2017年9月21日 (木)

万年筆シリーズ(その1)禁断のインク沼におそるおそる

2017年9月18日の続きです。

グラデーションマニアには禁断の世界、と避けていたのは深~い深~い「インク沼」でした。
美しい色が広がるその沼に魅せられたものは、ちょっとだけ足を踏み入れるだけのつもりがズブズブズブ。

インクを入れる万年筆の本体に興味が湧いて、3万、5万、10万の限定ものなどに手を出すようになり、
ペン先のひっかかり具合、色のにじみ具合の違い、色の載り具合などから、書く相手となる「紙」の質にこだわるようになり、
複数の万年筆の軸を持ち歩くためのペンケースにもこだわるようになり・・・

お金に余裕のある人は車一台分も費やしてしまうことになると聞かされている恐ろしいインク沼。

足を踏み入れまいと思っていたのですが 。
字を書くというよりも手帳に「綺麗なグレーとボルドー色でマークを記したい」。

それがきっかけでした。
ボールペンでは出せない深くニュアンスのある色合いに魅せられ、
「ピンク」「グレー」といった単純な名前ではない色名に魅せられ。

ただ、これだけでは今まで通り、沼の縁でたたずむだけですみました。
「万年筆の本体を買う」というの敷居の高さがあったから。
高級軸を買わない、1万円以内の予算だとしても、どんな軸が書き心地がいいのかわからない。
評判を調べたり書き心地を確かめるのが大変だったから。

そんな私を沼へほおりこむべく、背中を「トン」と押したのはパイロットの「kakuno」でした。
わずか1000円ちょっとの万年筆。ダメ元で手が出せる価格です。
子供向けとアプローチしていますが大人の評判もいい。

そしてなにより、心を鷲づかみにしたのが、
ペン先が顔になってること。

黒いボディーシリーズは笑顔。
20170921kakun01

白いシリーズはウインク。
20170921kakun02

透明軸は舌出し。
20170921kakun03

やられました~。

つづきは近日。

2017年9月18日 (月)

グラデーションマニアゆえのマイ色見本帖

グラデーションマニアの私の原点は、おそらく日本画家だった祖父のアトリエ。
大きなテーブル一面に白いお皿が並んでいて、
その一つ一つにいろんな色の絵の具が盛られていた光景の美しさ。
写真としては残っていないのですが、特に覚えているのは
ツヤツヤの白い皿と鮮やかな瑠璃色の顔料の組み合わせです。

20年ぐらい前、DICの色見本帖(日本の伝統色、フランスの伝統色、中国の伝統色)の色チップを 合体してグラデーションでまとめてみよう!と取り組みました。

当時グラフィックデザインの仕事をしていた友人は
「課題で出されてもやろうと思わない。なぜそんな労力を」と驚きあきれていましたが(^_^.)

酔狂以外の何物でもないのですが、今でも見るだけでぽお~heart04となります。
灰色がかった淡いピンク色は「灰桜」、深い紺色は「ブルーニュイ(フランス語でナイトブルー)、
淡いペパーミントブルーにほんのりグレーを混ぜたような色は「月白色(ユエパイスー。中国語)」
などなど情緒たっぷりの色名にもウットリ。

色見本チップをカッターではなくフリーハンドで切っているし、
並び方がガタガタのところに、緻密になりきれない私のおおざっぱさがでていますがご紹介します。

クリックで画像は拡大しますが、はみでる場合はぜひ、リンクを新しいタブで開く、でご覧いただけましたら。

20170918iromihon0120170918iromihon0220170918iromihon0320170918iromihon04















20170918iromihon0520170918iromihon0620170918iromihon0720170918iromihon08















20170918iromihon0920170918iromihon1020170918iromihon1120170918iromihon12















20170918iromihon1320170918iromihon14














こんな風にフエルアルバム状のものに貼っています。
20170918iromihon15

色見本帖の名前の由来が書かれている部分は
名刺ファイルに保存しています。
20170918iromihon20

眼福眼福happy01

20年前のものをなぜ今アップしたかといいますと、
敬老の日なので亡き祖父を偲んでというのもありますが、
「グラデーションマニアだから絶対はまる」「ゆえに足を踏み入れてはいけない」
と禁じていたある世界についに足を踏み入れそうだから。

続きはおそらく9月中に。

2017年9月13日 (水)

