2020年3月28日 (土)

2020年3月 春の新治市民の森(その2)桜編

(その1)の続きです。

訪ねたのは3月20日。ソメイヨシノがまだ2分咲きぐらいの時だったのですが、
満開の木がありました。

レンギョウの黄色、新緑の緑の気色に
ふわっと淡いピンク色を添える桜。
20200320_niiharu_sakura1

でも開花がこのエリアのソメイヨシノよりも5日ぐらい早いです。
別の品種でしょうか。
20200320_niiharu_sakura2

幹も花のピンク色の薄さ具合も果てしなくソメイヨシノにそっくりでした。
20200320_niiharu_sakura4

緑区政三十周年 新治市民の森開園 記念樹と碑がありました。
20200320_niiharu_sakura3

こちらは新治市民の森の外、少し歩いたところの桜です。
こちらも満開。色が濃いので別の桜の品種ですね。
20200320_niiharu_soto1_sakura

桃のような元気な色の桜でした。
20200320_niiharu_soto2_sakura

(その3)につづきます。

2020年3月27日 (金)

2020年3月下旬 恩田川の桜(その2)カワセミやサギやほかの花

その1の続きです。

カワセミに逢えました!!

川を訪ねてカワセミに逢えると、
ディズニーランドに行ってミッキーさんに逢えたように嬉しくなります。

少し内股でかわいい。
202003ondagawa_kawasemi0
↑石の上には花びらも。

何をみつけたのか、少し首を伸ばして。
202003ondagawa_kawasemi1

キリリとした表情。
202003ondagawa_kawasemi2
カワセミのエメラルドグリーン、コバルトブルーに光る毛とオレンジ色の毛。
鮮やかさにうっとり。

コサギちゃんも現れました。
カワセミがディズニーランドのミッキーさんなら
コサギちゃんはミニーちゃん。
2キャラに逢えて得した気分♪
202003ondagawa_sagi0

黒い脚に黄色い指もミニーちゃんっぽいですね。
背中のくるんとした毛が陽に輝いています。
202003ondagawa_sagi1

こちらに向かって歩いてきました。
モデルさんのような足さばき。
202003ondagawa_sagi2

かわいい~。
202003ondagawa_sagi3short

飛んだ!!
慌ててパシャリ。足だけなんとか写りました~。
202003ondagawa_sagi4

両岸から桜の枝が垂れる風流な景色の中を
楽しそうに飛ぶコサギちゃん。
202003ondagawa_sagi5

かもがでっぷり!
202003ondagawa_kamo1

カモのシンクロナイズドスイミング。
202003ondagawa_kamo2

なんの植物でしょうか。
成長したネコヤナギ?
202003ondagawa_nekoyanagika1short

アップで。ぽわぽわの細部がわかって興味深いです。
202003ondagawa_nekoyanagika1up

これは少し離れたエリアの桜です。
ピンク色が濃く、ソメイヨシノより早咲き。
花びらが散った後もガクが星のような形でかわいい。
散ったあとの造形も楽しませる桜が気に入りました。
202003betsunosakura


2020年3月下旬 恩田川の桜(その1)(体内時計の桜も太陽暦の桜も)

明日明後日は外出自粛。
その前に恩田川の桜を見に行きました。

人出が少ないであろう朝をみはからって。

今年のソメイヨシノの特徴は。
1)開花が早い(一週間ほど)
2)木によって開花がまちまち。

見に行った日は7分咲きの木もあれば、すぐ隣にまだ2分咲きのものもありました。

体内に蓄積する冬の暖かさや日差しを感じ、その体内時計によって「春だ~」と咲く桜もあれば、
日の明け暮れを数えるように記憶して、
「やや、まだ3月中旬じゃん。咲くのは早いわ」と太陽暦で生きている桜もあるのかなあなんて思いました。

(画像はクリックで拡大しますので少し大きめの画像で桜を楽しんでいただけましたら)

川の幅はあまり広くないのがいいですね。
202003ondagawa1

水面に青空とピンク色の花が映っています。
202003ondagawa2

この1本は花つきがすごかったです。
枝が見えないほど、花がモリモリ。
202003ondagawa3 

ひなたにいるのにほとんど咲いていない木も。
202003ondagawa4

こちらは1本の木の中で花が咲いている部分(右側)と
まだ2~3分咲き(左側)のところがあって不思議です。
202003ondagawa5

ピンぼけ。木の根元からつぼみが。
202003ondagawa6

幹からいきなり花。
202003ondagawa7

川のすぐそばに下りられるのもうれしいです。
202003ondagawa8

水につきそうな桜の枝。
桜が自分の顔を水に映しているかのよう。
202003ondagawa9

その2に続きます。

2020年3月26日 (木)

モミジの公園シリーズ(その18)3月下旬 ソメイヨシノが満開

3月下旬のモミジの公園。

ソメイヨシノが満開でした。
昨年はソメイヨシノの満開とモミジが真っ赤になるのが重なりましたが、
今年はソメイヨシノの開花が一週間ぐらい早まりましたが、モミジの成長がさほど早まっておらずです。

