でも小さくてすばしっこくて撮れず。
ウグイスは鳴けども姿が見えず。

一番逢いたかったルリビタキは気配なく。
しょげました。

すると、目の前の手すりにひらひら。
ルリタテハがとまりました。

そしてゆっくり羽を広げては閉じるを繰り返します。

「ここまで来たんだから手ぶらで帰せない。私をお撮りなさい」と言わんばかりに。
五輪で北島康介選手を手ぶらで返すわけにはいかない、とがんばったリレー選手たちのような気概を感じました。

綺麗な色にうっとり。
でもなぜかピントを合わせられず。
20200320niiharu_ruritateha1

そんな私を見てルリタテハは飛び立たず、根気よく
ほら、ほらと何度もゆっくり羽を閉じたり広げたりしてポーズとをってくれました。
20200320niiharu_ruritateha2

おかげで美しいブルーを撮ることができました♪
ありがたや。
20200320niiharu_ruritateha3

さて、こちらは桃にとまった鳥。
なんの鳥かわからず気になります。
顔が見えませんが薄い茶色の体が写っています。
20200320niiharu_tori1

ピンぼけ。喉のあたりと尾の下は黄色~黄緑。
メジロかと思ったのですが、それにしては体が薄茶色でおなかが白く見えるのがおかしいし。
20200320niiharu_tori2

カワラヒワの鳴き声ではなかったです。
20200320niiharu_tori3
もし、この鳥の名前がわかる方がいらしたらぜひ、
教えていただきたいです。

さて、ガビ助もいました。
うるさいガビですがごはん探しの時は無口ですね~。
20200320niiharu_tori_gabi

新治での鳥見は不漁で終わってしまいましたが、
このあとまさかが。
帰り道。大きな団地の中庭でヒンヒンヒン。
ルリビタキにあえたのです!
写真は撮れずでしたが、間近で鳴き声聴いて、
姿を見られてうれしかったです。

2020年3月27日 (金)

2020年3月下旬 恩田川の桜(その2)カワセミやサギやほかの花

その1の続きです。

カワセミに逢えました!!

川を訪ねてカワセミに逢えると、
ディズニーランドに行ってミッキーさんに逢えたように嬉しくなります。

少し内股でかわいい。
202003ondagawa_kawasemi0
↑石の上には花びらも。

何をみつけたのか、少し首を伸ばして。
202003ondagawa_kawasemi1

キリリとした表情。
202003ondagawa_kawasemi2
カワセミのエメラルドグリーン、コバルトブルーに光る毛とオレンジ色の毛。
鮮やかさにうっとり。

コサギちゃんも現れました。
カワセミがディズニーランドのミッキーさんなら
コサギちゃんはミニーちゃん。
2キャラに逢えて得した気分♪
202003ondagawa_sagi0

黒い脚に黄色い指もミニーちゃんっぽいですね。
背中のくるんとした毛が陽に輝いています。
202003ondagawa_sagi1

こちらに向かって歩いてきました。
モデルさんのような足さばき。
202003ondagawa_sagi2

かわいい~。
202003ondagawa_sagi3short

飛んだ!!
慌ててパシャリ。足だけなんとか写りました~。
202003ondagawa_sagi4

両岸から桜の枝が垂れる風流な景色の中を
楽しそうに飛ぶコサギちゃん。
202003ondagawa_sagi5

かもがでっぷり!
202003ondagawa_kamo1

カモのシンクロナイズドスイミング。
202003ondagawa_kamo2

なんの植物でしょうか。
成長したネコヤナギ?
202003ondagawa_nekoyanagika1short

アップで。ぽわぽわの細部がわかって興味深いです。
202003ondagawa_nekoyanagika1up

これは少し離れたエリアの桜です。
ピンク色が濃く、ソメイヨシノより早咲き。
花びらが散った後もガクが星のような形でかわいい。
散ったあとの造形も楽しませる桜が気に入りました。
202003betsunosakura

桜INDEXはこちら
【緑 お散歩 隠れ家スポット】INDEXはこちら

より以前の記事一覧

emi 

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。