写真集を思い出す夕焼けと夏の暑さ、でも夜中は冬

昨日9月12日は不思議な天気でした。
台風は近くないのに、なまあたたかい風が強く、昼前から雨と雷。
夕方、仕事先の建物で東を眺めると窓の外が不思議なオレンジ色に染まっていました。
空はグレーの雲が広がっているのに、ところどころ陽が差して、空気と木々がオレンジ色に染まって。

ジュエル・メイロウィッツ(Joel Meyerositz)の写真集を思い出しました。
引っ越しした時になくしてしまったのですが、大好きな写真集「CAPE LIGHT」。
夕方のような黄色みがかったオレンジ色がかった光に染まる風景が印象的なんです。

を思い出しました。

Cape Light: Photographs by Joel Meyerowitz

少し経って、西側のトイレに行ったら大変。
窓の外に年に何度あるかという荘厳な夕焼けが広がっていました。
フィルムが貼られた窓越しなので少しぼやけているのですがアップします。
(以下、画像はクリックで拡大します。はみでる場合はリンク先を新しいタブで開くを)
20170912sunset

20170912sunset2

夜になると季節は秋と思いきや、
夜中にベランダに出るとそこには冬が。

といっても秋を通り越す寒さだったというわけではなく、
東に昇っていた月のまわりに冬の星座が広がっていたからです。

キャノンのコンデジPowerShot SX50は一眼レフではないし、星を写すためのカメラではないのですが、
明るい星は写すことができます。

半月よりほんの少しふっくらしている月。(9月13日午前2時前)
170913_0149es_219th_56_43ashort_2


画面右上に冬の星座、牡牛座の一等星アルデバランが。
170913_0201es_219th_56_46ashort_2


月の下にはオリオン座の星々が横たわります。
170913_0203es_219th_56_46a

(新しいタブで開くで拡大していただくとかすかな星の点在がみえるかと思います。
オリオン大星雲もかすかに写っています)

トリミングしてみると。
170913_0203es_219th_56_46ashort_2

この位置に主な七つの星が。
170913_0203es_219th_56_46ashort_l_2

月を囲む冬の星座。
心は一気に冬モードになりました。

2017年9月 6日 (水)

ベランダのランタナが咲きました♪

(以下、画像はクリックで拡大します)

ランタナってご存知ですか。
結構地味な花です。
葉っぱが多いし、花は小さいし。
20150930lantana1

でも、その小さな花を真上から見ると
20150603lantana420150603lantana320150930lantana4short








万華鏡みたい。
とってもはなやか。

4年ほど前、ベランダで育てたくなって、ランタナを育てている方から挿し木をもらいました。

でも根付かず失敗。

そこで、去年の秋、咲いているランタナの種をもらって、ベランダのコンテナに埋めてみたのでした。

すると発芽。すくすく育って咲きました!

そのレポです。

発芽の様子を撮っていたつもりなのですが、
手元に残る一番最初の写真がこちら。
20170219shirotan3short











ランタナを取り巻いているのは、去年の6月頃に蒔いた種から発芽した白いタンポポの葉。
と思っていたのですが、その後、この植物がにょきにょき育って黄色い花をつけました。
白いタンポポじゃなくてがっかり。

ランタナと思っているこの植物も花が咲くまでは本当にランタナかわからないな
と思いながら観察を続けていると。

8月19日、つぼみが。
小さな粒が放射状に並んでいます。
やった~! ランタナに間違いなし。
20170819_2lantana

8月24日。咲きました~!!
でも、白い。ピンクと黄色のコントラストが綺麗な株の種を植えたはずなのに・・・。
20170824lantana

ところが、二日後の26日。
ピンク色が濃くなりました~。
20170826lantana

いったい、誰のためにこんなに手の込んだ造形になっているのでしょう。

部屋に飾ってみました。
20170827lantana

けっして、華やかではない。お花屋さんのブーケには絶対ならない「野の花風情」。
それがいいです。

ただ、ランタナ。国立環境研究所のHPを見ると、侵入生物データベースに挙がっているのです。
繁殖力が強くて日本の在来種の生態系を壊す危険があるということでしょうか。

もう少し株が大きくなったら、小さな盆栽仕立てで育てられたらいいな、と計画中です。




2017年8月11日 (金)

満天の星が広がる流星キャンドル。蒼く神秘的!