園内、ソメイヨシノの本数は少ないのですが、枝ぶりが素晴らしくとても存在感があります。

ヒマラヤ杉との2ショット。
20200325_d1sakura

別角度で。この枝ぶり好きです。
20200325_d2sakura

大王松との2ショット。
20200325_d3sakura_daiousyou

下から見上げて。
迫力を感じます。
みおろして、見守られているようなどっしり感。
20200325_d4sakurashort

オナガとの2ショット。
羽や尾の水色と青空と桜のピンクの組み合わせにうっとり♡
20200325_d5sakura_onaga

水琴窟のふちに桜の花びらがハラリ。
20200325_d_suikinkutsu

2020年3月17日 (火)

フィギュアスケートアイスダンスのクリス・リード&村元哉中の桜の名プログラムは永遠。


20190404onda7short
アイスダンスのクリス・リードの訃報を知り、かなしいです。

デニス・テンも若くしてこの世を去りましたが、クリス・リードも30歳の若さで。
あたたかくおおらかな人柄が画面からも伝わってくるリード。
団体の試合などでみんなを盛り上げる笑顔が思い出されます。

平昌五輪でのリード&村元のプログラムが大大大好きです。
坂本龍一の♪戦場のメリークリスマス、ラストエンペラーを使用した桜をテーマにしたプログラム。

ちょうど桜の開花の季節を迎え
先日もこの名プログラムの録画を何度も視ていたところでした。

このプログラムの詳細はこちらに。

以前に書きましたことと重複になりますが、
戦場のメリークリスマスを使ったフィギュアスケートのプログラムはいくつもありますが
リード&村元のものと、宮原知子のものが群を抜いて好きです💛

リード&村元は「桜」をテーマにしています。
村元がもえぎ色をベースにしたコスチュームで最初滑り、途中でピンクの色のコスチュームに変わるところが、桜の開花を想わせます。

出だしは木枯らしが吹くような擬音も入っています。
春爛漫の季節の前には凍てつく冬があり、春めいてからも試練のような寒の戻りがあったり。
そんな、喜びの影の悲哀や厳しさを感じさせます。

二人のスケートは村元が桜、リードが風だったり、光だったり、桜をとりまく神羅万象のような存在に感じられます。
桜の開花を助けたり、厳しさを与えたり、そんな森羅万象を水色のコスチュームに身をつつんだクリス・リードが演じます。

わずか5分に満たない世界。
だけども桜だけではなく人生の悲哀のあとのよろこびなども感じさせるプログラム。
わずか4分30秒だけれども、このプログラムのためにすべてを犠牲にして練習を費やして演じたとしても悔いは残らないと言えるであろうプログラム。
見て引き込まれた者はこの4分30秒を生涯忘れないであろうと思わせるプログラム。

そんな素晴らしいプログラムを演じたクリス・リードの豊かな人生の軌跡に敬意を表しながら、心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2020年3月 8日 (日)

青葉農園シリーズINDEX

青葉農園はずっと訪ねつづけたいスペースですので
INDEXを整理しなおしました。  2020.3.8更新
Rosepierrederonsard

2006年5月17日
2007年5月15日
2010年(その1)5月1日(その2)5月18日(その3)5月22日
2011年5月14日
2012年5月13日(その1)(その2
2013年4月20日
2014年5月7日
2015年5月10日
2016年4月26日
2017年5月14日
2018年4月26日(その1)(その2
2019年5月9日(その1)(その2

カテゴリー桜のINDEX

桜の季節を前にして、今までの桜記事をまとめてみました♪

カテゴリー桜のINDEXです。     2020.3.8作成


いろんな場所の桜

新宿御苑
根桜も(2006.3.30)/

皇居東御苑
薄黄緑色の御衣黄も(2012.4.26)/

こどもの国
桜とたぬきと春が来た(2007.4.8)/桃色のきりん(2010.4.10)/

恩田川
そぞろ歩き(2019.4.4)/春の小川(2019.4.9)/サギとカワウの三角関係(2019.4.11)/
花筏日和(2019.4.14)/花の季を過ぎて(2019.4.28)/

大岡川
プロムナードの桜を完歩(2019.4.7)/

モミジの公園
桜と春モミジの赤(2019.4.25)

桜種別
ソメイヨシノ
花びら日和(2006.4.4)/

八重桜
ソメイヨシノから八重桜へ・八重桜三種盛り(2009)
黄緑色の八重桜・八重桜三種盛り2010
八重桜三種盛り(2014)八重桜三種盛り(2018)
薄い黄緑の八重桜が一番好き 八重桜三種盛り(2019)

十月桜
もうすぐ雪なのに(2013.12.18)/

大島桜
ヒヨドリにこにこ(2017.3.5)/

名前不明桜
上野の「奇想の系譜展」

桜とテイカカズラ
1 2 3 4

桜と月
城址公園風情の桜
桜しか見えない(2009.4.7)/
大好きな桜の木と月の眺め(2016.4.21)/
インスタ映えする孤高の桜(写真まとめ編)