ラピスラズリ色のキャンドルをいただきました。
ゼリーのようにぷるぷる。
名前は「流星キャンドル」。

そのままでも美しいです。
実は灯して形が無くなってしまうのが残念で、このままずっと飾っていました。

でも火を灯すのが本来の役目。
灯すと。
20170811ryusei1_2

明るい部屋の中でも蒼いリンゴのようで美しいのですが

暗くすると。

満天の星が浮かぶよう。ぷるぷるの中にもラメ?のようなものがあるのか、
立体感を感じます。(以下の画像はクリックで拡大します)
20170811ryusei2

星々をアップで。
20170811ryusei3

下のガラスのような受け皿も青く染まって美しいです。
満天の星のように浮かぶ小さな粒を眺めているとおごそかな気持ちになります。
-------------------------
キャンドルがもたらすリラックス感って不思議です。

ポイントはまず、心を落ち着けなければ、芯に着火できないこと。
雑に扱えません。火災に気をつけようと、息を整えて雑念を払って、慎重に炎を芯に移します。
つまり、炎を見るから落ち着く のではなくて、炎を灯すために自ずと心を落ちつけなければならないのです。

心を落ち着ける→灯す→炎のゆらぎでさらに心が落ち着く というわけですね。

心を鎮めて炎と向かい合うひととき。
ゆらぎが心を穏やかにします。
でも、だら~とくつろぐのではなく、「火」が相手という適度な緊張感の心地よさ。

緊張とおごそかさが両立するのが面白く、
お寺や教会に足を踏み入れた時の感覚に近い気がします。

色うっとり【アート】【雑貨】【本】INDEXはこちら

2017年8月 2日 (水)

マステがいっぱい。グラデーションがきれいだな~

マスキングテープって便利で楽しくて。
もう、マステのない世界に戻れませんね~。
もしタイムスリップして昭和の世界に戻る時、一つだけ持って行っていいものがあったら
マステを選ぶかも。

開けるたびにグラデーションにうっとりしている引き出しを公開します。
(みなさまがこの画像をご覧になってうっとりできるかはわかりませんが)
(以下、画像はクリックで拡大します)

20170802hikidashi1

仕切りが調整できるトレイや木のボックスなどで整理しています。

20170802hikidashi2
ありがたくも、いただいたりして宇宙関係のマステも増えました~。

青~藍色の地に星や月。
色合い、デザイン、それぞれ違っていて飽きません。
(一部はキッチンや化粧品ボックスにも置いています)

2016年11月5日にご紹介したグラデーションマステも手帳に使ったり重宝しています。
使い切ったものもあって、すでに欠色があり。
20170802hikidashi4

マステの収納にはTWG TEAの箱が便利。
一番上の画像で、グレー地に雪の結晶の箱がTWG TEAのパッケージです。

柄マステはトレイに。
20170802hikidashi6
左列)上の手をつないでいるものと下の青いちょうちょ。両方ミナペルホネン。
中列)鳥モチーフはとてもリリカル。下は岡理恵子さんによるもの。
右列)月の満ち欠けシリーズ。お月さまがかわいいです。詳細は2016年11月3日に。

   このマステは月の形の移り変わりが描かれているから15㎝以上をまとめて見たいよな~と思って
   flairときたのが、セロテープの裏側に貼ること。
20170802hikidashi7
これが私としては超ヒット。セロテープの内側の結構にぎにぎしていた色味がなくなって、
しかも月の絵を使うたびに楽しめて満足です。
テープの下の黄色いクリップは「なつかしい!」と思われる方もいらっしゃるかも。
40年以上前のサンリオのクリップ。パティちゃんです。
20170802hikidashi8

下のグレーのマステはすっごく重宝します。
ファイルの背表紙のラベルをテプラできちんとできない時も
このグレーのマステに油性マジックで書いて貼ればすっきりします。
右側のホッチキスの仕切りにあるグレーのものはホッチキス針の箱。
修正テープの下にあるグレーのものは消しゴム。
いずれも、にぎにぎした色合いのパッケージだったのですが、グレーマステをぱぱっと貼るだけで
見た目もすっきり!!

マステではないのですが、引き出しの右上もあらためてご紹介。
20170802hikidashi5
右上は無印良品の雪の結晶スタンプ。
すべて江戸時代の殿様土井利位侯がスケッチした雪の結晶の線画が使われているんですよ。
詳細は2015年1月3日に。

画像ではわかりづらいと思うのですが、ピノキオのようなメジャーの上にあるのは
友達が作ってくれたマトリョーシカのスタンプ。素朴で愛らしいんです。
宇宙関係マステの右隣のカラフルな縞模様のパッケージはうっつくしくて豪華な付箋です。
詳細は2016年9月15日に。

引き出しって不思議ですね。
そこにあるのに、開けないと見えない。開けると別世界がひろがっている。

ドラえもんは出てこないけど、異次元につながっていないけど、
開けると楽しくなる引き出しが家の中にいっぱいあるとそれだけでシアワセ♪

色うっとり【アート】【雑貨】【本】INDEXはこちら

2017年6月 1日 (木)

イングリッシュガーデン(横浜)は小径を歩く楽しさ

5月なのに30度近くの暑さになった先日、イングリッシュガーデンに行ってきました。
一番のオンシーズン(入場料1000円)でチケット購入も列になるぐらいの混み方。

広大とは言えないスペースですが、細かい小径がいっぱいあって、
たくさんの薔薇があるのが特徴。
そしてバラの足元にもいろんな花が。その密集感がすごいです。

1時間ちょっとでは全部のエリアを歩ききれなかったでした。

人は多いけれど、小径がいっぱいあるために、
誰にも遇わずに植物と自分たちだけ(背の高いバラたちで視界遮られるため)というひとときもあり、
「秘密の花園」感がありました。

香りがすっごくいいな~と思ったのが「サラスヴァティ」。
インドの「弁財天」の名前を持つバラですが日本生まれ。

開花が過ぎてしおれかけても、芳醇な香りを放っていました。
(以下画像はクリックで拡大します)
01_englishgarden00saraswatishort

左)こっくりした色の薔薇に惹かれます。
真紅系だけどマットで少し茜がかったバーガンディ―アイスバーグ。
中左)大輪でこれぞ正統派の大女優という風情だったエレクトロン。
中)つぼみも美しい~。
中右)エレクトロンの茎。棘がいっぱいなのが意外ですが、
「綺麗なバラには棘がある」を正しく守っている様子もクラシカル正統派。
右)比較的小さなバラでとにかく茎がとげとげモケモケ~。名前は不明。
 (そばにあった名前プレートはゲーテとキャプテンジョンイングラム)。
02englishgarden02burgundy_icebergsh03englishgarden04_2electron_short04englishgarden04_1electron_short05englishgarden04_3electron06engoishgarden







園内をすべてはまわりきれず。
それでも一番好きなバラ、ピエール・ド・ロンサールに出会えました!
07englishgardenpierrederonsard1

たくさんの人が行きかう中でたった一人の運命の人に出会えるように
有象無象(失礼!)の薔薇の中でもロンサールに気づき、やっぱり惹かれました♥
08englishgardenpierrederonsard309englishgardenpierrederonsard7






うれしいです。

左)薄紫のバラが放つ静かなオーラが好きです。ネプチューン。
中左)ニューウエーブはさらにアンティークな風情。
  100年前の生成りのヨーロピアンレースを見ているよう。
中右)見ているだけで心が鎮まってす~と吸い込まれそう。
右)つぼみもレースで作ったような繊細さ。
10englighgarden_neptune_short11englishgarden_newwave1_short12englishgarden_newwave2_short13englishgarden_newwave3






左)河合伸志さんによるバラ「空蝉」も独特のオーラでした。
  鈍くくすんだオレンジ色の薔薇。紫のクレマチスとの組み合わせが素敵でした。
中左)少しアップで。
中右)クレマチスはこの画像よりもう少し紫が強いです。
    空蝉は花びらの先のひらひらした様子も素敵。ひとめぼれ♥
右)紫の薔薇をもう一つ。ラプソディーインブルー。
14utsusemi115utsusemi216utsusemi3short17englishgarden01_rhapsodyinblue





バラ以外で特に惹かれたのは。
左)青葉農園で以前みかけたセリンセマヨール(かその亜種)だと思うのです。
中左)緑色の葉がずんずんと鎖状に連なってその先にちょうちん型の花があるのですが、
 葉の深い緑色から紫がかった花にいたるグラデーションが美しいんです。
中右)この株は、緑の葉と紫がかった花の色が明快に分かれています。
  いろんな色の花とコンビで花壇を彩る様子にうっとり。
右)マットでレンガ色がかったクロバナロウバイも雰囲気があります。
18englishgarden619englishgarden20englishgarden21kurobanaroubai_2