そのほかの桜と月と
この春最後の「雪月花」(2015.4.15)/
万物の春を眺める月(2017.4.13)/
満月&桜&雪日和(2018.3.31)
桜の丸窓障子(2018.4.12)/

桜と気象現象
太陽の周りに虹色ハロ(2018.6.7)/

アート

桜にまつわる音楽
花紀行(荒井由実)/
(ジャー・パンファン)/
桜の樹の下(KOKIA)/

関井一夫の万華鏡
桜が満開(2013.2.21)/青空お花見日和(2016.3.19)/夜桜の雰囲気(2019.5.12)

フィギュアスケート
アイスダンスのリード&村元による珠玉のプログラム(2018.2.25)/

2020年3月 5日 (木)

桜とテイカカズラ(その4)それぞれの1年の様子を表で

桜にまとわりつく白い花のテイカカズラに気づいたのは2018年5月のこと。

桜の葉が落ちる冬の季節はテイカカズラがいかに繁殖しているかわかります。

2つの木の1年を表にしてみました。
Teikakazurahyou
こんなかんじです。

2020年3月からの様子を定点観察して、
2021年4月ごろ、あらためて1年の変遷をまとめる予定です。


 

2019年7月24日 (水)

3月のことですが、上野に「奇想の系譜展」を観にいきました。

3月にココログのリニュアルがあり仕様が大幅に変わったため、3~4月はブログ操作に四苦八苦。
その頃中断していたもののアップです。
---------------------------
3月のことですが、上野のトビカンで開催されている「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」を観に行きました。

一番の目当ては。
長沢芦雪が顕微鏡で蚤を観察して描いた作品。
個人蔵なんです。
以前別の展覧会では出展されたことがあったので、今回もあれば!と思ったのですが残念ながらありませんでした。

ですが、若冲、曽我蕭白、鈴木其一、白隠、国芳、岩佐又兵衛、芦雪。
鬼才が描く、ポップでパンクな絵の数々にしびれました。
線が躍動してまるでディズニーの絵かしらという動物の絵も骸骨も最高。
白隠はみうらじゅん顔負けの「元祖へたうま」と認定できそう。

江戸は凄い!
外国の人が見たら、日本人観が変わってしまいそう。
野鳥に興味を持ち、オシドリの写真も撮るようになったので、
花鳥画でオシドリを見ると、江戸時代の人もあの不思議な色合いに魅せられたんだと感動を共感できてうれしくなります。

江戸時代の人は「映え」なんて言葉は使わないけれど、オシドリは恰好の「映え」モチーフだったのでしょうね。

訪ねた日は3月中旬。
昼下がりの上野は、春の陽気でした。

科学館前のくじら。
20190313kujira1

月日が経ったからでしょうか、
塗装がカモフラージュ柄に見えました。
20190313kujira2

この木は不思議の国のアリスに出てくるような幹と枝振り。
20190313ueno 

ソメイヨシノよりも一週間以上前に咲いた桜。
20190313sakura 

JR上野駅構内で買ったパンダTシャツ。
いろんな表情のパンダが並んでいます。
20190313panda1

背中にも柄があるんですよ。
力が抜けそうなイラスト。
20190313panda2
かわいすぎます。
子供用だけではなく、大人の女性、男性用もあるので家族でお揃いできますね!

2019年6月20日 (木)

桜とテイカカズラ(その3)まとわりつく様子の4~6月の様子

桜にまとわりつくテイカカズラ(その1)(その2)の続きです。
(その2)と重複しますが2019年4月の桜の開花から6月までの様子をご紹介しましょう。

アングルその1
象の横顔のような姿の変遷を。

4月2日
シダレ桜が満開。シダレ桜は開花時に、葉がこんなに茂ることはありません。
シダレ桜を覆っているのはテイカカズラの葉です。
20190402_3_1

4月9日
シダレ桜は花が若干残っています。
20190409_jimen1zoushort

4月16日
まだ花が残っています。
20190416_4up

4月19日
シダレ桜は花がほぼ終わり、出始めた葉がテイカカズラの葉のモコモコと競演。
20190419_1

このあとも観察のため写真を撮っていたのですがデータみつからず。

桜もテイカカズラも緑一色に。

5月15日
テイカカズラの白い花が咲いていました。
20190515_5short

アップで。白いスクリュー状の花がいっぱい
20190515_22short

短い葉はテイカカズラの葉。長い葉はシダレ桜の葉かと思います。
20190515_22shortflower

5月27日
綿雪をかぶっているかのように、白い花がもこもこ。
20190527_065345

6月7日
かろうじて花がまだ残っています。
20190607_2

6月11日
20190611 

アングルその2
建物の3階からの眺めの変遷。

2019年5月15日
20190515_3f2
20190515_3f3
20190520_3f4
20190520_3f4line

より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。