左)南国気分。青空に赤が映えたブラシツリー。
中左)つぼみ。
中)ほころびはじめ。細い紐状のものがいっぱい。
中右)咲くと華やかですね。
右)濃いマゼンダピンクのブラシツリーもありました。
22eg_short23eg24eg25eg_short26eg_short






イングリッシュガーデンへは横浜駅からは無料のシャトルバスが。

相鉄線平沼橋駅からは線路沿いに歩いて10分ほどでした。

河合さんが手がけたバラをあらためてじっくり見にいきたいなと思いました。

花INDEXはこちら
【お散歩 隠れ家スポット】INDEXはこちら

2017年5月14日 (日)

青葉農園はバラが満開

青葉農園はバラが満開でした。

魅惑的なバラばかり。
(以下、画像はクリックで拡大します)

【今回特に惹かれたのは】
左)ボスコベル。香り高かったです。
中左)と中)ピンクサクリーナ。ソメイヨシノの色合いそのもの。
  ハート型のはなびらもかわいいです。
中右)と右)エンジェルハート。ハート型の花びらの重なり。紙の工作でつくったお花みたい。
  下にいっぱいハート型が散る様子もかわいいです。
20170514_1aoba2boscobel20170514_2aoba9_3pink_sakurina20170514_3aoba9_4pink_sakurina20170514_4aoba25angel_heart20170514_5aoba25_3angel_heart






【色合いが好き!】
左)テラコッタ。画像よりももう少しレンガ色がかっています。
  花びらのマットな質感も好き。
中左)茶々。下の方の花びらは少しくすんだパープル。
   上の方の花びらはくすんだオレンジが魅力的。
中)くすんだイエローと端正な形に惹かれたバタースコッチ。
中右)ベルエポック。花びらの外側は濃いコーラルオレンジ。
   内側は淡いオレンジ。つぼみのたたずまいにうっとり。
右)アイズ・フォー・ユー。中央部、朝顔のような紫色のグラデーションが涼しげ。
20170514_6aoba15terracotta20170514_7aoba16chacha20170514_8aoba17butterscotch20170514_9aoba19belle_epoque20170514_10aoba20eyws_for_you




【可憐】
左)一番好きなバラといっても過言のないピエール・ド・ロンサール。
中左)清楚な色とシンプルかつふっくらなフォルムが大好き。アンドレ・ルノートル。
中)マーブル模様のアルフレッド・シスレー。少しマットなコーラルピンクが綺麗でした。
中右と右)ビエ・デゥー。薄いピンク色の混ざり具合が、バニラアイスクリームに
  ストロベリーアイスクリームを混ぜたようでとても愛らしかったです。
20170514_11aoba26pierre_de_ronsard20170514_12aoba27andre_le_notre20170514_13aoba18_2alfred_sisley20170514_14aoba24_3billet_doux20170514_15aoba24billet_doux






左)プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコは大きな花なのに
  茎がすくっと立っているのが印象的でした。
右)とてもゴージャスな花びらの重なり。ふちのフリルもドレスのよう。
20170514_16aoba14_2princess_charlen20170514_17aoba14_4princess_charlen








このほかにもいろんなバラに魅せられました。
左)グラハム・トーマス。
中左)ウィンダミア。
中)ザビエル・デ・フライシネッテ。
中右)ウイリアム&キャサリン。
右)レッチフィールド・エンジェルだったかしら。
20170514_18aoba1graham_thomas20170514_19aoba3windermere20170514_20aoba4xevier_de_frayssine20170514_21aoba5william_catherine20170514_22aoba6lichfield_angel






左)ザ・レディーズ・ブラッシュ。
中左)チャールズ・ダーウィン。
中)クラウン・プリンセス・マルガリータ。
中右)ザ・シェパーデス。
右)プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。
  花びらがくすだまみたいにひろがってゴージャス。
20170514_23aoba7the_ladys_blush20170514_24aoba8charles_darwin20170514_25aoba10crown_princess_mar20170514_26aoba11the_shepherdess20170514_27aoba12princess_alexandra







色と香り。お花の女王の気品と可憐さオーラをたっぷり浴びました♥





2017年5月 5日 (金)

深い色合いのカーネーションにうっとり

原色のぱきっとした色合いの花よりも
こっくりした、深みのある色合いの花が好きです。

与野駅(埼玉)近くのお花屋さん、温花庭(はるかてい)さん。
オーナーの女性のセンスが素晴らしくて、けっして、大きな店舗ではないのですが、こっくりした色合いのお花にたくさん出会えます。

私が黒法師を買ったのもこちら。

素敵な色合いのカーネーションに一目ぼれして買いました♥
名前も教えていただきました。
20170505carnation1
↑プリメロマンゴ(左下)
  バラのピエールドロンサールを想わせるやわらかな色合いです。

 ノビオバーガンディ―(左上)
 濃い赤ですがどぎつくなく、シックな色合いです。

 バイパーワイン(右)
 桃の花のようなピンク色に見えますが、少しくすんでレンガ色がかっているような感じで
 とってもいい色です。
 

20170505carnation2short
クレヨンでは描けないような、アンティークカラーのバラや牡丹、しゃくやくのような風情。

20170505carnation3short
美しくてうっとり。

母もよろこんでくれました。

2017年3月16日 (木)

ひろみさん作のかわいいきのこ。

ご夫妻で金工作家である関井一夫さんとひろみさん(宮崎浩美さん)。

昨秋に大宮のアルピーノさんのギャラリーでおこなわれた2人展で
lovelyとなった一つがひろみさんが手がけたキノコでした。

注文をお願いして12月に手に入れて、以来愛用させていただいています。

お披露目いたします。(以下、画像はクリックで拡大します)

「あれ、きのこがこんなところに」
20170315kinoko_hiromisan1
ハリネズミが集まってきました。

アップで。
20170315kinoko_hiromisan2
傘の裏のひだも再現されています~。

箸置きや小さなものをのせるのにぴったり。

今年のバレンタインデーの時、
おいしさに魅せられた神戸珈琲のコーヒービーンズチョコを乗せてみました。
20170315kinoko_hiromisan3

一円玉を乗せるとこのくらいのサイズ感です。
20170315kinoko_hiromisan4

キノコってフエルトなどで作っても可愛いのですがそれだとかわいすぎてしまいます。
金属(錫だと思います)だからこそ、カチッとした質感とモチーフの愛らしさ。
絶妙なバランスで小粋だな~lovelyと思います。





より以前の記事一覧

emi (秋田恵美)

  • プラネタリウムでのヒーリング番組制作に携わった後、現在は 土井利位侯の「雪華図説」をライフワークとして調べ中の図書館LOVER。              興味対象:江戸時代の雪月花、ガガーリン他。最近は、鳥にも興味を持ち始め、「花鳥風月」もテリトリーとなっています。
    コンタクト: メールアドレスはhoshibiyorihappy*yahoo.co.jp このyahooの前の*を@に変えてご連絡下さいませ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

googleでサイト内検索↓

  • グーグルの検索窓に ■■ site:http://hoshi-biyori.cocolog-nifty.com/star/ をコピペして、■■部分を任意のものに変えていただくとサイト内の検索ができます。 ■■の後ろは半角空きです。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日も星日和の衛星

  • ガガーリン地球は青かった 原文探し旅
    今日も星日和の第一衛星。  カテゴリー「ガガーリン」の  一覧と更新情報の アップブログ。ガガーリン中心にご覧になりたい方はぜひこちらをブックマークください
  • おいしくってしあわせ
    今日も星日和の第二衛星。 おいしーいものを少しずつ  紹介していきます

music

お散歩に行くブログ

  • 笑店 - 楽天ブログ(Blog)
    おんぽたんぽさんの心の琴線に触れたものが紹介されています。キラキラと大切なものが光ってる宝箱のようなブログ。
  • さる子の「こんな毎日」
    暮らしを豊かにする様々な美が満載のブログ。さる子さんは新ブログに移行され、こちらは基本停止中のようですがご紹介させていただきます
  • always in heaven
    「笑店」のおんぽたんぽさんの新ブログ。森羅万象のネットの中で素敵なもの、こと、ひとをみつけだされていて、訪ねるたびに素敵なエネルギーをいただきます。